FC2ブログ
糖尿病と血糖値とうつ病
こんばんは。朝から雨がしとしと降り続いている京都です。

明日の朝は、氷点下1度と、見ただけで凍えそうな天気予報が、ヤフーに書いてありました。
高雄病院は山あいにあるので、凍結が心配ですね。

さて、今回はもりもりさんから、「糖尿病血糖値うつ病」についてコメント・質問をいただきました。


血糖値糖尿病とストレスやうつ病などの精神的疾患との関係について
 江部先生、はじめまして。
 私は30才男性、糖尿病歴約1年半のもりもりと申します。
 私は約2年前に仕事と人間関係のストレスから「うつ病」を発病。短期の休職を経て復職したのですが、ストレスと抗うつ剤の副作用から過食に走り、体調悪化→「糖尿病」と診断されました。
 当時の血糖値は約300、HbA1Cは8と記憶しています。その後アマリールを1錠/日処方され、血糖値は下がっていきましたが、今年の春頃に精神的に不安定となり、3回目の休職→そのまま退職に至りました。
 それに合わせて血糖値も悪化。7月には血糖値約450、HbA1C12までに陥りました。薬もアマリール2錠/日、メルビン2錠/日に変更になりました。
 自分でも「これはまずい」と思い、自分で血糖値を測定する機器を購入したり、いろいろな食事療法・運動療法を試しました。
 その中で8月頃に先生と糖質制限食のこと知り、本を購入させて頂きました。
 最初は半信半疑だったのですが、糖質制限食を実行してみると、その効果にとても驚きました。
 HbA1Cの値を記すと、
  7月=12
  8月=10
  9月= 8
  11月= 6.2
と目標の5.8まであと一歩のところまできました。薬も主治医にお願いしてアマリールを1錠/日に減らしてもらいした。これも全て江部先生のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。
 主治医には「炭水化物をなるべく食べないようにしている」とだけ伝えています。主治医もこのHbA1Cの改善については驚きというか疑問(?)を持っているようでした。また、旧態依然の栄養指導しかしない栄養士の指導は、右から左へ受け流しています。
 私は子供の頃から太っていて、お菓子類が大好きだったのですが、最近では自分で血糖値をコントロールする方法が大分わかってきたので、ピーナッツやチーズなど糖質の少ないものを食べたり、シュークリームなど糖質の多いものを食べたときには、それを続けて食べないようにして、血糖値を高止まりさせないようにしています。
 今は無職(転職活動中)であまり動いていないので、体重はあまり減ってないのですが、少し動くとすぐに体重が減るようになりました。
 最後に質問なのですが、血糖値や糖尿病とストレスやうつ病などの精神的疾患との関係について、先生のご意見を頂ければと思っています。
 お時間のあるときで構いませんので、よろしくお願いします。
by もりもり 2008/11/30 02:30』


もりもりさん。コメント、本のご購入ありがとうございました。

また糖質制限食で、「HbA1c12→10→8→6.2%」と見事な改善、おめでとうございます。(^-^)v(^-^)v

お薬も減量成功で良かったですね。このままいけば、アマリールも中止できるかもしれません。主治医殿とよくご相談くださいね。

従来の糖尿病の治療は、厳格なカロリー制限の食事療法、お酒は飲んではだめ、運動療法、内服薬、インスリン注射・・・

複雑で時間がかかり、制限と苦痛を伴う治療を長期間続けなくてはならないのですから、糖尿人は結構大変です。

しかも、カロリー制限の食事療法を続けている限りは、HbA1c6.5%未満のコントロール良好な糖尿人は、インスリンを打っても薬を飲んでも、運動をしても、統計的には30%弱しかいないのです。

つまり、現状では、大多数の糖尿人はコントロール不良で、医師や栄養士から無言の非難を浴びてる感じだし、自分でも言われたとおりにちゃんと食事も運動もしているのに「なぜだー!」という心境でしょう。(*_*)

こうなると投げやりになったり、うつっぽくなっても不思議ではありませんね。

実際、糖尿病とうつ病ですが、Diabetes Care という米国の医学雑誌に『糖尿病患者はうつ病になるリスクが2倍も高い』という論文がのったことがあります。

つまり、糖尿人はうつになりやすいようですし、また厄介なことに、うつがあると糖尿病も悪化しやすいという側面もあります。

うつがあると運動不足、肥満などが出現しやすく、インスリン抵抗性が増します。また、うつにより治療へのコンプライアンスの悪さもでてきます。これらにより糖尿病が悪化するのです。

逆に言えば、うつ病の治療をきっちりすることで、糖尿病が改善することもあるということですね。

ここまで糖尿人にとってやや暗いお話でしたが、救いはありますよ。

高雄病院お奨めの糖質制限食だと、カロリー計算は要らないし、お酒も飲めるし、お肉もお魚も食べ放題・・・運動も別にしなくてもOK・・・。カロリー制限の糖尿病食に比べれば、面倒くささや制約が、ほとんどありません。

唯一、糖質さえ制限すれば、あとは自由ですので、長期に渡って実践でき、苦痛は少なく、心理的にはずいぶん楽ですね。

ブログに関してはまめですが、生活面ではかなり面倒くさがりの私でも、ごく気楽に実践できてます。(^ 0 ^)

ちなみにどれくらい面倒くさがりかというと、愛車は新車で買って以来、一回も洗車したことも、車内を掃除機で掃除したこともありません。(-_-;)

スーパー糖質制限食がベースで、たまに少量の果物、ごくまれに少量の主食を摂取するパターンですが、つらさは全くありません。

ああ、そうそう糖質制限ドットコムのスイーツにはしっかり世話になってます。勿論、焼酎、赤ワイン、糖質ゼロ発泡酒は、適宜毎日飲んでますよ。( ̄ー ̄)

糖質制限食ならブドウ糖スパイクは生じず、代謝が安定しますし、お魚をたくさん食べればEPAやDHAも豊富に摂取されるので脳にやさしく、心理面でもプラスに働きます。

糖質を摂取すればブドウ糖スパイクを生じます。この血糖値の上下動が大きいほど心理面でも不安定になりやすいのです。糖尿人の皆さん、是非とも美味しく楽しく 糖質制限食を実践してくださいね。

**
グルコーススパイクブドウ糖スパイク
近年の糖尿病関係の話題として、『空腹時血糖値と食後高血糖値の差(ブドウ糖スパイク)が大きいほど、リアルタイムに大血管の内皮が傷害されて動脈硬化になりやすく、将来心筋梗塞の危険性が高まる』という説が有力となっています。

糖尿病の人は、当然、ブドウ糖スパイクが大きいわけです。例えば、空腹時血糖値が100~120mgとかでも、糖尿人が糖質を摂取すると血糖値は200、300mgとなってしまいます。(脂質やタンパク質を食べても、ブドウ糖スパイクは起こりません。)

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
No title
こんばんは

早速に高麗人参の件、ありがとうございました。

実は、島根県の大根島でとれる人参を試しに、飲む月と飲まない月を1ヶ月ごとにやってみました。
すると、飲むと血糖値はやや上昇するのですが、A1Cは0.2くらい下がるのです。カロリー制限食でです。

まあ今は糖質制限なので人参に頼る必要もないのですが… でも、人参を飲むとぐっすり寝れるのですよね(笑)

しょうもないコメントですみません

体重は、いったりきたりで1~2キロ増です。

ところで、時間的にゆとりができたらママさんバレーを再開したいと思っているのですが、糖尿人として気をつけることがあるでしょうか。結構ハードで、夏には、2時間ほど練習すると、シャツは絞れるほど汗をかきます。
今のところ、仕事が忙しく当分行けそうにはありません。
お時間のあるときにまたお教えください。
2008/12/05(Fri) 21:25 | URL | 太りたいみい | 【編集
ありがとうございました
 江部先生、ブログに取り上げて頂きありがとうございましたっ。
 確かに先生のおっしゃる通り、うつ病の症状が悪化すると血糖値も悪くなるように感じます。やはり因果関係はあるんですね。
 幸いうつ病についても自分に効果的な薬を見つけることができたので、今は症状もなく落ち着いています。しかし転職活動や仕事を始めるとどうしてもストレスを受けることになるので、心身の管理に気をつけたいと思います。
 今は糖質制限食という強力な武器もあるし、血糖値も自分で測ることができる。よく思うのですが、血糖値の測定機器がⅠ型、Ⅱ型に関わらず保険対象(レンタルでも)になれば、糖尿病の患者も減ると思うし、トータル的な医療費も削減できるんじゃないかと思います。自分で治療の効果がわかれば意欲的になると思うし。糖質制限食も含め、そうした医療方針や制度も変わってくれればなぁ、と思っています。ホントはうつ病についてもそんな機器があればいいけど…
 何とかアマリールの中止を目指しますっ。ありがとうございました。寒い季節なので、体調にお気をつけください…
2008/12/06(Sat) 14:08 | URL | もりもり | 【編集
ママさんバレー
太りたいみいさん。

食後高血糖をほとんど生じず、
運動中の低血糖予防になるのは、
ナッツ類です。

少量の糖質が少し血糖値をあげます。タンパク質が中等量あり平均3時間で半分血糖値になるので、運動中の低血糖が防げます。

大量の汗をかいた時は、水分と少量の塩分補給が必要です。
ナッツにふりかけてある塩が丁度くらいでしょうか。
2008/12/06(Sat) 16:44 | URL | 江部康二 | 【編集
Re: こんな私でも・・・!
イム さん。

スーパー糖質制限食なら、アマリールも休薬できる可能性が高いです。
2012/06/17(Sun) 20:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
イム さん。

退院後は、薬なしのスーパー糖質制限食を実践されては如何でしょう。
それで血糖コントロール良好となる可能性が高いです。
2012/06/21(Thu) 18:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
二回目の糖質ダイエット
江部先生こんにちは。

私は以前、江部先生の本を買ってダイエットに挑戦。
2ヶ月で6キロ減量できました。
その時は、膝の手術を受け、全く運動が出来ず、膝への負担を減らすために江部先生の糖質制限にすがる形でした。

そして、その後はプチ糖質制限で体重もキープしていたのですが、3年前にうつ病を患い、抗うつ剤の副作用で1年で20キロの体重増加。

先生に太ったことがストレスになることを伝え、太る薬を変えてもらいました。

しかし、薬をかえ自然に5キロは減りましたが、それからは体重が落ちなくなりました。

身長160
体重71
血液検査では中性脂肪が229
HDL 43
LDL 213
甲状腺ホルモンFT4が0・68で少し低いが、気にしなくて良いとの事でした。
コレステロールが高いため、プラバスタチンを処方され飲んでいましたが、体中が浮腫み、尿が出にくくなり怖くなって止めました。

体調が悪くて、本当に辛く、もう一度、江部先生の本を引っ張り出してきて糖質制限に挑戦を始めました。

始めて3週間たちますが、体の浮腫等はなくなり見た目はスッキリしてきましたが、体重は全く減りません。

前はスルスル落ちた体重が、今回はだめです。

今は45歳、ホルモンバランスも崩れており、そういう影響もあるのでしょうか?

もう一度、健康で生き生きしてた自分に戻りたいです(;_;)

抗うつ剤を飲んでると痩せにくいとかあるのでしょうか?

今はサインバルタ朝3錠
寝る前にブロチゾラム0・25を2錠、フルニトラゼパム1㎎を2錠飲んでいます。

食事は朝は食べないか、食べてもヨーグルトに青汁粉末を入れてmtcオイルを大さじ1入れて食べる感じです。

昼と夜はサラダとサラダチキンか焼き鳥の皮を塩味で4本、豆腐、納豆、mtcオイル大さじ1って感じです。

体調はかなり良くなってきましたが、体重がどうにもこうにも減らないです。
何が悪いのでしょうか。

飲み物はハトムギ茶か麦茶かブラックこーひー、たまにコカ・コーラ0って感じです。


早く元に戻りたいです(;_;)
2017/08/08(Tue) 10:41 | URL | えるも | 【編集
Re: 二回目の糖質ダイエット
えるも さん

糖質制限で体調が良くなってよかったです。

確かに抗うつ剤内服で、体重が減りにくいことはあると思います。
体調がよいので、気長に続けて体重減少を待ちましょう。

2017/08/08(Tue) 12:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック