FC2ブログ
糖尿病発症から高尿酸血症まで。糖質制限食、低エネルギーに注意。
【21/03/01 ヒロ豊
糖尿病発症から高尿酸血症まで
ドクター江部先生へ

初めまして、ヒロ豊と申します。
宜しくお願い申し上げます。

2021/1中旬に頻尿が気になり、1/30に血液検査をした所、
検査時:38歳、175㎝、82㎏
空腹時血糖値:258
HbA1c:10.4
中性脂肪:500over
総コレステロール:228
HDLコレステロール:38
LDLコレステロール:90.0
GTP:60
γ-GTP:133
クレアチニン:0.97
尿酸:7.6

その日から生活習慣を改め、色々調べてくうちに江部先生の著書を購入し、
ブログに辿り着き藁をもすがる気持ちでスーパー糖質制限食を実施しました。
食事はサラダ、キノコ類、鯖缶、汁物にしました。
運動は毎日筋トレ→ウォーキング。
服用していたお薬は「エクア錠50mg」です。


その結果、2/27の血液検査
体重は82㎏→78kg
空腹時血糖値:258→110
HbA1c:10.4→8.7
中性脂肪:500over→125
総コレステロール:228→186
HDLコレステロール:38→34
LDLコレステロール:90.0→127.0
GTP:60→34
γ-GTP:133→23
クレアチニン:0.97→0.84
PRO定性:3+→+-
GLU定性:2+→-
KET定性:1+→2+
ヘモグロビン→17.1→15.8
尿酸:7.6→11.5

スーパー糖質制限食で改善出来ました。
ありがとうございました。

一つ尿酸値が悪くなっておりフェブリクを処方されました。
お酒は飲まず魚卵など取っていません。
1、ストレス2、肥満3、大量の飲酒4、激しい運動5、プリン体の摂りすぎ
1、2、4は思い当たる節があります。
また低カロリーが原因だったのでしょうか?
過去痛風発作した事はありません。

このままエクアとフェブリクを飲み続けても良いのでしょうか?
飲み薬の離脱は出来ますでしょうか?】


こんばんは。
ヒロ豊さんから、『糖尿病発症から高尿酸血症まで』という
コメント・質問を頂きました。

2021/1/30 ⇒ 2/27
検査時:38歳、
175㎝、82㎏ ⇒ 78kg
BMI:26.8 ⇒ 25.47
空腹時血糖値:258  ⇒ 110mg
HbA1c:10.4 ⇒ 8.7%
中性脂肪:500over ⇒ 125mg
総コレステロール:228 ⇒ 186mg
HDLコレステロール:38 ⇒ 34mg
LDLコレステロール:90.0 ⇒ 127.0mg
GPT:60 ⇒ 34
γ-GTP:133 ⇒ 23
クレアチニン:0.97 ⇒ 0.84mg
尿酸:7.6 ⇒ 11.5mg

尿中ケトン体:1+ ⇒ 2+
尿蛋白:3+ ⇒ ±


ヒロ豊さん、拙著のご購入、ありがとうございます。
HbA1c、体重、空腹時血糖値、中性脂肪値は、見事な改善ですね。
良かったです。
GPT、γ-GTPと脂肪肝のデータも良くなっています。
蛋白尿も改善しています。
尿中ケトン体は、1+ → 2+
なので、体内で脂肪がよく燃えていて、糖質制限食が実践できています。

内服薬もエクアなら、DPP-4阻害剤であり、『スーパー糖質制限食』を実践しても
低血糖の恐れはないので、安心です。

尿酸が7.6→11.5と、高値になってしまいましたが、
仰る通り、摂取エネルギー不足によるものと思われます。

『食事はサラダ、キノコ類、鯖缶、汁物にしました。』
この食事は、糖質制限OKですが、かなりの低エネルギーです。
動物性脂肪も動物性蛋白も、しっかり食べて、脂の乗った魚貝類や肉類を、
充分量摂取しましょう。
毎日筋トレとウォーキングをしておられるので、
厚生労働省のいう推定エネルギー必要量(運動量は中等度)、
2650kcal/日が目安です。

