fc2ブログ
糖質量と血糖値の変動について
こんにちは。
以前、西村典彦さんから、
摂取糖質量と血糖値の変動について、コメント・質問を頂いたことがあります。
ありがとうございます。
西村さんの場合は、朝昼夜でかなりの違いがあり、日によっても違いがあるそうです。

いつも私がブログで言っている
『1gの糖質が、2型糖尿人において約3mg血糖値を上げる』
というのは、体重が64kgくらいの人のお話です。
また3mgというのは、かなりアバウトな話で、個人差があります。
体重が40kgくらいだと、<3mg × 64kg/40kg>で、4.8mg上げる計算です。

個人差があるので、体重50kgくらいの2型糖尿人で
1gの糖質が7~8mgくらい血糖を上げた人もいますが、まれです。

おそらく8~9割の人は、
『1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿人において約3mg血糖値を上げる』
といった範疇で大きな誤差はないと思います。

『1gの糖質が、体重64kgの1型糖尿人において約5mg血糖値を上げる』
『1gの糖質が、体重32kgの1型糖尿人において約10mg血糖値を上げる』

というのも、多くの場合、そんなに誤差はないと思います。


次に朝食・昼食・夕食における
糖質量と血糖値の変動ですが、
一般には、朝食が一番上昇しやすいです。
一日のうちで、最初の食事において、同じ糖質量でも
血糖値が上昇しやすい傾向があると言えます。

多くの人は、朝食が一番上昇しやすいと思いますが、
私は、朝・昼・夕とあまり差はありません。

また、同じ糖質量の『バターライス』と『白米』では
血糖上昇速度は、白米が大分速いです。
つまり、食後血糖値は白米のほうが「高く急な山のグラフ」になり、
バターライスのほうが「緩やかな山のグラフ」となります。
急な山のほうが、活性酸素の発生が多くなり、酸化ストレスのリスクとなります。
最終的に吸収される糖質量は一緒なので、グラフ下の面積は同一です。


また、体調によっても食後血糖値上昇にはバラツキが出る場合もあると思います。
寝不足や心理的不安定があると食後血糖値にも影響があると思います。

まあ、それやこれやで、
食後血糖値にもいろんな要素が影響を与えると思います。


江部康二
コメント
先生お久しぶりです
さて今日のニュースである論文が記事になっておりました
秀吉の鳥取城兵糧攻めの後
大量の粥を食べた農民にリフィーデング症候群が出て
大量の突然死が起こった史実上の初めての事例であることが確認されたとのことです

リフィーデング初めて聞きましたが糖質制限に関係しているため興味深く読みました

こむら返りはミネラル不足が原因とのことですが
なぜ運動量が多い日に発生するのかとかが分かってきたような気がします

少々食べすぎたりして深夜に軽いリフィーデング症候群が起こっているのがもしれませんね
2023/11/24(Fri) 20:17 | URL | プーさん | 【編集
Re: タイトルなし
プーさん

貴重な情報をコメント頂き、ありがとうございます。
リフィーデング症候群、浅学にして知りませんでした。
とても参考になりました。
2023/11/25(Sat) 06:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
早朝空腹時血糖値についての再度の質問です。
前回のご回答で、季節要因により早朝空腹時血糖値が高くなるということでした。なるほど、そういうこともあるのかと了解したのですが、ともかく薬(スーグラ50mg)を飲んでも、早朝6時の値は110mg~程度となり100mg未満にはならない状態が続いています。

正常人の妻は、夕食に糖質を少し摂っても早朝血糖値は80mg台です。正常人はそうなのかと感心している次第ですが、糖尿人の私は、早朝血糖値110mg程度なら許容するほかないのか、それとも100mg未満にする方法は何かあるものでしょうか。
2023/11/26(Sun) 07:10 | URL | 倉田 | 【編集
Re: 早朝空腹時血糖値についての再度の質問です。
倉田 さん

糖尿人は、暁現象があるので、早朝空腹時血糖値が下がりにくいです。
有酸素運動で、下がる可能性があります。
例えば<インターバル速歩>が良いと思います。

以下のブログ記事をご参照頂ければ幸いです。
「2千歩でも速歩でも効果 ウォーキングの研究」。インターバル速歩がより簡単。2022年11月16日 (水)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-6133.html
2023/11/26(Sun) 09:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可