fc2ブログ
即効型インスリン分泌促進剤。グルファスト。スターシス。シュアポスト。
こんにちは。
本日は、即効型インスリン分泌促進剤の解説です。

グルファスト、スターシス、シュアポストは速効型インスリン分泌促進剤で、
グリニド系薬剤に分類されます。

約2時間くらい膵臓のβ細胞に働いてインスリン分泌を促します。

ごく短時間なのでβ細胞への負担は少ないです。

これに対してSU剤のアマリールやグリミクロンやオイグルコンは
約12~24時間β細胞に働くので、作用時間が長い分、
膵臓のβ細胞に負担をかけています。

グリニド系薬剤に関しては、
冠婚葬祭や旅行など、やむを得ず糖質を摂取せざるをえないようなとき
食直前30秒に内服しますが、このていどなら、
膵臓のβ細胞への負担は全く問題ありません。

私も、糖尿病患者さんに、
旅行中とか外食でやむを得ないときなどのために、
αGI薬やグリニド系薬剤を処方しています。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿人の血糖値を、約3mg血糖値を上昇させます。

グリニド系薬剤の効果には個人差があり、
1錠で20~60mgくらい血糖値を下げるとされています。

食後2時間血糖値180mg/dl未満を達成するには、
薬を飲んで、炊いたご飯一杯150gのところを、
100gくらい(2/3の量)に謙虚に食べるくらいが一般的です


グリニド系薬剤の中で、グルファストは食直前に内服して、β細胞に働きかけ、
主としてインスリン追加分泌第1相の分泌を促します。
追加分泌第1相は、β細胞にプールされているインスリンです。
その後、追加分泌第2相にもあるていど作用します。

食後血糖値の改善といっても、
β細胞そのものが正常に復活するという意味ではないので、
糖質摂取時だけのほうが好ましいです。

高雄病院の入院患者さんのデータでは、炊いたご飯100gくらいなら、
グルファストで食後2時間血糖値180mg未満となる人もおられます。

グリニド系薬剤は、約2時間ていどだけ、膵臓のβ細胞を働かせますので、
SU剤に比べれば、β細胞への負担は少ないです。

炊いたご飯100gでも、
グルコバイ単独やグルファスト単独では、180mgを超える糖尿人も、
「グルファスト+グルコバイ」なら、
食後2時間血糖値180mg未満の一応の目標達成の人が増えます。



江部康二
コメント
グルファストについて
毎日の更新を楽しみにしております。

先日、ベイスンを処方していただき服用してみました。
元々胃下垂で消化も遅いのも関係するのか、結構膨満感ありでした。もう何回か(糖質摂取時には使ってみるつもりです)

本日の記事のグルファストは、インスリン分泌を促すお薬とのことですが、インスリンが遷延して出るタイプの人間にも使えるのでしょうか。余計に低血糖を起こしやすくなったりはしませんか?

あと、もう一点よろしいでしょうか。
一般的に冬は血糖値が高くなると言われているようですが、その理由をみると年末年始で暴飲暴食をするからとか、寒くて動かないからとあり、寒さのせいとは言及されていません。
自分が今時分(外気温0度)外に出て、5分程歩いて血糖値を測ってみると、たいてい20ぐらい高くなります。
寒さで高くなりがちなどということはありますか?
2022/01/23(Sun) 20:51 | URL |  | 【編集
サービスエリアのメニューは炭水化物オンリー
食事で困るのが、高速道路のサービスエリアです。
麺類か丼物ばかりで、炭水化物以外のメニューがほとんどありません。材料費を抑えるためか、最近、特にその傾向が強くなっているように思います。運よくあったとしても単品の唐揚げやソーセージ程度ですが、単品メニューがない事も多いです。
たまに旅行などで利用するだけなら我慢すればよいのですが、例えば長距離トラックのドライバーさんなんかは困るんじゃないかと思います。
できれば、たまの旅行でもストレスなく食事を楽しめたらよいのですが、何か良いアイデアはないものでしょうか。
2022/01/24(Mon) 04:42 | URL | 西村 典彦 | 【編集
月に数回の高血糖時に備え内服治療は必要でしょうか?
こんにちは、いつも有用な情報を提供してくださってありがとうございます。
私は二人目妊娠時に妊娠糖尿病を発症し、出産後も食後高血糖が改善しないため、先生のブログを参考に糖質制限をしている者です。元々著書は拝読しておりましたが、二人目妊娠時にブログの閲覧を開始し、おかげさまで血糖コントロールに成功し、第二子は無事に出産、その後も糖質制限食で健診時もHbA1cは5.3-5.6%(30代後半)程度で推移することが出来ています。1年に数回、フリースタイルリブレ(リブレの誤差を確認するため数回のウルトラビューによる随時末梢血糖確認の上)の使用をしてグルコーススパイクがないか確認していますが、普段の食事であれば血糖値80-130mg/dlに抑えることが出来ております。ただ、まれにイベントで糖質摂取量が多いと(自覚的に)、リブレで血糖値ご160程度になることが分かっています、そのパターンも食後2時間くらいから120を超え出し、4時間程度で最高値になりその後6時間くらいで100未満に下がるため、耐糖能異常は確実にあり(インスリンの分泌が遅く分泌量も少ないタイプ?)、糖質制限はずっと続けないといけないと自覚しております。

今回ご相談がありコメントしました。この度、第三子を出産しました。今回の妊娠中は糖質制限食を実施継続していたため、尿糖でひっかかることもなく無事出産しました。(OGTTをしたら確実に治療対象になったと思いますが)
現在産後一ヶ月で、授乳中で、産前の体重に戻りました(身長147cm. 体重44kg)耐糖能異常に変化がないかフリースタイルリブレで確認したところ、普段の食事(糖質量概算20グラム以下)では血糖値120を超えることはありませんが、イベント等の糖質摂取時(家族のお誕生日でケーキを食べる、お客様と外食する等で糖質量概算50グラム程度)には食後2時間で120, 4時間で血糖値150程度の最高値、そこから徐々に下がり血糖値が100未満になったのは6時間後でした。典型的な短時間での血糖値の乱高下のグルコーススパイクではありませんが、高血糖持続時間が長いので体へは負担がかかっているのでは、と愚考しております。
問題は、月に数回はこの様なイベントがあることです。家族は普段同じ食事を摂れないことを理解してくれていますが、お祝いの時は一緒に楽しみたいですし、気のおけない友人以外との外食は、気を遣わせてしまわない様にどうしても糖質の多い食事を口にすることがあります。選べる場合は選びますし、気休めにメタバリア等の血糖値の上がりにくいサプリを使う等の工夫はしますが、同じ様な高血糖になっていると思います。本来はこういう場面でも糖質制限色を貫けば問題はないのですが、私の我儘ではありますが、QOLとの天秤にかけ、月に数回の機会は受け入れております。
江部先生にご質問をしたいのは、この月に数回、確実に高血糖になる状況があることに対し、予防的に薬を飲んだ方が良いか否かです。以前、堀江貴文氏が予防的にSGLT2阻害薬を自費診療で内服していることを思い出したので、叔父の内科医であればその様な処方をお願い出来るかもしれない、と思った所存です。(ただし、叔父が自費診療対応が出来なければ、OGTTをしてもらって保険診療で内服処方をお願いすることになると思われますが、もし境界型の数値であれば内服薬は一度目の診察で処方してもらえない印象なので不安です、無知で申し訳ありません)
月に数回であれば許容範囲なのか、可能であれば予防的に内服しておく方がベターなのか、江部先生のご意見をお聞かせいただければ幸いです。不躾なご相談で恐縮ですが、ご教授お願いいたします。

追伸;私は企業の専属産業医として勤務しているのですが、自身の体験を踏まえて、社員に食後高血糖のリスクを広く伝えています。僭越ながら、個人的な保健指導の際には勝手に先生の書籍やブログも勧めさせていただいております。早めに受診して食事だけでコントロール出来ている社員もおり、先生には日頃からたいへん感謝しております。
2022/01/24(Mon) 10:36 | URL | 育休中産業医 | 【編集
Re: グルファストについて


グルファストは食直前に内服して、β細胞に働きかけ、
主としてインスリン追加分泌第1相の分泌を促します。
追加分泌第1相は、β細胞にプールされているインスリンです。
その後、追加分泌第2相にもあるていど作用します。

従って、インスリンが遷延して出るタイプの人間にも有効です。
短時間(約2時間)しか作用しないので低血糖は生じにくいです。


米国の糖尿病退役軍人285,705人の研究で、
A1c値は冬に高く、夏に低く、0.22の差がありました。
HbA1cは過去1~2ヶ月の平均血糖値の指標です。
つまり28万人という大規模な研究では、
血糖値は夏に低く、冬に高いということとなります。

2022/01/24(Mon) 14:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: サービスエリアのメニューは炭水化物オンリー
西村 典彦 さん

サービスエリアの食事も困りものですが、
ゴルフ場のメニューも、カレーライス、親子丼、麺類など、炭水化物ばかりですね。
まあ、私はゴルフはしませんが・・・。

2022/01/24(Mon) 14:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: サービスエリアのメニューは炭水化物オンリー
江部先生、こんばんは         

横から失礼いたします。
西村さんのお気持ち、とてもよく分かります。

私は、車で旅行等に行く時は、自分用の簡単なおかずを作っています。
チキンを茹でたり、卵焼きを作ったり、前日に総菜を買ったりして、夏場は小さい保冷バッグに保冷剤を入れて、持って出ます。

サービスエリア等で食べられそうな物だけ食べ、無い時は用意したおかずを、私だけ車で食べています。
後は、旅行先のスーパーで総菜を買ったりしています。ほんと苦労します。
2022/01/24(Mon) 21:53 | URL | モン吉 | 【編集
納得です
いつも有用な情報有難うございます。
新薬も沢山でてきております。
いつかご解説いただけることを楽しみにしています。
2022/01/28(Fri) 13:44 | URL | としの | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可