HDLコレステロール:38→34mg
通常、糖質制限食でHDLコレステロールは増加しますが、かえって減少しています。
こちらも尿酸値上昇と同様に、摂取エネルギー不足のためと思われます。

結論としては、糖質制限食はしっかり実践できていますが、
摂取エネルギー不足のために、尿酸が上昇し、HDL-Cが減少したと
考えられます。

エクアはしばらく継続しましょう。
HbA1cがめきめき良くなっていけば、エクアはそのうち休薬できる可能性があります。

フェブリクもしばらく内服してよいと思います。
摂取エネルギーを確保しつつ、糖質制限食を実践していき
76kgまで減量すれば、BMIが24.8となり、
尿酸値も下がってくると思います。
肥満が改善すれば、尿酸値も改善するので
そのうち、フェブリクも中止できるでしょう。
尿酸値は7.0mg/dl以下なら、大丈夫です。


江部康二
コメント
摂取エネルギーと肥満の改善
江部先生、ご返答ありがとうございます。

僅か1ヶ月の糖質制限食で改善出来た事が目から鱗でした。

ご返答を何度も読み、自分の中で理解し、今後の目標が出来ました。
摂取エネルギーを増やし、肥満の改善に努めます。

また先生の本を読み参考にさせて頂きますので、
宜しくお願い申し上げます。




2021/03/01(Mon) 21:33 | URL | ヒロ豊 | 【編集
フェブリク止めることできるのか、、、
私らこ は、フェブリク10mg処方された時

◎透析に至らなければ終生飲んで下さい

と言われました(泣
2021/03/01(Mon) 22:03 | URL | らこ | 【編集
『糖質制限理論』での改善者は、公表を!!
都内河北 鈴木です。

本日のヒロ豊さんの様に、『改善・結果』が出たのなら
公表して欲しいと考えます!!

そして改善したのなら、自身の得た改善・結果を理解把握して、
以降の糖尿病・専門医はじめ、他の医療者へ、有益知識・学習として、
<<【江部先生『糖質制限理論』】>>を知っているのか、どの様に考えるかを
訊ねてみましょう!!!

<<<何か有益な事が、あり得るかなと考えます!!>>>

<<胆問いでは、改善するか、しないかが、理解把握できるかもです!!>>

私の糖尿病・専門医への通院から得た『悪化一途で、殺されかけた』体験から、
<<【江部先生『糖質制限理論』】>>で、
『生還、覚醒、4度の再覚醒、』している現在9年目から、
<<明白な現実が存在してます!!>>

『糖質』は、明治期の『脚気・高木兼寛医師』から、対極の医師の嫌がらせ!!
『糖質害毒』は、存在していたが、解明されず、

【江部先生『糖質制限理論』(2005年発表)で、
『糖質害毒』が、解明されたから、
私は21年間の後半7年間は『日本糖尿病学会』信奉・病院、担当医に
『隠蔽され』、死の淵迄得追いやられた患者私が、7年後にたまたま知り、
実践すると1日で効果有り!!
『改善すると実感得ました!!』

結果、現在の『生還、覚醒、4度の再覚醒、』している9年目現在があるんだと、
<<江部先生の時代進化の理論『糖質制限理論』>>の感動に日々浸って、
体調快調に成りながら生活できています!!

江部先生には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具


2021/03/02(Tue) 00:48 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
ヒロ豊さん、私も血糖値、その他で悩んだ挙句にこの江部先生のブログにたどりついた者の一人です。私の糖質制限が「スパー」の部類に入るのかは正確には言い切れませんが、2か月ちょっとで体重が6キロ弱ほど減量できたことで様々な数値の改善ができました。しかしながら人間の身体の仕組みとは不思議なもので数値が悪くなるものもでてきてしまいます。私も尿酸値のU.A数値が7.3から8.6とあがりました。摂取糖質量の計算やカロリー摂取の計算は、不慣れ?な私のような者には難しく感じられます。私は昨年の11月1日より「糖質制限」をはじめたばかりの68歳の新参者ですが、これからも「糖質制限」は続けていくと心に決めております。ヒロ豊さんは38歳とまだ人生の半ばにさしかかったばかりの「お若い」人ですが、お互いこれからも頑張っていきましょう!
2021/03/02(Tue) 10:40 | URL | 50906おじさん | 【編集
Re: フェブリク止めることできるのか、、、
らこさん

肥満のために、尿酸が上昇していたような場合は、
肥満が解消すれば、尿酸も下がるので、フェブリクが不必要となることもあります。

接種エネルギー不足で、尿酸が上昇した場合は
適正エネルギーに戻せば、尿酸が正常化しますので、フェブリクは不必要となります。
2021/03/02(Tue) 11:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
50906おじさん


カロリー計算は必要ありません。


糖質量の計算は、「食品別糖質量ハンドブック」を参照して頂くか
ネットでも検索できます。
2021/03/02(Tue) 12:02 | URL | ドクター江部 | 【編集
睡眠j時間と暁現象
お世話になります。
伸之介より再び暁現象に関する質問です。
1 「睡眠時間は暁現象に影響するか?」
実験的に、「断酒」・「夕食抜き」の状態で19:00就寝~翌朝08:00起床、と通常の就寝時間6時間前後に対して、13時間と長時間就寝を試しました。実験理由は、過去にたまに、夕食抜きの時に、翌朝の空腹時血糖値が従来平均より低いことを期待するも、殆どで逆の結果であったことです。「飲酒あり」「夕食有(糖質20g目標)」の場合は、翌朝空腹時血糖値はほぼ110~130におさまるのですが、今回の実験では150を超えました。「睡眠時間が長ければ長いほど暁現象は進む」ということなのでしょうか?
2 「グルカゴン亢進と糖新生は同じ?」
暁現象の主役は「グルカゴンの亢進」です、との記事をSNSで読みました。暁現象の原因主役は糖新生である、というお話と同義なのでしょうか?
2021/03/02(Tue) 15:38 | URL | 伸之介 | 【編集
糖尿病の怖さ
20年前から残ってるサイトです、まだ糖質制限が一般的では無かった頃ですね。
http://rakkasei.syogyoumujou.com/
現在サイト主さんはお亡くなりなられてるようですが糖尿病の怖さを記録として残していただき糖尿病の怖さを改めて思い知らされました。現在なら糖質制限で予防もできますし既に診断されても糖質制限で合併症悪化を防ぐことが出来ます。今後も糖質制限を徹底して健康な生活を送りたいと思います。
2021/03/03(Wed) 17:16 | URL | しょーじ | 【編集
Re: 睡眠j時間と暁現象
伸之介 さん

貴重な体験報告ありがとうございます。
一般的に、睡眠不足も過剰睡眠も、翌朝の血糖値を上昇させますが
具体的なデータは、とても参考になります。

1
「睡眠時間が長ければ長いほど暁現象は進む」ということなのでしょうか?
これは、そのようなデータがないのでよくわかりません。

2
 「グルカゴン亢進と糖新生は同じ?」
糖新生はグルカゴンがメインですが、成長ホルモン、副腎皮質ホルモン、アンドレナリン、甲状腺ホルモン
なども糖新生で血糖値を上げます。
2021/03/03(Wed) 19:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
感謝(「睡眠j時間と暁現象」)
江部先生

早速の教示有難うございます。長丁場ですが、いずれ「CGM」でこれまでの疑問を解明したいと考えております。
何かの拍子に寝付いてしまった時に、糖新生が活発になると困るな、と微かな不安を抱えておりますので、そうなる前の年齢的に元気なうちに、是非CGMに挑戦したいです。

いつも我儘な弊質問にご丁寧にご指導下さり感謝申し上げます。本年は糖質制限に取組み始めて10年目になりますが、無薬で生活継続できていることは江部先生のお陰であります。そして、先生のお話、また先生と皆様との対話に納得と反省と励みを頂いております。

有難うございます。
2021/03/03(Wed) 20:19 | URL | 伸之介 | 【編集
Re: 糖尿病の怖さ
しょーじ さん

落花生さんのサイトですね。
本ブログコメントでも何度か取り上げています。

従来の糖尿病治療(カロリー制限・高糖質食食+薬物)で、糖尿病合併症が防げないという
教訓として、大変役立っているサイトと思います。








2021/03/03(Wed) 22:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可