fc2ブログ
暁現象の改善はどうする?
【日付 名前
21/07/13 hanamizuki
暁現象とは
こんにちは。江部先生いつも貴重なお話をありがとうございます。
Covid19でお医者様は大変なことと思いますが
いつもブログを更新してくださって勉強になります。
私は昨年来の常時高血糖に悩まされる中で朝の血糖値が300とかになり
投薬を続けていましたがメトアナHDで何とか以前の状態に戻ってきました。
1錠/日ですが夜食後に飲むだけで、高かった血糖値も下がり、
暁現象も収まってきたようです。
勿論糖質管理食を続けていますので、
食後高血糖も起こらなくなりました。(高いときは何を食べても乱高下していました…)
ただし糖質をとってしまうと薬は効かず高血糖にはなりますので、
食後高血糖の改善には今の所糖質制限しかありませんね…
糖質管理に医者も栄養士も基本的には反対ですが、
自己管理しているマニアックな患者として
「仕方がないな…」という感じで任せてくれています(笑)
ストレスをためないようにして速歩を続けて薬無しに戻れるように頑張ります。
やはりストレスが血糖値には一番よろしくないようです。】



こんにちは。
hanamizukiさんから、<糖質制限食+メトアナHD>
で、暁現象が改善したという嬉しいコメントを頂きました。
ありがとうございます。
メトアナHDは、『DPP-4阻害剤+メトホルミン』の合剤です。
hanamizukiさん、暁現象の改善、良かったですね。


糖質制限食実践で、食後高血糖は、リアルタイムに改善します。
従って、SU剤やグリニド系剤の内服、インスリン注射をしている人は
そのまま糖質制限食を実践すると低血糖になる恐れがあるので、
必ず、医師と相談することが必要です。

一方、早朝空腹時血糖値は、年期の入った糖尿病の場合、
スーパー糖質制限食実践でも、改善が困難なことがあります。
このような場合は、内服薬や注射薬との併用を考慮します。

早朝の空腹時血糖値は、正常人では、寝る前より低いのが普通です。
ところが、就寝前よりも朝起きたときの血糖値のほうが高いという現象が、
糖尿人によくみられ、「暁現象」
と呼ばれています。

朝方3~4時ころは、基礎分泌インスリンは一番低値になります。
さらにこの時間帯、成長ホルモンとコルチゾールが増えて
血糖が上がりやすくなるのですが、
正常人は即座にインスリン分泌を増やして対応します。
糖尿人はインスリンを増加させてそれに対抗できないから、
暁現象を生じるとされています。

成長ホルモンは、肝臓でのグリコーゲン分解を促し、
また抗インスリン作用(インスリンを抑制し、血糖値を上昇させる)を持つため、
血糖値を上昇させます。
コルチゾールは肝臓での糖新生を促進させて、血糖値を上昇させます。

また糖尿病患者では起床前後の交換神経活性が暁現象に関係しています。
交感神経活性でカテコラミンなどのインスリン拮抗ホルモンが増えます。
膵臓では交感神経刺激によりインスリン分泌抑制とグルカゴン分泌促進が起こり、
血糖値が上昇します。
夜間睡眠時は、肝臓がブドウ糖を合成して(糖新生)血液中に送り、
血糖値を維持しますが、もともと糖尿人は正常人に比べて糖新生が増加しています。

このように、暁現象は糖尿人の悩みの種ですが、
hanamizukiさんのように、<糖質制限食+DPP-4阻害薬+メトホルミン>
で改善することがあります。

また<糖質制限食+SGLT2阻害薬>で、暁現象が改善することも多いです。
さらに<糖質制限食+Glp1受容体作動薬>で、暁現象が改善する場合も多いです。

SGLT2阻害薬は、
スーグラ、ルセフィ、カナグル、フォシーガ、ジャディアンス、デベルザなどの
内服薬があります。
Glp1受容体作動薬は、トルリシティー、ビクトーザ、オゼンピックなどの注射薬と、
リベルサスという内服薬があります。

なお、糖質制限制限食実践者は、AGEsの蓄積も最小限ですむので、
慢性炎症、老化、動脈硬化、アルツハイマー病などの予防・改善が期待できますので、
このまま、健康長寿を目指しましょう。


江部康二
コメント
薬の効果は、理解しますが、、、!!
都内河北 鈴木です。

本日のhanamizukiさんの『暁現象』記事を読み、
【江部先生『糖質制限理論』(2005年発表)】を理解把握しての事だと
考えますが、
病態は人様々ですが、
私は『悪化一途で、殺されかけた病態患者』だったのですから、
薬の有効性は、認識しますが、
改善を目指すならば、【江部先生『糖質制限理論』】食生活を、
とことん厳密に実践する事かなと考えます!!

私は、『薬不要』で、
『糖尿病・重症化、眼科、脳梗塞、』が、
<<『生還、覚醒、5度の再覚醒、』している
  現在9年目があるからです!!>>

<<<『確証有る、『改善・医療デ~タ存在してます!!』>>>
<<<『医医療者の無知な書付も複数存在してます!!』>>>

<<時代進化した世界が受容した医療知識・皆無な医療者は、
  改善は、望めないという事です!!>>

hanamidukiさんも改善できてよかったですね!!

江部先生には、<<『生還、覚醒、5度の再覚醒、』>>していますが、
日増しに考えている事は、
<<『日本の異常な改善皆無の理論を指導している事』が、
  狂気と言える、無知な『医療理論』信奉の
 『医療界』を是正する事を願っています!!!>>

<<*早期に、気付けよ糖尿病・専門組織『日本糖尿病学会』!!!>>

<<私は、9年目現在、日増しに健康改善している事が、証明です!!>>

江部先生、<<『生還、覚醒、5度の再覚醒、』>>して、
<<健康とは、なんと素晴らしい事かなと、
  感じて9年間に生活しています!!>>
感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具

2021/07/13(Tue) 18:26 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
1型糖尿病の暁現象
江部先生のご説明は、2型糖尿病患者さんのケースなのでしょうか?私、3年前突然1型糖尿病になり、わからない事だらけで右往左往しております。
1型糖尿病患者の暁現象に効果がある薬って、あるのでしょうか?
2021/07/13(Tue) 20:10 | URL | ブルーベリー | 【編集
Re: 1型糖尿病の暁現象
ブルーベリー さん

本日の記事は2型糖尿病のお話です。

1型で内因性インスリンがゼロレベルの場合は、バーンスタイン医師も述べておられる如く、暁現象の改善は困難です。
1型でも内因性インスリンがあるていど残っている場合は、暁現象の改善もあり得るとおもいますが、
1型が飲める内服薬は、限られているのでなかなか大変です。
2021/07/13(Tue) 20:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
1型のむーです。暁現象といって良いのかわかりませんが、何時に起きても起床し活動してから20程度は上昇しています。なので起床後になるべく早くインスリン打つようにしています。
最近朝、スロージョギング始めたのでインスリン打ってから走ったら、下がりすぎました(*'ω'*)
ブルーベリーさん、
私も8年前に突然発症しましたが、江部先生のブログをはじめ書籍、または色々な情報がネット上にはあるので、参考にしながら生活しています。失敗多いですけどね
2021/07/15(Thu) 11:43 | URL | むー | 【編集
Re: タイトルなし
むー さん

バーンスタイン医師の糖尿病の解決 正常血糖値を得るための完全ガイド 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/23
リチャード・K・バーンスタイン (著), 柴田 寿彦 (翻訳)
出版社 ‏ : ‎ 金芳堂; 第4版 日本語 (2016/5/23) ¥6380-


1型であれば、この本がとても参考になると思います。
2021/07/15(Thu) 16:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生ありがとうございます
ありがとうございます。しっかり購入しています。バーンスタイン先生はバイアルで速効型のインスリン使用と、かなり方法論が今の自分と違うので、取り入れ方を考えないといけないです。
勉強になることはたくさんあります。先生の書籍と合わせて本棚に並んでいます。
2021/07/16(Fri) 09:21 | URL | むー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可