fc2ブログ
糖尿病・糖尿病予備軍の診断などについて
【24/02/26 やまね
カナダでa1c 6.5が出て糖尿病診断されました
江部先生
初めまして。一年半前から家族の転勤でカナダに在住です。
食生活の変化と、冬の天候が厳しく運動不足のせいか、
カナダに来て4ヶ月頃の2022年12月に受けた血液検査でa1c が6.2、
空腹時血糖値が6.1と出て、突然糖尿病予備軍になりました。

カロリー制限をした食事制限などをしましたが、効果が上がらず、
ネットで調べて、
江部先生の、内臓脂肪がストンと落ちる食事術、をKindleで購入し、
1ヶ月実行したところ、昨年10月にはa1cが5.9、空腹時血糖値が5.4となり、
ホッとしました。

油断して2024年のお正月にかけてチョコレートクロワッサンやメープルシロップクッキーなどを食べていたら、
今月2月の血液検査でa1c6.5、が出ました。
空腹時血糖値は前回と同じく5.4でした。専門医に診てもらうと、
最近は糖尿病の診断基準が変化しているので、これだけでは糖尿病とは診断出来ないし、
一度糖質制限をして成果が出たのだから、
もう一度それで結果が出るか試してみたらどうか、と言われました。
その後ファミリードクターの診察で、a1c6.5は糖尿病ですとあっさり診断され、驚愕しました。

2人の見解が違うことや、カナダでは医療へのアクセスがとても悪いこともあり、
近々日本に行って病院で診てもらう予定です。
今回の血液検査が出てから、江部先生の本を読みなおし、
スーパー糖質制限を実行して、ひと月で体重は身長159センチ62キロから、57キロに落ちました。
それ以降はまだ血液検査は受けていません。52歳、女性です。

日本に行ったら、病院でカナダでの事情を話し、
空腹時血糖値とa1cの再検査をお願いし、スーパー糖質制限食の結果を出し、
無事糖尿病ではまだないです、という診断を得たいと考えています。

今後一生スーパー糖質制限食で過ごして行く覚悟は出来ましたし、
糖質さえ制限していれば結構好きに食べられるので思ったより辛くないです。
弱虫かも知れませんが、もし今糖尿病と診断されたら、
とてもショックなので他の種類の血糖値検査など深掘りはしないで、
検査は空腹時血糖値とa1cの再検査のみお願いしようと考えていますが、
この考えは間違っているでしょうか。

カナダのファミリードクターの診断に従って行くと、
どんどん糖尿病として投薬などの治療が始まりそうな勢いでとても不安です。
アドバイスをいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。】


こんにちは。
カナダ在住のやまねさんから
糖尿病の診断などについて、コメント・質問を頂きました。


【カナダに来て4ヶ月頃の2022年12月に受けた血液検査でa1c が6.2、
空腹時血糖値が6.1と出て、突然糖尿病予備軍になりました。】


HbA1cの正常範囲は、
糖尿病治療ガイドライン(日本糖尿病学会)で4.6〜6.2%です。
HbA1cが6.2%なら、ギリギリ正常値内です。

空腹時血糖値は
<mmol/L×18=mg/dl> なので、
6.1 mmol/L × 18 =  109.8mg/dl

109mg/dl以下が正常、
110~125mg/dlは境界型、
126mg/dl以上は糖尿病型、

となります。
やまねさんの空腹時血糖値109.8mg/dlは、境界型です。


【内臓脂肪がストンと落ちる食事術、をKindleで購入し、
1ヶ月実行したところ、昨年10月にはa1cが5.9、空腹時血糖値が5.4となり、
ホッとしました。】

HbA1c:5.9%、空腹時血糖値:97.2mg/dl
と正常値です。
糖質制限食を上手に実践されていると思います。


【油断して2024年のお正月にかけて
チョコレートクロワッサンやメープルシロップクッキーなどを食べていたら、
今月2月の血液検査でa1c6.5、が出ました。】


2024年2月、HbA1c:6.5%
この数値は、仰る通り、油断ですね。


【今回の血液検査が出てから、江部先生の本を読みなおし、
スーパー糖質制限を実行して、
ひと月で体重は身長159センチ62キロから、57キロに落ちました。
それ以降はまだ血液検査は受けていません。52歳、女性です。】


159センチ62キロ(BMI:24.5)から、57キロ(BMI:22.5)
肥満ギリギリセーフから、ほどよい体重となりました。
「糖質制限食」は、言いかえれば、「脂質・蛋白質無制限食」なので
動物性蛋白質や動物性脂質もしっかり摂取して筋力維持を目指しましょう。
厚生労働省のいう「推定エネルギー必要量」が目安です。


【日本に行ったら、病院でカナダでの事情を話し、
空腹時血糖値とa1cの再検査をお願いし、スーパー糖質制限食の結果を出し、
無事糖尿病ではまだないです、という診断を得たいと考えています。

今後一生スーパー糖質制限食で過ごして行く覚悟は出来ましたし、
糖質さえ制限していれば結構好きに食べられるので思ったより辛くないです。
弱虫かも知れませんが、もし今糖尿病と診断されたら、
とてもショックなので他の種類の血糖値検査など深掘りはしないで、
検査は空腹時血糖値とa1cの再検査のみお願いしようと考えていますが、
この考えは間違っているでしょうか。】


折角、採血するのですから、
一般的な肝機能、腎機能、膵機能、コレステロール値、貧血の有無などを調べましょう。
血清インスリン値、
最も詳しい腎機能検査である血清シスタチンC、
左心不全の検査、NTProBNP、
甲状腺検査(TSH、FT4、FT4)、
なども調べましょう。
スーパー糖質制限食を1ヶ月以上実践中なので
HbA1cと空腹時血糖値は正常値でしょう。
今後も、スーパー糖質制限食を継続していけば
将来糖尿病になることはありません。

また、スーパー糖質制限食なら、
AGEsの蓄積も最小限ですみ、
<糖化→老化><糖化→慢性炎症>が最小限ですむので
生活習慣病の予防にもなります。
美味しく楽しく末長く糖質制限食を継続されて、健康長寿を目指しましょう。

以下の本ブログ記事もご参照頂ければ幸いです。

糖質制限食とAGEs
2016年11月07日 (月)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-91.html



江部康二

コメント
ちゃんと血液検査を受けて来ます
江部先生

記事にしてくださり、詳しく、丁寧に、ご指導いただき、励みになりました。

カナダのファミリードクターのノリがとても軽く、a1c6.5ね、糖尿病という診断にしておきましょう!眼科と糖尿病についての教育施設を紹介しますね、とどんどん治療が始まりそうで、外国で窮地に陥りましたが、江部先生のアドバイスで視界が広がった気持ちです。

せっかくだから他の血液検査も受けましょう、とのご指導ですので、今回の一時帰国で、日本で人間ドックを受診しようと思います。
出産がきっかけでバセドー病になって以来、それが唯一の持病です。現在はmethimazole 15g/1日服用しており、先生の記事にTSHも調べてもらうように、と書いてあったので、TSHも関連性があると言うことも学びました。カナダの医師にバセドー病との関連なども含めて診てもらいたいのですが、全体的に診る感じではないようなので、今後は日本に年に2回くらい帰国し、いざとなったら日本でちゃんと診てもらえる地盤を作ります。

楽しく、おいしく、スーパー糖質制限食を続けて、残り数年の家族の任期を支えます。

江部先生の益々のご活躍を願っています。
2024/02/28(Wed) 16:10 | URL | やまね | 【編集
Re: ちゃんと血液検査を受けて来ます
やまね さん

そうですね。
日本で、人間ドックは、とても良いと思います。
2024/02/28(Wed) 18:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
シスタチンc
先生こんにちは、
内科医のとしのです。
シスタチンCの記載がありました、それに関して質問お願い致します。
50代女性、普通体型、PAでミネブロ2.5mg投与中、副腎腫瘍なし。
この方の腎機能ですが、GFRcr40、eGFRcys60と乖離しており真の腎機能はいかほどかと思案しています。
最近スピロノラクトンやシメチジンで尿細管からのCrが分泌低下し、Cr血中濃度が上昇すると知りました。
ミネブロでも同様な事が起こり、eGFRの差が出るのかもしれない、、、と考え中です。
今後自分の患者さんで、MRA使用中の方のシスタチンCを検査しeGFRcrと差があるか確認予定です。
先生はスピロノラクトンやミネブロでこのような症例のご経験はあるでしょうか?
先生はシスタチンCが真の腎機能に近い、と考えておられますか?
長くなりました、もしよろしければご回答頂ければ嬉しいです。
2024/03/03(Sun) 11:48 | URL | としの | 【編集
シスタチンC
追記です
ブログで2年程前に、シスタチンCの有用性を記載されておりますが、先生はどのような場合にシスタチンCを測定されておられますか
よろしくお願い申し上げます
2024/03/03(Sun) 12:00 | URL | としの | 【編集
Re: シスタチンc
としの さん

シスタチンCが、最適の腎機能検査です。
4か月に1回しか検査できないのと、
クレアチンに比し、費用が10倍くらいなのが、欠点といえば欠点です。
2024/03/03(Sun) 19:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: シスタチンC
としの さん

シスタチンCが、最適の腎機能検査です。
4か月に1回しか検査できないのと、
クレアチンに比し、費用が10倍くらいなのが、欠点といえば欠点です。
2024/03/03(Sun) 19:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
シスタチンC
早々のご回答誠に有難うございます。
やはりもしeGFRcrで60未満、eGFR cys60以上(タンパク尿無し)となった場合、腎機能は正常としてよろしいのでしょうか、
度々申し訳ありません
2024/03/03(Sun) 22:18 | URL | としの | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可