fc2ブログ
病院食で血糖値が上がるのが心配。
【24/02/22 菊丸
病院食で血糖値が上がるので心配
お世話になります。
男 68歳

3月に入院することになり病院食で心配しています。
病院食は糖質制限しているからと希望が通るとも思えません。
糖尿病食になると考えています。

一時的には上がるかもしれませんが、
その後退院して自宅では従来通りに糖質制限した食事になれば、
時間はかかるけど元に戻るでしょうか。】



こんばんは。
菊丸さんから、
「病院食で血糖値が上がるのが心配」
というコメント・質問を頂きました。

【3月に入院することになり病院食で心配しています。
病院食は糖質制限しているからと希望が通るとも思えません。
糖尿病食になると考えています。】


そうですね。
私も、以前、声帯ポリープの手術で入院したことがあります。
お酒を飲んで、歌いすぎて、声帯ポリープができてしまったのです。
外来で、簡単に切除することもできたのですが、入院して
全身麻酔下で「プロボーカリスト」対応の手術をお願いしました。
当然、入院中は、丼飯や、食パンありの「糖尿病食」 でした。

結局、看護師さんに怪しまれながらも、(こっそり)、ゴミ箱に、
ご飯やパンを捨てて、おかずだけを食べるようにしました。
足らない分は、家から持ち込んだ糖質制限OK食品で補いました。
また、病院内のコンビニで、「豚しゃぶサラダ」「蒸し鶏サラダ」
おでんの「ダイコン」「ガンモドキ」「スジ肉」「豆腐」などを購入
して
しのぎました。


【一時的には上がるかもしれませんが、
その後退院して自宅では従来通りに糖質制限した食事になれば、
時間はかかるけど元に戻るでしょうか。】


上述の、持ち込みや、コンビ二の糖質制限OK食品で対処できないときは、
糖質を摂取するのもやむを得ないと思います。
でも退院して、糖質制限食に戻れば、すぐに元に戻ると思います。
可能なら、現在通院中の主治医に相談して、

「①αGI薬」「②グリニド系薬」を処方して貰って、準備しましょう。

「①αGI薬」
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI:アルファー・ジーアイ)
アカルボース(グルコバイ)、ボグリボース(ベイスン)、ミグリトール(セイブル)など

デンプンのような多糖類は、α-アミラーゼという消化酵素の作用を得て、
二糖類(麦芽糖や蔗糖)やオリゴ糖に分解されます。

つまり、α-アミラーゼは、
穀物や芋のデンプンと呼ばれる多くの糖の集合体を
まず第一段階で分解して少し大きさを小さくしています。

その後、この二糖類やオリゴ糖は、
マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素により、
単糖(ブドウ糖、果糖、ガラクトース等)に分解されて小腸から体内に吸収されます。

マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素を総称して、
α-グルコシダーゼと呼びます。

この、α-グルコシダーゼの働きを阻害することにより、
腸管からの糖質の分解・吸収を遅延させて、
食後高血糖を抑制するお薬が、
『α-グルコシダーゼ阻害薬』(アカルボース、ベイスン、セイブル)です。

それぞれ常用量で下記程度に血糖値を下げるとされています。

アカルボース: 1時間値50mg、 2時間値40mg
ベイスン:  1時間値40mg、 2時間値30mg
セイブル:  1時間値60mg、 2時間値20mg


より詳しくは、以下の本ブログ記事をご参照頂ければ幸いです。
『α-GI薬』(グルコバイ、ベイスン、セイブル)の役割と糖質制限食。
2023年05月02日 (火)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-6267.html


「②グリニド系薬」

グルファスト、スターシスなどの「グリニド系薬(即効性インスリン分泌促進薬)」
を、糖質摂取直前30秒に内服して、対応しましょう。

グリニド系薬剤に関しては、
冠婚葬祭や旅行など、やむを得ず糖質を摂取せざるをえないようなとき
食直前30秒に内服しますが、このていどなら、
膵臓のβ細胞への負担は全く問題ありません。

私も、糖尿病患者さんに、
旅行中とか外食でやむを得ないときなどのために、
αGI薬やグリニド系薬剤を処方しています。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿人の血糖値を、約3mg血糖値を上昇させます。

グリニド系薬剤の効果には個人差があり、
1錠で20~60mgくらい血糖値を下げる
とされています。


江部康二
コメント
江部先生、記事に取り上げてくれてありがとうございます。大変詳しくて参考になります。

主治医と相談しセイブルを処方してもらいます。現在も時々ですが1ケ月に2、3回服用しています。
安心して入院が出来そうです。ありがとうございました。
2024/02/23(Fri) 20:01 | URL | 菊丸 | 【編集
経管摂取の糖尿病患者への対応について
病院食と言えるかわかりませんが、、私の母(90)は病院にて栄養剤の経管摂取です。
先日、尿路感染で他院に転院したところ、感染症の影響もあったためか、当初血糖値が400オーバーでインスリン投与、数週間で投薬なしで100程度に下がったようですが、元の病院に戻りHbA1cを尋ねたところ7.2%との事でした。その病院では基準値(7.5)以下なので様子を見ますとのことでしたが、今回の事で初めて母が糖尿病である事を知りました。
尿路感染はこれまでにも数回経験しており、尿糖の影響が懸念されます。経管摂取の栄養剤にも低糖質のものがあるようですが、このような場合、年齢も年齢ですが通常はどのような対応になるのでしょうか。
2024/02/25(Sun) 08:57 | URL | 西村典彦 | 【編集
Re: 経管摂取の糖尿病患者への対応について
西村典彦 さん

アボット社の「グルセルナ(R)-REX」、「プルモケア®-EX」は糖質制限経腸栄養製品です。
可能なら、このどちらかにして貰えば、血糖値がかなり改善します。
2024/02/26(Mon) 16:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可