FC2ブログ
脂質・脂肪・油脂って何? 
おはようございます。

脂質とか脂肪とか油とか一般的によく使いますけれど、どう違うのかとか定義はどうなのとか、改まって聞かれたら何だかよくわかりませんね。(∵)?

というか私自身、はっきり言って、脂質油脂脂肪の区別もほとんど知らなかったのですね。それでアバウトに整理整頓してみました。小難しいところは飛ばして読んで頂いて、骨子だけ見てもらったら結構です・・・。

不肖、江部康二もそんなに細部までしっかり理解などしておりませんので・・・。(-_-;)


脂質(lipid)とは生物中に存在する水に溶けない(溶けにくい)物質を総称したものです。有機溶媒(クロロホルム、エーテル、ベンゼンなど)には溶けます。

以下に分類できます。

A)単純脂質
 ①油脂(oil & fat): 脂肪酸とグリセリンから成る3価のエステル。
   一般に常温で液体のものを油(oil)、固体のものを脂肪(fat)といい、合わせて油脂(oil & fat)
    といいます。
  油には、コーン油、大豆油、ごま油、オリーブ油、魚油etc・・・があります。
  脂肪にはラード、バター、マーガリンetc・・・があります。

 ②ロウ(wax): 高級脂肪酸と高級アルコールから成る1価のエステル。

B)複合脂質
 ①リン脂質(phospholipid): 脂肪酸、アルコール、リン酸、窒素化合物から成る複雑なエステル。
  細胞膜の構成成分です。

 ②糖脂質(glycolipid):脂肪酸、アルコール、糖、窒素化合物から成る複雑なエステル。
  脳組織に多く含まれています。細胞膜の構成成分でもあります。

C)不ケン化物
脂質のうち,加水分解を受けないものを不ケン化物といいます。これには,カロテノイ ド、エイコサノイド、ステロイドなどがあります。  

コレステロールは、ステロイドと呼ばれる化合物の中の中心的なもので、これから種々のステロイドホルモン,胆汁酸,ビタミンD前駆体が生合成されます。また、コレステロールは細胞膜の重要な構成成分です。

単純脂質複合脂質には、構成成分として脂肪酸が含まれています。

とにかく、何とか上述の如くに分類できて、エステルとかエイコサノイドとか難しいことは抜きにして、やっと少しスッキリですね。 (´_`)V


結局、私達の食生活に直接関わるのは、脂質の中で単純脂質の「油脂」だけということになります。
一般社会生活の中で、ろうそく・蝋人形など「ロウ」も少しは関わりますね。

それ以外の複合脂質とか不ケン化物は、研究者には必要な知識でしょうが、糖尿人・一般人は、ほとんど知らなくても困ることはありませんね。



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
先生こんちは。m(_ _)m

手作り石けんやってると、不鹸化物は結構気になります。仰る通り、加水分解を受けないブツなのですが、苛性ソーダを放り込んでも石けんにならない成分って言うイメージが強いです。

あるいは原料油の鹸化価から割り出すアルカリの必要量の計算を狂わせてくれるヤツってイメージですかね。

カロテノイドっちゅうか、βカロテンは外用的に傷にいいとか聞いたことがあるので、未精製レッドパームオイルを多用したオレンジ色の石けんを髭剃りに使ってます。

石けんを作りはじめて10年くらいになりますが、それまで植物性のオイルは身体にいいと単純に信じていたのが、脂肪酸組成などを気にするようになりました。

特にヤシ油系の3種類はラードやヘットより飽和脂肪酸が多いんですからびっくりです。で、逆に飽和脂肪酸のほうが酸化リスクが少ないなどと言うことも勉強できてよかったですね。

糖尿とは関係ない落書き、失礼しました。
2009/07/03(Fri) 09:34 | URL | 飯山忍 | 【編集
非常食って困る・・・
先生、全然違う話題で申し訳ありません。
国内で、新型インフルエンザのタミフル耐性菌が発見され、秋からの大発生がとても心配になってきており、国は、1か月分の備蓄をしなさい、と言っています。

そこで問題が・・。
いろいろと探してみてはいるのですが、血糖値の高い人にとって、非常食を考えるのは、なかなか難しい事ですよね。

魚や肉の缶詰や、野菜の缶詰を用意するくらいで、普通の人の「これだけ食べてれば」系の、餅だったり米だったり、かんぱんだったり、というのは、ちょっと心配ですよね。

2年くらい保存が利いて、期限間近には普通に食べる事ができる、おいしい低糖質食があったらいいのですが。

若しくは、普段、まったく薬は飲んでいない(高血糖が発覚して、すぐに低糖質食を始めたので、まだちゃんと治療を受けていないので)私ですが、高糖質食を食べても大丈夫なような薬を飲みつつ、非常食を食べる、という選択になるのでしょうか。

薬を飲んでいなくても、1ヶ月間非常の間だけ薬を服用しても、膵臓や他の臓器に負担はかからないでしょうか?

ワクチンは、糖尿病患者だけでなく、患者のいる家族にもして欲しいものです。
2009/07/03(Fri) 09:45 | URL | さえ | 【編集
ありがとうございます
初めまして。

今年に入り夫が人間ドックで空腹時血糖値が156、HbA1cが6.8とわかり、5月の糖負荷検査まで事の重大さを認識しないまま普通の食生活を続けてしまい、6月に結果を聞きに行くと、
空腹時血糖164
30分後222
60分後316
90分後345
120分後302

IRI
食前12.7
30分後21.5
60分後26.1

HbA1c6.9

GOT41
GPT57
LDH183
AL-P291
r-GTP112
総コレステロール207
HDL44
LDL144
中性脂肪90

BUN12.3
クレアチニン0.68

その結果を聞き事の重大さにやっと気づきました。(去年のドックの結果を見直したらその時点で空腹時血糖値が136もありました!その時は様子を見ましょう的な感じで何も注意を受けなかったので、怖さを知らない私たちは全く何も糖尿について調べたりすることなく今に至ってしまいました。本当に悔やまれます)

そして、6/11の結果後普通のカロリー制限での食事を開始し、6/24まで続けその後、江部先生の本を知り全て購入し拝読してその内容に目から鱗がぽろりと落ちて、それからスーパー糖質制限食に切り替えました。

注文していた自己測定器が届いたので今朝早速測ってみた所、
食前血糖値125
食後1h176
食後2h70

と大分下がっていて先生の本に出会えて良かった!と本当に感謝の気持ちです。

体重もカロリー制限の時に2㎏、それ以降スーパー制限食にして更に3㎏減っています。

夫自身、まだ自分で糖尿病と真剣に向き合ってないような様子があり歯がゆい思いですが、先生の本を読むように!!とお尻を叩いています。

まだまだこれからも良い状態を保てるように先生の本を何度も何度も読んで頑張りたいと思います。

本当に先生と出会えてよかったと心から思っています。

そこで質問があります。(前置きが長くてすみません)

1.入院する予定でしたが夫の実家の両親の具合が悪くなり一旦入院を中止せざるを得なくなりましたが、この数値でしたら入院をする必要はないでょうか?(本当はきちんと糖尿病に関して学んで欲しい気持ちもありますが)

2.仕事の関係で寝不足などになった際に朝の食欲がない時がありその時は朝ご飯を抜いてしまうことがたまにあるのですが、江部先生のように1日2食と徹底せず、食べたくないときはご飯を抜くというやり方をしても差し支えはないでしょうか?

今後も、先生のブログを拝見し学びたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

(先日、糖質ドットコムでパンやポン酢など注文しました。届くのが楽しみです♪)

2009/07/03(Fri) 10:53 | URL | 風花 | 【編集
石けん
飯山忍さん。

いつもコメントありがとうございます。
自分で石けんを作っておられるのですね。
フケン化物は石けんにならないのですか。
勉強になります。
またいろいろ教えてくださいね。
2009/07/03(Fri) 16:44 | URL | 江部康二 | 【編集
入院
風花さん。

本全てのご購入大変ありがとうございます。

食前血糖値125
食後1h176
食後2h70

ここまで良くなっていたら、主治医に相談されて入院執行猶予で、いけると思いますよ。
勉強は糖質制限食の勉強が当然いいですね。

食事は、その日により、2食でも3食でもOKです。
糖質制限食実践により、高糖質食に比べて
血糖値の上下動が、少なくなりますので、
24時間通して体調がよくなります。
脂肪肝も改善しますよ。
2009/07/03(Fri) 18:08 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 非常食って困る・・・
さえさん。

2年くらい保存がきく糖質制限OK食品は缶詰しかありませんね。

やむを得ず、主食を食べざるを得ないときのことは
2009年04月17日 (金)のブログ「有事の際の糖尿病内服薬」をご参照ください。
2009/07/03(Fri) 18:19 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございました。
先生

お忙しい中、質問へのお返事本当にありがとうございます。

今日、夫が入院できない事を話すために病院へ行きました。糖質制限食をして数値がこれだけ下がったと話した所、主治医の先生からは大賛成!!とまではいかないものの、かなりご理解と更に糖質制限食のすごさ?を認めて下さったと聞き嬉しい思いです。

夫もやっと先生のご本を読み始めました(^^)

本当にありがとうございました。



2009/07/03(Fri) 18:27 | URL | 風花 | 【編集
長期糖質制限
江部先生

脂質には聞き慣れない名前のものが多いですね。

先日、東京の主主治医の先生から糖質制限を止められたものです。

その後、2回の食事を同じおかずにして主食ありとなしで
血糖値を計ってみたら大きな差が出ました。
正直に主治医に相談したところ、ざっくばらんな
お話をしてくださり、
炭水化物をとらなければ血糖値を低値キープすることはできるけれど
長期的には高タンパクによる腎症の進行と高脂肪による
動脈硬化のリスクがあり患者には勧められないと
のことでした。

糖質制限を長く続けている人では本当に腎臓や動脈状態の悪化を早めていますか?
糖質制限を止めれば肝心の血糖値を上がるので逆に心配です。



2009/07/03(Fri) 20:53 | URL | 糖尿新人 | 【編集
Re: 雨降りお月さぁーん~
ベィビィさん。

ありがとうございます。
2009/07/03(Fri) 21:22 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 長期糖質制限
糖尿新人さん。


血液検査で既に腎機能障害がある人は糖質制限食の適応となりません。
一方、現在腎機能が正常な人が糖質制限食をして、高タンパク食を摂取しても腎機能障害になることはありません。
農耕前の399万年間は人類皆糖質制限食だったことをお忘れなく。


<米国医師会雑誌2006年2月8日号>
米国の大規模介入試験において脂質熱量比率20%で強力に指導したグループは、対照群に比較して意外なことに心血管疾患、乳がん、大腸がんリスクを下げないことが米国医師会雑誌2006年2月8日号で報告されました。総コレステロール値に関しても、両群に優位な差はありませんでした。

この研究は、5万人弱の閉経女性を対象に対照群を置き、平均8年間にわたって追跡した大がかりなもので、所謂EBM(科学的根拠に基づいた医療)的にはトップランクに位置する権威あるものです。
権威ある研究により、従来の常識(脂肪犯人説)が根底から覆ったわけですね。
2009/07/03(Fri) 21:31 | URL | 江部康二 | 【編集
教えてください
夜明けごろ足が吊ったりこむらがえりが起きるのを予防するのには、どうしたらよいのでしょうか。
血糖とやはり関係があるのでしょうか。
コメントいただければ有り難いです。

私は境界型です。
2009/07/03(Fri) 23:35 | URL | とまと | 【編集
江部先生

さっそくの回答ありがとうございます。
おかずばかりの食事に慣れながら頑張って長生きしたいと思います。
2009/07/04(Sat) 00:43 | URL | 糖尿新人 | 【編集
ありがとうございます
過去のブログ、参考にさせていただきました。
どうもありがとうございます。

有事の際はもちろん、
普段厳格にスーパー糖質制限食をとっていても、海外旅行の時くらいは・・・・という時も、2週間くらいなら、お薬に頼ってもいい・・・ですよね・・・・。
2009/07/04(Sat) 01:58 | URL | さえ | 【編集
とまとさん、


糖質制限食とこむら返り(腓返り) 足が攣ってしまった編 『あらてつの糖質制限な日々』
http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-663.html

ミネラルのサプリメントを飲むと、腕の筋肉の痙攣やふくらはぎが攣る症状が出なくなったので、
今回の足の攣りもミネラル飲んだら治るかもと思ったんです。
早速、マルチミネラルのサプリを買って飲んでみると、
飲んだその晩から足の攣りが見事に治まりました。
2009/07/04(Sat) 13:34 | URL | 通りすがり | 【編集
こむらがえり
通りすがり さん。

いつも適切なコメント
ありがとうございます。
助かります。
2009/07/04(Sat) 16:51 | URL | 江部康二 | 【編集
通りすがりさんへ
ありがとうございました。試してみます。
正座してても時々攣って、親指が反り返ってそれはそれは痛いのです。
2009/07/04(Sat) 21:05 | URL | とまと | 【編集
足が攣ったとき
ひたすら足をまげたり向きを変えたりベッドの上で七転八倒していましたが、最近何かで知ったのが、すぐにベッドから降りてまっすぐ立ちあがるのだそうです。昨日ふくらはぎのこむらがえりが来たときやってみました。なんということでしょう嘘のように痛みが消え治りました。
攣り仲間の皆さん是非ためしてみてください。
2009/07/04(Sat) 21:36 | URL | とまと | 【編集
こむら返り
トマトさん。

「まっすぐ立ち上がる」でとまりましたか。
よかったですね。

ミネラル、カルシウム・マグネシウムの補給や
漢方薬の芍薬甘草湯なども効果がありますね。
2009/07/05(Sun) 09:13 | URL | 江部康二 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック