FC2ブログ
糖尿病と発癌のリスク
おはようございます。

今回も糖尿病と癌のお話しです。

糖尿病と発癌のリスク」という質問に、九州大学大学院医学研究院環境医学教授 池田文恵先生、清原裕先生が日本医事新報*にて回答しておられます。

以下その要約です。

「近年の疫学・臨床・基礎研究により、糖尿病と悪性腫瘍との間に密接な関連が存在することが明らかにされつつある。

糖尿病と全悪性腫瘍発症の関係について、2つの大規模な報告がある。

A) 韓国のJee等は空腹時血糖値140mg/dl以上で、男女とも悪性腫瘍の発症リスクが有意に上昇すると報告。(2005年)

B) 米国のNHANES I(全米栄養健康調査1)からの報告でも男性の糖尿病患者群で悪性腫瘍発症のリスクが有意に高かったと報告。(1995年)

その他欧米の研究報告によると、糖尿病により発症率が有意に上昇するとされる悪性腫瘍には、膵臓癌、大腸癌、肝臓癌、前立腺癌、乳癌、子宮内膜癌がある。

胃癌については、久山町研究において、空腹時血糖値と胃癌発症の間に正の関係があると報告。(2005年)肺癌と糖尿病との関係では報告はない。これは肺癌に及ぼす喫煙の影響が強いためと考えられる。」

「糖尿病が発癌のリスクを上昇させる機序は明確にされていないが、いくつかの可能性が考えられる。まず<高血糖に伴うDNA傷害><インスリン抵抗性高インスリン血症>などが考えられる。

高血糖に伴う反応により活性酸素が発生し組織への酸化ストレスが亢進しDNA障害が生じる。また高血糖自体もDNA障害を引き起こす。DNA障害が発癌要因となる。

インスリン抵抗性高インスリン血症による発癌の機序は、インスリンが各種組織の成長因子であることが関わる。動物実験では、高インスリン血症が、各種癌細胞の形成や増殖に関与するとの報告がある。

その他として、糖尿病に密接に関係する肥満による機序が考えられている。近年の基礎研究によれば脂肪組織から分泌される、レプチン、アディポネクチン、TNF-α、インターロイキン-6、肝細胞増殖因子といった様々なサイトカインが注目されている。

これらが抗アポトーシス作用、細胞増殖作用、血管新生作用などを有することから、癌細胞の発育促進に関与する可能性が示唆されている。」

このように糖尿病は、確実に癌発生のリスクとなることがあきらかとなってきています。

その機序を大別すると以下の3つに集約されます。
①高血糖のリスク
高インスリン血症のリスク
③肥満のリスク

①②③の全てが、糖質制限食でコントロール可能です。

インスリン注射やSU剤は糖尿病治療に必要不可欠のものですがそれだけに頼っていては②③はクリアできません。

リスク軽減のためにも、現在インスリン注射やSU剤で治療しておられる糖尿人の皆さん、主治医ともよく相談されて、糖質制限食で薬の量を減量することを目指して下さいね。 (^_^)


*日本医事新報 No.4303(2006年10月14日) 91-92ページ

江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
インスリン抵抗性が改善しました
先生、お久しぶりです。
10月6日にブログ上で取り上げていただきました、カーボバスターです。
先生のコメントを励みに、さらに糖質制限食を継続したところ、
インスリン抵抗性が改善しましたので、ご報告いたします。

【2008.10】
体重72kg、体脂肪20%、腹囲89cm、
空腹時血糖93mg/dl、 空腹時インスリン 12.8μU/ml、HbA1c 4.8%
【2008.12】
体重66kg、体脂肪15%、腹囲78cm、
空腹時血糖90mg/dl、 空腹時インスリン 6.16μU/ml、HbA1c 4.6%
HOMA-R:2.94⇒1.37

ネット上では、様々なサイトでインスリン抵抗性は改善されると書いてありますが、
具体的なデータや体験談もなく、不安な気持ちで前回質問しましたが、
先生の言葉どおり改善することができました。アドバイスありがとうございました。

ちなみに運動ですが、散歩もジョギングもまったく長続きせず、毎日4~5分程度の
筋トレのみでした。

2008/12/09(Tue) 13:54 | URL | カーボバスター | 【編集
教えて下さい
初めまして
突然のコメント、大変申し訳ございません。

私も家族もみんなが健康体で糖尿病についての知識が全くありません。

今回コメントをさせて頂いたのは、先月入社しました会社の社長が糖尿病に高血圧。それに痛風などなど色々な病気を持ってます。最近は目がカスミ、足の小指に壊死した部分がありましたので病院でえぐり出しました。
インスリン(?)は打たなくてはいけない状況らしいのですが、家にも帰らず会社に毎晩泊まりワガママやり放題。凄い量の薬を毎回頂いて来るのですが薬を飲むと安心するのか何でも食べてしまう。
それでいて数時間後には立てない上に目も見えずらくなり気分が悪い。寒い。足がおかしいと訴えてきます。

糖尿病の皆様は自業自得だと思われますが、社長には母子家庭になり本当に苦しい所を助けて頂いた恩があるので少しでも助けてあげたいのです。
横になって苦しいと唸っている社長に何をしてよいか、どうすれば少しでも苦痛が和らぐのかまったくわかりません。

患者本人の気持ちが変わらなければ私が何をしても無駄と言う事は分かってます。
自分勝手なお願い事ですが、知識のない人が苦痛を伴う方にしてあげれる事を教えて頂けないでしょうか。
2008/12/09(Tue) 22:54 | URL | ぽんず娘 | 【編集
No title
こんにちは

ブログ内容にそぐわない書き込みをお許し下さい。

「国籍改正法案」というものを知っていますか?
最近やっとテレビ報道で流していたので、知っている方もいるかも知れません。

日本人男性と外国人女性との間に生まれた子供に、「男性の認知だけ」で
日本国籍を取得させるというものです。

本来は日本人の血が流れていながら、恵まれない状況におかれた子供を助けるために
作られた法案です。
「日本人になる」ことにより「生活補助」などが受けられ生活することが出来るのです。

しかし「男性の認知だけ」で日本国籍が得られる、ということは
「男性の言ったもん勝ち」になります。
一般の人は「他人の子供を認知」することはないでしょうが、
日本国籍を取りたい外国人は沢山います。

なので、日本国籍を売る業者が出来ます。(日本のパスポートは人気があり、実際に高値で取引されています)
彼らは低所得者(浮浪者とか)に金銭を渡し、完全なる外国人の子供を「認知」させます。
これで「(「日本人の血は全く入っていない)日本人」が出来上がります。

あなたの街の人口はどうくらいですか?
気づくと、半数以上が「外国人」になってるかも知れません。
彼らは「日本人」ですから、選挙も出来るし、政治家にもなれます。
その「街」では、日本人である「あなた」は少数になり、彼ら「外国人」に有利な
制度、条例、優遇措置が作ることも可能です。

「そんなオーバーな」と思いますか?
なってからでは遅いんですよ。
ヨーロッパでは似た感じで、すでに混乱している国もあります。

http://www19.atwiki.jp/kokuseki/
http://www35.atwiki.jp/kolia/

ブログ主さま、削除してもらっても構いません。
読んで頂いてありがとうございます
2008/12/10(Wed) 00:30 | URL | 柿の種 | 【編集
糖尿病治療
ぽんず娘さん。

社長さん、足の指が壊死に陥っているのなら、糖尿病合併症がかなり進行した状態です。

糖尿病網膜症も合併している可能性が高いです。

かなり重症の糖尿病です。
主治医にも説明されてると思いますが、入院してインスリン治療導入が最良の選択肢と考えられます。
2008/12/10(Wed) 07:38 | URL | 江部康二 | 【編集
シークヮーサーと血糖値
雑誌で華道家の仮屋崎 省吾氏がシークワーサーで血糖値が半減したと書いてあり、そうゆう論文もあるようですが、果糖を多量に含んだ果物で血糖値が下がるか懐疑的です、江部先生はどう思われますか?
2008/12/10(Wed) 11:34 | URL | 高橋雄三 | 【編集
糖質制限とガン
お忙しい中、日々、貴重な情報を発信していらっしゃる先生のブログで勉強させていただいております。糖質制限食の効用は生活習慣病にはほぼ万能と確信しておりますが、この度、母(56)が、MRI所見と腫瘍マーカーのCA-125が136と高値を示したことから卵巣ガンを強く疑われています。恐らく、手術+TPかTJ療法辺りになるかと思われます。ここで、糖質制限はガン予防にも非常に良いようですが、ガン治療や再発予防にも有効なのでしょうか?お忙しいところ恐縮ですが、先生のご意見を伺いたく投稿いたします。お手隙の時にでもご回答いただけると嬉しいです。
2009/05/13(Wed) 00:26 | URL | TG | 【編集
ガンと糖質制限食
TGさん。

PETで陽性にでるガンは、
ブドウ糖を正常細胞の数倍たくさん取り込んで大きくなります。

このタイプのガンに関しては、糖質を普通に摂取するのに比べたら、糖質制限食により兵糧攻めになると思います。
従って進行を遅らせる効果は期待できると思います。

一方糖質制限食でガンが治るまでは無理と思います。
2009/05/13(Wed) 07:26 | URL | 江部康二 | 【編集
ご回答ありがとうございました。早速母にも実践してもらいます。母は米飯やパン食が日常化しているのでなかなか説得が大変な気もしますが頑張ります。
2009/05/13(Wed) 17:48 | URL | TG | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック