fc2ブログ
ケトン体も脂肪酸も血液脳関門(BBB)を通過できる。
こんにちは。

血液脳関門(BBB)はとても大事なシステムですが、諸刃の剣でもあります。
BBBは、脳の血管と脳細胞の間での物質交換を制限する機構で、
神経機能に最適な環境を常に維持するのに役立っています。
一方、BBBがあることでほとんどの薬剤が血流から脳内へ移行できないため、
脳を対象とする治療において大きな障壁となっているのです。

さて一般には長い間、
「脂肪酸は血液脳関門(BBB)を通過できないがケトン体は通過できる」
とされていましたが、近年の研究で、
脂肪酸も血液脳関門を通過できることが明らかとなりました。

夏井睦医師著「炭水化物が人類を滅ぼす」(光文社新書、2013年)の231、232ページにも記載してあるように、
少なくともEPAやDHAという有名な脂肪酸が、現実に脂肪酸は血液脳関門を通過していることは確実です。

1)脂肪酸は血液脳関門を通過する。
2)脂肪酸はアストロサイトのミトコンドリア内でβ酸化されてエネルギー源となる。
3)神経細胞(ニューロン)では細胞膜の原料となるがエネルギー源としては使われない。


現時点で、1)2)3)が正解と考えられます。

アストロサイト(astrocyte)とは、中枢神経系に存在するグリア細胞の1つです。

グリア細胞 ( glial cell)は神経系を構成する神経細胞ではない細胞の総称であり、
ヒトの脳では細胞数で神経細胞の50倍ほど存在しているとされています。

アストロサイトは神経細胞を支えて支持してる細胞です。

毛細血管の周囲はアストロサイトの足突起に覆われていて、
神経細胞と毛細血管の間には常にアストロサイトが介在しています。

『毛細血管-アストロサイト-神経細胞』を一つの構成単位として捉えると
わかりやすいです。

脂肪酸は神経細胞の細胞膜の原料となりますが、
エネルギー源としてはほとんど使われません。

これは、エネルギー源として利用するとき、
酸素消費が一番少ないのがケトン体で次がブドウ糖であり、
脂肪酸は酸素消費が多いからと思われます。

仮説ではありますが、進化の過程で脳が酸素不足にならないように、
神経細胞のミトコンドリアは脂肪酸をエネルギー源としないように
脂肪酸を分解する酵素を減らしたと考えられます。

アストロサイトは脂肪酸を分解してケトン体を産生します。
ケトン体は神経細胞に輸送されてミトコンドリアで代謝されてエネルギー源になります。


江部康二
コメント
本日、内科通院日でした!!
都内河北 鈴木です。

本日内科通院して、検査結果は、2か月半余り前と比べて、
『更なる改善している』と、I・J担当医より説明有りました!!

待合所で他の患者さんと会話で、I・J医師の診療説明を聴き、
私はその通りだと、『自身の改善・医療デ~タ提示して伝えました!!』

私は、<<『生還、覚醒、5度の再覚醒、』>>している事は、
ネットで知る事が出来ると、その方はスマホで検索していました!!

『帰宅後、検索してみる』と帰宅した改善目指す患者と会話出来た事が、
糖尿病・改善者が、私の様に増える事を願ってやみません!!

健康・改善に悩むなら、先ずやるべきは、食生活です!!
<<『江部先生『糖質制限理論』>>理解把握実践ではないかなと、
自身の<<『生還、覚醒、5度の再覚醒、』>>からして、
<<江部先生『糖質制限理論』>>理解把握、実践で、

<<『糖質』は、タバコ以上の害毒だと、
  証明した改善・医療デ~が存在しているから、明言します!!>>

担当医には、『日本医療界』の糖尿病・専門組織『日本糖尿病学会』は、
『糖質信奉医療』では、
時代進化皆無で、改善皆無では、
『狂気医療!!』だと発言してしまいましたが、
<<21年間の殺されかけた患者が、3ヵ月足らずで、
  改善結果出して証明した私は、その言葉に悔いがありません!!>>

江部先生には、<<『生還、覚醒、5度の再覚醒、』>>でき、
更なる『改善』を期待できる健康状況で、9年目に生活できる事に、
感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具





2021/09/13(Mon) 20:04 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 本日、内科通院日でした!!
都内河北 鈴木 さん

本日内科通院して、検査結果は、2か月半余り前と比べて、
『更なる改善している』


これは素晴らしいです。
美味しく楽しく糖質制限食実践を継続して頂ければ幸いです。
2021/09/14(Tue) 08:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
高血糖値とケトン体
江部先生、いつもお世話になります。

最近、2回ご質問させて頂いた ken です。
2回とも直ぐにご丁寧なご返事を頂きありがとうございます。大いに助かりました。

長年、薬は使わず、プチ糖質制限食と速歩ウオーキングを継続していましたが、最近、早朝空腹時血糖値が200前後になりました。そして、大津駅近くの吉田医院と言う糖尿病病院で検査を受けました。糖尿病関係の主な検査結果は次の通りでした。
 ・ 空腹時血糖値≒206
 ・ HbA1c=8.4%
 ・ C-ペプチド精密=0.9 ng/ml
 ・ 総ケトン体=498/アセト酢酸=149、
  3ヒドロキシ酪酸=349
 ・ 尿中アルブミン=65.5μg/ml ……
主治医から、この状態では血糖値を低下させる投薬が必要だとの判断で、「トラゼンタ錠5mg」を処方されました。

ここからが私の質問です。
高血糖値であるにも関わらずケトン体が基準値より大幅に増加してるのが気になります。
この件に関して、主治医からは何もコメントはありませんでした。
高血糖値の身体なのにケトン体が基準値以上に関してどのように理解すればいいでしょうか。インスリン分泌量が下限ギリギリで、しかもインシュリンがしっかり機能していないようです。
このような状況下で、単純に 「トラゼンタ錠5mg」だけで、血糖値を下げれば、ケトン体の正常化と暁現象は軽減すると考えていてよろしいでしょうか?
勿論、暫くは、スーパー糖質制限食(プチとの混在かな?)と食後のウオーキングは継続する積りです。
2021/09/17(Fri) 13:47 | URL | ken | 【編集
Re: 高血糖値とケトン体
ken さん

糖質制限食実践中は、脂肪がよく燃えるので、その代謝産物のケトン体は高値となります。
従って、ken さんは、しっかり糖質制限食を実践できています。
インスリン分泌量が下限ギリギリでも、分泌されているのはとても良いことです。
インスリンが分泌されているので、ケトン体高値は心配ありません。

しかしながら、糖尿病罹病期間が長期となり、早朝空腹時の血糖値が高値となる<暁現象>を生じています。
暁現象の改善のためには、トラゼンタだけでは効果は少ないと思います。

今後、主治医とよく相談されて、「SGLT2阻害薬」や「GLP-1受容体作動薬」などの導入を考慮されては如何でしょう。
2021/09/17(Fri) 17:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可