fc2ブログ
妊娠糖尿病が糖質制限食で改善して正常データになった。
こんばんは。
妊娠糖尿病だったゆきぼくりさんから、
糖質制限食実践で、75g経口ブドウ糖負荷試験のデータが改善したという
嬉しいコメントを頂きました。
ゆきぼくりさん、良かったですね。
ご報告、ありがとうございます。

2021年3月、75gブドウ糖負荷試験
60分後 → 123mg(前回211mg、2020年7月)
120分後 →86mg(前回175mg、2020年7月)
IRI(インスリン初期分泌)→0,46(前回0,28、2020年7月)


見事な改善です。
境界型から正常型になっています。
インスリンの基準値はどのくらいですか?

産婦人科医の宗田哲男先生の、病態栄養学会での研究報告でも、
妊娠糖尿病であった人が、糖質制限食で改善して、
データがが正常になるということでした。

『食後2時間後は120から130の値を示すことも多く、
病院で結果を聞くまで本当に不安でした。』


食後2時間血糖値が140mg/dl未満なら、基準値内ですので問題ないです。
今回のデータとの比較が参考になるので、2020年07月24日 (金)  の記事も再掲します。

21/03/16
ゆきぼくり
先生、いつも様々な情報ありがとうございます。
先生、こんばんは。
いつも先生のブログを拝見し勉強しています。
以前、妊娠糖尿病の事でご相談させて頂きました。
今回、再検査の結果が出ましたので、
ご意見を聞きたくてコメントをさせていただきました。

今月、75gブドウ糖負荷試験を行いました。
血糖前→96
30分後→120
60分後→123(前回211)
120分後→86(前回175)
HbA1c→5,6%
HOMAR→1,25
IRI(インスリン初期分泌)→0,46(前回0,28)
でした。
前回の7月から、先生の本やブログを元に
一食、糖質40g以下を目安に生活を続けました。
本当に私の結果なのかとびっくりしています。
嬉しくて診察室で泣けてきました。

もちろんすべての人が糖質制限ができるわけだはないのかもしれないけど、
こうして結果として見れたことで、これからも続けていこうと思えましたし、
気持ち的に本当に明るくなれました。

今月の採血前まで簡易的血糖測定器ではかると
食後2時間後は120から130の値を示すことも多く、
病院で結果を聞くまで本当に不安でした。
現在も時折、食後に測定していますが同様に120を超えることがあります。
病院の採血結果が良いのに、
普段の食後血糖が高いということはどういうことなのでしょうか?
先生のご意見を教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。】


江部康二


☆☆☆
2020年07月24日 (金) の記事

【日付 名前
20/07/22
ゆきぼくり
妊娠糖尿病診断後出産後も境界型継続について

先生、はじめまして。
突然、コメント欄から失礼します。
私は現在、38歳です。
第1子は31歳で出産しそのときは妊娠糖尿病は指摘されませんでした。
(ブドウ糖負荷試験自体なかった)
第2子を37歳で出産しました。
そのとき妊娠糖尿病(ブドウ糖負荷試験で糖代謝異常)の診断がありました。
空腹時は問題なく2時間値が下がらないタイプでした。
血糖測定と低糖質食、5回食で、食後2時間値ほぼ120以下にキープできたため、
出産までインスリン使用なく経過しました。

出産後は普通の食事ができるとの事で、普通に食事をしていましたが、
今年1月のフォロー採血で境界型でした。
やはり2時間値が147と高い状態でした。
それでもインスリンの抵抗性と分泌は問題ないので
様子をみて半年後の評価として7月また採血をしました。

7月、採血をしてみると悪化をしていて1時間値は211、2時間値は175と高く
今回はインスリン分泌も悪くなっていました。
正直、ショックでかなり辛いです。
内分泌の先生は祖母が糖尿病、父以外の兄弟3人が糖尿病なので
遺伝性も強いのではないかと言われましたが、
尚更、今後、良くなる兆しが見えなくなり辛いです。

また血糖を計り、低糖質で生活していこうと思います。
本当は先生の病院に受診をしたいのですが、関東に住んでいるため、
通院が難しくこのような形でコメント欄に書かせて頂きました。
そこで先生にお聞きしたいのですが、
境界型でも糖質20グラム目安の方がいいのでしょうか?
お忙しいとは思いますが、お返事を頂けたら幸いです。】



【第1子は31歳で出産しそのときは妊娠糖尿病は指摘されませんでした。
(ブドウ糖負荷試験自体なかった) 】


2010年、世界統一の妊娠糖尿病(GDM)診断基準が、作成されました。

第一子を31歳で出産なら、2013年ですから、日本でも
ブドウ糖負荷試験をして、妊娠糖尿病をチェックする産婦人科が多くなっていた
と思うのですが、なしだったのですね。


【第二子、妊娠糖尿病(ブドウ糖負荷試験で糖代謝異常)の診断がありました。
空腹時は問題なく2時間値が下がらないタイプでした。】

<診断基準>
1)妊娠糖尿病
糖尿病ではなかった人が、
妊娠後初めて妊娠糖尿病の基準をみたした場合は「妊娠糖尿病」です。
妊娠糖尿病は、糖尿病にいたっていない糖代謝異常であり、
妊娠時に診断された明らかな糖尿病は含まれません。
妊娠糖尿病は75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)によって診断されます。

負荷前値が92mg/dl以上、
1時間値180mg/dl以上、
2時間値153mg/dl以上、
のいずれかがあれば、
妊娠糖尿病(GDM)と診断されます。

妊婦さんの7〜9%は妊娠糖尿病と診断されます。
特に肥満がある人、糖尿病の家族歴のある人、
高齢妊娠、巨大児出産既往のある人などは
ハイリスクですので必ず検査をうけましょう。


【血糖測定と低糖質食、5回食で、食後2時間値ほぼ120以下にキープできたため、
出産までインスリン使用なく経過しました。】


これは、素晴らしい成果です。
良かったです。
妊娠糖尿病はインスリン抵抗性が主たる要因の耐糖能障害であり、
実は、体内のインスリン分泌は多いくらいです。
そこに外部からインスリンを打ったりしたら、
非常に肥満しやすくなり体重コントロールが大変になるのです。

<妊娠中の血糖値コントロール目標>
朝食前血糖値:70~100mg/dl未満
食後2時間血糖値:120mg/dl未満
GA(グリコアルブミン)15.8%未満
妊娠中の血糖値コントロール目標は
「妊娠糖尿病」「妊娠中の明らかな糖尿病」「糖尿病合併妊娠」
の3つとも上記となります。
できれば、食後1時間血糖値:140mg/dl未満もクリアすることが望ましいです。
HbA1c6.2%未満も目標なのですが、
妊婦で鉄欠乏状態があると、HbA1cは正確な数値を示さないので、
GA(グリコアルブミン)の方が頼りになるのです。


【2020年1月のフォロー採血で境界型でした。
2時間値が147と高い状態でした。インスリンの抵抗性と分泌は問題ない】

【2020年7月、採血をしてみると悪化をしていて
1時間値は211、2時間値は175と高く今回はインスリン分泌も悪くなっていた。】


 出産後は、普通の食事だったので、境界型と耐糖能が悪化したのだと思います。
妊娠糖尿病は、元々糖尿病ではなかった人が、妊娠をきっかけに耐糖能が悪化して発症します。しかし、妊娠糖尿病にならない人が真の耐糖能正常者とするならば、
妊娠糖尿病を発症した人は、それに比べたら一定、耐糖能は良くないわけです。
また、妊娠糖尿病は出産後は、正常型に戻るとされていますが、一旦妊娠糖尿病になった人は将来糖尿病になりやすいことが判明しています。
また、ブドウ糖負荷試験の1時間値が180mg/dlを超えている場合は、将来糖尿病になりやすいです。


【内分泌の先生は祖母が糖尿病、父以外の兄弟3人が糖尿病なので
遺伝性も強いのではないかと言われました。】


2型糖尿病は結構遺伝的素因が関与します。
私も、両親共に2型糖尿病でした。
ゆきぼくりさんも、おおいに素質があるので、
このまま行けば、しっかり糖尿病を発症する可能性が高いです。
境界型から糖尿病への進行を予防するためなら、
緩やかな糖質制限食でも大丈夫です。
すなわち、1回の食事の糖質量が40gくらいでも、
糖尿病発症は予防できると思います。
勿論、AGEs蓄積予防の観点からは、辛くなければ糖質20gでもOKです。


江部康二


【ゆきぼくり
妊娠糖尿病診断後出産後も境界型継続について 追加
先生、早速のお返事、大変嬉しく思います。もう一つ伺いたかったのですが、
妊娠中から食後2時間の血糖は120以下にと言われました。
今回、また血糖測定を行っていくことになりましたが、食後1時間値140、2時間値120以下を目安にとのことでした。
普通の基準より血糖値が低いと思いますが、
やはり糖尿病だとこの値が基準なのでしょうか? 】


「食後1時間値140、2時間値120以下」
この数値目標は、妊娠中の目標と同じですね。
国際糖尿病連合は、食後1時間値も2時間値も160mg/dl未満を目標としています。
国際糖尿病連合の目標でも良いと思いますが、
AGEs蓄積予防の観点からは、
「食後1時間値140、2時間値120以下」
がより好ましいですね。


江部康二
コメント
先生、ありがとうございます。
お忙しい中、記事にしてありがとうございます。とても嬉しく思います。
インスリンの基準値は5.3でした。
先生の病院で診察していただきたくても、距離的に遠いため、行けない立場からすると本当にこのように親身に色々教えて頂けて嬉しく思います。
今日の夕飯には菓子工房さんの低糖質ロールケーキを食べました。今の時代、こうして江部先生の様なドクターに出会うことができ、さらに美味しく低糖質生活ができることに感謝しています。
2021/03/17(Wed) 21:03 | URL | ゆきぼくり | 【編集
『改善・感動』は、その後の人生に忘れない!!
都内河北 鈴木です。

本日記事のゆきぼくりさんの改善は、
その後の人生に忘れられない現実感動だと、感じるかなと考えます!!

私は『生還、覚醒、4度の再覚醒、』して、
更なる改善している9年目に生活してますが、
江部先生には、コメントしか出来ない状況ですが、
感動の余り再三コメントしてます!!!!

これも私の結果で理解できる、
『日本糖尿病学会』信奉・病院、担当医に、
医療世界デ~タを
<<『隠蔽されて、殺されかけた患者だからです!!』>>

現在なら新型コロナなどの新ウイルスなどに対応不可な日本医療界!!

<<江部先生『糖質制限理論』を、
  世界が受容しても、何故なのか受容しない『日本医療界』!!>>

だが<<<日本の食品業界は、『糖質・対応食品』の増産体制です!!>>>

私居住の都内S区区役所は、区民の健康改善しない講義の開催が、
2019年3月より現在もありません!!

<<『世界1の糖尿病国だと発表している日本国』だと、言うのにです!!>>

*私は、更なる改善へと改善デ~タ持参での質問は、駄目なようですので、
 参加拒否されていました!!

<<無知、無能な専門医では、『糖尿病・改善皆無の講義開催』は、
  しない方がよいかなと考えます!!>>
*時間の無駄です!!
*当然至極かなと考えます!!

江部先生には、『生還、覚醒、4度の再覚醒、』して、
更なる改善して9年目に生活できる事に、
感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具





2021/03/17(Wed) 21:50 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 先生、ありがとうございます。
ゆきぼくり さん

インスリンの基準値ですが、例えば以下の如くです。
インスリン(IRI)|ファルコバイオシステムズ 臨床検査事業
基準値, (空腹時負荷前) 2.7~10.4 μU/mL .


ゆきぼくりさんのデータ
IRI(インスリン初期分泌)→0,46(前回0,28、2020年7月)
は低すぎるのですが・・・。
2021/03/18(Thu) 07:16 | URL | ドクター江部 | 【編集
いつもこちらのブログでは勉強になることばかりです。
毎日の更新が楽しみです。

本当に初歩的な事かもしれませんが、前から気になっていることがあります。よろしかったら教えていただけますか?

運動をすると、血糖値を測ると上がりますよね?なのに、有酸素運動が奨励される理由は何故でしょうか。
脂肪燃焼のためでしょうか?
私は痩せ型の境界型です。運動は苦手ですが、ロコモにならないように、筋トレだけは細々と続けています。
有酸素運動も出来るだけした方がいいでしょうか。

運動とは違いますが、ナイアシンを服用して、1日1回ナイアシンフラッシュをさせています。
少し気分が晴れるのと、あと今の時期はフラッシュさせると花粉症の症状がかなり収まるのと、後LDLが有意に下がるので、正直手放せません。
ただ、これもその場は血糖値が上がるみたいなので、服用を続けるのが無理になったらどうしようかと悩み中です。
このナイアシンフラッシュと同様に顔や全身が熱くなるのが、お酒を飲んだ時です。
私はお酒に弱いので、ちょっと飲んだだけで真っ赤になります。体感としては同じ感覚なんですが、お酒を飲みながらだと血糖値下がる方多いですよね?

この、運動、ナイアシン、飲酒は、どれも動悸がしたりする症状では一緒なのですが、身体に与える影響は違うのでしょうか?

教えていただけたら幸いです。
2021/03/18(Thu) 17:13 | URL | キャベツ好き | 【編集
Re: タイトルなし
キャベツ好き さん

①有酸素運動をある程度長期に続けると、筋肉のインスリン感受性が良くなります。
②短期的には、食事開始後30分で、30分ぐらい歩行すると、食後の血糖値の上昇がかなり抑えられます。
③テニスなど心拍数が、上昇してアドレナリンが分泌されるていどの運動だと
 アドレナリンによる糖新生のために血糖値が上昇します。
 これは30~60分くらいで下がります。
④筋トレは、インスリンの感受性を良くすることはありませんが、
 筋肉量が増えれば、血糖取り込み装置が増加するので血糖が下がると思います。
⑤ナイアシンのことは、私はよくわかりません。
⑥飲酒でアルコール濃度が高い間は、肝臓の糖新生が抑制されるので、血糖値は下がります。
 勿論過剰の飲酒の害は大きいので、適量となります。
2021/03/18(Thu) 19:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生
妊娠糖尿病から正常値に戻った方の記事はとても参考になり励まされます。

こちら英国在住で医療費は無料という利点はあるのですが、検査や専門医受診にこぎつけるまでに時間がかかるため、思い切って江部先生にコメントを送らせていただきました。限られた情報ですがアドバイスいただければ幸いです。

私も約2年ほど前に40歳で第一子を出産した際に妊娠糖尿病になりました。
妊娠28週目の75gブドウ糖負荷テストで空腹時が79、2時間値153でした。食事と運動で血糖値をコントロールし無事に2900gの子どもを出産しました。出産後6週間のブドウ糖負荷試験では2時間後血糖値が105とういうことで正常に戻っているといわれました。1時間値は不明。HbA1cは5.6でした。

私の気のゆるみなのですが、そこから糖質制限なしどころか育児の疲れから糖質過多の食生活になっておりました。
昨年の秋から体調がすぐれず(ひどい疲労、めまい、蕁麻疹、頭痛など)やっとの思いで今年の1月に血液検査をやってもらったところ、HbA1cが6.0ということで要観察、この数値なら主食を白色の物から茶色の物(白米から玄米など)に変えれば大丈夫というお粗末なアドバイスでした。
父を含め親族に糖尿病境界型が数名いるため、医師のアドバイスより自分の身は自分で守ろうと思い色々検索し江部先生のブログにたどり着きました。

妊娠時の簡易検査キットも残していたため自分なりに血糖値を測定したところ空腹時は常に90以下でしたが食後2時間の血糖値がひどい時は180程、完全に下がるまでに5時間ほどかかる時までありました。慌てて糖質制限を始めたのが3か月ほど前です。

今は1回の食事の糖質量が25g-40gで緩やかな糖質制限をしています。
そこから見えてきた傾向なのですが。

A:食後1時間より、2時間、たまに3時間後の方が血糖値が高い時がある。

B:最近はAのような状態があっても血糖値自体は140を超えることはなくなってきています。

C:Aの状態や血糖値が140近くになるときは食後特に動いていない時。家事や軽い運動など結局2時間近く小動きした際は最高でも115を切るくらいです。

D:年末年始に感じていた体調不良は完全になくなり、むしろ元気になっている。糖質制限のお陰だと確信してます!

年始の血液検査ではブドウ糖負荷テストはしてもらえず、実際はもう糖尿病になっているのではないかと不安はあります。でも、そこを気にするよりこれから先いかに健康に生きていくことの方が大事だと思い見様見真似ですが糖質制限挑戦中です。

今回お聞きしたかったのは
●現在の糖質制限レベルでも糖尿病を防いだり血糖値の正常化が図れるでしょうか?

●インスリンが遅れて出る傾向?というのでしょうか、こちらも糖質制限生活で改善していくものでしょうか?

●糖質量は朝>昼>夕食にしていますが、朝食次第で1日の血糖値コントロールが良好になると聞いたことがあります。それならば朝食の糖質を減らす方が良いのでしょうか?

糖質制限、糖尿病に関して知識がなく、このような的の得ない質問ばかりですが、ご教示いただければ幸いです。
2021/05/18(Tue) 06:42 | URL | 挑戦中 | 【編集
Re: タイトルなし
挑戦中 さん

いろいろと参考になるので、記事にして回答したいと思います。
2021/05/18(Tue) 09:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生

コメントありがとうございます。記事にして頂けるとのこと大変ありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
2021/05/18(Tue) 15:17 | URL | 挑戦中 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可