NHKマイあさラジオ。「江部康二の糖質制限革命」アマゾンランキング急上昇。
こんにちは。

NHKラジオ第一放送「マイあさラジオ」で、
2017/5/21(日)午前6時40分~約10分間
「著者からの手紙」のコーナーにおいて
高市佳明アナウンサーとインタビュー形式で
「江部康二の糖質制限革命」の紹介をして頂きました。

さすがの影響力で、
2017/5/21(日)午後5時現在で、
アマゾン総合ランキング24位に急上昇しました。
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/ref=pd_dp_ts_books_1#2

ジェームズ中野 さん のコメントにあるように、
NHK第一放送ラジオの200万人のリスナーのかなりが、糖質制限のことをご存知ない可能性があります。
その方々に糖質制限があるていどでも浸透するなら、大きな力となるかもしれませんね。


江部康二
NHKマイあさラジオ、「著者からの手紙」。「江部康二の糖質制限革命」
おはようございます。

5/16(火)は、東京に日帰りで行ってきました。
かのNHKのラジオの仕事でした。
番組名:NHKラジオ第一放送「マイあさラジオ」(AM594kH)
全国放送のワイド番組で、朝5:00~7:45、
200万人以上が聞いておられるそうです。

毎週日曜日6時40分~「著者からの手紙」(正味11分)
というコーナーで、著者のインタビューをしつつ
「江部康二の糖質制限革命」の紹介をしていただけるということで
ありがたいお話でした。

高市佳明 アナウンサーとは、30分くらいいろいろお話ししましたが、
放送は11分間です。

私の出番は5/21(日)6時40分からの放送ですので、
読者の皆さん是非、聞いていただけば幸いです。


☆☆☆
【17/05/18 SHUKAN
先生のインタビュー放送
「マイあさラジオ」絶対聴きたいです。
もし、朝寝坊?などで聴き逃した人のために、
NHKオンラインのホームページでストリーミング放送が聞けます。
「NHKまいあさラジオ」の「コーナーを聞く」から入ると「著者からの手紙」があります。
http://www4.nhk.or.jp/r-asa/359/
放送は日曜日ですから
翌月曜日(22日)の13時頃までにはアップされると思います。】


SHUKAN さん。
ありがとうございます。


江部康二


☆☆☆
5月21日日曜
NHKラジオ第1 午前5時00分~ 午前7時45分
NHKマイあさラジオ

午前5時00分

高市佳明 アナウンサー
渡辺ひとみ アナウンサー

▽ニュース
▽全国の天気
▽マイあさだより
「千葉」
▽きょうは何の日

▽いきもの☆いろいろ
「ハルゼミ」
写真家…海野和男
▽からだのキモチ

管理栄養士…浅尾貴子

午前6時10分

▽全国の天気
▽サエキけんぞうの素晴らしき80's
「ZOO,ZOO,ZOO」(パール兄弟)
「アニマル銀行」(パール兄弟)

午前6時40分 ~11分間
▽著者からの手紙
「江部康二の糖質制限革命」
江部康二


▽きょうは何の日

午前7時20分
強調文

▽サンデーエッセー
社会学者…古市憲寿
▽全国の天気
▽私のお気に入り
「安齋画伯のみやげっこ」
イラストレーター…安齋肇


糖質制限食と検査データ。HbA1c低値で心血管リスク上昇。
【17/05/19 笹身
データ提供
最近久しぶりに健康診断をしましたので、
僭越ながらデータ提供させて頂きたいと思います。

スペック:155cm30代女糖尿病未発症(糖質摂取時代は肥満病気まみれ)
現在糖質一日20g以下(月1、2度は飲み会食べ放題などで糖質摂取、運動日は多少多い)を半年以上継続。
2014年のデータ時は炭水化物抜き?(低脂質低カロリー食)。

2014/12      → 2017/4

BMI 22.8     → 21.1
中性脂肪 41    → 31
HDL 73       → 106
LDL 79       → 255
血糖値 75     → 71
HbA1c 5.1     → 5.0

現在の指標に当てはめると
前回のほうが一般的に健康ですね(疲れやすくて肌カサカサ病気も満載でしたが)。
脂質代謝で判定区分に思いっきり要治療と書かれていましたが、
無知な医者に薬で殺されたくはないのでスルーです。

ケトン代謝でもHbA1cは意外と下がらないものですね。
低すぎると心血管疾患リスクというのはやはり血糖値の乱高下(高糖質による低血糖)の所為ではないでしょうか。

糖質の害とケトン体の効能が年々あきらかになっていっているので
糖質食べない人用の健康診断もあると研究になると思うのですが……。】


こんばんは。
笹身さんから、検査データをコメントして頂きました。

2014年のデータは、炭水化物ありの低脂質低カロリー食でしょうか?

笹身さんの、糖質制限食実践後のデータは
中性脂肪値が低くて、HDL-Cが高値ですので、
LDL-Cが高値ですが、コレステロールを末梢組織に運んでくれている善玉のLDLですので問題ないです。

HbA1cは、基準値の下限に近いので、これ以上は下がりにくいと思います。

確かに、JPHC研究においてHbA1cが5.0%未満だと
5.0~5.5%を1として、心血管リスクが1.5倍に上昇しています。
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3536.html

この原因は判然としませんが、
JPHC研究では、
「HbA1cは赤血球の寿命が短縮したり、若い赤血球が血液中に増加したりすると、見かけ上低めに測定されることが知られています。そのため、何らかの原因で、HbA1cが見かけ上低く測定されているために、低HbA1cの群で心血管疾患リスクが上昇しているものと考えられます。」
としていますが、スッキリした説明にはなっていませんね。

上記の説明のような特殊な病態を設定するよりは、
私も笹身さんがご指摘のように、高糖質食摂取後の低血糖による心血管リスク上昇と
考える方がスッキリすると思います。


江部康二
糖質制限食、空腹時検査で中性脂肪値改善。
【17/05/17 きたのむら
タイトルなし
以前記事に取り上げて頂いたきたのむらです。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-11.html
江部先生にご教示頂いた通り、
10時間以上絶食をした状態で4月末に血液尿検査を受けて来ました。

    2017/2/20   2017/4/25
体重 158㎝/59㎏ → 55㎏
HbA1c 5.5 → 5.6
血糖値 98 → 98
ケトン体 +3 → +2
T-CHO 302 → 333
中性脂肪 164 → 52
HDL 50 → 64
LDL 216 → 248

という結果でした。
HDLも微量ですが増加しましたし
中性脂肪もきっちり下がっていました。
さらにこのままスーパー糖質制限を実施しながらコレステロールが落ち着くのを待ちたいと思います。

体重に関してはトータル25キロの減量に成功しました。BMIも22と23を行ったり来たりしているので体重も落ち着いてきた感じがします。
私は酷い喘息持ちなので運動やウォーキング等も一切していなくてここまで痩せる事が出来て糖尿病も良くなり糖質制限に出会えて本当に感謝しています。

私の主治医は市で唯一の糖尿病専門医ですが糖質制限に理解がなく、コレステロールが高い事について糖質が少ないからその分タンパク質や脂質で摂取してるからコレステロールが高くなる。だから糖質をもっと取らないとダメだ!と言います。次回は本当に薬を出しますと言われました。落ち着くまで待ってほしいと言いましたが待ってくれないようです。
ケトン体が出てる事に関しても体が飢餓状態だからだよと言い出す始末・・・。
宗田先生が『ケトン体が出ていたら「飢餓状態!」ほとんどの医者の頭はコレ!糖質やめて脂肪のエンジンが働いているだけなのに気がつかない!』と言っていますがまさにこれです。気付いていない先生です。

都会と違い医療過疎が進んでいる北海道のはずれの地域なので同じ市で病院や医師を選択する事も出来ません。病院もないし、医師もいないので。
でもこのままこの理解のない先生に診てもらう事が苦痛で仕方ありません。
日本糖質制限医療推進協会の提携機関で受診出来ないかなと思っています。
でも北海道はほぼ札幌ばかりでとてもおいそれと通院できる距離じゃないし車で片道6時間はかかるので帯広しかないなと。帯広でも片道3時間半かかるので中々大変です。

もっと糖質制限に理解のある先生が増えてくれたらなと。
医療過疎の地域にもそういう先生が1人でもいいからいてくれたらなと節に願います。】



こんばんは。
2017年03月10日 (金)の記事で取り上げた
きたのむら さん から、その後の経過をコメント頂きました。
ありがとうございます。

          2017/2/20     2017/4/25
体重 158㎝     59㎏      → 55㎏
HbA1c         5.5       → 5.6
血糖値         98       → 98
ケトン体        +3       → +2
T-CHO         302      → 333
中性脂肪       164       → 52
HDL           50       → 64
LDL           216      → 248


素晴らしい改善です。
LDLコレステロールも、HDL-Cが増えて、TGが見事に改善なので、
善玉のLDL-Cで、心配ないです。
25kgの減量も素晴らしいです。

スーパー糖質制限食を実践すると、中性脂肪は速やかに改善して
基準値内の下の方になります。
これは、事実なのですが、あくまでも10時間以上の絶食後の
早朝空腹時の検査であることが前提です。

スーパー糖質制限食の場合、高脂肪・高たんぱく食となりますが、
この食事由来の中性脂肪が、数時間は血中に循環しています。
前回のきたのむらさんの、中性脂肪値は164mg/dlと軽度高値でしたが
食後の検査だったのでしょう。
今回は、10時間以上絶食をした状態での早朝空腹時検査なので中性脂肪値は52mg/dlと見事に低下しています。
スーパー糖質セイゲニストの中性脂肪値はだいたい、これくらいが多いです。
ちなみに、
私の2017年3月の中性脂肪値は48mg/dl(50~149)です。

なお、きたのむらさんの、このデータなら、
糖尿病専門医にかかる必要は全くないです。
近所の普通の街のお医者さんで、充分と思います。


江部康二


☆☆☆以下、参考までに前回の記事です。

糖質制限食でHbA1c改善。LDLコレステロール、中性脂肪は?
2017年03月10日 (金)


【17/03/10 きたのむら

いつも江部先生のブログや本を読んで日々糖質制限に励んでいる40歳主婦です。
糖質制限.comさんにもいつもお世話になっております。

今までも沢山コレステロールについて取り上げていらっしゃいますが過去記事を読んでも自分はどれにも当てはまらない気がして不安でいっぱいで質問させて下さい。

昨年9月に別の案件で病院へ行った血液検査で立派なⅡ型糖尿病ですと診断されました。皆糖尿病の一家なのでいつかはと思ってたのですが流石にショックでした。HbA1c9.5でメトグルコを処方されたのですが、翌日には具合が悪くなって調べた結果低血糖ではなかったのでメトグルコに対してアレルギー症状を起こしたとかなと言われ薬なしで食事療法で頑張りましょうとなりました。もちろんカロリー制限食の指導を受けて帰宅しましたが、色々調べてるうちに先生のブログにたどり着いて記事を読み漁りネットで本を注文して早速スーパー糖質制限ダイエットを始めました。

2ヵ月ごとに通院して血液尿検査をしてます。
約半年でここまで改善出来ました。
2016/9/2 → 2017/2/20
158㎝/80㎏ → 59㎏
HbA1c 9.5 → 5.5
血糖値 175 → 98
ケトン体   → +3
T-CHO 223 → 302
中性脂肪 126 → 179 → 153 → 164
HDL 52 → 43 → 44 → 50
LDL 215 → 151 → 169 → 216
AST 81 → 16
ALT 90 → 11
LD 429 → 158
γGT 105 → 12

軒並み数値が改善して主治医も驚いていたのですが、中性脂肪とコレステロールが高い事に言及されて女性だし生理もあるから多少高いのは仕方ないんだけど。閉経後にこの数値だったらすぐ薬を処方するレベルだよと言われ、どっちにしてもこのままじゃ動脈硬化心筋梗塞のリスクが高いから次回薬を処方するかもと言われてしまいました。

江部先生のブログを読んでも、皆さん中性脂肪が改善されて低い方ばかりなのに、私は一向に中性脂肪が改善されなくてLDLも高くなってとても悩んでいます。自分のやり方が間違っているのかと毎日悶々としています。目標体重は55㎏なのでもう少しなのですが。
お忙しい中大変申し訳ないのですが、ご教示いただければ幸いです。】



こんばんは。

きたのむらさんから、糖質制限食でHbA1cと血糖値は劇的に改善したけれど、
LDLコレステロール値と中性脂肪値が心配というコメントを頂きました。

きたのむらさん、拙著のご購入、ありがとうございます。

約半年の経過
2016/9/2 → 2017/2/20
158㎝/80㎏ → 59㎏   
BMI 32 → 23.6
HbA1c 9.5 → 5.5
血糖値 175 → 98
ケトン体   → +3
T-CHO 223 → 302
中性脂肪 126 → 179 → 153 → 164
HDL 52 → 43 → 44 → 50
LDL 215 → 151 → 169 → 216
AST 81 → 16
ALT 90 → 11
LD 429 → 158
γGT 105 → 12


約半年の糖質制限食で、体重、HbA1c、血糖値、脂肪肝が劇的に改善しています。
素晴らしいです。

半年後も尿中ケトン体が陽性(+3)ですので、結構きっちり、糖質制限食が実践できていて、血中ケトン体がかなり高値と考えられ、とてもいいと思います。

中性脂肪値が164mg/dlと軽度高値ですが、10時間以上絶食後の、
早朝空腹時のデータでしょうか?

糖質制限食の場合、食後であれば、数時間は食材由来の中性脂肪が血中に存在するので、中性脂肪値を正確に評価するときは、上記の条件で検査することが必要です。

10時間以上絶食後の、早朝空腹時のデータであれば、中性脂肪値は基準値内になると思います。

スーパー糖質制限食実践で、HDLコレステロールが増加し、中性脂肪は減少します。

LDLコレステロール値は
215 → 151 → 169 → 216mg/dl
ですが、このまま、糖質制限食を続けていれば、
徐々に基準値になっていくと思います。

糖質制限食開始当初は、
①<肝臓で産生するコレステロール>
②<食材からのコレステロールの増加>
③<小粒子LDLコレステロールが減って、大きいLDLコレステロールが増加>

①がベースにあり、②と③が加わるので、
血清LDLコレステロール値は一旦、上昇することが多いです。
③は一見、LDLコレステロールが増加するのですが、標準の大きさの善玉のLDLコレステロールが増えるのでよいことです。
そのうち①が徐々に減少して調整するので、
徐々に基準値になっていきます。

個人差が大きくて、基準値になるのに半年~1年~2年~数年かかることがあります。

なお、脂肪を厳しく制限しても、5万人、8年間のRCT研究で、コレステロール値は不変でした。

つまり、食材からのコレステロールが多くても少なくても肝臓が調整するので、長期的には血中コレステロールには影響はないという極めて信頼度の高いエビデンスがあることとなります。(☆)

ともあれ、HDLコレステロールが正常で、中性性脂肪値が基準値なら、LDLコレステロールもよい仕事をしている善玉です。

このまま、糖質制限食を続けられて
1)HDLコレステロール値の増加
2)中性脂肪値の低下
1)2)の達成を目指しましょう。


(☆)
「低脂肪+野菜豊富な食生活」は心血管疾患、乳がん、大腸がんリスクを下げない。
TC(総コレステロール)も不変。
米国の大規模介入試験:5万人弱の閉経女性を対象に、対照群を置き、
  平均8年間にわたって追跡した結果が判明。
  (脂肪熱量比率20%で強力に指導)
*Journal of American Medical Association(JAMA)誌2006年2月8日号の疾患ごとにまとめられた3本の論文で報告。*Low-Fat Dietary Pattern and Risk of Invasive Breast Cancer  Low-Fat Dietary Pattern and Risk of Colorectal Cancer  Low-Fat Dietary Pattern and Risk of Cardiovascular Disease  : The Women's Health Initiative Randomized Controlled Dietary Modification TrialJAMA ,295(6):629-642.  643-654.  655-666.




江部康二
夕食時間が早いと翌朝空腹時血糖値が好ましく下がる。
こんにちは。

5/16(火)は、東京に日帰りで行ってきました。
かのNHKのラジオの仕事でした。
番組名:NHKラジオ第一放送「マイあさラジオ」(AM594kH)
全国放送のワイド番組で、朝5:00~8:00、
200万人以上が聞いておられるそうです。

毎週日曜日6時40分~「著者からの手紙」(正味11分)
というコーナーで、著者のインタビューをしつつ
「江部康二の糖質制限革命」の紹介をしていただけるということで
ありがたいお話でした。
私の出番は5/21(日)6時40分からの放送ですので、
読者の皆さん是非、聞いていただけば幸いです。

番組収録が終了したあと、出版社の編集の人と夕食を共にしました。
バルバッコア・クラシコ 丸の内店で
ブラジル料理のシュラスコをご馳走していただきました。
ありがとうございました。

肉を塊のまま串に刺し、
そのまま岩塩のみで焼き上げるブラジリアンバーベキュー(シュラスコ)の専門店です。
そのままの状態でテーブルまで運び、
目の前で好きな部分を好きなだけ切り分けてくれます。
肉は油を一切使用せずに焼き上げるそうです。
店内中央にある 30 種類にも及ぶ巨大なフレッシュ・サラダバーも自慢とのことです。

夕方5時~食事開始で、おなかいっぱい、
様々な部位の肉とサラダを食べました。
赤ワインもしっかり飲みました。
シュラスコは、生まれて初めて食べましたのでなかなかに面白かったです。

まさしく美味しく楽しく糖質制限食の夕餉を堪能しました。
午後7時過ぎの新幹線で帰京しましたが、
おなかいっぱいだったので、何も食べずに、焼酎の水割り2杯飲んで
深夜0時に眠りにつきました。

そうすると5/17(水)の
早朝空腹時血糖値(午前7時)が82mg/dl
とかなり低めでした。
びっくりして再度検査しても85mg/dlでした。
私も、一定の「暁現象」があるので、通常の早朝空腹時血糖値は
調子がいいと100mg~109mg/dl、
ややもすると110mg~125mg/dlと境界型
くらいのこともあります。
今までは、100mg/dlを切ることは年間通してあまりありませんでした。

従って、私としては、年間通して、82mg/dlというのは自己最低記録に近いのです。
夕食は通常は、早くても午後7時半で、遅ければ午後9~10時です。

今回の、空腹時血糖値82mg/dlという記録は
前夜の食事が午後5時~6時半くらいまでという
超早めだったことの影響の可能性が高いです。

もちろん、夕食開始が早いほうが翌朝の血糖値が下がることは経験していたので
なんとか午後9時までに食べるようにつとめてはいたのですが、
午後5時に夕食開始というのは年間通してまずありません。

東京日帰りのおかげで、とても良い経験をしました。


江部康二