fc2ブログ
日本列島と海峡。氷河期、氷期、間氷期。旧石器、、縄文、弥生時代。
こんにちは。
地球温暖化の話題など、いろいろマスコミを賑わしていますが、
実は今は「氷河期」であることを皆さん、ご存知でしょうか?

大陸上に氷河が存在する時代を「氷河時代」といいます。
すなわちグリーンランドと南極に
氷床(総面積5万km²以上の氷塊の集合体)がある現代は、氷河期なのです。

氷床は氷河より大規模なものを言います。
地球が誕生してから、
「氷河時代」「氷河がない暖かい時代」を数回繰り返してきました。

氷河時代の中でも「氷期」「間氷期」があり、数万年の期間で、
大陸上の氷河が増えたり減ったりしてきました。
最後の氷期(ウルム氷期)は、約7万年前に始まり約1万6千年前に終わりました。
その後、現在は間氷期にあり比較的温暖な時代と考えられています。

地球上の水は、固体(氷)液体(水)気体(水蒸気)の3つに形を変えながら、
陸、海、空を循環しています。

氷期では、間氷期に比べて、1年の平均気温が5〜10℃ほど下がります。
寒冷になると、蒸発(じょうはつ)した海水の一部は、雪となって積もって、
やがて氷河や氷床となっていきます。

こうして固体の氷が大量に陸上にとり残されていくと、
海水の源である液体の水が海に流れ込む量が減少します。
そうすると、氷期には、約130mほど海位がさがり
対馬(つしま)、関門(かんもん)、宗谷(そうや)、 間宮(まみや)の4海峡は陸続きとなり、朝鮮半島やロシアとの間を、歩いて行き来できたわけです。
しかし、津軽海峡だけは水深が深いので、
一貫して北海道と本州が陸続きになることはありません
でした。

このように氷期には日本海が、ほぼ内海(うちうみ)になり、
外海とは隔絶した時期が一定期間あったと思われます。
日本の旧石器時代(数万年前~16000年前)は、氷期であり、
日本と大陸は陸続きの期間が多かったと考えられます。
旧石器時代のご先祖は、
ナウマン象、マンモス、オオツノ鹿などの大型動物を狩猟するのが主たる生業であり、
糖質はほとんど摂取していないので虫歯率はゼロでした。

ウルム氷期後期になり、徐々に気候が暖かくなると、海位は徐々に上昇していき、
対馬、関門、津軽、宗谷、間宮の各海峡が出現してきて
日本列島は大陸と陸続きではなくなります。
そうなるとナウマン象、マンモスは大陸から渡って来れなくなります。
その頃から縄文時代が始まります。

縄文時代
が16000年前~約2500年前まで続き、
狩猟・採集・漁労の3者がほぼ均等に営まれていました。
ドングリや栗などの糖質摂取のため、虫歯率は約8%と増加です。

その後、弥生時代が2500年前(紀元前500年)~紀元後300年まで続きます。
弥生時代は卑弥呼・邪馬台国時代まで約800年間続いたこととなります。
稲作で米を食べるようになり、虫歯率は約16%とさらに増加しました。

その後、古墳時代が300年から始まります。
古墳時代のあとは、飛鳥時代が590年~710年までありました。
710年からは奈良時代、794年から平安時代です。


ウルム氷期が終わった後の縄文時代以降は、海位が130m上昇し
日本海は、太平洋やオホーツク海や東シナ海と5つの海峡で繋がっています。
我が国は北海道、本州、四国、九州とそれに付随する島々で成り立っていて、
島国であり、日本列島と呼ばれています。

間宮、宗谷、津軽、関門、対馬の各海峡の水深はどのくらいでしょう。、
間宮海峡は、深さは8~20m、
宗谷海峡は、深さは、30~70m、
津軽海峡は、140~450m、
関門海峡は、浅いところは工事で深くして、8~47m、
対馬海峡は、平均水深、90~100m
です。

間宮、宗谷、関門海峡は、かなり浅いです。
対馬海峡も、津軽海峡に比べれば浅いです。
氷期で、約130mほど海位が下がれば、
津軽以外の4海峡は、そのまま陸橋となり大陸と繋がってしまい、
日本海は、外海と交通のほとんどない内海に近い状況となります。
実は歴史上そのような時代も結構長く続いていたのです。

5海峡の中で、津軽海峡だけは、水深が最も浅い所でも140mあったので、
北海道と本州の間には氷期でも大河のような水路部が残り、
両岸の生物相が異なる結果となりました。
例えばマンモスは北海道までは渡ってきましたが、本州には渡れませんでした。
ナウマン象は、九州、本州、四国には渡ってきましたが、
北海道には渡れませんでした。
このように、九州と本州と四国は氷期には陸続きでした。

<各海峡の水深>
間宮海峡:深さは8~20m。
宗谷海峡:深さは30~70 m
津軽海峡:深さは140m~450m
関門海峡:最深部は水深47m。浅いところは3~6mしかなかったが、
     工事で、8~10mまで深くした。
対馬海峡:平均水深は約90~100m



江部康二
コメント
食後高血糖について(正常人)

こんにちは 江部先生にはいつもお世話になっております 氷河期のお話については、以前より昔は糖質を殆どとっていないと教わっていましたが、虫歯も関係ありとは、また再発見でした。 主人が糖尿で二回高雄病院にて入院し糖質制限を学びました 先生の糖質制限ブログ、著書、コロナ前は講演会にも参加し、日々楽しく糖質制限を実行しております 主人は糖質制限のお陰で血糖値も安定し元気に暮らしており糖質制限様々です さて今日は妻である私の事ですが、私は全くの健康体で少しアトピーがある位です 食事担当としては先生の著書で勉強し、健康な人にも糖質制限は非常に良いとの事で私も糖質制限食です 主人と共に初めて7年です 専業主婦で平日の糖質量は朝食は20g~30g 昼食20g~30 g 夕食は20g前後。 ただ外出先での人とのランチや1人ランチは全く糖質を気にせず食していました コロナ禍で全く外食をしなくなり、月二回程楽しみにパンを四個程購入し食していました 要は外食では糖質をたっぷりと摂る事をコロナ以前から月3~4回はしていたと思います 主人が糖尿なので血糖測定器があり、以前も計った事がありますが、バイキングで最後にデザートもたっぷりと摂っても140を、越えるような事はなかったです 今回糖質を200~250ほど摂り血糖値を久しぶりに計って見ると、30分後→ 158 1時間後→192 30分歩き 1時間30分後→175 2時間30分後→170でした それからは全く正常値になり、まめに計ってみましたが、糖質1gに対して1上がる様で、糖質を摂らなければ正常値でした 早朝血糖値も80台から90台で、毎年一回の人間的ドックで、引っかかった事はありません ただ甘いものとはいえ以前は140以上になったことはないので不安に思い、先生のホームページ掲載の提携医療機関の某総合病院へ行ったのですが、その日は糖質制限の担当医師の診察が混んでいるとのことで、違う先生に回され、その先生曰く、
・血液検査が全く正常値なので何の問題もなく、糖質摂れば誰でも上がる
・血糖値は上がることが問題ではなく下がらないことが問題であるから心配しなくてよい。
と言われて帰ってきました。
普段、江部先生が言われている食後高血糖が問題!と言われていることと何か違う気がしました。疑問が残ります 。
以下 その日の検査結果です 。 私は早期の糖尿なのでしょうか? 境界型なのでしょうか? 普段糖質を摂らないのでβ細胞がびっくりしただけなのでしょうか ?
新たな病院(先生のHPにある病院)に行って、今回のお話をした上で何か検査をした方が良いでしょうか ?
本症状を どのように捉えたら良いのか迷っています 。
先生のご意見を伺えましたら幸甚です 。宜しくお願いします。

データ
尿素窒素19
クレアチニン0,44
血糖値(朝食後5時間)101
総コレステロール238
中性脂肪30
HDL99
LDL117
ノンHDL139
CRP0,01
ケトン0,2
HbA1c 5,4
2021/09/29(Wed) 17:13 | URL | たちこ | 【編集
食後高血糖について
こんにちは 江部先生にはいつもお世話になっております。
氷河期のお話については、以前より昔は糖質を殆どとっていないと教わっていましたが、虫歯も関係ありとは、また再発見でした。

主人が糖尿で二回高雄病院にて入院し糖質制限を学びました。
先生の糖質制限ブログ、著書、コロナ前は講演会にも参加し、日々楽しく糖質制限を実行しております 主人は糖質制限のお陰で血糖値も安定し元気に暮らしており糖質制限様々です。

さて今日は妻である私の事ですが、私は全くの健康体で少しアトピーがある位です。
食事担当としては先生の著書で勉強し、健康な人にも糖質制限は非常に良いとの事で私も糖質制限食です 主人と共に初めて7年です。
専業主婦で平日の糖質量は朝食は20g~30g 昼食20g~30 g 夕食は20g前後。 ただ外出先での人とのランチや1人ランチは全く糖質を気にせず食していました。
コロナ禍で全く外食をしなくなり、月二回程楽しみにパンを四個程購入し食していました 要は外食では糖質をたっぷりと摂る事をコロナ以前から月3~4回はしていたと思います 。 主人が糖尿なので血糖測定器があり、以前も計った事がありますが、バイキングで最後にデザートもたっぷりと摂っても140を、越えるような事はなかったです。
今回糖質を200~250ほど摂り血糖値を久しぶりに計って見ると、
30分後→ 158
1時間後→192 30分歩き
1時間30分後→175
2時間30分後→170でした。
それからは全く正常値になり、まめに計ってみましたが、糖質1gに対して1上がる様で、糖質を摂らなければ正常値でした 早朝血糖値も80台から90台で、毎年一回の人間的ドックで、引っかかった事はありません。
ただ甘いものとはいえ以前は140以上になったことはないので不安に思い、先生のホームページ掲載の提携医療機関の某総合病院へ行ったのですが、その日は糖質制限の担当医師の診察が混んでいるとのことで、違う先生に回され、その先生曰く、
・血液検査が全く正常値なので何の問題もなく、糖質摂れば誰でも上がる
・血糖値は上がることが問題ではなく下がらないことが問題であるから心配しなくてよい。
と言われて帰ってきました。
普段、江部先生が言われている食後高血糖が問題!と言われていることと何か違う気がしました。疑問が残ります 。
以下 その日の検査結果です 。 私は早期の糖尿なのでしょうか? 境界型なのでしょうか? 普段糖質を摂らないのでβ細胞がびっくりしただけなのでしょうか ?
新たな病院(先生のHPにある病院)に行って、今回のお話をした上で何か検査をした方が良いでしょうか ?
本症状を どのように捉えたら良いのか迷っています 。
先生のご意見を伺えましたら幸甚です 。宜しくお願いします。
現在56歳で身体の変わり目を感じております。
両親は糖尿ではありません。現在88歳83歳です。


データ
尿素窒素19
クレアチニン0,44
血糖値(朝食後5時間)101
総コレステロール238
中性脂肪30
HDL99
LDL117
ノンHDL139
CRP0,01
ケトン0,2
HbA1c 5,4
2021/09/29(Wed) 17:40 | URL | たか子 | 【編集
Re: 食後高血糖について(正常人)
たちこ さん

ご主人、糖質制限食で血糖コントロール良好、良かったです。

「今回糖質を200~250ほど摂り血糖値を久しぶりに計って見ると、30分後→ 158 1時間後→192 30分歩き 1時間30分後→175 2時間30分後→170でした 」

糖質が200~250g摂取というのは、非常に大量と言えます。
<75g経口ブドウ糖負荷試験>の三倍量の糖質ですね。

{1時間後→192」
というのは、気になるでしょうが、75g摂取で180mg/dlを超えたら、将来糖尿病になりやすいので
気をつけましょうということです。
糖質200~250g摂取で、1時間後血糖値が192mgというのは、耐糖能的には正常範囲内と考えてよいと思います。

しかし、さすがにそんなに大量の糖質は今後は摂らないほうがいいでしょうね。
国際糖尿病連合は、食後1時間値も2時間値も、160mg/dl未満を目標としています。

血液検査データは全て、正常範囲内です。
これ以上の検査は必要ありません。
2021/09/29(Wed) 18:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
食後高血糖について
早速のお返事本当にありがとうございます
とても安心したのと同時に、このような食べ方は、もうしないでおこうと思えました
今は糖質制限のスイーツも沢山売っており、上手に生活に取り入れたいと思います
クリームチーズを、温め、アーモンドを砕いて振り、ラカントも振りかけ食する事に最近はまっております
原点に戻り糖質制限を楽しんでレパートリーを増やしていきたいです
ありがとうございました
2021/09/29(Wed) 21:27 | URL | たち子 | 【編集
糖質制限時の空腹時血糖値について
江部先生 こんにちは、いつも大変ためになるお話をありがとうございます。
2年程スーパー糖質制限を行っております。
3か月毎にかかりつけのクリニックで血液検査をしていただき、HbA1cと空腹時血糖値を見ていただいているのですが、年に1回大きな病院で人間ドックを受けています。かかりつけのクリニックでのHba1cと人間ドックでのHbA1cはどちらも5.2~5.4%と特に差は無いのですが、空腹時血糖値がかかりつけのクリニックでは78~85mg/Dlですが、人間ドックの結果では120~135mg/Dlと高い値を示し、人間ドックの健診医からは「あなたは何年も空腹時血糖値が高く、糖尿病だと考えられるから治療を開始してください」と言われています。
かかりつけのクリニックでの結果を言うと「そちらの数値が違っているのでしょう」などと言われ、更にHbA1cが低い事を告げても「そういう糖尿病患者さんもいますから」と言われました。
かかりつけのクリニックでの採血タイミングは夕方なのですが、基本的にいつも昼食を摂らないので空腹時になっていると思っています。人間ドックでは前日20:00以降は食事を摂らないでくださいと言う事で、採血は朝8:30頃です。
起床時間は毎朝4:00頃です。
本当に糖尿病が疑われる事例なのでしょうか?
糖質制限をしていると朝の時間帯だけ空腹時血糖値が上がる事は有るのでしょうか?
何か考えられる事が有りましたら、ご教示お願いいたします。
2021/09/30(Thu) 13:25 | URL | せいじ | 【編集
Re: 糖質制限時の空腹時血糖値について
せいじ さん

かかりつけのクリニックでの採血タイミングは夕方なのですが、
基本的にいつも昼食を摂らないので空腹時になっていると思っています。
人間ドックでは前日20:00以降は食事を摂らないでくださいと言う事で、採血は朝8:30頃です。
起床時間は毎朝4:00頃です。



夕方空腹時の血糖値が78~85mg/dlで
人間ドックの早朝空腹時血糖値が120~135mg/dlなのは、
<暁現象>の可能性があります。
以下のブログ記事をご参照頂ければ幸いです。

糖尿病と暁現象
2021年05月11日 (火)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-5609.html


健診医の言うように、何年も空腹時血糖値が高いということは、糖尿病の可能性があります。
2021/09/30(Thu) 16:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限時の空腹時血糖値について
江部先生
早速のご回答ありがとうございます。
暁現象 前に読ませていただき、自分の症状も暁現象なのかなとは思っていました。
夕方の血糖値はいつ測っても低いので時間帯と関係しているのか?とかおぼろげですが。
夕方の血糖値も高くならない様にこれからもスーパー糖質制限を続けて行きたいと思います。
2021/09/30(Thu) 19:42 | URL | せいじ | 【編集
寒冷化と飢餓
「気候で読み解く日本の歴史」という本を読んでいます。鎌倉、室町時代の寒冷期にすさまじい飢饉があり都の路上に放置された死体がおびただしくあったとの記録があります。
穀物で栄養を摂るという時代になって人口は増加したかも知れませんが気候変動に大きな影響を受けます。しかも穀物を主な食事をしていた人々が食糧不足になったことを想像すると低血糖の苦しみの中死んで行ったのでしょう。
今でもお寺の行事で施餓鬼会があります。
また、地球温暖化より寒冷化の方がずっと怖いのではないでしょうか。
2021/10/01(Fri) 10:21 | URL | ネコ太郎 | 【編集
Re: 寒冷化と飢餓
ネコ太郎 さん

確かに
地球全体で考えると、寒冷化のほうがこわいですね。

過去、全地球凍結(スノーボールアース)が、3回くらいあったようで、
そのたびに、地球上の生命が絶滅しかけていますね。
2021/10/01(Fri) 17:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可