FC2ブログ
今や全医学生が学ぶ漢方と西洋医学。両立の時代。
こんばんは。
今でこそ、糖質制限食で有名な高雄病院ですが、元々は漢方の病院として有名であり、
現在も漢方生薬を処方できる日本でも数少ない病院の一つです。

 私は、漢方医として東洋医学に携わり、西洋医として西洋医学にも携わっています。
なぜ両方の医療に携わるのか。今回は、その理由をお話ししたいと思います。

<漢方、東洋医学、西洋医学>
 漢方とは、煎じ薬(生薬)やエキス剤などによる内服治療を指すのが一般的です。
ただ広義には、内服治療、はり・きゅうのような外部の刺激治療を合わせた、
日本独自の発展を遂げた医療のことをいいます。

 漢方を日本で広めたのは、室町時代の医者である田代三喜(さんき)だとされています。彼は明にわたって医学を学び、それを持ち帰って日本流にアレンジしたといわれています。

 その後、江戸時代後期にオランダ医学が入ってきたために、
それまでの医学と新しい医学とを区別する必要が生じました。
そこで、それまでの治療法を「漢(中国の)」「方(治療方法)」、
新しいオランダ医学を「蘭方(らんぽう)」と呼ぶようになったのです。

 ちなみに、現代中国では伝統医学を「中医学」と呼びます。
これは、日本の「漢方」とは考え方も含めて異なる体系です。

 「東洋医学」「西洋医学」は地理的な意味を表します。
トルコのボスポラス海峡より東方の医学を東洋医学、
それより西方の医学を西洋医学と呼びます。
もちろん漢方は東洋医学の一つです。

<認められていなかった漢方⇒医学部のカリキュラムに>
 さて、1883(明治16)年に公布された医師免許規則は、
医師になるためには西洋医学の教育のみが必要と定めていたため、
日本ではしばらく西洋医だけしか認められていませんでした。
漢方は、西洋医の中で志をもって学ぶ医師により、綿々と受け継がれてきたのです。

 その後、2001年に文部科学省が策定した
「医学教育モデル・コア・カリキュラム」に「和漢薬を概説できる」という目標が追記されました。
それ以降、医学部の教育に漢方が盛り込まれるようになりました。
現在は、カリキュラムに「漢方医学の特徴や、主な和漢薬(漢方薬)の適応、薬理作用を概説できる」という目標が明記されており、全国の医学部で漢方教育が行われています

<西洋医学の得意分野>
 西洋医学は原因がはっきりしている病気を得意とします。

 例えば、近年急激に患者の報告数が増えている梅毒という病気の治療は、その典型例です。国立感染症研究所によると、2017年の患者報告数は5770人で、現行の集計方式となった1999年以降で初めて5000人を超え大問題となっています。

 梅毒は、梅毒トレポネーマという菌が感染して発病するという「原因」が分かっています。西洋医学はこの原因に対して、ペニシリンなどの抗生物質が効くことを突き止め、特効薬を開発したのです。今では、ちゃんと受診して診断がつけば、抗菌薬の投与でごく簡単に治療ができます。

 特効薬が開発されるまで梅毒は不治の病で、
当時の漢方医はおおいに嘆いていたといいますから、
このような分野に関しては西洋医学のすごさが分かります。

<原因不明の病気には漢方>
 しかし、なぜその病気になってしまうのかという根本的な原因がはっきりしない病気もたくさんあります。そのような病気には漢方が有効です。
原因不明で体調のバランスが崩れている人ならば、漢方だけで健康な状態に戻れます。

 私が理事長を務める高雄病院は、常勤医師の全てが西洋医学に加え、
漢方治療を実践しています。
ですから、さまざまな現代病の患者さんが、漢方治療を求めてやってきます。

 潰瘍性大腸炎、SLEなどの難病、気管支ぜんそくなどの呼吸器疾患、リウマチなどの膠原(こうげん)病、過敏性腸症候群などの消化器疾患、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、高血圧などの循環器疾患、糖尿病などの代謝疾患、ネフローゼ症候群などの腎疾患……。そのほかにも、風邪をひきやすい、不妊症、冷え性、微熱があるといった人から、「なんやしんどい」と訴える人まで、西洋医学的には診断がつかないものもあります。

 このような患者さんに対して漢方医は、
人体の「気」「血」の流れや五臓六腑(ごぞうろっぷ)のバランスをチェックして、
それを整えるような薬を処方します。

<漢方と西洋医学の両立が大切>
 もちろん、漢方だけでなく西洋医学的治療も必要です。
交通事故で骨折して手術するとか、根治的ながんの手術とかは西洋医学の独壇場です。
両方をうまく使いこなすスタンスが重要と思います。

 漢方も西洋医学も、それぞれに得意分野があるので、
どちらか一方が優れていて他方が劣っているということはありません。
役割分担で相補的に対応し、
少しでも患者さんの症状を楽にすることが最も良いと考えています。


江部康二
コメント
新型コロナウイルスに対しても漢方は有効なのでしょうか?
2020/09/19(Sat) 01:21 | URL | 遠藤 | 【編集
Re: タイトルなし
遠藤 さん

中国の論文によれば、漢方薬は新型コロナに対しても有効です。
2020/09/19(Sat) 07:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
栄養学について
現在は漢方も医学部で教育を受けるのですね。良い事だと思います。

しかし、栄養学については医学部では、ほとんど学ばないと聞きます。
医食同源と言う言葉があるように、生活習慣病や原因不明の慢性病などの原因、治療に栄養の知識は非常に重要だと思いますし、病気を予防する上でも重要だと思うのですが、残念な事です。

漢方と同様に、栄養学についても近い将来、医学部での位置づけが上がるのでしょうか。糖質制限について医学部で学ぶ日はまだまだ遠いのでしょうね。
2020/09/19(Sat) 10:09 | URL | 西村典彦 | 【編集
毎日豆腐シーチキンサラダ
江部先生、いつもブログを楽しみに見ています。大豆食品についてですが、毎朝シーチキン、豆腐、レタスを朝食に食べています。
毎日食べると膵臓癌のリスクが上がる可能性があると聞いて、驚いています。サラダに入れる場合、豆腐に代わる製品は何がよいのでしょう?
2020/09/19(Sat) 10:46 | URL | ゆい | 【編集
Re: 栄養学について
西村典彦 さん

現時点で、医学部で栄養学の系統的講義はありません。

西村さんがご指摘のように、生活習慣病・慢性病のほとんどに食事が関与していると私も思います。
にも関わらず、医学教育に栄養学がないので、医学界が栄養学を軽んじている証拠であり、困ったものです。

実際、スーパー糖質制限食で「生活習慣病・慢性病」のほとんどが、
改善するので、医学界全体も早くこの重要な事実に気がついて欲しいと思います。


2020/09/19(Sat) 15:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 毎日豆腐シーチキンサラダ
ゆい さん

発酵性大豆食品なら毎日食べていいので納豆は如何でしょう。
2020/09/19(Sat) 15:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 毎日豆腐シーチキンサラダ
ゆい さん

納豆ばかりだと飽きるので、
納豆と豆腐を交代とかでどうでしょう。
2020/09/19(Sat) 15:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
こんばんは。いつも読ませいただきとても勉強になります。糖質制限もずっと続けています。この度は糖類のことをお聞きしたいのですが、私はラカントを使っていますが、ビートオリゴ糖は糖尿病でも使えるという記事を読みました。大丈夫でしょうか。
2020/09/19(Sat) 19:31 | URL | よよ | 【編集
医学も『両立に時代!!』
都内河北 鈴木です。

現代医学界は、江部先生の『両立の時代』だとの考えで、
私は、『生還、覚醒、再覚醒、』したのだなと考えます!!

西洋医学界の日本医学界の方々は、何故現在も、何の改善有るのか??
患者が結果を提示しても、
『カロリ~制限理論』だと信じているのか、不思議です??!!

<<医療界が、改善皆無では、患者は死へ向き合うだけです!!>>
『私が証明の医療デ~タで明確な、殺されかけたのですから!!』

とにかく私は、江部先生『糖質制限理論』で8年目で、
『生還、覚醒、再覚醒、』しているのは『現実です!!』

江部先生には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具

2020/09/19(Sat) 19:36 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可