FC2ブログ
空腹時血糖値、コレステロール値とスーパー糖質制限食。
【日付 21/01/17 いっきょ

はじめてご質問させていただきます。
江部先生、こんにちは。いっきょと申します。

当記事とは関係ないコメントですが、江部先生のご見解をお尋ねしたくてメールしました。

2015年の健康診断の結果から糖尿病予備軍なのではないのかと心配になり、
実母が糖尿病を患っていたこともあり、
自身で調べた結果、江部先生のブログにたどり着き、
2015年12月よりスーパー糖質制限を実施している者です。
とはいえ、たまに糖質をとってしまうこと
もありますが…(平均2週間に1回ほど)

いままでの人間ドッグの結果から2点、心配な事がありご質問させていただきます。

46歳 女性 162.6センチ 51.1キロ 体脂肪率 24.4 BMI 19.3
空腹時血糖値  HbA1C  TC  TG   HDL LDL
2015年10月  103     5.6    205    57   88    111
2016年10月  95      5.6     248    35  110   136
2017年10月  111     5.4    244   35   114    125
2018年10月  113     5.5    232    40   117    111
2019年11月  130     5.7    243   40   103    131
2020年12月  120     5.5    261   42   124    140
※左の数値から順に
空腹時血糖値 HbA1C(NGSP値) 総コレステロール 中性脂肪 HDL-コレステロールLDL-コレステロールです。(11~12時間以上空けて検査)

1点目は今回(2020年12月実施)の結果、
総コレステロールとHDL-コレステロールについて
再検査を実施してくださいという事でした。

江部先生のブログを拝見しますと、
HDL-コレステロールは60以上、中性脂肪が60以下であれば
小粒子LDLコレストロールは、ほぼなしというご見解ですが、
このままでは薬を飲まなければいけないのでしょうか。

2点目は、2017年からの空腹時血糖値が3桁と高くなっています。
これは、すでに糖尿病を発症しており、糖尿人特有の「暁現象」なるものでしょうか?
今回はHbA1c5.5、空腹時血糖値は120でした。

関係ないかもしれませんが、2019年9月よりタンボコール錠(2錠/1日)、
メインテート錠(半錠/1日)服用しています。

お忙しいところ恐縮ですが、アドバイスをいただければ幸いです。
何卒宜しくお願い致します。】


こんばんは。
いっきょさんから、
『空腹時血糖値、コレステロール値とスーパー糖質制限食。』について
コメント・質問を頂きました。

私は、常々、『中性脂肪が低めでHDLコレステロールが高め』
なら、LDLコレステロールが高値でも人体に害はないので
スタチン系薬剤などで下げる必要はないと、患者さんに言っています。

それならば、中性脂肪低値というのは、具体的にどの程度を
指しているのかが、皆さん、気になると思います。

信頼度の高い論文によれば、空腹時の中性脂肪値が、70mg/dl以下なら、
小粒子LDLコレステロールの存在はごく少量となります。
60mg/dl以下なら、小粒子LDLlコレステロールは、ほとんど存在しません。
中性脂肪値80mg/dlくらいで、小粒子LDLコレステロールは約10%くらいと少ないです。

従って、いっきょさんのデータ『TG40mg/dl、HDL-C124mg/dl』なら
LDL-Cが高値であっても、小粒子LDLは皆無であり、
スタチン内服は必要ないと思います。
気になれば、不安を除くために
「頸動脈エコー」「心電図、心エコー」を検査して、動脈硬化や狭窄がないことを確認しましょう。

①標準の大きさのLDLコレステロール:
 肝臓から末梢組織にコレステロールという細胞膜の原料を運ぶ善玉。
②小粒子LDLコレステロール:
 コレステロール輸送という本来の仕事をほとんどせずに、血管壁の傷などに入り込んで
 活性酸素に触れ、酸化して酸化LDLコレステロールになりやすいので危険。
③酸化LDLコレステロール:
 異物であり血管壁にこびりついて動脈硬化の元凶となる真の悪玉


つまり、危険なのは②と③であり、
①はなくてはならない大切なものなのです。

http://promea2014.com/blog/?p=1101
ドクターシミズのひとりごと

に掲載してある、図を見て頂ければ上記が確認できます。
(図はAtherogenic lipoprotein phenotype. A proposed genetic marker for coronary heart disease risk.M A Austin, M C King, K M Vranizan and R M Krauss Circulation. 1990;82:495-506より抜粋)
清水先生、ありがとうございます。


次にHbA1cですが、スーパー糖質制限食で、5.4~5.7%と安定しています。
そしてこのHbA1cは、
『食後高血糖』『平均血糖変動幅増大』のない『質の良いHbA1c』なので安心です。
カロリー制限高糖質食である従来の糖尿病食は、
見かけ上のHbA1cが良好であっても
『食後高血糖』と『平均血糖変動幅増大』を伴う『質の悪いHbA1c』なので
合併症を予防できないことが多いのです。

空腹時血糖値が、103⇒95⇒111⇒113⇒130⇒120mg/dlという経過です。
スーパー糖質制限食を実践中でも、空腹時血糖値は結構バラツキます。
睡眠不足や寝過ぎ、イライラやうつうつ、夕食が遅い、生理前、風邪気味・・・
などいろいろな条件で朝の空腹時血糖値は上昇します。
いっきょさんの空腹時血糖値もあまり気にしなくても良いと思います。

ちなみに、この1週間の私の早朝空腹時血糖値ですが以下の如くです。
1/11:108mg/dl
  12:111
   13:126
   14:106
  15:96
   16:111
   17:103
   18:109mg/dl


52歳から71歳現在までスーパー糖質制限食を続けていますが、
早朝空腹時血糖値は結構バラツイています。
この間HbA1cは、5.6~5.8%です。


江部康二
コメント
『日本医療界』の不思議??!!
都内河北 鈴木です。

本日記事を読んでも、『日本医療界』は、
江部先生同様の改善の説明、指導が、
何故できないかが、不思議でなりません??!!

私は、この現存の『日本医療界』の糖尿病専門組織『日本糖尿病学会』に、
『糖尿病』21年間通院で、改善皆無で薬増量のみ、
『悪化一途で殺されかけた患者私』が、
江部先生『糖質制限理論』を理解把握、実践で、
3ヵ月足らずで、インスリン増量の3年半余りが、
インスリン自主離脱して『生還、』できました現実!!!

以降9年目現在までに、糖尿病の後遺症『眼、脳梗塞、』が、
『覚醒、4度の再覚醒、』している現実!!

この『生還、覚醒、4度の再覚醒、』の結果を成し得ているのは、
<<『薬不要』で、
  食生活を江部先生『糖質制限理論』に変更したからだと、
  明言しておきます!!>>

この現実に『無知な医療者、病院経営者、立場有る責任者、』の
『無知、無能の書付』には、呆れる医療者だなと、考えます!!!

後半7年間の江部先生『糖質制限理論』を、『隠蔽』k病院は、
*2017年には『ガン検診ミスで女性死亡!!』一般ニュ~スで謝罪!!
*翌年には『ガン検診ミスで男性控訴!!』新聞に掲載!!
*本日テレビニュ~スで、k病院『新型コロナ・クラスタ~発生!!』
 これ等の事実は、このk病院の『頷ける現実です!!』

私は、『後遺症が完治』しているわけではありませんが、
このまま江部先生『糖質制限理論』食生活をして行けば、
『完治もあり得る!!』と考えます!!

何故なら、『医療デ~タ』が証明しているからでは無く、
日増しに体調快調に成っている事を実感しているからです!!

江部先生『糖質制限理論』ブログ配信には、時代進化を感じ、
『生還、覚醒、4度の再覚醒、』している事には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具


2021/01/19(Tue) 13:46 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
糖質制限しています。中性脂肪について。
去年から糖質制限をしています。
ヘモグロビンA1cは5.5
から5.7を維持しています。
今回の健康診断で
LDLが140,HDLが70でしたが
中性脂肪が26でした。
中性脂肪が低すぎて精密検査するようにと
記載ありました。低すぎるのは問題でしょうか?
2021/02/12(Fri) 20:08 | URL | 畑中 | 【編集
Re: 糖質制限しています。中性脂肪について。
畑中さん

中性脂肪が低すぎる原因として、以下などが考えられます。

1.摂取カロリー不足
2.過度な運動
3.肝機能の低下
4.体質や遺伝
5.副腎皮質機能低下症(アジソン病など)
6.甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)

これらが、なければ、中性脂肪値が26mg/dlでも
問題ないと思います。
2021/02/12(Fri) 20:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
ストロングスタチン
お世話になります。韓国に在住して10年ほどになる68歳男性日本人です。しかしながら、私には韓国語は意味不明?です。現在、韓国の田舎町の総合病院に通院しています。韓国産ARB系降圧剤服用ちゅうです。妻は普通の日本語はほとんど理解できます。しかし通訳者ではありませんので、病院の医者とやりとりを正確に日本語で私に伝える能力はありません。今回の相談なのですが、前回(2021/2/6)医者よりストロングスタチンを処方され悩んでおります。
加えて、私が言葉の壁で医師との意思疎通が充分出来ずストレスが溜まっています。
以下、直近のコレステロール値やその他参考になりそうな数値を書きます。
尚、私は7年ほど前よりフリーウエイト筋肉トレーニングをはじめて通常の68歳位の老人よりもはるかに筋肉マンです。6キロ減量前は100KGのバーベルスクワット、90KGのベンチプレス、140KGのデッドリフトをこなしておりました。現在は以前の5%~10%重量ダウンしております。
以下、、2020/4/10検査、7/21検査、10/30検査、2021/2/6検査の内容です。
又、10/30検査数値が悪かったため翌日よりケトジェニックーケトーシスを実行し72KGの体重を3か月で6KG減量し2021/2/6検査時の体重は66KGほどでした。それを考慮していただければと思います。
T-cho 196- 193- 248- 210
HDL  44.6- 42.7- 46.1- 58.9
LDL 95- 99- 138- 136 (この病院は直接式のようです。)
LDL 99- 101.1- 149.9- 129.1(ですので私が計算式にて数値をだしてみました)
TG  262- 246- 260- 110
Cystatin-C 0.93- 1.056- 1.007- 1.068
ALB 4.6- 4.5- 5.0 -5.0
UrineMicro 122.0- 118.9- 521.7- 186.4
GOT 29- 24- 28- 30
GPT 36- 37- 48- 30
BUN 32.7- 33.1- 32.4- 30.9
Creatinine 1.24- 1.24- 1.22- 1.14
UA 7.2- 7.6- 7.3- 8.6
Hba1c 6.3 - 6.3-  6.6 - 5.8  以上です。
私も検査数値をふまえ、ネット検索にて現在の自分の状況をおおよそ判断できますが、数値事態が「良」ではないことは承知しておりますが「不可」ほどではないと思っております。2020/10/30の時点ではスタンダードスタチンを処方され、それは飲んでいました。しかし、医師は2021/2/6のLDL検査結果をみて、スタンダードスタチンでは、138(10/30)-136(2021/2/6)とLDL数値が下がっていないため、と、以前のLDL数値は90台だったから、、という理由でストロングスタチンを飲みなさい、そうしないと動脈硬化や心筋梗塞になりますよ!らしき発言です。
まったくHDL数値アップ&TG数値ダウンの結果やコレステロールのバランスを考慮することはないようです。
江部先生を筆頭に糖質制限を認めておられる日本国内の医師、アメリカ国内の医師、又実行された方々の数値結果などの情報を見る限り、現在の私のLDL数値は、スタチンなどを服用しなくとも、これから年内にかけて下がる可能性があり、又HDL&TG数値はよりアップする可能性があるのでは?と自分かってな思いをしております。
韓国国内や日本国内の医師の方々の判断はそれぞれ異なる部分もあろうかと思います。
今回のストロングスタチン処方に関し、江部先生のお知恵を拝借できれば幸いに存じます。
お忙しいところ恐れ入りますが宜しくお願い申し上げます。






2021/02/21(Sun) 23:56 | URL | 50906おじさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可