fc2ブログ
増補新版 糖質制限の大百科 (宝島社)。本日発売。
こんにちは。

増補新版 糖質制限の大百科 単行本 – 2021/9/14
江部 康二  (監修)出版社 ‏ : ‎ 宝島社 (2021/9/14)

https://amzn.to/3tsRm0w

daihyakka.jpg


9月14日、発売です。
シリーズ累計52万部突破! 最新の食品成分表「八訂」に対応しています。

本当に「正しい」やりかた、知っていますか?
おなかいっぱい食べてやせる、もっと健康になる!

糖質制限の基礎知識から、外食&市販品活用のコツ、ひと目でわかるOK・NG食品、
109のかんたん糖質制限レシピまで、この1冊で知りたいことがぜんぶわかる! 巻末に食品別糖質含有量一覧付き。

本書が、ブログ読者の皆さんのお役に立てれば、嬉しい限りです。


今日からできる、無理なくやせる医師が教える正しい糖質制限

p6
やせる・若返る・健康になるいいことずくめの糖質制限

糖質制限では、血糖値を直接上げる唯一の栄養素である糖質を控えます。
そのため、食事をしても血糖値の急激な上昇を招くことはありません。
これこそが、糖尿病だけにとどまらず、あらゆる不調や疾患の予防・改善につながるのです。
 さらに、血糖値の急上昇が起きるとインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは、別名“肥満ホルモン”とも呼ばれます。
過剰に分泌されることで体脂肪が蓄積され、肥満を引き起こすからです。
これらを引き起こさない糖質制限は、血糖値の乱高下をなくし代謝を安定させることで、精神的にも落ちつきます。
全身の血流も改善するため、美肌や美髪など、美容にも役立つのです。

p7
誰もがストレスなく実践できる糖質制限糖質制限のうれしいポイントは、
誰もがストレスなく取り組めるという点です。カロリー制限のような面倒な計算は不要。
ボリュームたっぷりの肉料理もOKです。そのため「食べたりない」という欲求不満とも無縁で、
正しく種類を選べばお酒を飲むこともできます。
食べものや飲みものの種類を選べば、自分のライフスタイルに合わせて思いきり食事を楽しむことができるので、
継続的に実践でき、確実に効果を実感できるのです。

p8
糖尿病の治療食として
スタートした糖質制限


日本で糖質制限をはじめたのは、私が理事長を務めている京都の高雄病院で、
当時の院長であった私の兄である江部洋一郎です。1999年のことでした。
私自身は、2001年、担当する患者さんに糖尿病治療の一環として、
糖質制限の指導を行ったところ、劇的な効果が見られました。
それ以降、当院では糖尿病の治療食として糖質制限食を実践し続けています。
従来、糖尿病に対する日本での治療方針は、カロリー制限一辺倒でした。
しかし、糖質を制限することのないカロリー制限食では、
糖尿病の大きなポイントである食後高血糖のコントロールができません。
糖質を制限せずにカロリーコントロールを行ったところで、
結局、病状は悪化し、薬に頼ることになってしまいます。
これに対して、糖質制限はまったく異なる考えかたで治療を行います。
カロリーや脂肪を制限するのではなく、「糖質を制限した食事を摂る」ことが基本となります。
糖質さえ控えれば、たんぱく質や脂質はしっかり食べてOKです。カロリー計算も必要ありません。


以下などが、増補した内容になります。
P153
Q9新型コロナウイルスに対して糖質制限は有効でしょうか?


A
糖質制限で免疫力を高めることで、ウイルスに強い体になります。
糖質制限食を実践している人は、糖質を食べている人に比べると、
血中ケトン体が 高値であり、AGEsの蓄積も最小限ですんでいます。
ケトン体は脂肪酸の分解産物ですが、それが高値であると、
心臓・腎臓・脳保護作用が期待できます。
スーパー糖質制限食なら、よりケトン体高値となるので、さらに効果が期待できます。
心臓・腎臓・脳が元気に活動していれば、当然免疫力も高まります。
また欧米の研究で、ケトン体がサイトカインストームを予防する可能性があります。・・・


江部康二
コメント
健康食生活の起源!!
都内河北 鈴木です。

本日ネットニュ~スで、
『日清、日露戦争で3万人が『脚気』で死亡、、、
文豪・森鴎外の『大失敗』とは??

ダイヤモンド・オンライン 021,9,15,(水) 06:01 配信

この記事を読んでも、
現在の時代進化・解明した『糖質・害毒』の事実を無視する
『日本医療界』の糖尿病・専門組織『日本糖尿病学会』の
改善皆無の21年間の被害者私は、
『糖質・信奉する医療』が、
<<『間違いだと確信します!!』>>

何故なら、私『都内河北 鈴木』は、
<<『江部先生『糖質制限理論』(2005年発表)』を、
7年後に理解把握して実践で、
インスリン増量3年半余りが、3ヵ月足らずで、インスリン自主離脱して、
<<『生還、』>>できた事実現実!!

以降9年目現在、後遺症『眼、脳梗塞、』が、
<<『覚醒、5度の再覚醒、』>>している事実現実!!

*『5度目の覚醒』は、今年3月の『脳梗塞』狭窄部位が
『拡張』していたMRI画像が証明しています!!

<<『糖質』は、タバコ以上の害毒!!>>だと、
再三発言しています事を、
健康を目指すなら、認識して頂けるようにと思います!!

江部先生には、<<『生還、覚醒、5度の再覚醒、』>>でき、
更なる『改善』を期待できる健康状況で、9年目に生活できる事に、
感謝尽きません!!
敬具




2021/09/15(Wed) 13:01 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可