FC2ブログ
『置き換えレシピで、美味しく楽しく!低糖質料理教室(京都)』のご案内。
おはようございます。

2019年11月30日(土)、京都にて、日本糖質制限医療推進協会主催の
『置き換えレシピで、美味しく楽しく!低糖質料理教室(京都)』
を開催します。

講師は、管理栄養士の佐々木栄子さん(ローカーボクラブ 代表/
日本糖質制限医療推進協会アドバイザー)です。

佐々木栄子さんは2017年に、著書『糖質オフのやせる「おきかえ」レシピ』を
PHP研究所より出版されました。
こちらの書籍は、私が監修し、解説を執筆しております。

生協会員の方向けの限定販売で、一般書店では販売していませんが、
PHP研究所さんのHP(※)から直接ご購入いただけます。
http://www.php.co.jp/family/detail.php?id=83505

今回のテーマは、「低糖質アジアンフード」だそうです。
新たなジャンルでの低糖質レシピ、乞うご期待です(^^)/
奮ってご参加くださいね^^v

江部康二


以下事務局からのお知らせです。

*************

ブログ読者の皆様、いつも弊会のイベントへ多数ご参加いただきまして、
ありがとうございます。

2019年11月30日(土)、京都にて管理栄養士の佐々木栄子先生による、低糖質料理教室を開催いたします。


テーマは、「低糖質アジアンフード」です。

糖質制限を美味しく楽しく継続していくコツの1つは、バラエティーに富んだ低糖質料理をマスターしていくことです。

そこで、今回はここ数年人気が高まっているアジアンフードを採り上げます。

人気タイ料理のカオガンマイ(鶏飯)、ピーナッツバターをベースにしたガドガドソースのサラダ、これさえあればアジアンに・・のスイートチリソース、簡単にできるスイーツなどをしっかり低糖質でご紹介。

本格派だけれど食べやすい、佐々木先生の低糖アジアンレシピのレッスンです。

糖質制限でも様々なジャンルの料理を。今回は旬のアジアン料理を楽しみましょう!

関西にお住まいの方をはじめ、皆さまのご参加をお待ちしております。

☆10月27日(日)の低糖質スイーツ教室(京都/マフィン&生チョコ)は、
現在、あと3席空きがございます。こちらも是非ご参加くださいませ。

◇料理・スイーツ教室情報URL: http://www.toushitsuseigen.or.jp/activity

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

(一社)日本糖質制限医療推進協会主催

『置き換えレシピで、美味しく楽しく!低糖質料理教室(京都)』

テーマ:「低糖質アジアンフード」

◆日時: 2019年11月30日(土) 11:30~15:30頃 ※開場・受付は11:15~

◆会場: あじわい館(京の食文化ミュージアム)調理実習室

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町130番地  京都青果センタービル3階
http://www.kyo-ajiwaikan.com/access

​ ​♪講師: 佐々木栄子 管理栄養士/健康運動実践指導者/当会アドバイザー

◆参加費: 賛助会員料金 3,400円/一般料金 4,000円

◆定員・対象: 16名様 ・一般(18歳以上)

◆当日の流れ: レシピ説明 ・デモンストレーション→ 実習 → 試食(復習・歓談) →
片付け後、解散

◆ご持参いただくもの:
エプロン、三角巾、ふきん(タオル)2枚(台ふき用・食器ふき用)、筆記用具

■お支払い方法:
クレジットカード/銀行振込/郵便振替 ※事前決済のみとなります。

■お申し込みの流れ:

1. 下記「お申し込み方法」の該当するものからお申し込みください。
2. 事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3. 入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4. 当日、直接会場までお越しいただき、受付にてお名前をお伝えください。

■お申し込み方法:

★賛助会員の方: 事務局へメールにてお申し込み下さい。

​​★賛助会員入会+教室参加をご希望の方:

​1. 入会案内および会員規約をお読み下さい。
http://www.toushitsuseigen.or.jp/sign-up

2. お申し込みは下のフォームからお願いします。
「入会ならびに講演会等出席のお問い合わせ」を選択いただき、
「通信」欄に「11/30 京都料理教室、参加希望」とご記入下さい。
http://www.toushitsuseigen.or.jp/contact

​★一般(会員以外の方)で、教室参加ご希望の方:

下のフォームからお申し込み下さい。
http://www.toushitsuseigen.or.jp/cooking


◆その他

・予約制です。当日参加はできません。

・当日の開場・受付開始は、レッスン開始時間の15分前からです。

・お申し込み後、キャンセルされる場合は、11月26日(火)までにご連絡ください。
11月27日(水)以降のキャンセルは、参加費の半額をキャンセル料金としていただきますので、予めご了承ください。

・実習室で作ったもの以外の飲食はできません。ご自宅で作ったお料理やお菓子などの持ち込みはできませんのでご注意ください。

・皆さまで実習と試食を行っていただきますので、香水などのフレグランスはお控えください。

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●

『サプリメントに死亡リスク低減効果なし?』毎日新聞医療プレミア
おはようございます。
少し前ですが、毎日新聞医療プレミア、ヘルスデーニュースに
『サプリメントに死亡リスク低減効果なし?』2019年4月20日
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20190419/med/00m/070/003000d
という記事が載りました。

私は、サプリメントは、飲んでいませんし
患者さんに奨めることも、ほぼ無いので、
まあ、そんなものかなという感想です。

米タフツ大学准教授のFang Fang Zhang氏らが
「Annals of Internal Medicine」4月8日オンライン版に発表


ということなら、信頼度は高いと言えます。
アナルズオブインターナルメディスンは
ニューイングランドジャーナル、
ランセット、
ブリティッシュメディカルジャーナル

などに次ぐランクの医学雑誌で、
インパクトファクターも高いです。

『ビタミンAとビタミンK、マグネシウム、亜鉛、銅を適度に
食品から摂取すると、
全死亡率または心疾患や脳卒中などの心血管疾患による死亡率は低下するが、
サプリから摂取しても効果はない。』

食品から摂取すると効果があるのに
サプリからでは効果が無いという事実は、とても興味深い報告です。


高雄病院の推奨する『スーパー糖質制限食』においては、
魚介類、肉類、卵、卵製品、乳製品 ⇒糖質はほとんどなし
豆腐、納豆、⇒糖質はほとんどなし
葉野菜、ブロッコリー、ゴーヤ、ピーマンなど・・・⇒糖質が少ない
海草、茸⇒糖質が少ない
くるみ、アーモンド ⇒糖質が少ない

など、幅広い食品を満遍なく食べるので、糖質だけは制限していますが、
必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維
など、全て食材から摂取可能なので、サプリは必要ないのです。

『サプリメントは栄養バランスに富んだ食事の代わりにはならない』
というのは、けだし名言と思います。

一方、ベジタリアンの場合には、ビタミンB12、ビタミンD、EPA・DHAが不足しやすいので
それらを、サプリで補充することには意味があります。

また、生理のある女性や出産後の女性の鉄欠乏性貧血には、保険内で鉄剤を処方することも必要です。


江部康二


☆☆☆
毎日新聞医療プレミア ヘルスデーニュース
『サプリメントに死亡リスク低減効果なし?』2019年4月20日

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20190419/med/00m/070/003000d

記事の要約
【この研究は、米国国民健康栄養調査(NHANES)から1999~2010年のデータと死亡記録(National Death Index)データを関連づけて分析したもの。
20歳以上の米国成人3万899人を対象に、食品およびサプリメントからの栄養素の摂取量と死亡率との関連を前向きに調べた。

 その結果、対象者の半数以上が1種類以上のサプリメントを摂取し、
3分の1以上はマルチビタミンを摂取していた。
 また、サプリメントの中ではビタミンCの摂取頻度が最も高く、ビタミンE、カルシウム、ビタミンDが続いた。
 中央値で6.1年追跡した結果、全般的なサプリメントの常用と死亡率との間には関連は見られなかった。

一方、ビタミンAとビタミンK、マグネシウム、亜鉛、銅を適度に摂取すると、
全死亡率または心疾患や脳卒中などの心血管疾患による死亡率は低下することが示された。
しかし、これらのリスク低減効果は、栄養素を食品から摂取した場合に限られることも分かった。

 さらに、カルシウムの過剰摂取は、がんによる死亡リスクの増加と関連することも示された。

 Zhang氏によれば、
米国人口の半数以上が何らかのサプリメントを常用しているが、
「今回の結果からも、健康な人ではサプリメントによるベネフィットは得られないことは明らかだ。
サプリメントは栄養バランスに富んだ食事の代わりにはならない」
と述べている。

 また、栄養素を食品から摂取した場合とサプリメントから摂取した場合で有益性に差が出た理由は明らかになっていない。
この点について、Zhang氏は「食品から摂取した場合には、身体が栄養素の吸収を調整したり、制限したりできるのに対し、
サプリメントでは、こうしたコントロールができないためではないか」と説明している。

 この研究には関与していない米ニューヨーク大学(NYU)ランゴン・ヘルスの管理栄養士であるSamantha Heller氏は
「一種類の栄養素を摂取したからといって健康上の問題が解決するわけではないが、
状況によっては栄養素の補充が必要なこともある」と指摘する。
その一例として、完全採食主義者ではビタミンB12やビタミンD、オメガ3脂肪酸など特定の栄養素が不足しがちなことを挙げている。】
ローカーボフェスin宝塚  『メタボレスラボ』『パンブエノ』出店
☆☆☆
<利野郁枝さんの「出版記念講演会&試食会」の中止のお知らせ>
10月12日(土)に開催を予定していましたが大型台風接近に伴い中止となりました。



おはようございます。

2019年10月13日(日) 10:00〜17:00
ローカーボフェスin宝塚

が開催されます。

宗田哲男先生、
そして、江部康二の二人が、講師を務めます。

チケット購入と詳細情報は
日本ニュートリションフーズ協会のホームページ
https://jnutritionfoods.com/

からお願いします。
前売り券2000円で、当日券は3500円となります。

ローカーボフェスin宝塚に、
こうじ江部粉を新発売した「メタボレスラボ」さん、「パンブエノ」さんも出店されます。
メタボレスラボ https://metaboless-labo.stores.jp/items/5d95463bbc45ac211708bdd8
パンブエノ http://picpanzee.com/panbueno.0501


こうじ江部粉の命名は、
『江部こうじ』と『紅こうじ』『米こうじ』
を掛け合わせて誕生したそうです。

『京都江部粉』『こうじ江部粉』
はいずれも、研究開発段階で、私が自己測定器で血糖値を何度も何度も検査して、
調整を重ねて、やっと完成にこぎつけた珠玉の逸品です。
まさに血と汗と涙の一品です。

糖質制限なパンが、簡単に作成できます。
日本全国の糖質セイゲニストでパン好きの方々、
是非一度、お試しあれ。


江部康二


☆☆☆
以下は
メタボレスラボさんからの紹介文です。

【この度、メタボレスラボはローカーボフェス宝塚にて
「こうじ江部粉」を販売します。
こうじ江部粉は、高雄病院の江部康二先生にご監修いただいた京都江部粉をベースに、
紅麹と米麹をミックスして
作られた糖質セイゲニストのためのミックス粉です。

特長は下記のとおりです。
こうじ江部粉を使用すると、糖質を抑えた食物繊維たっぷりのパン、
お菓子を作ることができます。
こうじ江部粉に含まれている糖質量は100gあたり11.0g(エリスリトールを除く)、食物繊維量は23.4gです。
パンにすると、糖質量は100gあたり約5.8g(エリスリトールを除く)で、
一般的なロールパンに比べると糖質は
88%もカットされ、食物繊維量は12.3gで約6倍にもなります。

こうじ江部粉は癖の強いふすま、大豆粉を使用しておりませんので食べやすく、
こんにゃく配合により、パンにモチモチした食感を与えます。

こうじ江部粉には2種類の麹を配合しております。
米麹はパン生地のソフト化と、ほのかに甘い香り(発酵香)の付与が期待できます。
紅麹はモナコリンK、GABAを含み、健康食品素材として注目されております。
紅麹配合により、うっすらとかわいい色がつきます。
是非一度、癖になる不思議な味覚と食感をお楽しみください!

ローカーボフェスin宝塚では、
江部粉専門のベーカリーPan bueno(パンブエノ)さんが
こうじ江部粉パンの販売を行います。
プレーン、シナモン、クルミ、抹茶クリームチーズ、
ハリネズミチョコチョコ、ジャックオーランタンなどの
こうじ江部粉パンが登場予定です。
是非ともメタボレスラボのブースまでお立ち寄りください。

こうじ江部粉、パンブエノさんの情報は下記をご参照ください。
メタボレスラボ https://metaboless-labo.stores.jp/items/5d95463bbc45ac211708bdd8
パンブエノ http://picpanzee.com/panbueno.0501
菓子職人10月・11月限定マンスリー糖質制限ケーキ パリブレスト
おはようございます。

【菓子職人 10月・11月限定マンスリーケーキ】

風味豊かなシュー生地とナッツクリームが絶妙 

パリブレスト


main_monthly1910.jpg

糖質 2.63g カロリー 373kcal
※100gあたり ※エリストールを除く 


◆測定結果
2019年10月1日(火)

・午後5時半 血糖値:104mg
・菓子職人パリブレスト100g試食
・午後6時半 血糖値:113mg

9mg上昇で、100g中に3gの糖質


パリブレスト100gあたり摂取で、9mg/dl血糖値上昇です。
糖尿人・江部康二のピークの血糖値上昇は1gの糖質で3mg/dlです。
ということは「9mg/dl÷3mg/dl=3.0g」の糖質含有量で、
ほぼ想定範囲で、糖質制限食合格です。

糖質制限パリブレスト 美味しさのヒミツ

monthly_cut1910.jpg


A シュー皮:牛乳の代わりに濃いアーモンドミルクと発酵バターをたっぷり使用し、少量のフランス産小麦粉と糖質制限ミックス粉等でしっかり風味豊かにシュー皮を焼き上げました

B アーモンドスライス

C ノンシュガーチョコ入り生クリーム:モリドール社のダークチョコレートを使用し、アーモンド・ペースト、カラメルシロップや洋酒、羅漢果で上品に仕上げました

D カスタードクリーム入りナッツクリーム:発酵バターをたっぷり使用し、アーモンドとヘーゼルナッツペーストにノンシュガーチョコレートにラム酒で風味をつけ、カスタードクリームも加えました。

糖質制限マンスリーケーキ
【10・11月限定 パリブレスト】
風味豊かなシュー生地とナッツクリームが絶妙
賞味期限:冷凍保存20日間、解凍後要冷蔵にて2日間
内容:直径約12.5cm×高さ5.5cm/約330g 1台
価格 3,800円(税込)


アーモンドミルクと発酵バターが豊潤です。
アーモンドスライスのアクセントも効いています。
ナッツクリームも絶妙です。
秋にふさわしい、しっとり感とボリューム感を兼ね備え、
芳醇な味わいとなっています。

ブログ読者の皆さんも、是非、ご賞味頂ければ幸いです。

菓子職人さん、いつも美味しくて素敵な糖質制限スイーツを提供して頂き、ありがとうございます。

江部康二
薬物治療中の糖質制限食についてのご注意。
こんにちは。
内科ドクターから、以下のコメントを頂きました。

【内科医師です。
SU剤服用中や、カーボカウントなしでインスリン注射をしている糖尿人が、
主治医に黙って(休・減薬なしで)糖質制限をし、
重篤な低血糖を起こすケースが想定されます。
特にSU剤を飲んでいる人は、薬をやめずに糖質制限をすると危険です。

糖質制限が普及するにつれ、
自分が使用している薬の作用機序どころか名前すら知らない人が
糖質制限を実践する機会が増えてくると思います。
リスク管理についての注意喚起をお願いいたします。】


確かに、糖質制限食の普及がどんどん進んでいます。
これ自体はとても好ましいことです。
しかしながら上記のご意見のように、
これにに伴い、主治医に内緒で、
患者さんが自分で勝手に糖質制限食を実践することがあり得ます。
このような場合、低血糖のリスクがあるので注意が必要です。

患者さんが低血糖発作を起こした時、糖質制限食反対派の医師が主治医であれば、
「糖質制限食自体が危険」
と患者さんや家族に、一方的・短絡的に説明する可能性があります。

実際には、インスリン注射・SU剤・即効型インスリン分泌促進剤など、
インスリンが関与する治療を受けている場合は、減薬や休薬をせずに、
スーパー糖質制限食を実践すれば、低血糖の可能性があるので、
厳重な注意(休薬や減薬)が必要
ということです。

スーパー糖質制限食なら、食後血糖値の上昇は少ないので、
そもそもSU剤・即効型インスリン分泌促進剤は休薬できます。


インスリン注射単位も食直前の超速効型は、
糖尿病摂取時時に比べると1/3~1/4以下になり、中止できる糖尿人もいます。
1日1回の長時間作用型のインスリン注射も、3/4~1/2に減ることもあります。

「スーパー糖質制限食」+「休薬・減薬」で、
血糖コントロールは良好となります。


血糖値を直接上昇させるのは、<糖質・脂質・タンパク質>のうち糖質だけなので、
糖質を制限すれば、リアルタイムに食後高血糖が改善します。


つまりスーパー糖質制限食実践時には、
インスリン注射・SU剤・即効型インスリン分泌促進剤などの薬物は、
必ず休薬するか減薬しないといけないわけです。

糖質制限食普及に伴い、北海道から沖縄まで、
糖質制限食賛成派の医師が増えてきています。(☆)


糖尿病で薬物療法を受けている糖尿人は、必ず医師と相談して、
安全に糖質制限食を実践していただきたいと思います。


なおSU剤は、食後高血糖は防がず、空腹時低血糖を生じる可能性が高い、
百害あって一利なしの薬物なので、使用禁止にしたいくらいです。
特に、グリペンクラミド(オイグルコン、ダオニール:第2世代SU剤)や
第一世代のSU剤(ジメリンなど)を服用しておられる方がいたら、
心筋障害のリスクがあるので即刻中止することをお奨めします。

日本全体でも、SU剤の使用頻度は大幅に減少しています。
しかし、まれですが、ごく少量の第三世代のアマリール(0.5)1錠投与で、
非常に改善するケースがあります。
私自身はSU剤は、ほとんど使いません。
100人に1人くらい、アマリール(0.5)1錠×1、朝食後処方することがあります。


(☆)
一般社団法人
日本糖質制限医療推進協会
提携医療機関
https://www.toushitsuseigen.or.jp/med-institution



江部康二