FC2ブログ
食後高血糖(IGT)と合併症、HbA1c
おはようございます。今朝はちょっぴり寒いです。

家の中で11度、外気で3度でした。我が家は暖房が効きにくく、家の中でコートを着ることもあるのです。 (*_*)

さて今回は、かずよさんから、HbA1cと食後高血糖(IGT)について、コメント・質問をいただきました。

『HbA1cについて

先日コメントした、かずよです。
金曜の結果で2型糖尿病と診断され、「甘いお菓子類を止めて、一ヶ月後に、食後1時間の血糖値をはかりましょう。」とだけ言われました。
その時に、HbA1cの数値をたずねたところ、異常がなかったので詳しく調べていないとの返答。最初の検査報告書を見てもそのような項目はありませんでした。糖尿病と診断されても、HbAIcに異常がないというのはどういうことですか。まだまだ糖尿病について分からないことばかりで、的外れな質問だったらすみません。
そして、もうひとつ質問なのですが、食べ過ぎたりすると、すぐにむくみが現われます。食後高血糖糖尿病の状態で腎臓に影響が出てる可能性もあるのでしょうか。糖質制限食を頑張って続けるためにも、 一度、先生に診ていただきたいのですが、仕事のスケジュールと診察日の関係で3月一杯は無理ということが、今日わかり、ちょっとショック!です。
ちなみに、身長158cm、体重は51キロです。内臓脂肪、皮下脂肪ともに少ないと言われました。
2008/12/20(土)』


かずよさん。コメントありがとうございます。

①空腹時血糖値が126mg/dl、
②随時血糖値が200mg/dl、
③75g経口ブドウ糖負荷試験で2時間値が200mg/dl
以上が糖尿病型です。

糖尿病型が異なる日に2回以上確認できたら糖尿病と診断します。

従って、HbA1cが5.8%ていどで基準値(4.3~5.8)内でも、糖尿病のことはありえます。
HbA1cは糖尿病が診断された後のコントロールの指標と考えた方がいいでしょう。
HbA1cは過去1~2ヶ月の平均血糖値を示します。

糖尿病の診断については、2008/12/15(月)のブログ「 糖尿病早期発見のために 続き」もご参照くださいね。

次に食後高血糖(IGT:Impaired Glucose Tolerance)**について考えてみましょう。

糖尿病の人における最大の問題は血管の障害です。

糖尿病の合併症というと、これまで細小血管障害がベースの糖尿病腎症や網膜症、神経障害などが注目されてきました。

しかし最近は、大血管障害、つまり心筋梗塞や狭心症、脳卒中などにも、糖尿病による食後の高血糖が大きく関与することがわかってきました。

このように糖尿病になると、大血管症障害が非常に早く進行し、それが健康寿命を短くしています。しかも大血管障害は、食後高血糖(糖尿病予備群)の段階から始まっているので、注意が必要なのです。

75g経口ブドウ糖負荷試験で、2時間後血糖値が140~199mg/dlの段階は、まだ糖尿病ではないので、糖尿病予備軍と分類されていますが、実はこの段階からすでに大血管障害が発症し始めていることが、世界各地の疫学的研究で明らかになってきました。

簡易に調べるなら、糖質摂取後2時間血糖値を測定して、140mg/dl以下なら大丈夫で、140mg~199mg/dlなら食後高血糖(糖尿病予備群)、200mg/dl以上なら糖尿病です。

従いまして、食後高血糖(IGT)は、細小血管障害がベースの糖尿病腎症などのリスクとしては少ないですが、大血管障害がベースの心筋梗塞や脳梗塞のリスクになります。

食後高血糖(糖尿病予備軍)の段階から糖質制限食でコントロールしていけば、大血管合併症も将来の糖尿病発症も予防できますよ。 (^_^)

**
食後高血糖(IGT:Impaired Glucose Tolerance):
75g経口ブドウ糖負荷試験で、負荷後2時間血糖値140mgl~199mg/dlの人をいう。


江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ありがとうございました。
丁寧な ご回答ありがとうございました。
お陰様でモチベーションアップです。
クリスマスも、お正月も乗り越えれます!
2008/12/24(Wed) 15:07 | URL | かずよ | 【編集
はじめまして
いつも先生のサイトにお邪魔して勉強させて頂いています。

というのは、現在妊娠中(33週)で28週の時点で妊娠糖尿病と診断され食事療法と運動療法をしています。
目標値は食後2時間で7.0mmol (海外在住なので単位がmmolです。144mg/dlぐらいでしょうか)と言われ、だいたい目標を達成出来ていますが週に一回ぐらい少しですが越えてしまうときがあります。

今回教えて欲しいことがあってコメントさせて頂いているのですが、食後2時間血糖値の目標が120とか140とか聞きますが、これは食後~2時間までの間にもそれ以上に上がらないことが望ましいと言うことでしょうか?
通常血糖値のピークは食後30分から1時間だと聞きましたが、2時間で120まで下がっても30分や1時間の時点ではもっと高かったことが予想されませんか?それは問題ないのでしょうか?

なぜそれが気になったかと言うと、先ほど娘とおやつにビスケットを一枚食べ、普段は完食はフルーツやプレーンクラッカーが多いので何気に血糖値が気になり測ってみると、ビスケットを食べてから30分後で142mg/dlありました。

このまま2時間まで待てば間違いなく下がってると思うのですが、この30分後の高めの血糖値に問題はないのか、これでは食後2時間の120という目標値を上回っていることになるのかとふと気になってきました。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただければ幸いです。

宜しくお願いします。

2008/12/24(Wed) 17:03 | URL | かな | 【編集
妊娠糖尿病
かなさん。

日本では
妊娠中は、HbA1c5.8%以下が目標です。
血糖値の目安としては、妊娠中、
食前血糖100mg/dL 以下、
食後2時間血糖100mg/dL 以下が目標です。

妊娠中は目標設定がとても厳しくなっていますね。

いずれにせよ、食後血糖値のピークは30~60分が多いので、食後2時間値よりは高値となるでしょう。
これは織り込み済みということでの目標値の設定だと思います。

フルーツやビスケットは糖質が多いので血糖値が上昇しやすいです。
可能なら糖質制限食で目標達成してくださいね。
2008/12/25(Thu) 17:23 | URL | 江部康二 | 【編集
早速のご回答ありがとうございます。
詳しいご回答感謝します。
今後ビスケットやフルーツは出来るだけ控えようと思います。

追加で二つだけ聞かせてください。

1)食後30~60分では高値になっているだろうとのことですが、ピーク時の値をいくつぐらいに抑えるのが望ましいのでしょうか?

2)現在の主治医から言われている目標値は2時間で7.0mmol(122mg/dLぐらい)ですが、一人目妊娠時(3年半前に日本で)は糖尿病専門医より妊娠糖尿病では食後2時間値を150mg/dLもしくは90分で160mg/dLと言われました。
江部先生の話やインターネットで見ていると現在は100mg以下と言われているようですね。この3年半の間で目標値がこんなに大きく変わったのはなぜでしょうか?150という目標値では産まれてくる赤ちゃんに異常が起こる場合が多かったのでしょうか?

2度目の質問で恐縮ですがよろしくお願いします。
2008/12/26(Fri) 15:39 | URL | かな | 【編集
妊娠と血糖値
かなさん。

各施設で目標値が異なるようです。
目標が厳しくなったのは安全率を大きくみてのことと
思います。

東京女子医科大学糖尿病センターの佐中眞由実先生によれば
現在、世界的に推奨されている血糖コントロール許容値は食前血糖値100mg/dL未満、食後1時間血糖値140mg/dL未満、食後2時間血糖値120mg/dL未満です。
2008/12/26(Fri) 17:07 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございました。
2度目のご回答、ありがとうございました。
よくわかりました。

ピーク時でも140を越えないことを目標にがんばっていきたいと思います。

本当にありがとうございました。
2008/12/28(Sun) 13:43 | URL | かな | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック