FC2ブログ
痩せている人の糖質制限食について。機能性低血糖もあり。
【2021/4/3 オリーブ

痩せている人の糖質制限について
初めてコメントさせていただきます。

55歳の女性。親戚に糖尿病あり
165cm 糖質制限を始めて44㎏→42㎏ 

いくら食べても太らない体質で、太りたいという気持ちもあって、
以前はかなり炭水化物をとっていました。
空腹時血糖値も基準値を超えたことはありません。
しかし、6年前にたまたま受けた血液検査で食後高血糖を指摘され、
それから炭水化物は控えめにしていたものの、じりじりHbA1cが上昇し、
昨年5.9になってから危機感をおぼえて糖質制限を始めました(主食の炭水化物を1食20g以下、
根菜類、調味料など気を付け1日の糖質は150g以下だと思います)。
その5か月後、専門の病院で75g負荷検査を受けました。

前 血糖99   IRI 2.9
30 血糖166   IRI 24.2
60 血糖202  IRI 40.3
90 血糖180  IRI 57.2
120 血糖163  IRI 65.8
180 血糖107  IRI 24
HbA1c 5.7
HDL 107
LDH 143
中性脂肪 55
クレアチニン0.64


この病院の指導はカロリー制限だったので、指導は受けずに帰りました。
糖質制限前は血糖値スパイクもあり、夕方にふらつきをおぼえ、
自己血糖測定器で計ると60の時もありました。
なので、今のHbA1cは質の良いものではあると思います。
しっかり体重があればスーパー糖質制限を行いたいところですが、
これ以上痩せたくないので悩んでいます。
私のインシュリンは遅延型なのでそれに合わせた食べ方をしたらいいのでしょうか?
何かアドバイスがあればよろしくお願いします。】

こんばんは。
オリーブさんから、痩せている人の糖質制限食について、
コメント・質問を頂きました。

①75g経口ブドウ糖負荷試験
開始2時間後血糖値が163mg/dlと140mg/dl以上なので境界型です。
しかし開始時間後血糖値が202mg/dlと、180mg/dlを越えているので、
将来糖尿病になりやすいです。
120分後血糖値:163mg/dl、IRI 65.8 μU/mL
ですので、ご指摘通り、インスリン分泌が遷延するタイプです。
このようなタイプは「機能性低血糖」を生じやすいです。

②機能性低血糖
[糖質制限前は血糖値スパイクもあり、夕方にふらつきをおぼえ、
自己血糖測定器で計ると60mg/dlの時もありました。]

これは、あきらかに食後高血糖と機能性低血糖であり、
血糖値は乱高下しています。
「食後高血糖」「血糖変動幅増大」
は最大の酸化ストレスであり、
動脈硬化慢性炎症の大きなリスクとなります。
オリーブさんの場合は、糖質を普通に摂取すると、機能性低血糖の症状が起こります。

③HbA1c
HbA1cは5.7%とコントロール良好です。
そして糖質制限食を実践中なので、
血糖変動幅の少ない<質の良いHbA1c> です。
一方、糖質を普通に摂取している時のHbA1cは、例え5.7%と一見良好に見えても、
血糖変動幅増大を伴う<質の悪いHbA1c>なのです。

④165cm、糖質制限を始めて44㎏(BMI:16.2)→42㎏(BMI:15.4)。
正しいスーパー糖質制限食実践により、
肥満している人は減量できて、適正体重になります。
そして痩せている人は、体重が増加して、適正体重になります。

①摂取エネルギー > 消費エネルギー   → 体重増加
②摂取エネルギー = 消費エネルギー   → 体重不変
③摂取エネルギー < 消費エネルギー   → 体重減少


オリーブさんが痩せたなら、消費エネルギーが摂取エネルギーより
多かったということです。
要するに摂取エネルギー不足です。
厚生労働省の言う「推定エネルギー必要量」 を目安に、
魚介類、肉類など、脂肪とたんぱく質を充分量摂取して、
徐々に体重を増やしましょう。
BMI:18.5は欲しいところです。

<推定エネルギー必要量>

「日本人の食事摂取基準」(2020年、厚生労働省)
に示す推定エネルギー必要量の範囲、
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

推定エネルギー必要量/日
               男性              女性
15-17才       2500 2850 3150  2050 2300 2550kcal
18-29才       2300 2650  3050    1650  1950   2200
30-49才       2300 2650  3050     1750  2000  2300
50-69才        2100 2450  2800   1650  1900 2200 
70才          1850 2200  2500    1500  1750  2000

身体活動レベル    低い 普通 高い    低い  普通  高い



江部康二
コメント
お忙しい中、私のコメントを取り上げて頂いてありがとうございました。
私のような超痩せ体質にはスーパー糖質制限は無理かと思っていましたがそうではないのですね。
炭水化物以外でバランス良くカロリー摂取を増やしてみます。
私が負荷検査を受けた病院は、最近リニューアルした病院なので期待して行きましたが、カロリー制限指導でがっくりしました。私が炭水化物を控えめにしていると言っただけでバランスよく食べなさいと怒られました。
先生の著書とブログに出会っていなかったら私は確実に糖尿病を発症していたと思います。
先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
2021/04/03(Sat) 22:34 | URL | オリーブ | 【編集
アポトーシス
江部 先生

お世話にななります
医学 でアポトーシス 細胞が死んでいく機序
要は糖質を控えるとしんでいくのでは無いか
との見解を出している方を見ました
でも青汁だけで生きている人や私も糖質を
控えていますが整合性が合わない気がします
今のところは健康ですので いかがなものでしょうか?
2021/04/04(Sun) 07:11 | URL | 糖尿人 | 【編集
日曜報道
さっき日曜報道を見ましたが、困りましたね。分科会のメンバーがワクチン接種でコロナウイルスの感染者を抑えられるような発言をされていましたが、その事に対して橋下さんも他の出演者の人達も何も疑問に感じていなかったようでした。恐らく国民のほとんども同じで、ワクチン接種では感染拡大を抑えることは、不可能だということを知らないような気がします。
2021/04/04(Sun) 09:10 | URL | チョコボ | 【編集
Re: アポトーシス
糖尿人 さん

アポトーシスはヒトが健康に生きていくために必要不可欠な浄化機能です。

生体内の主な浄化機能には、オートファジー、不要な細胞を「自殺」させるアポトーシス(細胞死)と、
細胞内の不要なタンパク質を見分けて分解するユビキチン・プロテアソーム系があります。

糖質制限食実践で、これらの浄化機能が活性化されて、ヒトは健康に生きていくことができます。
2021/04/04(Sun) 09:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 日曜報道
チョコボ さん

そうですね。
最近のテレビで、ワクチンで感染が防げるような発言をする人がいますが、困ったものです。

仰る通り、国民の多くが、それを信じていると思います。

長期的安全性が全く担保されていない「新型コロナワクチン」を、接種することに
日本のほとんどの人が、疑問を持っていないようです。

人口100万人あたりのコロナ死者数が、日本の10倍から50倍の欧米では、
少々の副反応があっても、接種したいという人は多いと思いますし、ワクチン接種に一定の意味もあると言えます。

しかし、コロナ感染者も死者数も欧米に比べて、極めて少ない日本においては、
ワクチン接種の意味も極めて少なく、欧米と同列に論じるのは、基本的な間違いと言えます。

また、IgG抗体しか産生できないワクチンで、感染防御は不可能です。

現在研究中の鼻粘膜投与のワクチンなら、IqA抗体が産生できるので
感染防御できる可能性があります。

2021/04/04(Sun) 14:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
ワクチンへの知識、無知な医療者の存在??!!
都内河北 鈴木です。

チョコボさんのお気付きのワクチン知識ですが、公共報道での発言には、
国民は信じます!!

ワクチン以前の食生活・理論、
<<【江部先生『糖質制限理論』(2005年発表)】>>で、
私は、会席調理師をしていて、
専門医に21年間の後半7年間『医療世界情報』を『隠蔽されていました』が、
理解把握し、実践で、
後遺症『眼、脳梗塞、』有る、
インスリン増量投与の3年半余りの患者が、インスリン自主離脱して、
<<『生還できた現実です!!』>>

以降【江部先生『糖質制限理論』】食生活に何の疑問皆無で、
現在9年目現在までに後遺症『眼、脳梗塞、』が、
<<『覚醒、4度の再覚醒、』>>して生活している
9年目の現実があります!!!

タバコ以上の<<害毒『糖質』>>だと実体験で感じた再三発言していますが、
現在社会には、『日本国・医療者』が、
明確な『世界医療界』とはかけ離れている事を、
知らない日本国民がマダマダ存在している事と、
同様だなと考えます!!

江部先生には、『生還、覚醒、4度の再覚醒、』して、更なる『改善』して9年目に生活できる事に、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2021/04/04(Sun) 18:02 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
機能性低血糖
オリーブさん
参考になるご質問を有難うございました。
私も痩せ型で同じ機能性低血糖の症状があり、自己測定では食後高血糖から低血糖になる血糖値の乱高下を繰り返していた事が分かりました。
幸いにも、江部先生のご著書とブログに出会い、糖質制限を続けていますので、現在は体調良好です。
オリーブさんと同じように、ともすると痩せがちですので、アドバイスを参考に、蛋白質と脂肪をしっかり摂って、楽しい食生活で元気に過ごさせて頂きます。
(50代女性)
2021/04/06(Tue) 17:29 | URL | さくら | 【編集
さくらさんへ

共感できる人がいて嬉しいです。
以前は夕方の脱力感を空腹だと考え、昼食の量が足りないと思いかなりの炭水化物を摂っていました。
今考えると、恐ろしいことをしていたなと思います。
糖質制限を始めてから、うそのように夕方の脱力感がなくなりました。江部先生に感謝です。
痩せている人は高血糖とは無縁だと思い、自分の糖代謝異常に気がついていない人も多いですよね。
この事がもっと周知されると良いのにと思います。
我が家にはお金のかかる子供がまだおりまして、食費を存分に使える家計ではないのですが、適正体重に近づく様にがんばります!

2021/04/07(Wed) 21:08 | URL | オリーブ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可