fc2ブログ
糖質制限食で血糖値が劇的改善。でも合併症検査は必要。
こんばんは。
ブログ読者の皆さんから、「糖質制限食で血糖値が劇的に改善した」という、
とても嬉しいコメントを頂くことがあります。

例えば

「空腹時血糖値:200mg/dl以上
HbA1c:14%以上」

といった数値で、
医師から重度の糖尿病と診断されたようなケースが
糖質制限食で劇的に改善することはよくあります。
私のブログや本を参考に、糖質制限食を開始して
1週間後、購入した血糖値測定器が届いたので、
計測したところ空腹時95、食後125と正常値に戻っていたといった
ケースもあります。

空腹時血糖値:200mg/dl以上
HbA1c:14%以上
なら、医師は即入院が必要と説明すると思いますが、
入院したら、丼飯を食べさせられ、インスリンを打たれたと思います。(→ο←) 

血糖自己測定器の購入も正解だと思います。

『血糖値に直接影響を与えるのは糖質だけで、蛋白質・脂質は与えない』

という生理学的事実を、自分で確認することができて、便利です。

「食後高血糖」「平均血糖変動幅増大」が、
酸化ストレスの最大のリスクであり、糖尿病合併症の元凶です。
糖質制限食なら、この二つを予防することができますが、
糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)では、この二つが必ず生じます。
従って、糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)は合併症予防が困難どころか、
誠に遺憾ながら「合併症製造食」としか言いようがありません。

しかしながら、糖質制限食で血糖値が劇的に改善したとしても、
いつ頃から糖尿病であったのか、わかりませんので、
糖尿病合併症の検査は必須です。
数年以上食後高血糖が続いたあと、
初めて糖尿病に気がついたというような場合もあり得るのです。


まずは眼科で眼底検査を行い、糖尿病網膜症の有無をチェックしましょう。
次いで循環器科で、頸動脈エコーを行い、
心電図・心エコーなど冠動脈・心臓の検査も実施しましょう。

それから、朝空腹時(前夜の食事から10時間以上絶食)に、
血中インスリン値と血糖値を測定しましょう。
この二つのデータで、HOMA-βとHOMA-Rが計算できます。
なお、カフェインが血糖値を上げることがあり得るので、
朝の水分補給は、お茶もなしで、水だけとしましょう。

あとは、、美味しく楽しく糖質制限食を実践して、
末長く健康ライフを目指しましょう。
なお、糖質制限食実践でAGEsの蓄積も最小限で済むので
将来の<糖化→老化>がかなり予防できると思います。

AGEs
に関しては、以下の本ブログ記事をご参照頂けば幸いです。
[ 高血糖の記憶(消えない借金)と糖質制限食。
2019年10月20日 (日)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-5043.html ]



【HOMA-β】
HOMA-βは内因性インスリン分泌機能を推定する指数です。
HOMA-βは、空腹時血糖値と空腹時インスリン値で計算するのですが、
経口血糖負荷試験(OGTT)時の2時間値のインスリン分泌量と、
よく相関することがわかっています。
homeostatic model assessment beta cell function
→略してHOMA-β

という式で計算します。
空腹時血糖値130mg/dl以下なら信頼度が高いです。
正常値:40-60

【HOMA-R】

HOMA-Rとはインスリン抵抗指数のことです。

という式で計算します。
homeostasis model assessment insulin resistance
→略して HOMA-R
HOMA-Rが大きいほど、インスリン抵抗性が強いと考えられます。
1.6以下が正常で、2.5以上は抵抗性があると考えられます。
空腹時血糖値140mg/dl以下なら信頼度が高いです。



江部康二
コメント
病院食で血糖値が上がるので心配
お世話になります。
男 68歳

3月に入院することになり病院食で心配しています。病院食は糖質制限しているからと希望が通るとも思えません。
糖尿病食になると考えています。

一時的には上がるかもしれませんが、その後退院して自宅では従来通りに糖質制限した食事になれば、時間はかかるけど元に戻るでしょうか。
2024/02/22(Thu) 19:08 | URL | 菊丸 | 【編集
カナダでa1c 6.5が出て糖尿病診断されました
江部先生
初めまして。一年半前から家族の転勤でカナダに在住です。
食生活の変化と、冬の天候が厳しく運動不足のせいか、カナダに来て4ヶ月頃の2022年12月に受けた血液検査でa1c が6.2、空腹時血糖値が6.1と出て、突然糖尿病予備軍になりました。
カロリー制限をした食事制限などをしましたが、効果が上がらず、ネットで調べて、江部先生の、内臓脂肪がストンと落ちる食事術、をKindleで購入し、1ヶ月実行したところ、昨年10月にはa1cが5.9、空腹時血糖値が5.4となり、ホッとしました。油断して2024年のお正月にかけてチョコレートクロワッサンやメープルシロップクッキーなどを食べていたら、今月2月の血液検査でa1c6.5、が出ました。空腹時血糖値は前回と同じく5.4でした。専門医に診てもらうと、最近は糖尿病の診断基準が変化しているので、これだけでは糖尿病とは診断出来ないし、一度糖質制限をして成果が出たのだから、もう一度それで結果が出るか試してみたらどうか、と言われました。その後ファミリードクターの診察で、a1c6.5は糖尿病ですとあっさり診断され、驚愕しました。
2人の見解が違うことや、カナダでは医療へのアクセスがとても悪いこともあり、近々日本に行って病院で診てもらう予定です。今回の血液検査が出てから、江部先生の本を読みなおし、スーパー糖質制限を実行して、ひと月で体重は身長159センチ62キロから、57キロに落ちました。それ以降はまだ血液検査は受けていません。52歳、女性です。
日本に行ったら、病院でカナダでの事情を話し、空腹時血糖値とa1cの再検査をお願いし、スーパー糖質制限食の結果を出し、無事糖尿病ではまだないです、という診断を得たいと考えています。
今後一生スーパー糖質制限食で過ごして行く覚悟は出来ましたし、糖質さえ制限していれば結構好きに食べられるので思ったより辛くないです。
弱虫かも知れませんが、もし今糖尿病と診断されたら、とてもショックなので他の種類の血糖値検査など深掘りはしないで、検査は空腹時血糖値とa1cの再検査のみお願いしようと考えていますが、この考えは間違っているでしょうか。
カナダのファミリードクターの診断に従って行くと、どんどん糖尿病として投薬などの治療が始まりそうな勢いでとても不安です。
アドバイスをいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。
2024/02/26(Mon) 17:22 | URL | やまね | 【編集
Re: カナダでa1c 6.5が出て糖尿病診断されました
やまね さん

スーパー糖質制限食を続ける限り、糖尿病の発症はありません。
日本糖尿病学会の糖尿病の診断基準とか、より詳しい話は
明日の記事にしたいと思います。
2024/02/27(Tue) 15:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
安心して日本で診察受けます
江部先生

返信をいただきありがとうございました。
明日日本へ一時帰国の途につきますが、先生の言葉で希望が出て来ました。
明日の記事を楽しみに致します。
2024/02/28(Wed) 06:37 | URL | やまね | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可