fc2ブログ
インスリンと脳。筋肉のインスリン抵抗性と脳のインスリン抵抗性。
こんにちは。
今回は、インスリンと脳について、考察してみます。
その前に、まずは、知識整理をしておきましょう。


糖尿病診療において、「インスリン抵抗性」が、問題となることがあります。
すなわち、糖尿病は<インスリン分泌不足+インスリン抵抗性>という
二つが合わさって、インスリン作用不足となり、発症するからです。
ここで言うインスリン抵抗性とは「筋肉のインスリン抵抗性」 のことです。

日常臨床で、例えば肥満などで「筋肉のインスリン抵抗性」があると、
インスリン作用を確保するために、
膵臓のβ細胞が大量のインスリンを分泌して辻褄を合わせます。
インスリンは肥満ホルモンなので、さらに肥満してしまい
インスリン抵抗性の悪循環となり、さらにインスリン分泌も増加します。

そうすると分泌された大量のインスリンに対して
インスリン分解酵素が、目一杯働く必要があります。
実はインスリン分解酵素は、
アミロイドβ蛋白というアルツハーマー病の元凶を分解する役目も有しています。

従って、インスリンが大量に分泌されている人は、
インスリン分解酵素が不足気味となるので
結果としてアミロイドβ蛋白が蓄積しやすく、
アルツハイマー病を発症しやすくなります。

有名な久山町の研究で、白米を沢山食べる人ほど、
アルツハイマー病になりやすいことが分かっていますが、
白米摂取でインスリンが多量に分泌されたためと思われます。

さらに、ロッテルダム研究により、
糖尿病でインスリン注射をしている高齢者は、
糖尿病でない高齢者に比して、
4.3倍アルツハイマー病になりやすいと報告されています。

つまり、過剰のインスリンが、体内で産生されようと
体外から注射で打たれようと、脳に良くないことは間違いないのです。


一方、適切な量のインスリンが分泌されなければ、人は生命を維持できません。
スーパー糖質制限食の場合は、
必要最小限の適切なインスリン分泌で健康を維持できます。

インスリンは膵臓のβ細胞で、製造・分泌されますが、
実は、脳の海馬でもインスリンが製造・分泌されていることが
近年の研究で明らかとなりました。(☆)

脳のインスリンは記憶力を高める作用があります。
膵臓で作られたインスリンも、脳の海馬で作用しますが、
インスリン抵抗性がなければ、少量のインスリンで十分なのです。

インスリンが脳内で適切に作用するには、情報伝達リレーが必要ですが、
糖尿病やアルツハイマー病の脳では、
このリレーが上手くいかなくて「脳のインスリン抵抗性」を生じやすいのです。

全身性の「筋肉のインスリン抵抗性」と脳局所の「脳のインスリン抵抗性」とは
異なるメカニズムで生じると考えられます。


(☆)アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2017年
   講談社 鬼頭昭三、新郷明子 著
   115ページ



コメント
30代で若年性アルツハイマー型認知症発症する
短命村は米のバカ喰いで、インスリン爆上げします。
30代で若年性アルツハイマー型認知症発症して当たり前。

・「透析行き忘れ」で死亡
・車のブレーキとアクセル踏み間違えて転落死

です。
25才で結婚して「母の飯卒業」した 私らこ は49才まで若年性アルツハイマー型認知症にならずに済みました。
「短命村家系」では発症遅い方かもwww
2022/05/10(Tue) 14:08 | URL | らこ | 【編集
よろしくお願いします。
いつもお世話になっています。糖尿の再発に気づき、スーパー糖質制限を開始して半年後の状態です。
江部先生は、それをどのように判断されるか教えて頂けないかと思い連絡させていただきました。
(治療を開始してより、メトグリコ500mgとスーグラ50mgを一日2回服用しています。)
2021年9月6日 空腹時血糖値 225、A1c 8.5 (ここから治療開始)
2021年12月9日 空腹時血糖値 190、A1c 6.8
2022年3月17日 空腹時血糖値 167、A1c 7.0
2022年5月10日 (午前1時就寝前にメトグリコ500mg)
早朝6時血糖値 121、9時血99、11時血糖値89
        (午前7時朝食はコーヒーとリンゴ)
       12時昼食2時間後血糖値 132 (食後メトグリコ、スーグラ服用)
3時~4時ウォーキング後血糖値70
        (あめ、コーヒー、リンゴ食後血糖値 104)
19時夕食後1時間 血糖値 153 (食後の薬の服用なし)
24時血糖値 123
2022年5月11日 午前4時血糖値 105、早朝6時血糖値115
この状態は、糖質制限を継続するだけで、薬を必要としない状態になってると
判断してよいでしょうか?
         
2022/05/11(Wed) 06:50 | URL | 倉田 | 【編集
Re: よろしくお願いします。
倉田 さん

2021年9月6日 空腹時血糖値 225、A1c 8.5 


メトグルコ(500)2錠 分×2 後
スーグラ(50)2錠 分× 後

内服開始。

2021年12月9日 空腹時血糖値 190、A1c 6.8
2022年3月17日 空腹時血糖値 167、A1c 7.0


2022年5月11日 午前4時血糖値 105、早朝6時血糖値115


二種類の薬を内服して、コントロール良好ですので、
薬を中止すると、血糖値が上昇すると思います。
2022/05/11(Wed) 13:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご回答ありかとうございました
私の現状からは、薬を中止すると、血糖値は上昇するとのご回答でしたが、
では、薬を中止できるかどうかは、どのように判断したらよいのでしょうか。
あるいは、以前のときには、糖質制限と薬で良好な状態が何か月か続いたら、一旦、薬を中止し様子を見て、それで上昇しなかったので、それ以後、薬を中止しましたが、それと同じようにすればよいでしょうか。
2022/05/12(Thu) 01:23 | URL | 倉田 | 【編集
Re: ご回答ありかとうございました
倉田 さん

以前そういう経験がおありなら、

メトグルコ(500)2錠 分×2 後
スーグラ(50)2錠 分× 後


まず、メトグルコを中止してみましょう。
それで経過良好なら、次にスーグラを中止してみましょう。

スーグラを中性して血糖値が上昇するようなら、再開しましょう。
2022/05/12(Thu) 07:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可