FC2ブログ
間違いだらけのカロリー計算。カロリー神話の崩壊。
こんばんは。
本日、コメントにも書きましたが、
現行のカロリー計算は間違いだらけと思われます。

夏井睦先生も、ご著書
「炭水化物が人類を滅ぼす~糖質制限からみた生命の科学」(2013年、光文社新書)
の中で、現行のカロリー計算法に関して、
第Ⅵ章で問題提起しておられますが、私も同感です。

今回、「日経サイエンス 2013 12 特集 食欲」に掲載の記事
「間違いだらけのカロリー計算」 
R.ダン(ノースカロライナ州立大学) P53-56

を読んで大変興味深かったので、抜粋を要約して簡単に紹介したいと思います。


鍵となる概念

■A)

現在売られている食品はほとんど全てにカロリー数がラベル表示されている。
だが、これらの数値の大半は消化の複雑さを無視した平均値に基づいており、
その意味で不正確だ。

■B)

食物から得られるカロリーが、食物の種類はもちろん、調理法や腸内微生物の種類、
食物を消化するのに私達が費やすエネルギーによって変わることが、
近年の研究で明らかになった。

■C)

現在のカロリー計算はこうした要因をまったく考慮に入れていない。
消化は非常に複雑で入り組んだ過程なので、
カロリー計算の改善に取り組んだとしても、
完璧に正確なものにするのは不可能だろう。



鍵となる概念(KEY CONCEPTS)に関して、R.ダン氏の言う通りと思います。

今まで、19世紀の米国の化学者アトウオーターの計算式が、
現在までさしたる疑問もなく使われ続けたのが不思議と言えば不思議です。
アトウォーターの換算係数は、例の

脂質:9kcal/g 蛋白質:4kcal/g 糖質:4kcal/g 

というやつです。

食物の熱量=
「食物を空気中で燃やした熱量」-「同量の食物を食べて出た排泄物を燃やして発生した熱量」


これの概算値が得られるのが、アトウォーターの換算係数です。

今までアトウォーターの換算係数に基づくカロリー計算に関して、
きっちり追試した研究は皆無だったのですが、
ハーバード大学のカーモディーが近年研究したものがあります。
カーモディーの原著までは、調べていません。
すいません。 m(_ _)m

マウスにさつまいもか赤身の肉を与えて、体重の変化を比較したものです。

1)生で形もそのまま
2)生で砕いたもの
3)形はそのままで加熱
4)砕いて加熱

結果は、食材を砕いても体重は増加しませんでしたが、
加熱すると、さつまいもでも赤身の肉でも、
加熱していない餌のマウスに比べて体重が増えました。

加熱によって、消化吸収しやすくなり、
摂取エネルギーが生食マウスに比べて、多くなったったと考えられます。

こうなると、アトウォーターの換算係数に基づくカロリー神話は、
加熱という調理法だけでも、簡単に崩壊している
ことがわかります。

さらに、上記A)B)C)の、3つの鍵となる概念(KEY CONCEPTS)を考慮すれば、
人体の消化・吸収におけるカロリー計算はそう簡単にはいかないということがわかります。

このように、食物の正確なカロリー計算は、ほぼ不可能と言えるのですが、
生肉、生魚、生野菜を食べると、加熱するよりは減量しやすいことは確かなようです。

通常、魚の刺身はOKですね。
しかしながら、生肉はハードルが高いです。
牛の生レバーと生豚肉は禁止です。
ユッケは腸管出血性大腸菌O111による食中毒の危険性がありますので、
規格基準の要件が、大変厳しくなりました。
鶏肉を生で食べると、カンピロバクター食中毒やサルモネラ食中毒のリスクがあるので
こちらも要注意であり、規格基準がとても厳しくなりました。


江部康二
コメント
江部先生の思いが、爆発ですね!!
都内河北 鈴木です。

本日ブログ記事内容は、
【江部先生『糖質制限理論』(2005年発表)を理解把握して実践での、
私の『生還、覚醒、4度の再覚醒、』しています現実!!

<<既存の時代進化皆無の『日本糖尿病学会』信奉・病院、担当医は、
  本日記事には、『反省、学習無いのかなと考えます!!』>>

私なら、『参加希望の質問者個人指定して参加拒否』して、
『改善・皆無の講義を開催』しようとしても、
『改善は、無理だろうと、考えます!!』

<<江部先生の御怒りを受けとりました!!!>>

私は、更なる改善の為に、今後共『日本糖尿病学会』信奉・医療者へ、
私自身の『改善・医療デ~タ持参』で、
質問して行きたいと考えます!!!

<<まぁ、無駄でしょうが!!!>>

江部先生には、『生還、覚醒、4度の再覚醒、』している9年目現在に、
感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2021/03/06(Sat) 21:32 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
新型コロナは通常のインフルエンザ
江部先生、こんばんは     

新型コロナウィルスは、政府は2月12日に、通常のインフルエンザと同じ扱にすると公表しているようですね。下に貼り付けます。
例によってマスゴミは、報道しない自由で全く報道しませんね
これだけ煽ったのですから、今更ワクチン接種を止められないのでしょうね
少しずつですが、闇が明かされていくのかもしれません。
その為にも、寅さんの復活に期待したいですね。
寅さんは大変な愛国者で、アメリカの為に年間給与たった1ドルで頑張ってきたのですから。日本の総理を年間給与(歳費)100円で引き受ける人がいるでしょうか?


事務連絡 令和3年2月 12 日
各都道府県知事 殿
各指定公共機関 各位   

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長

「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」 及び「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法 律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令」の公布について (新型インフルエンザ等対策特別措置法関係)

(2)新型コロナウイルス感染症の法における位置付けの変更(法第2条第1 号及び附則第1条の2) 新型コロナウイルス感染症については、法附則第1条の2により新型イン フルエンザ等とみなして法の規定を適用していたところである。 今回の感染症法の改正により、感染症法第6条第7項に規定する「新型イ ンフルエンザ等感染症」の定義に、新型コロナウイルス感染症及び再興型コ ロナウイルス感染症が追加されたことに伴い、新型コロナウイルス感染症は 当然に新型インフルエンザ等として法の対象となる。なお、これに併せて、 法附則第1条の2は不要になるため削除することとした。
2021/03/06(Sat) 22:16 | URL | モン吉 | 【編集
エネルギー保存の法則
江部先生、こんにちは

江部先生の本日のご説明で、エネルギー保存の法則がよく理解できます。

食物エネルギー(カロリー)は「力学的エネルギー保存の法則」には、単純に当てはまらないと言う事ですね。

2021/03/07(Sun) 09:53 | URL | モン吉 | 【編集
<<明治期のヤバい病気の正体!!>>
都内河北 鈴木です。

本日の東洋経済のニュ~スですが、
このニュ~ス社ならばと読み、納得しました!!

YAHOO!ニュ~スです。
『白米好きの日本人』を襲ったヤバい病気の正体、
大正期には1年で『約3万人』者命が奪われた

3,7、(日) 6:31配信    東洋経済
                   ONLINE

このニュ~スは、
江部先生『糖質制限理論』を肯定している事実かなと、考えます!!

私の把握発言『脚気・高木兼寛医師』の事からを、
現在解明された【江部先生『糖質制限理論』(2005年発表)】を、
明確に肯定して、説明していますからです!!

1読価値ありかなと、考えます!!
<<何故なら、時代の現実を列記しているからです!!>>

江部先生『糖質制限理論』に、『命救われ、』、
後遺症『眼、脳梗塞、』が、『覚醒、4度の再覚醒、』している9年目に、
感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2021/03/07(Sun) 11:29 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 新型コロナは通常のインフルエンザ
モン吉 さん

情報をありがとうございます。

通常のインフルエンザではなく「新型インフルエンザ」と同じ扱いですね。
新型インフルエンザも、当時は大騒ぎでした。
2021/03/07(Sun) 18:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: <<明治期のヤバい病気の正体!!>>
都内河北 鈴木 さん

情報をありがとうございます。

森鴎外が、陸軍の軍医総監で、「脚気は感染症である」として頑迷な態度をとり続けて食事を顧みなかったので
陸軍では脚気の死者が多発しました。

これに対して海軍では、高木兼広が軍医総監で、食事に留意したことで、死者がほとんどでませんでした。
高木兼広の臨床に即した実務的な対応が多くの人を救いました。
2021/03/07(Sun) 18:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限+カロリー制限で分かったこと
生の食品を食べると消化が悪い上に加熱したものより摂取量が少なくなります。
例えば、刺身で食べる量と焼魚として食べる量を比較すると分かりますが、1人前の量が半分以下になるのではないでしょうか。
野菜に至っては、生では半分も食べられないでしょう。ただし、加熱による栄養素の分解がない分、栄養素密度は高いかもしれません。

人類が火を手に入れる以前には、全て生で食べていたわけですから、現在の摂取量から比べるとかなり少なかったのではないかと想像できます。
現代人は、糖質を摂取しすぎなのは当然として、総量においても食べすぎなのではないでしょうか。

それで、以前にも投稿しました、数ヶ月間の「糖質制限+低カロリー食」の実験ですが、そこで分かったことは、
(1)耐糖能が悪化した。特に朝食時の耐糖能が悪化した。
(2)体調は良く、皮膚の艶が良くなった。
(3)内臓脂肪レベルが下がった。
(4)糖質摂取量が自然に増えた。
(5)実験中に減量した体重は、摂取カロリーを戻しても維持したまま増えていない。
などです。

歩行速度が明らかに早くなるなど体調はすごく良いのですが、耐糖能がなぜ悪化するのか分かりません。


摂取カロリー/日、耐糖能、体重、糖質摂取量/日の月平均です。
7月 1900kcal 1.55mg 56.7kg 49g
8月 1800kcal 1.51mg 56.6kg 42g
9月 1690kcal 1.55mg 56.3kg 48g 実験開始
10月 1630kcal 1.64mg 55.8kg 47g
11月 1693kcal 1.69mg 55.2kg 49g
12月 1724kcal 1.68mg 54.8kg 51g
1月 1813kcal 1.74mg 55.1kg 54g
2月 1926kcal 1.91mg 54.5kg 62g 実験終了
※耐糖能は体重64kg換算値
2021/03/07(Sun) 18:26 | URL | 西村 典彦 | 【編集
勘違い
江部先生、こんばんは

新型コロナは、通常の季節型インフルエンザの扱いになったと勘違いしていました。
新型インフルエンザは、また別扱いなのですね。
2021/03/07(Sun) 20:45 | URL | モン吉 | 【編集
Re: 糖質制限+カロリー制限で分かったこと
西村 典彦さん

詳細な報告をありがとうございます。
参考になります。

耐糖能ですが、糖質制限食ですので、膵臓のβ細胞はしっかり休養できていて、
インスリン分泌は必要最小量ですんでいるので、真の耐糖能は低下していないと思います。

75g経口ブドウ糖負荷試験の前、3日間は150g-日の糖質摂取が、原則ですので、
同様の現象と思います。
見かけ上、低下したように見えるだけと思います。
2021/03/08(Mon) 18:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可