FC2ブログ
グルコバイ・ベイスンの飲み方について
おはようございます。

スーパー糖質制限食実践中の糖尿人なら、薬は基本的には要りません。スタンダード糖質制限食の場合、昼食などでやむを得ず、少量の主食(糖質)を摂取するときに、グルコバイなどを食直前に内服する選択肢があります。

今回はゆうさんから、薬の飲み忘れの時の対処法について、コメント・質問をいただきました。

「江部先生、ご無沙汰しております。
ゆうです。
おかげさまでスーパー糖質制限の継続によって HbA1c5,5%をかれこれ一年ほど持続させております。
ところでグルコバイベイスンの服用は食直前が基本ですが、 仮に飲み忘れなどによって食事の最中や食後に服用するとなると 効果は下がってしまうのでしょうか?
大変恐縮なのですがお時間のある時にでもご回答いただければうれしいです。
それでは失礼致します。
ゆう | 2009.06.01(月)」


ゆうさん。
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
HbA1c5,5%を一年・・・コントロール優で、花丸ですね。(⌒o⌒)v

グルコバイベイスンセイブルを飲み忘れた場合、食べ始めてから飲んでもそれなりに有効です。
食事終了時に内服しても無効です。

つまり、忘れたことに気がついたら、飲むのは早ければ早いほどいいのです。従って、用法として「食事開始時または食事中内服」でも良かったようです。

しかし、食事中というと終了間際でもいいと解釈する糖尿人がありえるので最終的に食直前となったそうです。

グルコバイベイスンセイブル糖尿病の内服薬の中で『α-グルコシダーゼ阻害剤』に分類されます。

デンプンのような多糖類は、α-アミラーゼという消化酵素の作用を得て、二糖類(麦芽糖や蔗糖)、やオリゴ糖に分解されます。

この二糖類やオリゴ糖は、マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素により単糖(ブドウ糖、果糖、ガラクトースなど)に分解されて小腸から体内に吸収されます。マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素を総称して、α-グルコシダーゼと呼びます。

この、α-グルコシダーゼの働きを阻害することにより、腸管からの糖質の分解・吸収を遅延させて、食後高血糖を抑制するお薬が、『α-グルコシダーゼ阻害剤』(グルコバイベイスンセイブルなど)です。

グルコバイ(アカルボース)はα-グルコシダーゼだけではなく、α-アミラーゼに対する阻害作用も、もっています。ベイスン(ボグリボース)やセイブル(ミグリトール)は、α-グルコシダーゼの活性を阻害しますが、α-アミラーゼには影響を与えません。従って、グルコバイのほうが少し効果が強いですが、副作用もややでやすいです。

副作用としては、腹満・ガス・下痢・腹痛・・・ごくまれに肝機能障害があります。

作用機序から考えて、膵臓のβ細胞には全く影響を与えないので、SU剤のように疲れた膵臓を鞭打つといった欠点はありません。ベースに糖質制限食を実践している糖尿人が、たまに主食を食べるときに食直前に内服して、食後高血糖を防ぐという意味ではそれなりに重宝なお薬です。 (^_^)

健康保険適用ですので、糖尿病の病名がついている人には処方できます。通常のカロリー制限食の糖尿人なら、「1日3回食直前に内服」となります。糖質制限食実践中なら、例えば「1日1回主食摂取直前に内服」とかで処方します。


江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
早速のご回答ありがとうございました
私は、過去一年間で数回宴会の時だけ服用しました。
ただ、一度だけですが薬を携帯していなかったため服用できなかったことがありました。
これからは常に1錠携帯して、服用は食直前を厳守いたします。
このたびはお忙しいなかご回答ありがとうございました。

2009/06/05(Fri) 17:14 | URL | ゆう | 【編集
カロリー不足
こんにちはケイです。
ご飯とパンはカロリーが高いので、糖質制限食にしたら、どうしてもカロリー不足になってしまいます。独身ですので、弁当とか買いますが、ごはんやスパゲッティーを除くとカロリーがかなり減ります。枝豆を追加してもいいでしょうか?どのぐらいが適量でしょうか?まだスーパー糖質制限食を始めて数日ですが、非常に調子がよくなってきました。以前は夕方になるとかすみ目や眩しいと感じたことがあったのですが、全くなくなり、遠くまではっきりと見えます。半病人の時よりも、長生きできそうな気がします。膵臓のβ細胞は睡眠中でしょう。その代わり肝臓は疲労しないのでしょうか?8月に検査する予定です。正常値に戻っていることを願います。正常値に戻っていたら、スタンダード糖質制限食に戻しても大丈夫でしょうか?インターネットの普及に感謝しています。もし、このブログに辿り着かなかったらと思うと怖くなります。



2009/06/05(Fri) 19:19 | URL | ケイ | 【編集
グルファスト
こんばんわ。
いつもブログ更新・コメントのお返事ありがとうございます。
申し訳んないと思いつつお時間あるとき教えていただけら助かります。

グルコバイ・ベイスン・セイブルのどれかを処方してもらいたく主治医に相談したところ「うちではグルファストなんです」ということでグルファストをもらっていますが(もちろんやむえいない事情の時用にしているのいで1ケ月に1錠飲むか飲まないかです。)やはり『α-グルコシダーゼ系』のほうがよいでしょうか?

それともグルファストのままでよいでしょうか?
その場合最高月に何度くらいの使用ならば負担は少ないでしょうか?

グルファスト使用してパスタ半分で2時間値140以下になりますが3時間後薬が切れるのかリバウンド状態になること多々あります。
なのでお付き合いで炭水化物食べるときにはやはり薬飲んだほうがよさそうです。



2009/06/05(Fri) 22:22 | URL | まるまるまる | 【編集
ありがとうございました
大豆製品について質問させていただいた、ミフィです。お忙しいところ、本当にありがとうございました。取り上げていただけるなんて思ってもいなかったので感激しています。詳しいご回答、本当にありがとうございます。安心しましたが、大豆製品に偏ることなく、いろいろ取り混ぜながら、糖質制限食を続けていきたいと思っております。ありがとうございました。
2009/06/06(Sat) 06:10 | URL | ミフィ | 【編集
不安
何度もすいません。
検診結果が出て、5日が経ちます。
治療をがんばろうと思う時もあれば、糖尿病が気になり不安に押しつぶされそうな時があります。
夜中に不安で目がさめて、寝付けないときがあります。糖尿病の患者はこのような過程を経て、受け入れていくものなのでしょうか?ストレス性の病気で一時的に心療内科に通っていた時期があります。精神安定剤などを処方してもらう必要があるのでしょうか?アドバイスお願いします。
2009/06/06(Sat) 06:27 | URL | ケイ | 【編集
グルファスト
まるまるまるさん。

グルファストで良いと思います。

グルファストは、通常のカロリー制限食なら
一日三回のむお薬です。

従いまして、主食摂取時だけ内服というパターンで、2.3時間だけβ細胞に頑張って貰うということなら、負担は少ないです。

2009/06/06(Sat) 07:37 | URL | 江部康二 | 【編集
えだまめ
ケイさん。

えだまめ100g中に糖質4gです。
1回100gくらいなら問題ないです。

また肝臓は、膵臓のβ細胞に比べて、とてもキャパシティーが大きいので心配要りません。

糖質制限食で糖尿病はコントロール可能です。
それでも不安がありましたら心療内科で相談されるのも選択肢の一つですね。

2009/06/06(Sat) 07:45 | URL | 江部康二 | 【編集
有難うございます。
発症して間もないので、糖質制限食をストイックにやりすぎており、エネルギー不足に陥り、だるくなったりします。江部先生は糖質制限食をはじめた頃、だるくなったり、無気力になりませんでしたか?178cm,100kgだったのが5日で96.5kgまで落ちてしまいました。どれぐらいカロリーが必要でしょうか?糖質制限食前と後では、摂取していた糖質量が全く違うと思いますので、体が対応できていないかもしれません。
2009/06/06(Sat) 09:52 | URL | ケイ | 【編集
あつかましいですが質問させ下さい
先生>
いつも勉強させて頂いています。
レギュラーから、スーパー糖質制限食に移行して二週間が経ちました。

これまでは主治医から処方されていた

ダオニール 2.5mg × 3 @一日
アクトス 15× 2 @一日
メルビン250mg × 2 @一日

を飲んでいました。

α-グルコシターゼ阻害剤は下痢と腹痛の副作用が酷いので飲んでいません。なのに同じ阻害作用を持つ難消化性デキストリンは作用が緩いせいか副作用がないので、快便のためにも使用しています。

さて、昨日朝、このエントリを読ませて頂いて思い切ってその処方薬をストップしてみました。

なお、これとは別にリピトール10mgを一日一錠処方されています。

この薬を飲んでいる状態でですが、

TG 104mg/dl
HDL-C 59.4mg/dl
LDL-C 97mg/dl

です。この薬は続けています。

昨夜、夕食前20時過ぎには130mg/dlだった血糖値が、今朝起き抜けで220mg/dlになっていました。

昨夜の夕食は21時。メニューは自作のきのこ汁、塩と胡椒で焼いた牛肉。きゅうりの昆布茶漬け、生姜醤油で冷奴、低脂肪乳で作ったカフェオレでした。

昨日の朝起き抜けは156mg/dlでした。おそらく数日間様子を見ないと判らないかとは思いますが、薬なしでスーパー糖質制限食を続けてもいいでしょうか。

本来であれば薬を処方したドクターに聞くべきなのですが、そうした相談には一切乗ってくれず、患者は素人なんだから医師の指示に従っていればいい、っていうタイプの人なので先生に甘えさせていただきました。

京都の西の方に勤務しているので、高雄病院か、駅前の診療所にに変わろうかとも考えたのですが、先生の人気が高すぎて予約が難しいと高雄病院のサイトに書いてあったので諦めました。

まずは先生の本とサイトで勉強して自助努力でやっていこうと思います。

長くなりましたがよろしくお願いいたします。
2009/06/06(Sat) 13:38 | URL | 飯山忍 | 【編集
ファビノール
ファビノール(白いんげん)は糖の吸収に効果があるのでしょうか?少し緩めのスーパー制限食にファビノールやグゥバ茶を組み合わせたら、厳しいスーパー制限食になると思います。
2009/06/06(Sat) 16:57 | URL | ケイ | 【編集
Re: 有難うございます。
ケイさん。

178cmなので
1800-2000キロカロリーくらいを目安で如何でしょう。
2009/06/06(Sat) 18:13 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: あつかましいですが質問させ下さい
飯山忍さん。

私以外の高雄病院の中堅の先生方も
入院患者さん含めて糖尿病と糖質制限食の経験豊富です。

私の予約がもし取れないときは、中堅の先生方の診察を受けてみられては如何でしょうか?
タイミングよく予約がれることもあると思います。
現在入院患者さんは主治医は他の先生方で、私もサブで担当という形がおおいです。

なお、アクトス、メルビンは膵臓に影響しませんので内服OKと思います。
スーパー糖質制限食で膵臓が休養できてどのくらい回復するかには個人差がありますが、
2週間は様子をみることとなります。



2009/06/06(Sat) 18:24 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: ファビノール
ケイさん。

白いんげんに関しては
2008年01月30日のブログ
「血糖値と栄養補助食品」をご参照下さい。
2009/06/06(Sat) 18:29 | URL | 江部康二 | 【編集
グルコバイとセイブル
79才の母はここ3,4年の間に膠原病から始まり糖尿病ということになり、グルコバイとセイブルを飲んでいたようですが、薬局の方に保険法にかかわるので一緒には出せないといわれめげているようです。ある医師は出せないといったそうです。もう一人の医師は本人がよければよいですよとだしてくれたそうです。ただ合わせたとき調剤薬局はセイブルは出せないと話したそうです。本人はグルコバイとセイブルを両方のむほうがキクといいます。どうなのでしょうか。保険法にかかるのでしょうか。よろしくお願いします。
2009/10/02(Fri) 22:51 | URL | NANA | 【編集
Re: グルコバイとセイブル
NANA さん。

両方ともα-グルコシダーゼ阻害剤という、同種の薬です。
従って健康保険では同時にはだせません。

「グルコバイ+グルファスト」を食前に飲む組み合わせなら
効果はよいし、健康保険もOKですよ。
2009/10/04(Sun) 20:24 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: 炭水化物を減らすケトン体ダイエットが体内時計に影響
たけ さん。

貴重な情報ありがとうございます。

産総研ホームニュース研究紹介

2009年7月24日 発表

ダイエット食による早起き効果をマウス実験で発見
-炭水化物を減らすケトン体ダイエットが体内時計に影響-

産総研は公的研究機関ですので、しっかりした研究です。
興味深い内容なのでそのうち、記事にしたいと思います。
2009/12/08(Tue) 12:14 | URL | 江部康二 | 【編集
急激なHbA1cの改善と糖尿病網膜症
初めまして江部康二先生 sachikoと申します。
私は10年前に糖尿病と診断され従来の糖尿病治療を続けて来ました。
しかし 血糖値は改善されず処方される薬も増え現在はインスリンも加わりました。
先日 あまりの肩こりの酷さに 針の治療をお願いに鍼灸院に伺ったところ 針の先生から「糖尿病じゃ無いですか?」と訊ねられました。私がびっくりしていると 「糖尿病からも肩こりが酷くなる事があるんだよ。」と教えてくれました。実は先生自身も糖尿病を患っていてかなり悪い状態だったらしいのですが 通院していた病院で糖質制限治療を勧められ劇的に改善された経験を話してくれました。
残念ながら糖質制限治療を勧めてくれた内科の先生は転勤されてしまったそうですが 江部康二先生の本を紹介して下さいました。
そのまま本屋さんに向かい先生の本「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」他本屋さんにあった本4冊まとめて購入しました。
早速 江部康二先生の本を教科書に糖質制限を始めたところ
糖質制限開始前 1月A1c 9.8 糖質制限1月中旬より開始後 2月1日A1c8.9 3月1日A1c7.0でした。
3月1日~27日現在 平均空腹血糖値99 平均食後2時間血糖値128です。何度か空腹時血糖値が60台の時がありますが低血糖症状は出ていません。
血糖値が下がり大変喜んでいたのですが先生のブログで急激なA1cの改善は網膜症を悪化させるという記事を読み心配でしかたありません。先週 眼科医で診察を受け網膜症の症状が少し出始めているような・・・と診断されたあとなので さらに不安になってしまいました。
現在 毎食前にセイブル50mg1錠 朝夕にアマリール1㎎を1錠ベザテートSR錠200 200mgを1錠 朝食後アバプロ錠100㎎1錠服用し夕食後にレベミルを15単位打っています。
3月の血液検査の結果は尿素窒素22.5㎎/㎗ カリウム5.2mEq/ℓ インスリン(IRI) 97.2で他は正常範囲内です。 
内科の主治医は糖尿病の改善はカロリー重視で栄養指導に熱心で 糖質制限の話をしてもあまり耳を傾けてくれません。薬に関して質問も出来ず このまま薬を服用しながら糖質制限を続けていても大丈夫でしょうか? また 薬の服用を中止できるとしたら どの薬から服用を中止したら良いのでしょうか?
お忙しい先生に最初からこんな長い質問をして大変申し訳ありません。
お時間のある時でかまいませんのでお返事が頂けたら幸いです。
どうか宜しくお願いします。




2011/03/27(Sun) 22:01 | URL | sachiho | 【編集
Re: 急激なHbA1cの改善と糖尿病網膜症
sachiho さん。

食事により血糖値が改善した場合は、網膜症を悪化させるということは、まずありません。

インスリン注射やSU剤により、急にHbA1cが低下した時は、網膜症の懸念があります。

血糖コントロール良好ですので、アマリールの減量と離脱を、主治医とご相談ください。
アマリールが中止できて、なおかつ血糖良好なら、レベミルの減量を主治医とご相談ください。
2011/03/28(Mon) 16:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます。
お返事ありがとうございました。
とても安心することが出来ました。
これからも糖質制限を続け血糖値を良好に保ちたいと思います。
薬の事も主治医と相談したいと思います。
先生からお返事が頂けて感激です。
ありがとうございました。
2011/03/28(Mon) 21:23 | URL | sachiho | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック