FC2ブログ
がん光免疫療法。楽天メディカル。承認申請。
こんにちは。

楽天メディカル、「がん光免疫療法」の医薬品と医療機器を世界初の承認申請
https://mainichi.jp/articles/20200629/k00/00m/040/036000c


という記事が、2020年6月29日、毎日新聞に掲載されました。
がん光免疫療法は、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発しました。

楽天メディカルの三木谷浩史会長は、2013年、
がんを患っていたお父さんの治療について検討するため
小林久隆主任研究員と会って面談されました。
小林研究員は、この時まで、治験を実施するための資金にずっと苦労していたそうです。
その後、わずか1週間で資金援助が決断され、
治験までの期間の大幅スピードアップに貢献しました。
残念ながら三木谷会長のお父さんは2013年11月に亡くなられましたが、
その後も、支援は継続したので、「がん光免疫療法」の治験もきっちり実施されました。
この資金援助が、「がん光免疫療法」の研究、発展におおいに貢献したと言えます。
三木谷会長、素晴らしいです。good jobです。

光は熱を持たず、体に当てても害はありませんので、
手術、放射線、化学療法のような、侵襲や副作用がありません。
また動物実験などのデータから、この治療によって体内の免疫が活発になり、
転移したがんも治癒できる可能性があると考えられています。
対象は、舌がんや喉頭がんなどの頭頸部がんが再発した患者さんですが、
今後は、どんどん応用範囲が広がり、様々な部位のがんにも適応となると思います。

以下の青字は、毎日新聞の記事の要約です。
楽天メディカル、「がん光免疫療法」の医薬品と医療機器を世界初の承認申請

 【楽天メディカル(三木谷浩史会長)は29日、
がん細胞をピンポイントで攻撃する「がん光免疫療法」に使う医薬品と医療機器について、「条件付き早期承認制度」に基づき厚生労働省に承認申請をしたと発表。
対象は、舌がんや喉頭がんなどの頭頸部(とうけいぶ)がんが再発した患者。
この治療法に使う医薬品と医療機器を承認申請するのは世界初。

 がん光免疫療法は、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発。
がん細胞に結びつきやすい特徴を持つ薬を投与した後、
患部に赤色光を当てると、薬が光に反応してがん細胞が破壊される。
光は熱を持たず、体に当てても害はない。
また動物実験などのデータから、この治療によって体内の免疫が活発になり、
転移したがんも治癒できる可能性がある。

 臨床試験第2相では、治療を受けた患者の43%でがんが小さくなった。
現在は、日本、米国を含めた世界約10カ国で、
参加人数を増やした第3相が進められている。

 医薬品の条件付き早期承認制度は、重い病気の治療法を早期に実用化するために
2017年10月に開始。
①対象の病気が命にかかわるなど重篤なこと、
②既存の治療法に比べて有用性が高いこと、
③患者が少ないなどの理由から第3相試験の実施が困難なこと、
④既に実施された臨床試験から一定の有効性と安全性が示されていること――
という四つの要件を満たし、
発売後に改めて有効性と安全性を評価することを条件に承認する制度。

 同社は今年3月、このがん光免疫療法にかかわるさまざまな技術を集約した基盤に
「イルミノックス」と名付け、第2相試験までの結果を基に、
この治療に使う薬と光を当てる装置の承認申請をした。
その後、厚生労働省から条件付き早期承認制度への適用が認められた。
国内治験を始めた17年から約3年での承認取得を目指す。】


江部康二
コメント
癌の原因は、、、??!!
都内河北 鈴木です。

『癌を発症した方』には、改善可能性ある医療方法だとして、
 承認されたのでしょう!!

だが『癌の栄養素は、「糖質」だとアメリカ医学界が発表している』事も
ありますから、私は先ずやるべきは、
『江部先生『糖質制限理論』ではないかなと考えます!!!』

私がこのような事が発言できるのは、
「日本糖尿病学会」信奉・病院、担当医、により、
21年間の後半転院通院7年間、『医療世界情報・隠蔽』され、
悪化一途で4年後には
『脳梗塞・発症』救急搬送され、3日後にはインスリン投与開始開始です!!

しかし2012年10月1日より、
江部先生『糖質制限理論』理解把握、実践で、
3か月足らずでインスリン自主離脱して、『ヘモグロビン正常化』して
『生還、』できました!!!

以降『生還、覚醒、再覚醒、』している8年目の患者が、
*『改善・医療デ~タ』、
*『医療者の無知の書付』、
を証明に発言してます!!!

*『脳梗塞、』は、4度の『改善・覚醒』しています!!

私は現在66歳ですが、以上の事実をどの様にとらえるかは、御自由にですが、
【『糖質・害毒』解明されたのなら、糖尿病に苦しむ患者へ告知しない
 「日本糖尿病学会」という糖尿病・専門組織』とは、
 何ぞやと考えませんか??と言いたいです!!】

江部先生には、『生還、覚醒、再覚醒、』でき、
更なる2度の『改善、覚醒』している事には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具

2020/06/29(Mon) 18:25 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可