FC2ブログ
糖質制限食とアルコール、中性脂肪、LDL
こんばんは。今日は、朝から雨がしとしと降り続いています。

今日の高雄病院の外来には、米国在住の糖尿人(日本の人です)がこられました。本ブログ、結構役に立っているそうで、とても嬉しく思いました。(⌒o⌒)v

さて今回は、太りたいみいさんから、アルコール、中性脂肪、LDL-コレステロールに関する質問・コメントをいただきました。

『08/10/17 太りたいみい です
No title
 こんばんは
 今日久しぶりに測定いきました。
 
2時間値   8/28  10/17
 
   血糖値 156 → 137
   A1C   5.6 → 5.4
   中性脂肪131 → 130
   HDL   153→ 128
   LDL   82 → 137

で、今日の先生は、薬を飲み忘れても値が正常範囲内なら薬の副作用も出にくいので、OKというオオラカナ方で薬はなくなりました。でも、中性脂肪とLDLの値が心配です。以前Pannyさんが太るためにはオリーブオイルが良いとコメントされていたので、太るためとコレステロールのために、今日からオリーブオイルとエゴマ油でドレッシングを作っています。

さて、もう一つ気になるのはアルコールです。スタイルフリー500を2本と焼酎の湯割を軽く1杯飲んでいますが、アルコールはすい臓を疲れさせるので糖尿には良くないといいます。江部先生のお考えでは糖質0や蒸留酒は適量ならOKということなので、いい気になって飲んでいますが、そのところどうなのでしょう?やめれたら良いのですが、仕事のストレスや楽しみのためになかなか…
お忙しいとは思いますが、お時間のあるときにご指導ください。
朝夕は肌寒くさえ感じる季節になりました。どうぞご自愛ください。』


太りたいみいさん、コメントありがとうございます。

 血糖値 156 → 137
 A1C   5.6 → 5.4

薬が中止になって良かったですね。 (^_^)

A1Cは正常範囲でコントロールとても良好です。血糖値は空腹時なら、まず125mg未満→次いで110mg未満をめざしましょう。

中性脂肪131 → 130
HDL   153→ 128
LDL   82 → 137

血中脂質に関しても、正常範囲内の変動ですから、心配ないと思います。

糖質制限食で通常は中性脂肪が減少し、HDL-コレステロールが上昇しますが、HDLが減ってますね?

しかし、元のHDLが153と非常に高値ですので、128と減っても、まだ一般の人よりはるかに多く、問題ないと思います。

LDL-コレステロールに関しては、糖質制限食実践後の変化は一定しませんが、徐々に落ち着きます。とりあえず140mg未満なら心配いりません。

日本の従来の糖尿病治療では、飲酒は原則禁止ですが、一定の条件下で許可されることもあります。その条件は、以下の5項目をクリアしていることです。

1良好な血糖コントロールが長期にわたって得られている
糖尿病の合併症がないか、あっても軽度である
3脂質代謝異常(特に高トリグリセリド血症)がない
4肝・膵疾患がない
5決められた上限量を守る患者である

欧米では、「適量」を守れば飲酒OKとしています。例えば、米国糖尿病協会では、アルコール24g(30ml)/日を食事と共にとるていどなら適量としています。ビール350ml缶を2本、ワイン150ml×2杯、ウイスキー45ml×2杯です。

みいさんの酒量、米国の適量より少し多いでしょうか?まあ私もそれくらいは飲んでますが、肝機能データ良好なのでよしとしています。何と言っても「清く正しくより、美味しく楽しく糖質制限食」がモットーですので… (= ̄▽ ̄=)

アルコールそのものは、1gが約7キロカロリーの燃焼エネルギーをもっていますが、摂取時の利用効率は約70%です。エネルギー源としては、<アルコール→糖質→脂質→タンパク質>の順で利用されます。

またアルコールは、糖質や脂質と違って摂取しても体重増加作用がありませんし、血糖値も上昇させませんし、ビタミンやミネラルにも乏しいので、empty calory と言われています。

なお、アルコールを摂取すると、人体に対する毒物とみなされて優先的に肝臓で分解されますので、その間、同じ補酵素を使う糖新生がブロックされてしまいます。

従って、アルコールを摂取すると結果として、肝臓の糖新生を抑制することとなります。一定量以上のアルコールを摂取すれば、肝臓の夜間糖新生はブロックされ、翌朝の早朝空腹時血糖値は、下がる可能性が高いです。

また、空腹時に飲んだりすれば、糖新生が抑制される分、インスリン注射やスルフォニル尿素剤を内服している人は、低血糖を起しやすくなるので、充分な注意が必要です。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ご報告
先生のブログを始めて拝見した8月24日に糖質制限食をスタートし、8月28日からスーパー糖質制限食に切り替えて継続実行している者です。本日とても嬉しいことがありご報告したく初めてコメントさせていただきました。10月20日に採血した検査結果A1cが5.8で空腹時血糖値が103という驚くべき数値を得ることができたのです。5.8という数値は発症以来始めての数値だと記憶しています。
私は2型糖尿病と診断されて25年半になる43歳で、ここ数年はA1cが6.5~7.0を行ったりきたりのコントロールの芳しくない状態でした。
8月13日の血液検査の結果はA1c7.0で、9月11日の採血でA1cが6.5になり2ヶ月弱の期間でA1cが1.2も下がったことになります。
9月に替わったばかりの主治医にスーパー糖質制限食を始めてみたと話してみたところ、先生の講演会をお聞きになったことがあるそうで、応援していただき、お陰様で頑張って主食抜きの生活を続けることができました。主治医から「検査結果を見て鳥肌が立ちました。糖質制限が糖尿病の治療に有効なことがよくわかりまし、発症から長期間経っていて膵臓が弱っているはずなのにこの結果は驚きです。これをモチベーションにして引き続き頑張って見てください」と言っていただき有頂天になり、どうしても今日ご報告したかったのです。後日また経過を報告させていただきます。
本当に先生には感謝しております、ありがとうございました。
2008/10/24(Fri) 01:24 | URL | まる | 【編集
血糖値を下げる目的でアルコールを摂取することは膵臓に負担をかけますか?
江部先生、

お世話になっております。
IGT(Impaired Glucose Tolerance):耐糖能異常と診断されたアメリです。何とか糖尿病へ進むことを避けようと、基本的にお昼だけ糖質を摂る生活を数か月続けています。

アルコールは血糖値を下げるそうですが、私の場合かなり効果があるようです。

夕食に糖質を摂る際に赤ワイン(50cc~100ccくらい)を飲むと、推定カーボ量70g~80gで血糖値100を下回ることもあります。アルコールなし、脂肪分をあまり含まない食事の場合、カーボは100gほどで、血糖値200以上のこともありました。

糖尿病の場合、アルコールは摂取しないのが基本とのことですが、『血糖値を下げる目的』で赤ワインなどを少量飲むことは、やはり避けるべきでしょうか?血糖値が下がっても、糖質を摂取すること自体が膵臓への負担増となるのでしょうか?
2008/12/18(Thu) 00:48 | URL | アメリ | 【編集
アルコールと血糖値
アメリさん。

結構難しい問題ですね。
少し考えて記事で回答しますので
しばらくお待ちくださいね。
2008/12/18(Thu) 07:46 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます
江部先生

結構難しい問題なのですね。
ややこしい質問で申し訳ありません。
決して急ぎませんので、お手すきの時によろしくお願いいたします。
2008/12/18(Thu) 11:30 | URL | アメリ | 【編集
悩んでいます
38歳女性です。スーパー糖質制限食をはじめて7か月がたちました。はじめるまえまでは、LDL103、HDL92、TG27だったのですが、現在LDL192、HDL148、TG44になってしまいました。A1cは5.6から5.1になったのですが、この状態でいいのかとても不安です。体重は40kgから37kgになりました。(身長158cm)どうかご教示ください。
2009/02/13(Fri) 23:17 | URL | グリコ | 【編集
Re: 悩んでいます
グリコさん。

「現在LDL192、HDL148、TG44になってしまいました。」
LDLが米国の基準では190mgまでなのでややきになりますが
HDL148、TG44は問題ありません。
糖質制限食を続けることで、LDLも落ち着くことが多いです。

「体重は40kgから37kgになりました。(身長158cm)」
カロリー不足にならないように気をつけて下さいね。
脂質、タンパク質は充分量食べるようにしてください。
2009/02/14(Sat) 08:39 | URL | 江部康二 | 【編集
安心しました
お忙しい中、早速のお返事ありがとうございました。これからも糖質制限食を続けていきます!
2009/02/14(Sat) 20:23 | URL | グリコ | 【編集
麹甘酒&糖質制限
夏井先生の"新しい創傷治療”のブログを通して、江部先生のブログにめぐり逢いました。最近プチ糖質制限を始めましたが、悩んでいます。発酵食品の素晴らしさを小泉教授の書かれた本で知ってから、麹を使って、甘酒やら塩麹を作っておいしくいただいています。
この麹甘酒は、朝時間がないときに牛乳で割って食事代わりにしたり、テニスの試合の合間にスポーツドリンク代わりに飲んだりとても重宝しているのですが、糖質制限するにあたってはどうでしょう??
麹ともち米と水だけで作られているのですから、糖質だらけ(!)の食品に思われます。
毎日のように摂取しているのですが、やはり控えたほうがいいのでしょうか。摂るなら朝だけとか?
江部先生のご意見いただけるとうれしいです。
糖尿病には罹っておらず、体重も標準です。
2012/06/22(Fri) 15:14 | URL | テニス一筋 | 【編集
Re: 麹甘酒&糖質制限
テニス一筋 さん。

塩麹や甘酒は糖質制限NG食品です。

しかし運動をしっかりしているときは
筋肉が血糖をどんどん取り込むので、血糖値の上昇やインスリン分泌はほとんどないと思います。
2012/06/22(Fri) 21:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック