FC2ブログ
新型コロナワクチンの効果に関する考察
<新型コロナワクチンの効果に関する考察>

①感染予防は不可能
②無症状ウイルス保有者がかなりの数、存在するので流行予防も不可能
③発症予防はありえる
④重症化予防は期待できる
⑤人口100万人あたりのコロナ死者数が、
 ワクチン接種前より減るかどうかは、今のところ不明。
⑥ワクチンを打たない人が大勢いるので、集団免疫獲得は困難




IgG抗体はできますがIgA抗体はできないので、
粘膜面での感染予防は不可能です。


ワクチンを打っても打たなくても、
無症状ウイルス所有者は多く存在するので流行を予防することは不可能です。


潜伏期が2~3日と短い場合は、IgG抗体が出動しても間に合わないので
感染したら発症予防は困難です。
一方、潜伏期が5~6日とか長い場合は、IgG抗体の出動が功を奏して
感染しても発症を防げる可能性があります。


重症化に関しては、IgG抗体の出動が間に合って、
サイトカインストームを防げる可能性が高いです。


イスラエルのネタニヤフ首相は2021年2月9日、
過去1カ月間に同国で新型コロナウイルス感染症で死亡した人の97%以上がワクチン未接種だったと明らかにしました。
しかし同国政府は、米ファイザー開発のワクチン接種を進めていて、
両者は極めて緊密な利益相反関係なので、この発言の信頼度は?です。
現実には、7日間の新規死者数(人口100万人あたり)、
2021/02/22現在は、
ワクチン未接種の南アフリカ(17.8人)より多い19.1人です。

この両国の、2020/12/19前後の、人口100万人あたりの死者数は
ほぼ同じくらいでした。2020/12/19にイスラエルで接種開始です。
累積死者数は、南アフリカが人口100万人あたり837人(2021/02/22現在)
累積死者数は、イスラエルが人口100万人あたり605人(2021/02/22現在)
で、少しイスラエルの方がすくないです。


2020/12/19摂取開始のイスラエルでもワクチンを打たない人が大勢いるので、集団免疫獲得は困難です。
2021/2/9時点で39.59%です。


7日間の新規死者数(人口100万人あたり)2021/02/22現在
ワクチン未接種の国
日本:4.0人
韓国:0.8人
南アフリカ:17.8人
イタリア:35.7人
ドイツ:36.7人


ワクチン摂取のイスラエル
2020/12/19摂取開始、
2021/2/9時点で国民の39.59%が摂取終了
7日間の新規死者数(人口100万人あたり):19.1人(2021/02/22現在)


江部康二

コメント
ファイザーのコロナワクチン「コミナティ筋注」、「ワクチン接種に伴う疾患増強」を市販後に調査の予定
ファイザーのコロナワクチン「コミナティ筋注」、「ワクチン接種に伴う疾患増強」を市販後に調査の予定

医薬品医療機器総合機構(PMDA)サイトの「医療用医薬品 情報検索」の「一般名・販売名(医薬品の名称)」
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuSearch/
の検索ウインドウに、「コミナティ筋注」を入力して検索すると、添付文書、RMP、審査報告書などへのリンクが表示されます。

ファイザーの新型コロナワクチン「コミナティ筋注」RMP
「コミナティ筋注に係る医薬品リスク管理計画書」ファイザー株式会社
https://www.pmda.go.jp/RMP/www/672212/844b8dfe-491e-470f-ab0f-31f68e867f5e/672212_631341DA1025_001RMP.pdf

「コミナティ筋注に係る医薬品リスク管理計画書」において、ファイザー株式会社は次の項目の市販後調査を予定しています。

1. 医薬品リスク管理計画の概要
1.1. 安全性検討事項
(2)重要な潜在的リスク
ワクチン接種に伴う疾患増強(Vaccine-associated enhanced disease(VAED))およびワクチン関連の呼吸器疾患増強(Vaccine-associated enhanced respiratory disease(VAERD))
重要な潜在的リスクとした理由:
本剤の臨床試験において報告されていないものの,以下の報告を踏まえ,本剤の接種を受けた者が SARS-CoV-2 感染症に罹患した場合,VAED/VAERD により重症化する可能性があると考えられることから重要な潜在的リスクとした。
SARS-CoV-1 ワクチン候補を評価するために開発された動物モデル(マウス,フェレットおよび非ヒト霊長類)では,一部の研究で生ワクチン接種後のウイルス曝露時に疾患増強が認められた。
また一部の MARS ワクチン候補において,マウスモデルで疾患増強が認められた a) b)。
疾患増強の潜在的なメカニズムは,T 細胞媒介性(Th1 よりも Th2 による免疫病理学的反応)と抗体媒介性(中和活性が不十分な抗体反応が導く免疫複合体の形成および補体の活性化もしくはFc を介したウイルス侵入の増加)の両方であると考えられている c)。
a) Lambert PH, Ambrosino DM, Andersen SR, et al. Consensus summary report for CEPI/BC March 12–13, 2020 meeting:
Assessment of risk of disease enhancement with COVID-19 vaccines. Vaccine 2020; 38(31):4783-91.
b) Haynes BF, Corey L, Fernandes P, et al. Prospects for a safe COVID-19 vaccine. Sci Transl Med 2020;12(568):eabe0948
c) Graham BS. Rapid COVID-19 vaccine development. Science 2020;368(6494):945-6.
(引用終わり)

「ワクチン接種に伴う疾患増強」とは、T細胞媒介性と抗体媒介性(抗体依存性免疫増強ADE)の2つを含んでおり、世界各国の専門家が警告しているもので、動物実験により検証可能とされています。
この市販後調査の研究仮説は、『新型コロナワクチンは、日本人の病状の増悪、入院、ICU入院、死亡を増大させ、死亡率を上げる』であると考えられ、この仮説を検証することが目的と思われます。
ファイザー社は、市販後に日本で調査を行なう予定としており、PMDAも承認しています。
あらかじめ動物実験をやれば、この現象が起きるかどうか確認できるはずですが、それをやらずにいきなり人に投与して、その反応を観察するというやり方は、医学倫理の基本であるニュルンベルク綱領とヘルシンキ宣言を無視したものです。
私は、こんなワクチンは打ちません。
皆さんは、どうされますか?
2021/02/23(Tue) 20:57 | URL | 広島人 | 【編集
ワクチンは1回でも効く
ワクチン1回接種、発症が85%減 イスラエルの研究者

https://www.asahi.com/articles/ASP2M6K88P2MUHBI039.html?iref=pc_ss_date_article

元論文

Early rate reductions of SARS-CoV-2 infection and COVID-19 in BNT162b2 vaccine recipients

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)00448-7/fulltext
2021/02/23(Tue) 22:40 | URL | 中嶋一雄 | 【編集
Re: ファイザーのコロナワクチン「コミナティ筋注」、「ワクチン接種に伴う疾患増強」を市販後に調査の予定
広島人 さん

コメントをありがとうございます。
私も新型コロナワクチンは接種しません。

糖質制限食で、免疫向上を維持することが、ワクチン以上に有効と考えます。
2021/02/23(Tue) 23:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ワクチンは1回でも効く
中嶋一雄 先生

コメントありがとうございます。
しかしながら、イスラエル政府とファイザー社の「利益相反」は、明確なので
コロナ死者数以外のイスラエル政府の発表は信頼できません。

イスラエル政府とファイザー社の癒着は明らかですので、死者数以外のデータは信頼できません。
懐疑的過ぎるようですが、これが、実態だと思います。

更に言えば、WHOの予算の約6割は製薬メーカーの寄付なので、
WHOは製薬メーカーに不利な情報は発信しません。

誠に遺憾ながら、これが真実ということを、私達は知識として共有する必要があります。



2021/02/23(Tue) 23:17 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生ご自身はコロナワクチン接種拒否派ですね。江部先生のご家族や高雄病院スタッフ、通院患者さんにも接種拒否を推奨されるのでしょうか?
2021/02/24(Wed) 00:40 | URL | 岡田 | 【編集
ジンバブエでのイベルメクチン
2021/02/24(Wed) 00:43 | URL | 久堀 | 【編集
大村博士発見のイベルメクチンにコロナパンデミックを終息させる可能性
大村博士発見のイベルメクチンにコロナパンデミックを終息させる可能性

https://webronza.asahi.com/science/articles/2021020700003.html
2021/02/24(Wed) 00:44 | URL | 久堀 | 【編集
Re: ワクチンは1回でも効く
江部先生、実際には死亡者数は減っているとの報道がありますし、なによりも日本においては、政治家の言う事はほとんどの人が信頼していないと思います。はっきり言ってイスラエル政府より日本の政治の方が信頼出来ないです。イスラエル首相はファイザーの社長に直下談判してワクチンを優先してもらったらしいです。
日本の政治家にそこまでするだけの能力全くないですよね。
2021/02/24(Wed) 00:51 | URL | 久堀 | 【編集
Re: ジンバブエでのイベルメクチン
久堀 さん

情報をありがとうございます。
イベルメクチンは新型コロナ感染症に有効な治療薬です。
2021/02/24(Wed) 07:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
岡田さん

新型コロナワクチンに関しては、高雄病院、江部診療所の医師やスタッフには
接種推奨はしていません。
外来患者さんに関しては、個々の判断に任せています。
自然免疫を高めることや、会食・カラオケ(感染機会)をしないことなども
説明します。

以下などの定番のワクチンは、今まで通り接種してよいと思います。

①ヒブワクチン

②肺炎球菌ワクチン

③4種混合ワクチン

 ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオの4種類の混合ワクチン
④BCG

⑤麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)

⑥おたふくかぜワクチン
⑦水痘(みずぼうそう)ワクチン
⑧日本脳炎
⑨インフルエンザ
など
2021/02/24(Wed) 07:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Re: ワクチンは1回でも効く
久堀 さん

現時点で、ワクチンとは無関係に、世界中でコロナ死者数は減っています。

またイスラエル国民が皆政府を信頼して、どんどんワクチンを接種しているわけではないようです。
イスラエルでは、2021/2/20現在で、国民の4割を超える421万人が1回目の接種を受けていますが
若者を中心に接種しない人も多いです。
2021/02/24(Wed) 07:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
更に言えば、WHOの予算の約6割は製薬メーカーの寄付なので、
WHOは製薬メーカーに不利な情報は発信しません。

誠に遺憾ながら、これが真実ということを、私達は知識として共有する必要があります。


これは日本糖尿病学会と製薬会社の関係と同じですね。

製薬会社の寄付で成り立っている日本糖尿病学会は「薬不要となる、もしくは少量となる糖質制限」を絶対に認めません。

製薬会社の闇は深そうですが、この辺も広めないとですね。

2021/02/24(Wed) 10:06 | URL | ボーン | 【編集
Re: タイトルなし
ボーン さん

そうですね。
日本でも、一般の開業の医師などは、どんどん糖質制限賛成派が増えています。
一方、糖尿病学会は、抵抗勢力です。
日本糖尿病学会のガイドラインには、糖質制限食の記載はありません。

米国糖尿病学会が、糖質制限食が最もエビデンスが豊富と明言しているのと
大きな差があります。
2021/02/24(Wed) 11:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
コロナ ワクチン
江部 先生

お世話になります
コロナワクチン を個人的には打ちたくない
と思いますが
でもこの先 時期的に 気温が上がりある程度
収束に向かい 姑息かどうかも水かけ論になるような気がします 怖いですね
2021/02/24(Wed) 11:29 | URL | たけしもりやま | 【編集
ワクチンの感染予防効果?
新型コロナワクチンは、その機序より江部先生もおっしゃるように感染予防効果はないと考えられます。
しかし、「感染そのものを防ぐ高い効果が認められた」と言うような記事が散見されます。
例えば、下記の記事です。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022300323&g=int

感染していない事をどうやって調べたのでしょう。
私は、ここで言う「感染そのものを防ぐ」とは「発症しない」と言う事ではないかと思っています。

ある時は発症しなくても感染力があるから危険だと煽り、ある時は、「発症しない」事をワクチンの機序から考えてもあり得ないであろう「感染予防効果」と言い、都合の良いように読み替えているように思えます。
いったい、真実は何なのでしょう。
2021/02/24(Wed) 12:29 | URL | 西村 典彦 | 【編集
Re: コロナ ワクチン
たけしもりやま さん

そうですね。
気温上昇とともに少し、新型コロナ感染者は、減ると思われますが、
収束までは、まだまだと思います。
2021/02/24(Wed) 12:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ワクチンの感染予防効果?
西村 典彦 さん

理論的に考えて、感染予防効果は、あり得ません。
発症予防効果はあるかもしれません。

感染と発症は異なるということを、マスコミが把握していない場合があるだと思います。

感染自体も予防、リスク85%減 ファイザー製ワクチン―英
ご指摘通り、この記事は発症予防のことだと思います。

また、現時点では、『新型コロナワクチンによるコロナ死者数の減少』
確認できていません。
2021/02/24(Wed) 12:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
新型コロナ死者数
江部先生初めまして、いつも糖質制限や新型コロナについての有益な情報をありがとうございます。

新型コロナによる死者数ですが、恐らくご存知かと思われますが実際の死因が何であれ、PCR陽性者の死亡者は全て「新型コロナでの死者」にカウントされておりますよね?

という事は感染者(PCR陽性者)が減れば、その分だけ新型コロナ死者数(とされている数値)も減る事になるのではないでしょうか。

何が言いたいかと申しますと、「ワクチン接種国において新型コロナ死者数が減少したとしても、それがワクチンの効果であるとは全く言えない」のではないかという事です。

ですので新型コロナワクチン接種拒否派(自分もです)としては、死亡者数の推移を「ワクチンの効果」として喧伝してくるような情報に対しても十分に警戒する必要がありそうですね。

何れにしても自分はこのワクチンを接種する気はないのですが、迷っている方は是非ともこういった点も考慮した上で判断して頂きたいと思います。
2021/02/24(Wed) 14:12 | URL | 織田 | 【編集
ボーンさんの言葉、『日本糖尿病学会と製薬会社の関係』!!
都内河北 鈴木です。

私は、【江部先生『糖質制限理論』】の指導の『1食20g以下』を改善目指し
『繊維質は必要栄養素』だから摂取するが、
ボーンさんの『1食10%以下目指しての食生活』思考で、

<<私は、『薬不要』で『生還、覚醒、4度の再覚醒、』している
  現在9年目に、更なる体調快調に成りながら生活しています!!』>>

<<【『日本糖尿病学会』に21年間通院、後半7年間は、
  江部先生『糖質制限理論』を『隠蔽』され、
  殺されかけた1患者です!!!】>>

*この事から、『後半7年間は、無用な大量の薬処方され悪化した事』が、
『日本糖尿病学会』と『製薬会社』との関係が明確に証明された事だと考えます!!

*日本の時代進化の食生活の規制概念・打破の為にも、
【江部先生『糖質制限理論』】理解把握、実践での、
『生還、覚醒、4度の再覚醒、』している
*『私の改善・医療デ~タ』!!、
*『改善への悪意ある改善皆無の複数の書付』!!、
<<等は如何様のされようとも依存ありません!!>>

<<<【江部先生『糖質制限理論』】への感謝の意味での送付です!!!>>>

<<何しろ被害体験から言えるのは、>>
<<『日本糖尿病学会』の信奉理論・治療では、何の改善皆無で、
  悪化のみで、死へ向かうだけだと、いう事です!!!>>

<<2000年以降、欧米先進国は、気付いた
  『カロリ~制限』は間違いだと!!>>

<<*現在の世界医療界には、
  存在していない『日本糖尿病学会』の『カロリ~制限理論』の現実!!>>

健康に成りたいなら、
<<【江部先生『糖質制限理論』】に基づく理論実践しかないかなと
  考えます!!!>>

江部先生には、<<『生還、覚醒、4度の再覚醒、』している事>>に、
感謝尽きません!!
ありがとうございます!!
敬具




2021/02/24(Wed) 16:37 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 新型コロナ死者数
織田 さん

PCR陽性であれば、死因が交通事故であっても、コロナ死となるということですね。


現在、新型コロナ感染者が世界的に減りつつあります。
イスラエルなどの「ワクチン接種国」「ワクチン未接種国」
の人口100万人あたりのコロナ死者数を今後も比較していけば、ワクチンの効果があるていど推定できると思います。

人口の4割がワクチンを接種しているイスラエルやUAEが、比較の対象国としてはわかりやすいと思います。
2021/02/25(Thu) 07:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可