FC2ブログ
糖質制限食おに関する知らせ・ご案内など
糖質制限食とは】

食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%、タンパク質は50%、脂質は10%弱が血糖に変わります。 また糖質は摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。

一方、タンパク質の血糖値上昇のピークは食後約3時間で、脂質は消化・吸収に丸一日かかることもあります。これらはカロリーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。 

このように糖質、脂質、タンパク質のうち糖質だけが血糖値を急峻に上昇させます。従って、糖質を摂取した時には、インスリンが大量に追加分泌されます。

しかし、脂質やタンパク質は血糖値をほとんど上昇させないので、インスリンの追加分泌は、ほとんどありません。

現在糖尿病において、食後の急激な高血糖が大きな問題として注目されています。食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。そして、食後高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます。 従って6枚切りの食パン2枚(約310キロカロリー)食べると、糖質 が約50g含まれているので、血糖値は150mgも上昇します。

一方、ロースステーキを300g(約1200キロカロリー)食べても、糖質含有量は1gもないので、食後高血糖はほとんど生じないのです。 また、1gの糖質が体重64kgの1型糖尿病の人の血糖値を5mg上昇させます。

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースにできるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。抜く必要がある主食とは、米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものです。
 
3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。

一方、上述の食パンとステーキの例でも明らかなように、カロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは理論的に不可能です。

従って現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、一日の摂取カロリーを1200キロカロリーと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということがおわかりいただけたと思います。なお糖質制限食は、カロリー無制限ということではありません。一般的な標準摂取カロリーの範囲、すなわち男性なら1600~2000キロカロリー、女性なら1200~1600キロカロリーくらいが目安です。


☆☆☆
糖質制限食十箇条』 -糖尿病や肥満が気になる人に-

一、魚貝・肉・豆腐・納豆・チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べてよい。
二、糖質特に白パン・白米・麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控える。
三、主食を摂るときは未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
四、飲料は牛乳・果汁は飲まず、成分未調整豆乳はOK。水、番茶、麦茶、ほうじ茶もOK。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類は適量OK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)はOK、醸造酒(ビール、日本酒、など)は控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルーツは不可。
十、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。

糖質制限食』の3パターン
一、スーパー糖質制限食は三食とも主食なし。効果は抜群で早く、一番のお薦め。
二、スタンダード糖質制限食は朝と夕は主食抜き。
三、プチ糖質制限食は夕だけ主食抜き。嗜好的にどうしてもデンプンが大好きな人に。
*抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などの炭水化物。*炭水化物=糖質+食物繊維


【糖質制限食コントロール・教育入院のご案内・保険適応】
お問い合わせは高雄病院
http://www.takao-hospital.jp/

住所:京都市右京区梅ヶ畑畑町3 
電話:075-871-0245
ベットが空くまでお待ち頂くこともありますがご了承下さい。

【糖質制限食外来治療のご案内・予約制・保険適応】
高雄病院  電話:075-871-0245
京都市右京区梅ヶ畑畑町3

高雄病院京都駅前診療所  電話:075-352-5050
京都市下京区七条通り烏丸東入ル(50M)北側 ネオフィス 七条烏丸4F
http://www.takao-hospital.net/

江部診療所 電話:075-712-8133
京都市左京区下鴨高木町6 アトリエ・フォー 2F

【コメント・質問に関するお知らせ・お願い】
ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

読者の皆さんからご意見いただきましたが、確かに普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、主治医にご相談頂けば助かります。m(_ _)m

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、ブログ本文にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。質問によってはコメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、コメント・質問がかなり増えてきていますので、なかなか即お答えすることが困難となってきています。できるだけ全ての質問に本文かコメントでお答えするよう努力はしていますが、できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、コメント欄にお答えするか、一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、よろしくお願い申し上げます。


【糖質制限食を実践される時のご注意】
本にも書きましたが、 糖質制限食実践によりリアルタイムに血糖値が改善します。このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人は、低血糖の心配はないので、「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」「 糖質制限食 春のレシピ」「 糖質制限食 夏のレシピ」「糖質制限食 秋のレシピ」「糖質制限食 冬のレシピ」を参考にして、自力で 糖質制限食を実践して糖尿病改善を目指していただけば幸いです。


江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
体重の違いによる血糖上昇値の差異について
江部先生こんばんは。
ゆうです。
「1gの糖質が体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます」とありますが、
例えば私の現在の体重は85kgなのですが、
その場合の血糖値の上昇は3mgではないのでしょうか?
もし差異があるのでしたら、公式のようなものがあるのですか?
質問が続いてしまい恐縮なのですが
お時間のあるときにでもご回答いただければうれしいです。
失礼いたします。
2009/06/06(Sat) 20:25 | URL | ゆう | 【編集
突発性難聴
知り合いが糖尿病の合併症からくる突発性難聴になったそうです。まさか糖尿病がもとで突発性難聴になるとは思いもしなかったので大変驚きました。糖質制限で予防しうる事は可能なのでしょうか?
2009/06/06(Sat) 21:05 | URL | わかば | 【編集
ウォーキング
体がだるく、精神的に不安でしたが、夕食後30分ウォーキングしたら体も精神的にも楽になりました。ここちよい眠気も襲ってきました。
糖質制限食とウォーキングの組み合わせはいいですね。
2009/06/06(Sat) 21:45 | URL | ケイ | 【編集
ゆうさん。

バーンスタイン医師によれば
例えば体重が32kgの小児なら
1gの糖質が3×64/32=6mg上昇させます。

体重が多い方は現時点でよくわかりません。
すいません。
ただ、一応、1gの糖質が3mg上昇で計算するのが無難と思います。
2009/06/06(Sat) 22:12 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 突発性難聴
わかばさん。

糖尿病が突発性難聴のリスクファクターであることは間違いないようです。
糖質制限食で血糖コントロールが良ければリスクとはならないと思います。
2009/06/06(Sat) 22:17 | URL | 江部康二 | 【編集
了解です
江部先生おはようございます。

このたびはお忙しいなか早速のご回答ありがとうございました。
2009/06/07(Sun) 06:02 | URL | ゆう | 【編集
ありがとうございました。
これからも糖質制限にはげみ予防に努めたいと思います。
お忙しいところ御回答いただきありがとうございました。
2009/06/07(Sun) 06:37 | URL | わかば | 【編集
はじめまして。
はじめまして。
先月、おそらく1型糖尿病と診断されました(抗体の数値は低かったのですが、あまりに突発的だったため)、28歳の1児の母です。
。ちなみに入院時血糖値は415、HbA1cは11.9という、とんでもないものでした。

入院中に先生のブログに出会い、退院してからすぐにスーパー糖質制限を実施しています。本も全て購入させて頂き、大変参考になっているのと、糖尿病でも食の幅が広いことに嬉しく感謝しております。

お陰さまで、最近では150を超えることはありません。一番数値が高いのが、起床時で、それでもばらつきはありますが大体100から140の間です。日中空腹時は100から130くらいに留まっていて、体調もすごく良いです!

入院中に指導されたインスリン注射はもちろん打っていての↑の数値ですが、ノボラピッド朝昼晩食前4-6-6で指導がありましたが、今は4-5-5もしくは4-5-4でも、血糖値の乱高下はありません。

入院中は8-8-8で、さらにランタス4を打っていたのに乱高下が激しく、高血糖と低血糖を繰り返しつらかったです(泣)今はインスリン量も少なく、1日トータルで落ち着いているので嬉しい限りです。

朝方の数値が1日の中で一番高いので、おそらくインスリンの基礎
2009/06/08(Mon) 02:10 | URL | あこ | 【編集
続きです。
インスリンの基礎代謝は本当に低いと思うので、糖質制限食を実施しているという前提で、基礎代謝分のランタスと、毎食前のノボラピッドの量を減らす事ができるのではないかと期待しています。

実際どうなのか、先生のご意見を頂けたら幸いです。

糖尿病になり、辛くて仕方なかったですが、先生の本に出会い、たくさんの希望が持てました。
お忙しいとは思いますが、これからも糖尿人に希望を与える先生でいてください。

長文すみません。読んで頂きありがとうございました。
2009/06/08(Mon) 02:19 | URL | あこ | 【編集
栄養素が血糖に変わる速度について
お久しぶりです。昨秋胆嚢炎と糖質制限食について質問しためしのです、その折はご回答ありがとうございました。
ご著書の「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」等に載っている、栄養素が血糖になる速度のグラフについて質問です。
1.横軸は変化率となっていますが、累積と考えて良いでしょうか。
2.タンパク質が血糖になるには、3~4時間となっている事から、糖質制限食の血糖は、食後3~4時間で測定した方が良いのでしょうか?
よく、糖質制限食に反対する人達が、「脳のエネルギーは、ぶどう糖(糖質)だけなので、糖質も摂らなければならない」と言いますが、タンパク質の50%が血糖になる事を忘れていますね。(ケトン体も利用出来る事も)
3.糖質は、2時間以内にエネルギーとして消費すれば、インシュリンの力を借りずに血糖値を下げることが出来るのでしょうか?。とすれば昔の日本で糖尿病が少ない理由の一つとして考えても良いのでしょうか?(機械化されていない第一次産業や家事は、重労働で食事(糖質80%でも)のエネルギーを2~3時間で消費してしまうでしょうから)
2009/06/08(Mon) 02:21 | URL | めしの大盛り | 【編集
Re: 続きです。
あこさん。

1型糖尿病でも、カロリー制限食に比し糖質制限食なら
追加分泌の代わりの超速効型インスリン(ヒューマログやのボラピッド)は1/2~1/3に
減らせます。

ランタスは基礎分泌の代わりなので、早朝空腹時血糖値が110mg未満ていどを保つ量をうちます。

いずれもインスリンの量は個人差があります。

インスリンは絶対に必要ですが、量は少ないほど身体にはやさしいので
是非糖質制限食をお続け下さいね。
2009/06/08(Mon) 17:15 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 栄養素が血糖に変わる速度について
めしの大盛りさん

> 1.横軸は変化率となっていますが、累積と考えて良いでしょうか。
累積ではなくて、経時的にブドウ糖に変化する割合と思います。
タンパク質ならピークが3時間ということです。


> 2.タンパク質が血糖になるには、3~4時間となっている事から、糖質制限食の血糖は、食後3~4時間で測定した方が良いのでしょうか?

タンパク質はゆっくり血糖に変わるので食後高血糖をほとんど起こしません。
普通に1時間、2時間でいいと思います。

> 3.糖質は、2時間以内にエネルギーとして消費すれば、インシュリンの力を借りずに血糖値を下げることが出来るのでしょうか?。とすれば昔の日本で糖尿病が少ない理由の一つとして考えても良いのでしょうか?(機械化されていない第一次産業や家事は、重労働で食事(糖質80%でも)のエネルギーを2~3時間で消費してしまうでしょうから)

運動によりインスリンに無関係に筋肉が血糖を取り込みます。
仰有るとおり、戦前までは結構デンプンを食べても糖尿病が少なかったのは、
日常生活における豊富な運動によると考えられます。
2009/06/08(Mon) 17:31 | URL | 江部康二 | 【編集
はじめまして。目から鱗が出まくりでHPを拝見させていただいてます。質問なのですが、大人になってから腎性糖尿と診断されました。父からの遺伝で兄弟みんな腎性糖尿持ちです。糖負荷試験をしましたが特に異常はなかったのですが、糖尿病になりやすいといわれました。甘いものが大好きで特に肥満ではないのですが、糖質制限をしておいたほうがいいのでしょうか?看護師をしていて不規則なので特に気になるこの頃です。
2009/06/08(Mon) 22:55 | URL | marine | 【編集
Re: タイトルなし
marine さん。

ブドウ糖負荷試験で正常なら腎性糖尿病ですね。

将来のことを思えば、「糖質制限食」、
それが大変なら、精製炭水化物を摂取しない
「高雄病院食生活十箇条」の実践で如何でしょうか。


『高雄病院食生活十箇条』 -アレルギー疾患の治療や生活習慣病予防に-

一、主食は未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
二、白パン・白砂糖など精製炭水化物の摂取は極力減らす
三、発酵食品(味噌、漬け物、納豆など)をきちんと食べる
四、液体でカロリーを摂らない(飲みものは水、番茶、麦茶、ほうじ茶など)
五、魚貝類はしっかり食べ、肉類は適量を摂る
六、季節の野菜や海草はしっかり食べ、旬の果物も適量摂る
七、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)など身体に良い油脂は積極的に摂る
八、牛乳は極力減らし、チーズやプレーンヨーグルトは適量摂る
九、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ
十、食事は楽しく、ゆっくり、よくかんで 
2009/06/08(Mon) 23:07 | URL | 江部康二 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック