糖質制限食実践中の糖質摂取で、一見耐糖能低下にみえることがあるが?
【17/09/13 福井
タイトルなし
初めまして。
高田医師は誤解というか認識不足がはなはだしいと思いますが、
最後の、β細胞を休ませ過ぎるとインスリンを分泌できなくなるというところ。
確かにほんの少しの糖質摂取でも血糖値は凄く上がります。
私は、糖質制限でβ細胞を休ませ温存して、
長く基礎分泌を維持できるようにしていると解釈しておりますが、
それでよろしいでしょうか。】



こんばんは。
福井さんから、
『糖質制限食実践中に、糖質を摂取すると血糖値がすごく上がる』
一方
『糖質制限でβ細胞を休ませ温存して、長く基礎分泌を維持できる』
というコメントを頂きました。

この件に関して、
糖質制限食実践中の耐糖能検査ということで、考察してみます。

75g経口ブドウ糖負荷試験実施前3日間は、
150g/日以上の糖質摂取が、日本糖尿病学会の推奨となっています。

糖質制限をあるていどの期間続けた正常人が、
いきなり、ブドウ糖負荷試験あるいは糖質一人前摂取で血糖がかなり上昇し、
一見、耐糖能低下のように見えるデータがでることが、時にあります。

私見ですが、これは、
追加分泌インスリンを出す必要がほとんどない、
スーパー糖質制限食を続けていた場合には、
糖質摂取に対して、
β細胞が準備ができていない状態であった可能性があります。

従って、例えば150g/日以上の糖質を3日間摂取することで、
準備を整えてから検査をすると、β細胞の準備ができているので、
もともと正常型だった人なら耐糖能が普通に戻ると思われます。

スーパー糖質制限食実践でβ細胞は休養できていて、
なおかつ血糖コントロール良好ですので、
高血糖によりβ細胞が障害されている可能性はありません。

ですから、β細胞のインスリン分泌能力も準備さえ整えば、
正常に作用すると考えられます。

つまり、正常人が糖質制限中にいきなり糖質摂取したとき、
一見耐糖能が低下したようなデータが出ることがありますが、
これは本当にβ細胞が障害されて耐糖能が落ちたのではないので、
心配ないということです。

福井さん、ご指摘通り、
糖質制限食実践者においては、食後高血糖によるβ細胞の障害はないので、
本当にインスリン分泌能が低下するということは考えられません。
すなわち糖質セイゲニストのβ細胞は休養充分で元気いっぱいなのです。



江部康二

週刊ポスト、糖質制限食批判記事(9/11)への反論2
こんにちは。
週刊ポスト糖質制限食批判記事(9/11)への反論2です。

以下、9/12(火) NEWS ポストセブンの記事の要約(黒太字)と反論(青字)です。

糖質制限すると糖尿病になる! 衝撃データを公開
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00000014-pseven-life
9/12(火) NEWS ポストセブン

1)
「週刊ポスト 2017/9/22号の記事 糖質制限すると糖尿病になる」


日本において、9/12の本ブログ記事の如く、
1997年をボトムに、増加し続けていた炭水化物の摂取比率が、
2008年~2010年にかけて13年ぶりに1%減少して(60.4%→59.4%)、
糖尿病の増加が急減し、
糖尿病予備軍は国民健康・栄養調査が始まって以来初めて減少しています。


2)
「糖質制限が糖尿病の原因となっている可能性がある」
(浜松医科大学名誉教授・高田医師)。
「糖質を制限すれば、体内から糖が無くなるわけではありません。
体内の糖質が不足すると、脳が活動を維持できなくなるなど
命にかかわる障害が出てしまう。それを防ぐために、
筋肉を分解して糖を生み出す『糖新生』という反応が起こります」(同前)

 糖新生は、空腹とともにストレスを感じた際に脳から分泌されるホルモン「コルチゾール」によって引き起こされる。
だが、筋肉を溶かしてまで糖を生成する「コルチゾール」が分泌されるほどの低血糖状態は、
人体にとってかなりイレギュラーなことだという。

これは、高田医師、完全に誤解しておられます。
糖新生は、全人類において、空腹時や睡眠時にはごく日常的に行われています。
すなわち、普通に三食、糖質を食べている人においても、
ストレスとは無関係に、グルカゴンというホルモンにより
毎日普通に糖新生は行われています。
つまり「糖新生」はそもそも特殊な出来事ではなく、全人類において
日常的に行われていることなのです。
糖新生が、日常的に行われてないなら、
ヒトは夜間睡眠中に低血糖で倒れてしまいます。

糖新生は「アミノ酸、乳酸、グリセロール」などを原材料にして、
主として肝臓で行われています。
アミノ酸は筋肉(タンパク質)の分解物ですが、
筋肉は日常的に分解と再生を繰り返しています。
すなわち糖質摂取の有無に関係なく、ごく普通に筋肉は毎日分解され、
その都度、新しい筋肉を作っているわけです。

糖質制限食なら、食事からのタンパク質が豊富なので、
筋肉を作る材料のアミノ酸が不足することはありません。
厳しいカロリー制限食により、摂取タンパク質が不足すれば
筋肉が過剰に分解して筋力低下に繋がるので注意が必要です。



3)
「低血糖状態から体を守るために、コルチゾールは糖新生と同時に、
上げた血糖値を維持するために『インスリン』の効きを悪くして血糖値が下がるのを防ごうとしてしまいます。
そうなると、今度はインスリンが効かなくなってしまう。
その結果、血糖値を下げられなくなって、糖尿病になるという可能性が指摘されているのです」(同前)


そもそも、糖質制限食で低血糖になることもなく、
ストレスでも何でもないので、高田医師が仰るように
コルチゾールが過剰に分泌されるようなことはありません。


4)
「高齢者は加齢にともなって筋肉繊維が細くなり、筋肉が衰えている。
その状態で糖質制限により『糖新生』が起きると、筋肉がさらに衰えてしまいます。


糖質制限食なら、高タンパク食なので、アミノ酸が豊富で筋肉が衰えにくいです。
近年は高齢者ほど、肉や魚の動物性タンパク質を充分量摂取することが
医学界においても、推奨されています。
カロリー制限食で、低タンパク食だと、筋肉が分解され衰えるので要注意です。

2017年7月18日(火)午前、日野原重明先生が逝去されました。
105歳でした。
魚は毎日のように食べておられ、
脂のないステーキを、2日に1度食べておられたようです。
ステーキを食べる日は魚はなしです。
朝食はコーヒー、ジュース、ミルク、オリーブ油を摂取され、
昼食はミルクとクッキー2個だけなので、少食です。
夕食は茶碗半分ほどのご飯、たっぷりの野菜、
それにヒレ肉か魚で1日1300キロ・カロリーに制限されていました。
これだと、朝が糖質5~10g、昼が糖質15g、
夕が糖質40gくらいなので、一日の糖質摂取量は、60~65gくらいで
糖質摂取比率は約20%弱です。
日野原重明先生の食事内容は、立派な糖質制限食ですね。



5)」 
「糖質制限を始めるとインスリンの分泌が減り、生成元である『β細胞』の活動が低下する。
使わないと衰える筋肉と同じように、ある程度の期間、糖質制限を継続すると、
休み過ぎでβ細胞の機能低下を招きます。
そうなると、糖質を摂取した際に、インスリンを分泌できなくなり、高血糖状態になってしまう」(前出・高田氏)

高田医師は、人類の進化の歴史をご存じないようですね。
人類は、チンパンジーと分かれて、700万年間、狩猟・採集を生業として
「妊娠・出産・子育て・日常生活」をおくってきました。
この間は穀物はないので、人類皆「糖質制限食」です。

糖質制限食実践中も、基礎分泌インスリンは必ず分泌します。
また、野菜分の糖質に対して、基礎分泌の2~3倍の追加分泌インスリンがでます。
これは、700万年間の進化の歴史におけるご先祖と同様であり、β細胞も普通に働いています。

1万年前に、農耕が開始されて、初めて穀物が日常的に摂取されるようになり
追加分泌インスリンは、食事の度に、基礎分泌の10倍以上出るようになりました。

とくに精製炭水化物を摂取し始めてからは、追加分泌インスリンは
基礎分泌の20~30倍も過剰に出るようになり、
これが、40年、50年続くと膵臓のβ細胞が疲弊したり壊れたりして
とうとう糖尿病を発症します。


江部康二

炭水化物摂取比率が減少して、糖尿病増加が急減、 糖尿病予備軍は減少。
「週刊ポスト 2017/9/22号の記事 糖質制限すると糖尿病になる」
に反論です。

まず、週刊ポストのグラフは不正確です。

日本において、以下のグラフの如く、
1997年をボトムに、増加し続けていた炭水化物の摂取比率が、
2008年~2010年にかけて13年ぶりに1%減少して(60.4%→59.4%)、
糖尿病の増加が急減し、
糖尿病予備軍は国民健康・栄養調査が始まって以来初めて減少しています。


スライド1


スライド2



「糖尿病疑い950万人 厚労省推計2007年から60万人増」

炭水化物摂取比率が減少して、糖尿病の増加が急減し、糖尿病予備軍は減少。


2013年12月19日に厚生労働省が発表。

厚生労働省は、毎年国民健康・栄養調査を実施しています。

その中で、5年に1回、糖尿病有病率を集計しています。

今回2012年の糖尿病有病率は、2007年に比し、約60万人増加で、かなり歯止めがかかっています。

1990年:560万人
1997年:690万人(130万人増加)
2002年:740万人(50万人増加)
2007年:890万人(5年間で150万人増加)
2012年:950万人(5年間で60万人増加)

これで見ると、2002年→2007年の増加率が、半端じゃないですね。

2007年→2012年の増加は、60万人で
1997年→2002年の増加、50万人と似たようなもので、
2002年→2007年の増加、150万人に比しかなり少ないです。

さらに、糖尿病予備軍は、約1100万人で、2007年から約220万人減少で、国民健康・栄養調査が始まって以来の快挙です。

冷静に考えて、糖尿病増加の勢いが、弱まったことになります。

実はずっと増え続けていた炭水化物摂取比率が、2008年から2010年にかけて、60.4%から59.4%に減ってい
るのです。

そして、ずっと減少傾向だった脂質摂取比率が、2008年から2010年にかけて、24.9%から25.9%に増えているのです。

そして、これを受けて、20007年から2012年にかけて糖尿病の増加が急減して、糖尿病予備群は220万人も減少しているのです。

保健所や一般の医師・栄養士の食事指導は、旧態依然たる日本糖尿病学会推奨で唯一無二のカロリー制限食で、数十年来不変ですので、今更この影響はないと思います。

こうなると、あくまでも仮説ですが、炭水化物摂取が減って脂質摂取が増えて、糖尿病の激増に歯止めがかかったのは、糖質制限食の影響の可能性がありえますね。(^^) 


追加
なお、2000年~2012年まで日本の人口は1億2000万ちょっとで大きな変化はありません。
そして、この間、高齢化はどんどん進んでいるので、普通に考えると
高齢者に多い病気である糖尿病は、より増加し易い状況だったと言えます。
それが歯止めがかかったというわけです。



江部康二

2005年に
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)
を日本初の糖質制限食の本として上梓しました。

1997年以来増加し続けていた炭水化物の摂取比率が、
2008年~2010年にかけて13年ぶりに減少して
糖尿病予備軍が調査開始後初めて減ったことに、
私の本が一定程度貢献しているとしたら、とても嬉しい思いです。


<国民健康・栄養調査 2008年~2015年>


平成27年(2015年) 総数
エネルギー 1889
脂肪:26.9
炭水化物:58.4
蛋白質:14.7


平成26年(2014年) 総数
エネルギー 1863
脂肪:26.3
炭水化物:59.0
蛋白質:14.7


平成25年(2013年) 総数
エネルギー 1873
脂肪:26.2
炭水化物:58.9
蛋白質:14.9


平成24年(2012年) 総数
エネルギー 1874
脂肪:26.2
炭水化物:59.2
蛋白質:14.6


平成23年(2011年) 総数
エネルギー 1840
脂肪:26.2
炭水化物:59.2
蛋白質:14.6


平成22年(2010年) 総数
エネルギー 1849
脂肪:25.9
炭水化物:59.4
蛋白質:14.7


平成20年(2008年) 総数
エネルギー 1867
脂肪:24.9
炭水化物:60.4
蛋白質:14.7

現代ビジネスの糖質制限食批判記事への反論。
【17/09/11 yanosono
糖質制限の真実への批判
https://newspicks.com/news/2484791?ref=search&ref_q=%E7%B3%96%E8%B3%AA&ref_t=top
先生はどう思われますか?
私は、何が真実かがよくわからなくなってきました。】


yanosono さん

山田悟医師の著書『糖質制限の真実―日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて.』 2015: 幻冬舎.

に対する文化人類学者の磯野真穂さんの批判記事ですね。

現代ビジネス 2017/9/10
シャリなし寿司は健康的か? 「糖質制限が日本人を救う」への疑問
磯野 真穂 文化人類学者
国際医療福祉大学大学院講師
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52704


従いまして、
糖質制限食への批判というより、
山田悟医師の著書『糖質制限の真実』に記載されている断定的な表現への批判が
多くを占めています。
その磯野真穂さんの主張には、私も一理あると思います。

一方で、糖質制限食全般に対する主観的な批判は如何なものかと思いますので
以下、反論します。


<磯野真穂さんへの反論1。ランセットの論文>
『炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇』
という衝撃的な内容の論文が、
ランセット誌のオンライン版(2017/8/29)に掲載されました。

1)炭水化物摂取量の多さは全死亡リスク上昇と関連。
2)総脂質および脂質の種類別の摂取は全死亡リスクの低下と関連。
3)総脂質および脂質の種類は、心血管疾患(CVD)、心筋梗塞、CVD死と関連していない。
4)飽和脂質は脳卒中と逆相関している。


1)2)3)4)が、今回、
ランセット誌のオンライン版(2017/8/29)に掲載された論文で確認されました。
18ヵ国の13万5千例以上を約7年半追跡した研究で、ランセットに掲載なので
信頼度は極めて高いです。
この論文を考慮すれば、糖質制限食の意義は大きいですね。


<磯野真穂さんへの反論2。生理学的事実1、糖尿病と食後血糖値>
A)、血糖値を直接上昇させるのは糖質のみ
B)、糖尿人において食後高血糖と平均血糖変動幅が酸化ストレスリスクの元凶
C)、食後高血糖と平均血糖変動幅増大を生じるのは糖質だけ
D)、食後高血糖と平均血糖変動幅増大が糖尿病合併症の元凶


A)C)は生理学的事実であり論争の余地はありません。
B)D)は世界の医学界において、エビデンスが認められています。
従いまして、『糖質制限食』は糖尿病合併症を予防できる唯一の食事療法です。


<磯野真穂さんへの反論3。糖化>
糖化とは、ブドウ糖などの糖が直接たんぱく質と結合する反応のことです。
最終的に「終末糖化産物」(AGEs=advanced glycation endproducts)となります。

【糖尿病】
体内で作られるAGEsが糖尿病合併症を引き起こします。
  (1)細小血管合併症(2)大血管合併症
「高血糖の記憶」:現在コントロール良好でも、以前の消えない借金( AGEs)が蓄積していると、合併症を生じます。
AGEsによる糖尿病合併症発症のリスクは、「血糖値×持続期間」によります。
コントロールの悪い糖尿病患者は、AGEsの産生が高まります。
糖尿病は老化病とも言われていて、コントロールが悪いと老化が進みやすいです。
糖質制限食なら、血糖コントロール良好となり、糖尿病でもAGEsを減らせますので、
(1)細小血管合併症(2)大血管合併症を予防できる可能性が高いです。

【正常人】
糖尿病なしでも、「加齢→AGEsが蓄積→老化」というパターンが成り立ちます。
「糖質制限食→糖化反応が最小限→AGEsの蓄積も最小限→老化予防」となります。
体内の血糖により産生された「AGEs」は、
動脈硬化、老化、がん、歯周症、アルツハイマー病などのリスクとなります。
正常人が糖質制限食を実践すれば、糖化に伴う老化をかなり予防できます。

【糖尿人・江部康二】
ちなみに、江部康二は糖尿人ですが、
52歳からスーパー糖質制限食を開始して15年間が経過しました。
67歳現在、歯は全部残っていて、身長も全く縮んでいません。
夜中にトイレにも行きませんし、目は裸眼で広辞苑が読めます。
聴力もほとんど低下していません。
糖質制限食実践により、糖化に伴う老化をかなり予防できている実例と思われます。



江部康二
「糖質制限食講演会 in 広島」 講演会&懇親会のご報告
こんばんは。
無事、広島に行ってきました。

まずは、講演会の前夜(9/9土)に
八丁堀福屋さん近くの海鮮居酒屋さんで懇親会を行いました。
懇親会は、28名の定員があっという間に満員御礼となりました。
医師8名を始めとして、看護師、薬剤師など医療関係者も参加して頂き、
広島市や中国地方でも糖質制限食が医学界に確実に浸透していると感じました。

美味しく楽しく糖質制限な宴会で、皆さんハイボールを中心に結構呑んでおられました。
中盤からは、店も気を利かして、ハイボールのピッチャーが登場しました。
宴会終盤は、私の呑みすぎを警戒してか、私の記憶が確かなら (∵)?
秘書殿が私のハイボールグラスには水を足して薄めておりました。 ( ̄_ ̄|||)
健気なことです。
おかげで、今朝はほとんど二日酔いもなく、
午前6時半からホテルの朝食バイキングを食べに行きました。

バイキングから部屋に帰って、テレビをつけたら、
「桐生祥秀選手、9秒98」のニュースが流れてきて、眼が倍ぐらい覚めました。
桐生選手、おめでとうございます。(^-^)v(^-^)v 


翌日、
2017年9月10日(日)10:30~13:35

「糖質制限食講演会 in 広島」 講演会
◇第1部:「糖質制限のすすめ」
 1. 瀬尾 一史 医師 瀬尾クリニック(広島県福山市)
 2. 花岡 篤哉 医師 新南陽整形外科クリニック(山口県周南市)
◇第2部:「糖質制限 実践のイロハ」
 橋本 眞由美 管理栄養士 (財)高雄病院 栄養管理部長/当会アドバイザー
◇第3部:「糖尿病・生活習慣病を予防&改善する食事法
        ~糖質制限食は、人類本来の食事、人類の健康食」


一般向けの糖質制限食講演会を開催しました。
過去、広島市では保険医協会主催など、
医師向けの講演会は2回したことがありますが、
一般向けの講演会は、広島市では初めてでした。

4人の講師で、、盛りだくさんの内容でお話ししました。
こちらも、105名定員で、満員御礼となりました。
医師15名を始めとして、看護師、薬剤師など医療関係者も参加して頂きました。
広島市、広島県は勿論のこと、
山口県、鳥取県、島根県、岡山県、滋賀県、長崎県、
高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大阪府などなど、
各地から、多くの方に参加していただき、ありがたいことでした。
いつもながら、ブログ読者の皆さんにも多数、
ご参加頂き、ありがとうございます。m(_ _)mV

質疑応答も活発で、あっという間に30分が過ぎてしまいました。
既に、糖質制限食を実践されている方の質問が多かったです。
コレステロール値、たまに糖質を食べると生じる眠気、
糖質制限に挫折しないこつ、便通・・・などなど
他の参加者の方々にも役立つ質問がほとんどで、回答する講師陣も
気合いが入っていました。(^^) 


江部康二