FC2ブログ
糖尿病とメトフォルミンと糖質制限食
おはようございます。

2009年6月25日、マイケル・ジャクソンさん死亡!
まだ50才ですから、びっくりしました。

何でもありの我がバンド「ターニング・ポイント」ですが、さすがに彼の歌はレパートリーにはありません。

ムーンウォークなどかけらもできない私ですが、偉大なアーチストの死を悼むものです。(;__;)

さて今回は、NZ在住の小山さんからメトフォルミンについて、コメント・質問をいただきました。

「Metforminについて
はじめまして。当方NZに在住している夫婦です。6月当初の血液検査で夫の高血糖がわかりました。HbA1cが12.1%で、GPにあわてて呼び出されました。そこで処方されたのが、Metformin500mgです。しかしいきなり服薬するのに抵抗があります。
 それでインターネットで先生のブログに出会えました。これこそ地獄で仏に会えたようなものです。情報をいただけるだけでも有難いのに、患者でない者の質問にまで答えて下さるなんて感謝してもしきれないほどの気持ちです。
 2週間前からスーパーローカーボにしまして、初めからどんどん下がりだし、10日後には起床時血糖値が正常値まで下がり、大喜びしました。
 しかしその後また又上がりだし、境界型あたりをうろうろ。原因はストレスで交感神経が張り詰めた状態が続いているとしか考えられません。これは彼のキャラクターでもあり、ダイエットだけでは間に合わないのではないかと思うようになりました。
 まだ2週間なので、このまま続けて膵臓が回復するのを待ちたい処ですが、200mgを超えてしまうのも良くないですよね?
 そこでGPに処方された薬のことも検討してみたくなりました。日本ではあまり糖尿病に使われないのか、ネットでは、排卵を誘発するのに使われている、インスリンの感受性を高める、肝臓の新生糖を抑える、血糖の筋肉への取り込みを増やす、位の情報しか得られませんでした。
 そこで彼の場合、血糖値が高めの時だけに飲んでみるのはどうでしょうか。この薬を時々だけ飲んでも良いものかどうか、またスーパーローカーボダイエットをしながら服薬すると低血糖の危険はあるかについて教えていただけないでしょうか。GPより、やはり先生のご意見を賜りたく質問させていただきました。どうぞよろしくおねがいします。」
2009/06/26(Fri) 15:59 | URL | 小山愛子


小山愛子さん。
コメントありがとうございます。

メトフォルミンは、本来糖尿病の薬ですが、最近は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療にも使うのですね。浅学にして知りませんでした。いやはや勉強になりました。

メトフォルミンは、糖尿病の内服薬の中で、ビグアナイド系薬剤に属します。

ビグアナイド系薬剤は、その中の一つのフェンホルミンという薬が乳酸アシドーシス**という副作用を起こしやすかったため、一時期他の薬も含めてほとんど使われていませんでした。

しかし乳酸アシドーシスを起こしにくい塩酸メトホルミン(メルビン、グリコランなど)塩酸ブホルミン(ジベトスB、ジベトンSなど)などが近年見直されてきました。

これは、英国の大規模臨床試験(UKPDS:1998年報告)で、「塩酸メトホルミン投与により肥満のある2型糖尿病患者で死亡率を減少させた」という結果がでたことによる影響が大きいと思います。

ビグアナイド剤の作用は、肝臓での糖新生の抑制が主で、その他消化管からの糖吸収の抑制、末梢組織でのインスリン抵抗性の改善などがあります。

従ってSU剤とは違って、膵臓に直接作用するのではなく、膵外作用で血糖値を下げますので、膵臓には優しい薬といえます。また体重増加を来しにくいのも長所ですね。 (^_^)

単独使用では、低血糖を起こす危険は極めて低いです。糖質制限食的にも、問題の少ない良い薬です。

しかし、肝腎の効きがそれほど良くないのです。理論的にはいい感じなのになぜでしょう?

実は、欧米における1日使用量は1500~2000mgなのですが、日本では1日、750mg以下となっているのです。

私も、膵臓に負担をかけない糖質制限食にぴったりの薬ということで、大勢の患者さんに処方してみたのですが、量が少なすぎるためなのか、「効いた!」という印象がやや薄いのです。

それで現在、日本内分泌学会などが、欧米並の1日量2000mgまで許可するように、厚生労働省に申請中なのです。

なお、肝障害や腎障害がある人は、やはり乳酸アシドーシスを起こしやすいので注意が必要です。また、心肺機能に障害のある人や高齢者も、腎予備力の低下がありえるので慎重投与です。上記以外の人には、副作用は少ない薬です。

なお作用機序から考えて、メトフォルミンは、頓服的な服用では、あまり効果は期待できません。服用されるなら、1日3回定期的にのほうが効果がでると思いますよ。

血糖値が180~200mg/dlを超えてくると、それだけでインスリン抵抗性が増します。
糖質制限食+メトフォルミン>で、1日24時間を通して、血糖値が180mgを超えなくなると、インスリン抵抗性が速やかに改善し、同じ食事をしていても血糖コントロールがとても良くなります。


江部康二


**
乳酸アシドーシス
ビグアナイド系薬剤は、肝における乳酸からの糖新生を抑制することで血糖を下げるので、相対的に乳酸が増加します。通常は乳酸が増加すればその代謝が活発となり、乳酸値のバランスは保たれます。

しかし、肝での乳酸の代謝能が低下している場合や、腎機能障害があるときは、乳酸が増加した時に処理しきれずに高乳酸血症となり、乳酸アシドーシスを発症する危険性があります。

乳酸アシドーシスの初期症状として悪心、嘔吐、腹痛、下痢等や、倦怠感、筋肉痛などがあります。

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
しまった!
先ほどのコメントに個人情報(携帯電話のメールアドレス)を入力してしまいました!削除できないでしょうか?
2009/06/27(Sat) 08:35 | URL | H-D大好き | 【編集
 先生さっそく教えていただきありがとうございました。たいへん有難くて涙が出る思いです。
 昨日はここ2週間糖制限食をして以来最悪でした。昼食2時間後後約145mg、5時間後200mgとなり、まさしく先生のご指摘される<血糖値が約180~200mg/dlを超えてくると、それだけでインスリン抵抗性が増します。>の状態に陥ってしまったようです。
 昨夕食にはここで知ったゴーヤ(缶詰)チャンプルーを食しましたが、今朝は170mgでした。これはいよいよ薬を飲まなければと思っていて、まず先生のブログを拝見したら早速お答えして下さっていたのです。これで安心して服薬できます。
 夫は数値が高い割には血圧は正常、HDLコレステロールは多く、肝臓の数値も問題ありません。顕著な糖尿病の症状はみあたらないので、GPも比較的穏やかな薬を処方してくれたのでしょう。Metformin500MGで、一日2錠の処方ですので、1日に1000mg摂ることになります。
 さっそく今日から服薬し、次の血液検査(2週間あまり後、糖制限食にして1ヵ月後)を目標に糖制限食の調理、頑張ります。また報告させてください。
 私も彼に併せてかなり糖質を減らしてきましたので、お腹周りがすっきりしてきまして喜んでいます。
 このような場を設けて下さり、先生本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2009/06/27(Sat) 09:33 | URL | 小山愛子 | 【編集
昼までに消えてないようならfc2にメールしてみてはいかがでしょう?携帯のアドレスさらされたらきついですよ!パソコンよりたちがわるい!
2009/06/27(Sat) 09:36 | URL | 通りすがり | 【編集
江部先生
こんにちは。先日、養腎降濁湯を処方できる病院を教えて下さり ありがとうございます。
昨日の先生のコメント欄に [蛋白尿に効果がある漢方]と書いてありましたが、既に腎症が進んでいる母に効果は期待できますか?少しでも効果があるとすれば飲ませてあげたいです。
(朝、夕2回、養腎降濁湯を飲んでいます。)
2009/06/27(Sat) 11:35 | URL | あき | 【編集
H-D大好き さん、
自分の書き込みの右下の 【編集】 で消せませんか?
Pass:を忘れてたら無理ですけど...
2009/06/27(Sat) 12:15 | URL | 通りすがり | 【編集
改めて...
江部先生、通りすがりさん、お騒がせしました(^-^;)無事、メアド付きのコメントを消すことが出来ました。ホントに助かりました、通りすがりさん、ありがとうございましたm(_ _)m
...で、改めて今朝のコメントと言うか質問を投稿させていただきます↓
先生こんにちわ。いつもブログを拝見して勉強させていただいております、H-D大好きと申します。
4/22に空腹時血糖127、HbA1c6.4にて2型糖尿病と診断されました。その病院では
「このままの数字をキープする方向で間食さえしなければ、それでいい」
とだけ言われ、当初その気でいましたが、調べれば調べるほどに
「今は良くとも、これから先も何十年も現状維持だけでいいのだろうか」
という漠然とした不安を拭えずにいました。
その後5月の中旬に先生のブログと出会うことができ、早速それまでのカロリーのみの制限から糖質制限に切り替えました。たった2週間あまりで5/25に受診した際に空腹時血糖値90、HbA1c5.7まで改善し、その速やかな効果に驚くやら喜ぶやらでした。つい先日(6/20)もOGTTを受けて参りましたが、結論から言うと、A1cが5.4だったこともあり、診断は境界型でした。私自身は常々、境界型と糖尿病のボーダーは曖昧だと感じてはおり、兜の緒を緩める気はありませんが。
ともかく、以下は各時間毎の血糖値です。
空腹時の86からスタート。
ブドウ糖負荷30分後 164
ブドウ糖負荷60分後 235
ブドウ糖負荷120分後 166
確かに負荷2時間後に200を越えることはありませんでしたが、1時間後値は ひどいことになっています。
前置きが長くなりましたが、お伺いしたいことは以下の3点です。
?どうしても高蛋白高脂質になってしまうので野菜を意識して摂るようにしておりますが、カゴメさんの"野菜1日これ一本"は糖質制限食OK食品でしょうか?以下は200g紙パックの成分表ですが、出来れば350gペットで摂りたいのです↓
http://m.kenko.com/product/builder.html?code=A238610H&sessid=4bea445e58e47ed08b16564686829a3e&uid=NULLGWDOCOMO
?最新の血液データは上記の如く空腹時血糖86のHbA1c5.4ですが、未だに口渇・頻尿が抜けません。これから改善されるのでしょうか?
?糖負荷1時間後値が235と巨大なスパイクになっておりますが、こんなに高くては将来の合併症が心配です。糖質制限食を続けていれば改善する可能性はありますか?
何点も質問して申し訳ありません。私、多趣味でして、どの趣味も足や目を失うわけにいかず、ワラにもすがる思いなのです。
最後に、これからも先生の御活躍に注目して参りますので、いつまでも糖尿人の希望の星でいらして下さい!
2009/06/27(Sat) 13:30 | URL | H-D大好き | 【編集
低血糖症について
先生のブログに出会えたことを喜びます。私は60歳で、現在165センチ56キロです。若い時から甘いものを好んで食べていました。尿が泡立つのが気になり、尿検査で糖がプラス1出たためブドウ糖負荷試験をしました。
結果は次のとおりです。
血液OGTT      尿OGTT
 食ゼン  104    食ゼン  8
 30分   213    30分  96
 60分   107    60分 844
 120分  188   120分 272
 180分   88   180分 221
HbA1chは5.8でした。
糖尿病ではないといわれましたが、食品交換表を渡され気をつけるように言われました。
昼食などを菓子パンと牛乳などで簡単に済ましたりしたとき、夕方体がフラフラし、力が入らず、思考力もなくなるようなことがあります。やはり問題があるのでしょうか。健康体ではあり得ないことでしょうか。間食に甘いものを食べたあと数時間して、体を動かしているときになることもあります。足指の左右同じ指の感覚が鈍いのも気になっています。これまでの年定期検査で、過去二年連続でHbA1cが5・9だったことがあります。でも食前血糖が正常だったので指導は受けませんでした。今のところ5・4~5.7を上下しています。
メチコバールを60日飲みましたが改善されません。神経が回復するのにどれくらいかかるのでしょうか。糖尿は末梢神経にいち早く出るということなので、もうすでに糖尿病の域にはいっているのでしょうか。ご指導をお願いいたします。
2ヶ月前から、カキドオシや、カラスノエンドウ、スギナなどの薬草を煎じて飲んでいます。

2009/06/27(Sat) 14:58 | URL | yoyo | 【編集
糖質オフごはん
楽しみにしていた「糖質オフごはん」の本が届きました。
「小麦粉のいらないお好み焼き」や麺類など
一品ごとに大きな写真があり大変見やすいです。

明日はさっそく小麦粉のいらないお好み焼きをお昼にしてみたいです。

出版のご苦労はたくさんあるのでしょうが待っている糖尿人にとっては本当に待ち遠しくありがたいものでした。

ちょっと首が伸びちゃいました・・へへ
今からじっくり読みたいと思います。
 
    ありがとうございました(#^.^#)
2009/06/27(Sat) 15:16 | URL | アザミ | 【編集
黄耆
あきさん。

養腎降濁湯の主薬、黄耆が蛋白尿の薬でもあります。
なかなか簡単にはいきませんが
他の生薬も組み合わせ、腎機能の改善、蛋白尿の低下を目指して下さい。
2009/06/27(Sat) 16:49 | URL | 江部康二 | 【編集
江部先生
お忙しい中、ご返信本当にありがとうございます。
養腎降濁湯がそろそろなくなるので、7月の始めに また新潟へ行ってきます。その際、蛋白尿のことを話し 処方してもらおうと思います。ありがとうございました。
…先生の本を購入させていただきました。もっと早くに出会いたかったと 心の底から後悔しています。
先生に良いご報告ができるよう、頑張ります!!
2009/06/27(Sat) 23:40 | URL | あき | 【編集
メトフォルミンとアスピリン
現在、バンコクに在住しています。
1ヶ月前に食事前血糖値186で医者からメトフォルミン500mgを朝食後1回と言うことで処方され本日の再検査で136まで落ちていました。
低糖質食に似た食事でダイエットをして99kgを
1ヶ月で96.8kgに落としました。
自分なりにほめていたのですが、今日医師はアスピリンを追加で昼食時に1回81mgを処方しました。
高血圧の薬、高脂血症の薬、糖尿の薬と薬漬け
のようで嫌なのですが?大丈夫なのでしょうか?
初歩的な質問ですいません。
2010/06/28(Mon) 17:02 | URL | オサム | 【編集
Re: メトフォルミンとアスピリン
オサム さん。

アスピリンは血栓予防薬です。
メトホルミンも膵臓に負担がない良い薬です。

一方標準体重になれば、血圧の薬や糖尿の薬は要らなくなる可能性もありますね。
2010/06/28(Mon) 21:02 | URL | ドクター江部 | 【編集
メトホルミンとアスピリン
先生ありがとうございます。
標準体重になることが大事なんですね。
後16kg落すことは、気が遠くなりますが
55才でタバコも酒もやめたついでに、もうひと頑張りします。
2010/06/28(Mon) 23:38 | URL | オサム | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック