FC2ブログ
糖質制限なメニュー・レシピ
おはようございます。

1型糖尿人の Tomoko さんから糖質制限なメニュー・レシピをコメントいただきました。

Tomoko さんありがとうございます。HbA1c5.2%とは花丸ですね。(^-^)v(^-^)v 

HbA1c5.2%と実証つきの糖質制限OKメニュー、ブログ読者の皆さん、是非お試しあれ。

江部康二

「09/06/14 Tomoko
楽しんで糖質制限
いつも先生のブログにお世話になっております、Ⅰ型のTomokoです。いろんな食事の話題が出てきていたので、今わたしがよく作る糖質制限なメニューを書き込みさせていただきたいと思いました。(何かポジティブな情報をバックできたらいいな、と常々思っていたので。)

・おからのチャーハン
生おからをご飯にみたてたチャーハンです。具は基本的にチャーハンにいれるものなら何でもok
面白いのはちょっと洋風にしたバージョン。きゅうり1本と人参50グラムくらいを5ミリ角くらいに切り、それをにんにくの香りを出したオリーブオイルで炒めてからツナ缶を入れ、塩コショウしてから生おからを100グラム入れます。そこに木綿豆腐を4分の1丁くらいいれ、豆腐をほぐしつつ全体に均一に混ざるようにしてできあがり。塩コショウでしっかり味をつけるのがポイントです。
そのほかにも芽ひじきと鰹節と長ネギの組み合わせとか、ピーマンを3色とか、ウィンナーとインゲンと人参の組み合わせとか。味もしょうゆを入れるパターンとか、味噌味とかいろいろ楽しめます。たくさんつくって冷蔵庫に入れておいて、冷たいチャーハンもいけます。

・おからのポテトサラダもどき
材料:生おからと絹ごし豆腐同量、あとは普段ポテトサラダに入れるようなものなら何でも(ミックスベジタブルはやめたほうがいいです)よく作るのはきゅうり1本を刻んで塩もみしたものとツナ缶、それに玉ねぎのみじん切りを20gくらい。
作り方:生おからを2回に分けて5分間くらいレンジでチン。水分を適度にとばします。
冷めたら豆腐とほかの野菜を混ぜ、後は塩コショウとマヨネーズであえます。冷蔵庫で冷やせば、ポテトサラダもどきです。

・豆腐のチョコレートケーキ
以前にみたレシピ本をちょっとアレンジしました。
材料:絹ごし豆腐300g1丁、豆乳(カロリーオフタイプチョコ味)200ml、無糖ココア大さじ5、ラカント大さじ4、粉寒天小さじ2
作り方:とにかく全部をフードプロセッサーかブレンダーでよく混ぜます。耐熱皿にいれて180℃のオーブンで30分。粗熱がとれたら冷蔵庫へ。オーブンから出したときはどうなることかと思うと思いますが、冷蔵庫で冷やせば、しっかりチョコレートケーキっぽくなってます。もうちょっとふるふる感がいいときは粉寒天を減らして、そのぶんゼラチンをいれるといいです。

・豆腐の冷たいデザート
材料:絹ごし豆腐300g1丁、生クリーム200ml(1パック)、卵2個(卵黄だけで作ると贅沢な感じになります)、ラカント大さじ6~7、ラム酒小さじ2、バニラエッセンス少々、塩少々
作り方:豆腐をミキサーにかけるかブレンダーでなめらかになるまでよくまぜておく。
卵、ラカント、塩、ラム酒、エッセンスを全部混ぜておく。別のボールに生クリームを7分立て。そこに卵もろもろを混ぜたものを入れてよく混ぜる。最後に豆腐。泡だて器でよーーーーく混ぜます。冷蔵庫にいれて冷たくして召し上がれ!ちょっとババロアっぽくムースっぽく。小分けにして冷凍庫にいれれば4時間後くらいにアイスクリームとしてもいただけます。それ以上入れておくと石のように固くなります。ご注意あれ。

(絹ごし豆腐は充てん豆腐でなく、普通のほうを使えばいっそう糖質をおさえられます。)


料理は好きでないわたしですが、最近はありえない材料でありえない、でもおいしいというものを作ることにヨロコビすら感じております。これも糖質制限を始めたことのうれしい副産物!?


今日は主治医の先生にランタスを打つタイミングについて相談してみました。また少し経験値が上がった気がします(笑)HbA1cは5,2%でした。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。」

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ともみさんが、

>果物の糖があまり急激に血糖値をあげない、というのは、もしかしたら、先生が実証なさっているワインも果物の残糖分だからなのかもしれませんね。

昔からよく愛用している、黒と白のバルサミコ酢にもかなりの残糖がある事がわかったのですが、それでも、米酢や砂糖などで甘味を足すよりは 良いのかもですね。

とコメントされていますが、

体内でほとんど吸収されない、というエリストールについて調べてみたら、「糖アルコールの一種で、白ブドウ果実やキノコの他、ワイン・清酒・醤油・味噌などの発酵食品に含まれている天然の糖質です。」と書いてありました。

そうなると、それらのもの、つまり、白ブドウ果実から作る白ワインやキノコ、ワイン・清酒・醤油・味噌などの発酵食品に含まれる糖はあまり気にしなくてもよい、という事なのでしょうか・・・・。

味噌は、結構調べると糖質が多く、あまり気にしなくてよいならば、味噌いためなどもできるのですが・・・。
2009/06/14(Sun) 23:35 | URL | のえ | 【編集
腹鳴り
おはよう御座います。ケイです。
現在も、スーパー糖質制限食を続けています。
ひとつ、気になることがあります。
食後、2,3時間後に右腹部がぐるぐる言い出すことがあります。おなかは壊しません。
糖質制限食を食べるとそういうことがあるのでしょうか?それとも糖尿病の神経症状がでているのでしょうか?30分ぐらいでおさまります。
2009/06/15(Mon) 04:53 | URL | ケイ | 【編集
タレ味やみりんについて
先生 おはようございます。

先生のレシピ本も購入し、頑張っているのですが、一つ教えて下さい!

「砂糖やみりんは使えません。」「焼き鳥や焼肉はタレで食べてはいけません」

とありますが、一回の食事の糖質量内であれば、少量ならば大丈夫でしょうか?

例えば、焼肉のタレを調べてみたのですが、一人前100gのお肉を和えるのに必要なタレは大さじ1 くらいで、醤油ダレだと糖質が3g~3.5g、味噌ダレだと1.5~1.9gくらいのようで、タレで和えてあるユッケは糖質8~9gくらいのようです。

塩味の焼肉中心で、醤油ダレと味噌ダレを半分ずつ、ユッケも半分食べると、全部の糖質は6.3~7.7gなので、数字的には問題ないかと思うのですが、それでも、いけないのでしょうか?

※ちなみに、「レモンサワー」は、“割るだけのサワー”を使っているお店は、お砂糖が入っているので要注意です!

(焼酎に炭酸とレモンを入れてくれる店は意外と少ないと思います。)


同様にお料理する際に、少量のみりんや日本酒を使いたい時、きちんと計算していれば、問題ありませんせんでしょうか?
2009/06/15(Mon) 09:45 | URL | まみこ | 【編集
たれ
まみこさん。

菜っ葉にも白菜にも厳密にいうとショ糖が含まれています。
従って、1回の糖質摂取量を計算して、少量のお酒・みりん・たれなどは大丈夫です。
2009/06/15(Mon) 15:27 | URL | 江部康二 | 【編集
お腹グルグル
ケイさん。

糖質制限食をしたから、お腹グルグルということはありません。
別のことと思います。
2009/06/15(Mon) 15:29 | URL | 江部康二 | 【編集
安心しました!
どうもありがとうございます。

もちろん、野菜の糖質も肉の糖質もすべて計算しています。
白菜の糖質も、キャベツの糖質も意外と多くて、今まで鍋や炒め物などでは白菜やキャベツをたくさん食べていたので、とっても物足りないですが・・・。

調味料、多少は大丈夫とのこと、安心しました。
片栗粉なども、どうしても他のものに変えられないんですよね~。
全体の汁の量を少なくして、少量の片栗粉で絡むように工夫しています。
2009/06/16(Tue) 01:23 | URL | まみこ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック