FC2ブログ
漢方薬のルーツ
こんばんは。
高雄病院は健康保険適用で、
漢方生薬、漢方エキス剤などを処方できる病院です。
健康保険内で漢方生薬を処方できる病院は、日本でも数少ないと思います。
漢方生薬ですが、病気によっては、
まれに保険外の生薬を処方することもあります。

さて今回は、漢方薬ののルーツのお話です。
漢方薬が薬として成り立つまでには、
昔の中国の人々の様々な苦労があったことでしょう。

一般に民間薬の場合は、「ドクダミ健康法」とか「ハトムギ健康法」とか、
一種類の生薬だけで、どんな症状にも有効という、アバウトなイメージです。
しかしワンパターンなので、害もないけれど
そんなに良く効くという印象はないことがほとんどです、

一方、漢方処方の場合は、民間薬のワンパターンに対して、
生薬を組み合わせて処方することで、
薬効を高めいろんな病態に適合させて有効性を高めています。

さてそれでは漢方薬のルーツと題して、古代中国に想像力を馳せてみます。

中国古代伝説中の三皇帝の一人に神農がいます。
外観は人間ですが頭には神のシンボルである二つの知恵コブがありました。
民に農耕を教えたことから神農と呼ばれるようになりました。
また神農は百草(多種類の生薬)を服用して薬効を確かめていたために、
一日に70もの毒に遇ったそうです。
そして医薬の始祖として古くから医家に祭られていました。

神農は神様なので毒で死なずにすんだようですが、
結構危ない目に遭った人もいたようです。
それではここで古代中国のとある架空の村にタイムスリップしてます。

ある日、村長の劉備さんが風邪をひいて、麻黄という生薬を飲んでみました。
でも効果がないので、物知りの孔明さんに聞いて
桂皮と併せて服用してみるとうまく汗がでて、
風邪の症状がスッと楽になりました。

これを聞いた隣村の曹操さんが風邪をひいた時この二味を服用した
ところ、汗が出て、また汗が出て、さらに汗がでて、とうとうショ
ックみたいになって、家人は大騒ぎでした。

「こりゃ、まずいな」と反省した孔明さんは、
この二つの生薬に甘草を加えて汗が出すぎないように一工夫。
さらに咳止めの杏仁を入れて、
麻黄湯(麻黄、杏仁、桂皮、甘草)という
四味のバランスのとれた処方が完成しました。

とまあこんな感じで、先人の経験や犠牲のもと、効果が出やすくて、
副作用がでにくい漢方生薬の組み合わせが蓄積されていったものと考えられます。

この組み合わせの妙が、一味でワンパターンの民間薬と違うところで、
漢方薬最大の特徴で長所といえます。

江部康二



コメント
ケトン食のギモン
江部先生こんにちは。
ワタシは予備軍くらいのもので(BMI27、a1c6.2)自己管理で糖質制限やケトン食を取り入れようと思い、こちらやネットで情報収集していたのですが、いわゆるケトーシス状態で理解不能な事が生じましたので先生に教えをいただければと思いこちらへと投稿させていただきました。
糖質がカットされる事によりオキザロ酢酸が不足してクレブス回路でのアセチルCOAの利用が滞って余ったアセチルCOAから肝臓でケトン体を生成し、それらが脳や他の臓器で利用…というのまでは理解できたのですが、
例えば脳関門を越えたのちアセチルCOAに戻されてクレブス回路で使わおうとしてもそもそもそこでもオキザロ酢酸が不足していて回路に入ったアセチルCOAからの反応が進まないのでは?という疑問です。
ケトン食でも少量の糖質は取りますが、これらの糖質を減らし過ぎますと上記の理由でエネルギー不足になるなどのデメリットがあるのでしょうか?

過体重の為ケトン食で速やかに減量しようと思うのですが、いまいち機序が出来ず、糖質制限でのんびりと落とすしかないなかな…と頭を悩ませてるいるところですが、先生著書の糖質制限革命にもケトン食の可能性にも触れられていますし、こちらにも紹介されていた大阪大学での癌患者への有効性などを拝見し是非取り入れたいなとおもっています。
間違ってるところも多々かもしれませんが宜しくご教授願います。
2020/09/25(Fri) 09:16 | URL | まるお | 【編集
江部先生いつもお世話になります。

漢方薬の事についてお尋ねしたいことがございます。いろいろ調べるのですがご専門の江部先生にお伺いできればと思いコメントいたしました。もしご回答が不可能な場合は削除してください。よろしくお願いいたします。

大阪歯科大学の王先生の論文で口臭症に効果のある漢方薬として黄連解毒湯及び白虎加人参湯をあげていらっしゃいます。

江部先生はこの2つの漢方薬について口臭を長年患っている患者に対して処方されますでしょうか?

ご回答後のこちらの判断及び使用はあくまでも自己判断といたします。ご安心ください。
2020/09/25(Fri) 11:42 | URL | ジェームズ中野 | 【編集
Re: ケトン食のギモン
まるお さん

「ケトン体-脂肪酸」エネルギーシステム、
「ブドウ糖-グリコーゲン」エネルギーシステム


結構、難しいお話なので、わかりやすく記事にしたいと思います。
2020/09/25(Fri) 16:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし

ジェームズ中野 さん

黄連解毒湯
白虎加人参湯


いずれも漢方的には、体内に熱が滞った状態を改善する薬です。
体力のある人には、私も処方します。

一方、ご高齢の方だと、
黄連解毒湯や白虎加人参湯を1ヶ月以上続けると少し効き過ぎるかもしれません。
六味丸、滋陰降火湯などのほうが無難かもしれません。

なお歯周病には、スーパー糖質制限食の併用が一番効果があると思います。
2020/09/25(Fri) 16:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございました。
2020/09/26(Sat) 03:31 | URL | ジェームズ中野 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可