FC2ブログ
合併症と糖尿病専門医の説明。Q&A
朝一番で博多から帰ってきて、テニスに駆けつけた江部康二です。

博多は意外に涼しかったです。講演でやむを得ず背広にネクタイ(滅多にしめないです)でしたから、汗だく覚悟でしたのでとても助かりました。

福岡医師漢方研究会で 糖質制限食のお話のあとの二次会では、北京原人やネアンデルタール人、縄文人に弥生人・・・日本人はどこから来たのか?などのトリビア?な話題で盛り上がりました。

最後は白土三平の忍者武芸帳やカムイ伝、カムイ外伝、つげ義春の無能の人、ねじ式、大友克浩のAKIRA、手塚治虫の火の鳥・・・「ガロ」や「COM」など漫画の話でわいわい言ってる内に店が看板になってしまいました。

さて権現森さん、コメントありがとうございます。
「はじめまして。いつも先生のブログを読み、勉強させて頂いております。
先生のブログで、今までかかっていた医者から説明されたこともないような事実を知り、驚きを感じるとともに、今まで私が受けてきた治療はなんだったのかと怒りが込み上げてきます。
特に、血糖値を上げるのは炭水化物だけ、糖尿人はGIが低くても血糖値が上がってしまう、血糖値が上がることにより血管が傷害されて合併症につながるなど、今までかかってきた病院の医者(地域ではみんな知っている大病院です)からは聞いたことありませんでした。
これからも、今まで知らされてこなかった糖尿病の真実を、われわれ糖尿人に教えて頂けると嬉しく思います。
それと、不躾なお願いですが、私のかかっている医者から、合併症についての話をほとんど聞いたことがありません。
もし宜しければ、合併症について詳しく書いて頂くわけにはいかないでしょうか。お忙しい中、甚だ恐縮ですが、宜しくお願い致します。」

権現森さんが現在通院中の大病院のお医者さん(おそらくは糖尿病専門医)が、血糖値を上げるのは炭水化物だけ、糖尿人はGIが低くても血糖値が上がってしまう、血糖値が上がることにより血管が傷害されて合併症につながる・・・」などを説明してくれなかったとのことですが、一つには、人口1000人あたりの医師数が2人と先進国中最低レベル(OECD平均が3.1人)の医師不足状態で、一人一人の患者さんにゆっくり時間をかける余裕がない日本の現状があります。

もう一つは常識の壁です。「血糖値を上昇させるのは糖質で、タンパク質や脂質はほとんど上昇させない」(5.11ブログ参照してください)という生理学的事実は、糖尿病専門医なら勿論ご存知だと思いますが、日本では戦後50年医学界の99%の常識として、「脂質が悪玉で糖質が善玉」と信じ込んでいて疑う人は皆無でした。

糖尿病食としてカロリー制限が最も重要で、「糖質60%、タンパク質20%、脂質20%」のバランス良い比率で摂取するのが常識として、戦後50年以上指導し続けてきたのです。

特に糖尿病専門医の先生方はどっぷりこの常識に浸っておられると思います。

私、江部康二は糖尿病学会には所属していますが、一介の内科医・漢方医で糖尿病専門医ではありません。それで自分が2002年に糖尿病と発覚した時、何とか薬に頼らずコントロールできないものかと徹底的に食事療法を研究し、常識を疑うことに抵抗はありませんでした。

糖質制限食が当分糖尿病学会で受け入れられそうにないのも、この常識の壁のせいです。

権現森さん、すいません。何やら紙面がいっぱいになってきて、また合併症の話が次回になってしまいました。

**お知らせ
『糖質制限食通信 新縄文クック』創刊!!
明るく気楽に糖質制限食をはじめるために。

糖質制限食普及センター東京事務所より、江部康二の愉快なコラムや、糖質制限食に
ついてのミニコラムなどを満載した 『糖質制限食通信 新縄文クック』を創刊しま
した。購読ご希望の方は、封書で80円切手をお送りいただければ無料で進呈します。
ご連絡お待ちしています。

アトピー・ネットワーク・リボーン
糖質制限食普及センター東京事務所 曽我部ゆかり
〒165-0026
東京都中野区新井4-4-2フラワーレヂデンス4B
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ありがとうございます
権現森です。
江部先生、お忙しい中、しかもご講演から戻られてお疲れのところ、私のコメントに対してブログを書いて頂き、本当にありがとうございます。また、不躾なお願いに快くお答え下さり、合併症の事を書いて下さるとのことで、なんとお礼を申し上げればよいのかわかりません。合併症のお話、楽しみにしております。
江部先生、お身体御自愛下さりこれからも我々糖尿人の光でいて下さい。
それでは、失礼致します。
2007/05/21(Mon) 00:42 | URL | 権現森 | 【編集
はじめまして
いつも楽しく読ませて頂いております。私、YoYoと申します。
私も権現森さんと同じく、主治医からの説明はまったくありませんでした。主治医はもちろん糖尿病専門医です。
他の方のブログに先生の書かれた「主食を抜けば糖尿病は良くなる」が紹介されており、その中に糖質制限はヨーロッパでは当たり前だ、我々患者は糖質制限食で自らを守ろうと書かれておりました。先生のブログを読めば読むほど、なるほどと実感致します。
江部先生の推奨される糖質制限食が、日本の糖尿病治療の常識となる日を心待ちにしております。
2007/05/21(Mon) 17:01 | URL | YoYo | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック