FC2ブログ
<糖質制限食>VS<高糖質食>③糖質が血糖値を上昇させインスリンを追加分泌させる
本ブログは糖尿人に、糖質制限食(糖質12%、脂質56%、タンパク質32%)を推進する立場ですが、世の中は相変わらず、糖質たっぷりのカロリー制限食(糖質60%、脂質20%、タンパク質20%)を推奨する病院が圧倒的に多いです。

幸いここ1.2年、糖質制限食に理解を示す医師が少しずつですが着実に増えています。

いろんな意見があり、論争することは医学の発展において健全なことと思います。しかし、論争の前に人体の生理・代謝などの基本的なところを理解することも重要です。

今回は<糖質・脂質・タンパク質の摂取>と<血糖値上昇・インスリン分泌>に関して、人体の生理・代謝における事実を説明します。

しつこいようですが、以下に述べることは、論争の余地のない事実ですので、<糖質たっぷりのカロリー制限食推奨派>の方々にも、是非ご理解いただきたいと思います。

食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%、タンパク質は50%、脂質は10%弱が血糖に変わります。 

糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。一方、タンパク質の血糖値上昇のピークは食後約3時間で、脂質は消化・吸収に丸一日かかることもあります。これらは、カロリーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。

インスリンには24時間、少量常に分泌されている基礎分泌と、血糖値が上昇したときに大量に出る追加分泌があります。

糖質、脂質、タンパク質のうち糖質だけが血糖値を急峻に上昇させます。従って、糖質を摂取した時には、インスリンが大量に追加分泌されます。

しかし、脂質やタンパク質は血糖値をほとんど上昇させないので、インスリンの追加分泌は、ほとんどありません。

つまり、人(糖尿人も正常人も)において、インスリンの追加分泌が多量に必要となるのは、糖質を摂取した時だけです。

これらは、すべて論争の余地のない、生理学的事実です。

次は患者さんに協力していただいたデータの検討です。

以下は、2型糖尿病Aさんのデータです。通常食は糖質ありです。

通常食  350kcal、糖質60%で約52.5g、脂質20%、タンパク質20%
糖質制限食  350kcal、糖質10%で約8.75g、脂質60%、タンパク質30%

通常食と糖質制限食は、いずれも350kcalで、勿論、同一人のデータです。

通常食は食後血糖値が上昇し、それに伴い追加分泌のインスリンがかなり出ているのが確認できます。

一方、糖質制限食だと血糖値の上昇は極めて少なく、インスリンの追加分泌もごく少量ですね。

              食前   30分後   60分後   90分後   120分後
通常食血糖値     121     206     304     250      198
通常食IRI         2.2      6.2     19.1     23.1     21.6

糖質制限食血糖値   124     140    142     129     135
糖質制限食IRI       3.5      4.6     6.7     6.9     5.2


同様に元2型糖尿人Bさんのデータです。

             食前   30分後   60分後   90分後   120分後
通常食血糖値     108     148     189     142      126
通常食IRI        3.8      35.2     58.5     55.1     24.9

糖質制限食血糖値   113    115    116     108     107
糖質制限食IRI       4.1    10.1    11.7     10.6     13.5

Bさんの場合、2年間の糖質制限食実践で、糖質を負荷しても血糖値は正常パターンに回復しています。

このとき基礎分泌3.8→追加分泌ピーク58.5まで多量のインスリンがでています。実に基礎分泌の15倍強のインスリンが追加分泌されています。ヾ(゜▽゜)

糖質制限食でも、約8.75gほど野菜分の糖質が含まれているので、一応、基礎分泌の2~3倍のインスリン追加分泌がありますが、通常食に比べれば微々たるものですね。

正常人が通常の食事をすれば、おおむねBさんのデータのようなインスリンの大量追加分泌が一日に最低3回、間食をすれば5回以上起こっているわけです。

このようなインスリンの大量追加分泌が、40年、50年と続けば、遂には膵臓が疲弊して分泌能力が低下し、糖尿病を発症するのは想像に難くないですね。


結論です。

カロリーをいくら制限しても、糖質を摂取してしまえば食後高血糖と多量のインスリン追加分泌を生じます。糖質制限食なら食後高血糖は生じず、インスリン追加分泌もごく少量ですみます。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
さて今回は、たかさんからコメントをいただきました。

「糖尿病13年放置して

毎日、江部先生のブログを感謝しながら読ませて頂いています。
本当にありがとうございます。

私は、13年前糖尿病を宣告(空腹時血糖値233)されましたが仕事も遊びも忙しく放置してしまいました。昨年8月、目の霞があり忘れていた糖尿病が悪化したと思い病院へいきました。(何度か目の出血がありました)

結果は    空腹時血糖  204
         HbA1c     10.1 
         網膜の初期病変(レーザーによる治療はありません)

そこから幸いにも先生のブログに出会い糖質制限と運動を始め現在に至っております。
運動は2~3分の筋トレとストレッチのセットを5~6回/日です。

53歳  男  BMI20

              20.8   20.9    20.10   21.01    21.03
空腹時血糖値        204   156     142     147    143
HbA1c           10.1   9.0      7.5     6.7     6.6
ALP            324   305     277    253   

(ALPはなぜか糖質制限を始めてから下りつずけています)
これは、膵臓のβ細胞が修復されているのかと? 希望的観測です。

H21.01 からは空腹時血糖値が下がらないため、スーパー糖質制限に切り替えました。

H21.03からは、空腹時血糖値とHbA1cの検査のみなのです。従いまして、インスリン値やケトン体、インスリン抵抗性などは解りません。(検査未経験です)

糖質制限で感じたこと
・空腹時血糖、HbA1c、ALPが顕著に下がります。
・代謝が上がったのか、皮膚のきめが細かくなり、毛髪が太くなりました。
・多飲、頻尿が改善されました。

今後はスーパー糖質制限を続け 140以下 6%前半を目指します。
本当にありがとうございました。

たか | 2009.04.29(水) 」

たかさん。コメントありがとうございます。

2009/06/11(Thu) 11:46 | URL | bbたか | 【編集
すいません! ↑

間違って投稿しまして 削除できませんでした。
2009/06/11(Thu) 12:00 | URL | bbたか | 【編集
栄養のバランス
「糖質たっぷりのカロリー制限食(糖質60%、脂質20%、タンパク質20%)を推奨する病院が圧倒的に多い」と書かれていますが、病院だけでなく国(農林水産省や厚生労働省)もそれを進めているように思います。

是非、頑張って、正しい知識を広めてください。

そもそも、なぜ60%が適切なのか、その説明にお目にかかったことがないのです。(私の勉強不足だとは思いますが)

アメリカでずいぶん昔、脂肪の取りすぎを抑えるために決めた数字ではなかったかと思うのですが、なぜ60%なのか、理由を聞きたいですね。
2009/06/11(Thu) 12:54 | URL | 優介(Yusuke) | 【編集
久しぶりの投稿です!
スーパー糖質制限食を実行しています!

おかげさまで

起床時の血糖値は80から100の間です!暁現象がないです!


糖質50gと120gとを比べても

意味がないと思います。

それくらいまで糖質をとれば、追加インスリンの分泌量は同じくらいになり得ますね。


実験の仕方に問題があったと思います。
糖質を10gまでにしていたら結果は違っていたはずですし、現にそのデータはありますよね!


確かに糖尿人は、一回にとる糖質は最高でも20gくらいにしておかないと。



2009/06/11(Thu) 18:43 | URL | 哲学者 | 【編集
一回の量なのか一日分の量なのかが
いまいち不明に思います。

その低糖質でも高糖質でも

インスリンの分泌量が変わらないということですが、

そのインスリンの数値データが示されていないのでは判断のしようがないです。

江部先生の場合、低糖質と高糖質で同じカロリーについて、摂取後のインスリンの分泌量をキチンと示しております。

2009/06/12(Fri) 13:44 | URL | 哲学者 | 【編集
Re: こんにちは
三宮さん

血糖値500mg、糖尿病網膜症・・・
重症の糖尿病です。
インスリン注射も含めて、糖尿病の治療が早急に必要です。
2009/06/12(Fri) 15:46 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 久しぶりの投稿です!
哲学者さん。

空腹時血糖値80-100mg

基礎分泌インスリンがしっかり回復したのですね。
おめでとうございます。
2009/06/12(Fri) 15:48 | URL | 江部康二 | 【編集
何度かコメントさせていただいています。1型糖尿病のゆめです。
私が思うのはどんな理論よりも、私の血糖値が立証してくれます。
糖質制限食時、ヒューマログ4単位、時折米やパスタを食べる時、ヒューマログ14単位注射します。3倍以上のインシュリンを使っても1時間後は200を超えています。1型糖尿病でもこんなに少ない注射量でおさえられていること、そのうえHbA1C 5,5~5,8%で推移できていることは糖質制限食と出会えたからだと本当に感謝しております。
いろいろなうわさ、情報が飛び交っていますが、私は自分の血糖値が立証してくれており、なんら疑う余地もありません。
これからも先生のご活躍を楽しみにしています。
2009/06/12(Fri) 22:32 | URL | ゆめ | 【編集
明後日の方向
強力な血糖コントロールは死亡リスクを高める(2010.2.25掲載)
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=2337&Itemid=54

重度の低血糖が2型糖尿病高齢患者の認知症リスクを上昇させる(2009.5.14掲載)
バランスの良い血糖管理は優れた糖尿病治療戦略だが、積極的に管理すると低血糖リスクが上昇し、
そうでなければ高血糖になってしまう。このため、目標を達成することも監視することも難しい。
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=76&Itemid=34


血糖値構成要件の中核を成す糖質について
全く触れないのは、故意かそれとも重大な過失か。

糖尿人にとっての血糖コントロール=HbA1cのみ と考えているのか


いずれにしても、どこまで本気なのか甚だ疑問に思えます。
2010/02/27(Sat) 11:22 | URL | たいかーす | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック