FC2ブログ
糖質制限食と糖尿病と尋常性乾癬
こんばんは。秋がだんだん深まっていきます。

当初豊作だと予想されていた松茸が、何だか近来まれにみる不作になりそうです。( ̄_ ̄|||)

丹波松茸は、ここ10年で最悪の不作だそうです。

今年も、中国・北朝鮮・カナダ・スウェーデン・・・と仲良くすることとしましょう。

さて。

今回は、さわさんから、尋常性乾癬糖尿病に関するコメントをいただきました。


「こんばんは^^
江部先生こんばんは、ご無沙汰しています。
毎日のお仕事&ブログ更新ご苦労さまです。
m(_ _)m

昨年10月に健康診断で糖尿病が発覚して依頼、1年ぶりの健康診断を受け、結果が届きましたので、見て頂きたくてコメントいたします。

発覚当初から1月まではインスリン、投薬なしで頑張り、1月からはボグリボース0.2mgを10ヶ月で120錠ほど使用しました。(1ヶ月に10錠ほど頓服的に使用する程度でした。)
アクトスは後ろ頭の血管が痛むようで体に合わず、2週間で服用を中止しました。

主食は昨年11月から抜いていたものの、おかずの糖質制限が非常に甘く、本格的に糖質制限に取り組むことができたのは今年の6月くらいからだと思います。

今、数値を書き出してみて、過去にコメントされた他の方の数値の推移によく似ていると思ったのですが、何か問題はありますでしょうか?
もうちょっと体重を増やしたいとは思っているのですが・・・

<上昇した項目>
尿酸値上昇3.1→6.5(2~7)
尿素窒素上昇10→17(5~22)
HDL上昇46→60(40~)
総コレステロール上昇150→164(120~219)
--------------------
<減少した項目>
体重52.0→49.9(60.8)身長167cm
BMI18.9→18.1(18.5~24.9)
中性脂肪大幅に減少90→28(50~149)
LDL減少97→92(70~119)
アルフォス減少308→231(100~340)
GPT減少14→9(~30)
尿たんぱく定性安定(+)→(-)
尿糖減少(3+)→(-)
血圧低下(112-62)→(105-59)(~84、~129)
血糖減少242→130(前日21:00にカレーのルーのみ3杯食べる。糖質25g程度)
HbA1c減少10.9→6.1
※検査したことはないのですが、自分の場合は、食後2時間値が下がりにくい傾向にあり、基礎分泌&追加分泌ともかなり少ないような気がします。
--------------------
<不変の項目>
GOT不変16→17(~30)
γーGPT不変16→16(~50)
クレアチニン不変0.6→0.6(~1.1)
赤血球不変494→448(427~570)
白血球不変7.7→7.7(4~8)
ヘモグロビン不変15.8→14.7(13.5~17.6)
ヘマトクリット不変45.8→44.4(39.8~51.8)
--------------------
<体感としては>
※持久力アップ
※眠気がなくなる
※朝の目覚めが良くなる
(ただし、80以下の低血糖時と150以上の高血糖時の目覚めは非常に悪いです)
※150~180以上の高血糖時はめまいを感じます。
(ウォーキングにより血糖値が下がるとめまいは即座に改善されます)
--------------------
尋常性乾癬は糖質制限で大大大幅に改善、特に牛肉全般、豚脂を控え始めてからは、今や体から完全に消滅してしまいそうな勢いです(嬉♪)もちろん新たな患部もこの1年出てきたりしていません。

もし何かお気づきの点がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

2009/10/22(Thu) 20:42 | URL | さわ」



さわさん。
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

「HbA1c10.9→6.1%」

見事な改善ですね。(⌒o⌒)v

「体重52.0→49.9(60.8)身長167cm
BMI18.9→18.1(18.5~24.9)
中性脂肪大幅に減少90→28(50~149)」


やや痩せ気味になりましたので、低カロリーになりすぎないように注意してください。牛肉と豚脂以外の脂質、タンパク質は充分量摂取してくださいね。

他のデータも問題ありませんよ。今の食事に加えて、果物を血糖値に影響がない量、例えばりんご1/3×2回/日とか摂取すると、体重が増えやすいですね。

「※持久力アップ
※眠気がなくなる
※朝の目覚めが良くなる
(ただし、80以下の低血糖時と150以上の高血糖時の目覚めは非常に悪いです)
※150~180以上の高血糖時はめまいを感じます。
(ウォーキングにより血糖値が下がるとめまいは即座に改善されます)」


持久力は高まりますね。ほとんどの皆さんがそのようです。

低血糖と高血糖に敏感になったのですね。高雄病院の患者さんでも、いつも200~300mgの時は慣れていて無症状だったのが、糖質制限食で血糖が正常化したあと、たまに菓子パンなど食べて血糖が200mgを超えると、頭がボーッとするとか仰有ることがありますよ。

尋常性乾癬ほぼ、完治に近いですね。素晴らしいです。(^-^)v(^-^)v 

2009年8月27日のブログで、尋常性乾癬の高雄病院の患者さんのことを書きました。あれからもう一名、全身の発赤・落屑・肥厚・・・という今まで診たなかでも最重症の患者さんが来院され、兎に角1ヶ月、スーパー糖質制限食を実践してもらいました。

1ヶ月後、驚くべきことに

発赤10→2
落屑10→0~1
肥厚10→1

と劇的に改善していて、ご本人も私もナースもびっくりでした。ヾ(゜▽゜)

もしかしたら、

「精製炭水化物の過剰摂取が尋常性乾癬のもっとも大きな要因で牛肉と豚脂が少し関わっている」

というのが尋常性乾癬の本質だったのかもしれませんね。エスキモーは、伝統的食生活を守っている間は尋常性乾癬は極めてまれでした。

皮膚科のお医者さんが、本ブログをご覧になっておられたら、是非追試をしていただけば幸いです。 m(_ _)m

以下にさわさんのコメントと私のブログを参考のために再掲します。

江部康二

☆☆☆☆☆
尋常性乾癬と糖質制限食

「こんばんは。

2009/02/27(金)のブログ<尋常性乾癬の改善と糖質制限食>で、ご自身の20年来の尋常性乾癬が、糖質制限食を開始して約2ヶ月で劇的に改善された、さわさんのコメントを紹介しました。

その後、江部診療所と高雄病院で、数年来漢方治療をしているけれど、難治性で上手くいっていない尋常性乾癬の患者さん3名に、さわさんのコメントをプリントアウトして説明して、糖質制限食を実践していただきました。 (^_^)

比較的経過良好の2~3人の患者さんからは、残念ながら

「糖質抜きなんて到底無理です!!」と拒否されました。( ̄_ ̄|||)

やはりモチベーションの問題があるようです。

糖質制限食を実践していただいた、4人の患者さんは、1ヶ月経過した時点で全員、皮疹の面積が、10→5以下になりました。自分で想像していた以上の効果で嬉しいビックリでした。ヽ(*`▽´)ノ

まだまだ症例が少ないので、確定的なことは言えませんが、少なくとも通常の治療で、コントロール困難な尋常性乾癬に関しては糖質制限食を試みる価値は充分あると思います。

「騙されたと思って、兎に角1ヶ月、糖質制限食やってみて下さい。」

私はまあこんな具合で説得しました。

なおイヌイットと尋常性乾癬に関して、興味深い報告があります。

1950年~1974年までのグリーンランド・ウパナヴィック病院の記録をまとめて、Kromannらが1980年に報告しています。

それによると、まず動脈硬化性心疾患で死亡したグリーンランド・エスキモーはわずか3名で、ほぼ同年齢層のデンマーク人の死亡予想値40人に比べて極めて低かったのです。これは有名な報告なので、ご存じの方も多いと思います。

そして、尋常性乾癬の患者はわずか2名で、デンマーク人の予想値40人に比べて心筋梗塞以上に少なかったのです。

当時のグリーンランド・エスキモーの主食は、アザラシ・トド・魚肉などであり、まさにスーパー糖質制限食でした。

それでは日本で初めて、糖質制限食で尋常性乾癬が改善した、さわさんからその後の経過と貴重なアドバイスをコメントいただきましたので、以下抜粋を記載します。


【さわ
『糖質制限と尋常性乾癬』

江部先生、毎日のお仕事、ブログの更新ご苦労さまです。

先日は、私の質問に対して、ピーマンの糖質量まで調べて頂き、ありがとうございました。
おかげさまで、これからも安心してピーマンを食べることができそうです。

さて、今日はちょっとした報告があります。
自分は、ちょうど20年前の1月に尋常性乾癬を発症して今年で20年目になります。

尋常性乾癬とは不治の皮膚病で絶対治らないものだとあきらめていましたし、今まで20年近く我慢できたのだから、まぁ一生付き合っていけるだろうと考えていました。

ここ4~5年は春夏は症状がほぼ治まるのですが、12月~3月の4ヶ月間は膝から下がほぼ乾癬で埋め尽くされ、所々ひび割れて、痛さのあまり歩くこともままならず、一日の中でお風呂に入っている時だけが唯一ほっとできる、そんな日々を過ごしていました。

ところが、昨年の10月に糖尿病が発症し、糖質制限食は始めて以来、乾癬が全く出なくなりました。(現在左足に1cm、右足に5mm程度のものだけ)
こんなことはこの20年で初めてのことですし、どういうことなのだろう?と思っていたのですが、先生の2009/01/06(火)のブログを読んで、目から鱗でした。

ここの部分です。

『このブドウ糖ミニスパイクが、生体の恒常性をかく乱してアレルギー疾患を悪化させたり、将来の生活習慣病のもととなります。

過去世界中にいろんな食事療法がありましたが、経験的に有効とされているものは、玄米菜食、ゲルソン療法、甲田療法など基本的にブドウ糖ミニスパイクが少ないという一点で一致しています。

私は現在、世界に氾濫する生活習慣病の元凶は、精製炭水化物やジャンクフードによるグルコースミニスパイクとインスリン過剰分泌と考えています。』

今までの自分をを振り返ってみると、ラーメンは週に3度は食べるし、カレーライスは大好きでおかわりをするし、うどんや蕎麦、スパゲティは大好きだしで、炭水化物まみれの食生活だったので、乾癬も治らなかったのだな。と今年になってやっと気が付きました。

以前は、焼肉屋に行くと翌日には即座に乾癬が悪化していたので、脂質は避けて生活していたのですが、今では糖質制限をしている限り、焼肉屋に行っても全く乾癬は悪化しないようになりました。

ここ数年の歩けなかった辛さを考えると、糖尿病にはなったものの、乾癬がほぼ治った今現在のほうが凄く幸せだな。と毎日思っている次第です。
2009/02/25(水) 】


【さわ
乾癬がほぼ治って、何が嬉しいかというと、普通に歩けるようになったことがもちろん一番ですが、頭皮、手の甲も100%治り、人目を全く気にしなくて良くなったこと。ガンコな爪の変形もほぼ治ってきていること。温泉に行けるようになったこと等たくさんあります。
飲み薬、塗り薬は昨年の4月から一度も使用していないのにです。
本当に江部先生のブログに出会えて良かったと思っています。

2009/02/26(木) 09:32:21 】


【09/08/16 さわ
江部先生、こんにちは
今回シューアイス、シュークリーム残念でしたね。

でも、そのチャレンジ精神にはかなり勇気付けられました。
ありがとうございました。

>3人に糖質制限食を試して、全例成功しました。

これは凄いですね。
乾癬患者は症状が多彩なので1種類の治療法では治癒が難しいと思っていたので本当に驚きです。

自分のその後ですが、乾癬については、糖質制限でグルコーススパイクを抑えることと脂身の多い牛肉(できれば豚肉の脂身も)を控えることで上手くコントロールできるようです。

糖尿病については、6月に血糖自己測定器を購入し、毎食糖質5g~15g程度の摂取で測定していたところ
早朝空腹時160~170
夕食前130~140
夕食後2時間140~160
と言う数値が2週間近く改善されなかった為、重い腰を上げて苦手なウォーキングを2日に1回30分~50分するようにしました。
ウォーキングの時間帯は早朝、夕食前、深夜のいずれかです。

効果は初日からすぐに表れ
早朝空腹時95~125
夕食前95~125
夕食後2時間125~150
このようになりました。

最大の悩みであった早朝空腹時血糖値が前日の夕食後2時間値より高くなるという問題も解消されました。

またこれからも先生のブログや本でいろいろと勉強させて頂きたいと思っていますのでよろしくお願いします。 】

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こむら返りに見舞われました。
江部先生 おはようございます。kenmです。

10月の先生の診察のときのHbA1c5.8%達成にますます励まされてと言いたいところですが、実は少し気が緩んだのでしょうか。

病院の売店で手に入れたベリーチョコレートに続き、同じベルギー製のラ・ヌーバチョコレート、もう1種類同じくマルチトール使用のチョコレートを口にするようになりました。いいですね。チョコレート、大好きです。でも血糖値が3桁キープです。他にも糖質制限食実践者のためのお役立ち情報をまとめてみるつもりでいます。

ところで今朝の話題は、こむら返りについてです。昨日早朝、数年ぶりですっかり影を潜めていたこむら返りに再会しました。先生のブログに糖質制限食とこむら返りについての記事があったのを思い出して、検索をかけてみました。記事を見つけて読み返しました。あらてつさんの記事も拝見しました。管理栄養士 大柳珠美さんのコメントも拝読しました。

ことの顛末は、http://diabetes01.livedoor.biz/archives/65318835.html糖質制限食とこむら返えり・・・起こっちゃいました。痛いのなんのって・・・に記事として書き込みましたのでご覧ください。

私は毎日海草を摂っています。好きなチーズも毎日いただいています。ただその量が十分ではないのか、それとも何か気づかない他の理由があるのか、先生のアドバイスをいただければ幸いです。

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2009/10/24(Sat) 11:25 | URL | kenm | 【編集
江部先生こんにちは。
今回のコメント、記事にして頂いてありがとうございました。
この記事がもっとたくさんの患者さん、皮膚科医の目に触れることになれば良いな。と思います。

>2009年8月27日のブログで、尋常性乾癬の高雄病院の患者さんの
ことを書きました。
あれからもう一名、全身の発赤・落屑・肥厚・・・
という今まで診たなかでも最重症の患者さんが来院され、
兎に角1ヶ月、スーパー糖質制限食を実践してもらいました。
1ヶ月後、驚くべきことに
発赤10→2
落屑10→0~1
肥厚10→1
と劇的に改善していて、ご本人も私もナースもびっくりでした。ヾ(゜▽゜)

すすす凄いですね。
短期間の間にこれだけ改善するとは、グルコーススパイクが尋常性乾癬の大きな原因のひとつであるとしか考えられませんね。
私の場合は、もうどうやら今後一生尋常性乾癬に悩まされることはなくなりそうです。
あと半年で完治状態が2年続くことになります。

糖尿病についてもいろいろとアドバイスして頂きありがとうございました。
m(_ _)m
2009/10/24(Sat) 17:16 | URL | さわ | 【編集
Re: お世話になります。
はじめさん。

やや込み入ったお話しですね。
インスリンを量的にたくさん打つと肥満してきて、
インスリンの効きが悪くなります。

お住まいはどちらでしょう?
お近くに
糖質制限食に精通した医師がおられるかもしれませんので・・・
2009/10/24(Sat) 17:21 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: こむら返りに見舞われました。
kenm さん。

こむら返りですか。
痛いですよね。

kenm さんの場合、カルシウム・マグネシウム結構摂取しておられますよね。
食事とはまた別に、良く歩いた日の夜などはおきやすいです。

漢方の芍薬甘草湯を寝る前に内服すると予防できますよ。
2009/10/24(Sat) 17:31 | URL | 江部康二 | 【編集
 こんばんは。
 こむらがえり、たまりませんよね。夜中に起こったら当分寝られません。
 私は、夏は水分をそこそことるようにして、マルチビタミン・マルチミネラルのサプリを1日1粒飲むようにしました。なかなか忙しくて飲むのも忘れるのですが、お弁当の袋にケースを入れておいて昼食後に飲んでいました。土日は飲んでいませんが、それ以来こむら返りは起こらなくなりました。和洋中の汁物にはたっぷりわかめも入れます。

 私は、江部先生のブログで、先生やコメントを寄せられる多くの方からいろいろ教えていただきました。本当に感謝しています。私の体験もどなたかの健康に役立てばと思います。
 皆さん、寒くなってまいりました、インフルエンザも心配です。どうぞお気をつけください。
2009/10/24(Sat) 19:27 | URL | 太りたいみい | 【編集
こんばんは。

こむらがえりですが、私も糖質を制限した食事を開始し、毎日 walking するようになってから、夜の就寝中のベッドで頻発するようになりました。

あらてつさんの記事を読んで、太りたいみいさん同様、マルチビタミン・マルチミネラルのサプリを1日1粒(1日2粒を目安と記載)飲むようになってから、ピタリと収まりました。
2009/10/24(Sat) 22:45 | URL | 下町の糖尿人 | 【編集
Re: はじめまして
nazunaさん。

薬は飲んでおられないのでしたら、
すぐに糖質制限食を実践されたらよろしいです。

薬を既に内服中でしたら、糖質制限食実践で低血糖の恐れがありますので注意が必要です。

下記のいずれかに電話されて診療予約をおとりください。


高雄病院  電話:075-871-0245
京都市右京区梅ヶ畑畑町3

高雄病院京都駅前診療所  電話:075-352-5050
京都市下京区七条通り烏丸東入ル(50M)北側 ネオフィス 七条烏丸4F
http://www.takao-hospital.net/

江部診療所 電話:075-712-8133
京都市左京区下鴨高木町6 アトリエ・フォー 2F
2009/10/25(Sun) 11:24 | URL | 江部康二 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック