fc2ブログ
ワクチン接種率。7日間の新規死者数(人口100万人あたり)9/12現在。
こんにちは。
2021年9月14日(火)、テレビのワイドショーを見ていたら、
ワクチン礼賛一辺倒で、
ほとんど戦時中の 大本営発表(だいほんえいはっぴょう) み たいな雰囲気でした。
ワクチンを接種しない人は非国民とか差別されそうな勢いでした。

世界的にも接種して当然という認識の国が多く、
ヨーロッパではワクチンパスポートも現実味を帯びる様相です。

実際、ニューヨーク市では、2021/9/13(月)から、
屋内レストランやバーほか、映画館、コンサート会場、劇場、博物館、ジム、スポーツ試合など屋内アクティビティ施設において、
従業員と12歳以上の利用客は入り口で「ワクチン接種証明書」もしくはデジタル管理された「ワクチンパスポート」の提示が義務づけられました。

しかしながら、
ワクチン接種完了率と 7日間の新規死者数(人口100万人あたり) 2021/09/12現在を
見てみると、意外な事実が浮かび上がります。


ワクチン接種完了率   7日間の新規死者数(人口100万人あたり)2021/09/12現在


イスラエル 78%             25.43人
スペイン 75.02%             10.6人
イギリス 64.5%             14.3人
イタリア 63.92              6.7人
フランス 62.47%             11.1人 
米国 54.4%               34.1人
日本 51.1%               3.5人
ブラジル 34.5%             15.2人
インド 12.9%              1.4人


まずはワクチン接種のトップランナーのイスラエルの、
7日間の新規死者数(人口100万人あたり)2021/09/12現在を検討です。
主要国では米国に次ぐ多さです。

イスラエルの新規死者数は、2021/7/7から右肩上がりで急上昇し、
8/24くらいに、25.14人となり、その後9/11まで同じくらいの数字が続いています。
つまり新型コロナウイルスが変異して、デルタ株になった後は、
現行のワクチンはほぼ無効と言えます。
死者数が急増しているので、結果として重症化も防げていないのです。

更に、ワクチン接種完了率が低くて、医療水準も低い、
インドのほうが、ワクチンをしっかり接種している先進国より
はるかに死者数が少ないのには、驚きを禁じ得ません。

ワクチン接種完了率が僅か12.9%のインドの新規死者数が、1.4人というのは、
日本よりも少ないです。
これは、あくまでも仮説ですが、インドではイベルメクチンを処方している州が、
多いことが関与しているのかもしれません。

本記事の数値は
NHKのサイト(9月13日時点)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/world_progress/ 

を参照しました。

デルタ株に対して、ワクチンが無効とすれば、
感染予防には、日本国民一人一人が初心に戻ること、
すなわち、
『三密を避ける、マスク、手洗い、うがい、換気、ソーシャル・ディスタンスを保つ』
などの励行が必要と思います。
特に、対面や隣り合っての会話を伴う会食が大きな感染リスクとなるので
注意が必要です。
マスクなしでの、複数人数のカラオケも勿論NGです。

私達糖質セイゲニストも、スーパー糖質制限食実践で、
『血中ケトン体高値』『AGEs蓄積が最小限』『慢性炎症予防』
を確保して、免疫力向上に努めることが肝要と思います。

なお充分な睡眠や規則正しい生活など日常的なことも大切ですね。


江部康二
コメント
肝機能について
先生のお書きになったブログ内容に則していませんが申し訳ありません(>人<;)

先日、糖質制限を始めて一年弱で血液検査をしました。
hba1c 6.0→5.8
AST 20→30
ALT 15→35
γGTP 25→50
gfr 61→78

肝機能、特にγGTPが悪いと怒られてしまいました(脂肪肝だと)。γGTPは糖質取り過ぎとも言われました。
また、スーパー糖質制限をしているのに総蛋白が6.7と低く、BUNは23でした。
hba1cは思ったより下がっていなくて残念でしたが、以前は毎日低血糖を起こしていたことを考えると、きっと質のいい5.8なんだと思う事にします(医師には5.8でも注意を促されちゃいましたが)。

肝機能を指摘された事、総蛋白が低い事などから、あまりうまく糖質制限が出来ていないということでしょうか。
魚や肉はあまり好きではないので、頑張って食べますがちょっと脂肪(クリームチーズやナッツ)の摂取が多くなりがちです。それがマズいでしょうか。
糖質量だけは1日で60gは結構守れていると思うのですが…

もしくは、糖質制限をするとちょっとその辺の数値はあがりがちとかありますか?
お酒は飲みません。40代女性です。
2021/09/15(Wed) 17:24 | URL |  | 【編集
Re: 肝機能について

仰る通り、質の良いHbA1cなので、5.8%というのはてても良いと思います。
そもそも、5.8%というのは、基準値内の数値であり、私もそのくらいです。

脂肪が多くても問題無いです。
高雄病院のスーパー糖質制限給食の平均値は<脂質:56%、蛋白質:32%、糖質:12%>
脂肪が多いです。
肝機能などの数値も、基準値内であり、心配ないと思います。

総蛋白よりも、血清アルブミン濃度が重要で、4.3g/dl以上が目標です。

1回食事の糖質量を、「20g⇒10~15g」にすれば、肝機能の数値は改善すると思います。
2021/09/16(Thu) 19:12 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 肝機能について
ご返答いただきありがとうございます。
女性はALTとASTが20以上、GTPが30を超えると要注意とあったので、心配しました。
動物性タンパク質を増やす様注意を払い、糖質も減らせるよう頑張ります。
アルブミンという項目は検査に入っていなかったようですので、次回検査時にお願いしてみます。

有難うございました。
2021/09/17(Fri) 05:53 | URL |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可