FC2ブログ
病理的ケトン体と生理的ケトン体
こんばんは。

さきほど「生理的ケトン体」のことを説明しました。今回は、「病理的ケトン体」のことを考えてみましょう。

糖尿病と病理的ケトン体>
糖尿病はインスリンの作用不足があり、細胞内にうまくブドウ糖が取り込めなくなる病気で、そのため慢性の高血糖状態が生じます。

高血糖にもいろんなレベルがありますが、非常に重症の糖尿病を考えてみましょう。

血糖値が500mg/dl以上もあり、尿中ケトン体が強陽性で、口渇・多飲・多尿・腹痛・悪心・嘔吐・脱水・意識レベル低下などの症状があれば、糖尿病性ケトアシドーシスと診断できます。もちろん血中ケトン体も高値であり、生理的食塩水の点滴・速効型インスリンの静注など緊急的治療が必要となります。

ただし、血糖値が300mg/dl程度でも、糖尿病性ケトアシドーシスを生じることもありえるので注意は必要です。

糖尿病性ケトアシドーシスは、インスリン作用の欠乏による全身の高度の代謝失調状態です。「インスリン作用の極度の低下、インスリン拮抗ホルモンであるグルカゴン・カテコールアミン・成長ホルモンの過剰」により、糖利用の低下・脂肪分解の亢進がおこり、高血糖と高遊離脂肪酸血症を生じます。

遊離脂肪酸は、インスリン欠乏下の肝では、急速な酸化をうけケトン体に分解されます。血中のケトン体が過剰に蓄積して血液の緩衝作用を上回ってくると、アシドーシスや脱水となり、重症では昏睡にいたります。

即ち「病理的ケトン体産生の亢進」は、インスリン作用の欠乏が前提にある病態であり、1型糖尿病患者さんのシックデイなどの時にに起こることがほとんどです。

2型糖尿病では、清涼飲料水多飲による、所謂「ペットボトル症候群」でケトアシドーシスを生じることがあります。

断食や 糖質制限食実践に伴う「生理的ケトン体産生の亢進」の場合は、インスリン作用の欠乏はありませんし、血液の緩衝作用も有効に作用しています。

例えば断食の初期は一過性にアシドーシスになりますが、緩衝作用で徐々に補正されていきます。また、健常人が激しい運動をした場合にも、一過性に血中ケトン体は増加しますが、勿論生理的現象です。


結論

インスリンの作用が欠乏していて高血糖を伴う、血中・尿中ケトン体の上昇は極めて危険な病態です。

一方、インスリンの作用が確保されていて、高血糖を伴わない血中・尿中ケトン体の上昇は、生理的範囲内の現象であり、人類400万年の歴史のなかで日常的に経験されてきたことなのです。


江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この前の質問の件
江部先生

先日 いくつか質問しました こころです

今回 先生の著書の 実践編とごちそうレシピを購入して読みましたところ この前の質問の答えが丁寧に記載されていました

早く 買って読めば良かったと思いましたが この前初版の主食を…を購入したばかりで読み切っていなかったので 今になりました

先生のお人柄を考えますと お忙しいのにも関わらず また丁寧にお返事くださるんだろうと思いまして…一報しました

これからも 季節のレシピも購入し グルメな糖質制限食に挑戦したいと思います

ただ まだ初心者で本を読みながら 手探りでやっていますので本当にこれで良いのかな…と言う一抹の不安はあります

この前も 玄米と書いてあったので てっきり玄米パンと思って購入したら 玄米を練り込んだパンと書いてあって ガ~~~ン!!…食べてしまったと言う失敗も多々あるんです(-_-;)

次回は9月20日に検査を受ける予定です
良い結果が出れば良いのですが…
2008/08/29(Fri) 08:50 | URL | こころ | 【編集
早速の回答ありがとうございました
即日のお返事ありがとうございました。こんなにも早くあるとは期待してませんでしたので・・・チラージンの相互作用には糖尿病のコントロールの条件が変わることがある記載があり空腹時血糖が高いのはこのためかた期待?もしていましたが・・・ちなみに「主治医も関係はないと思います」と言い切ってはいましたが。
そうすると正常血糖値を確保するためにはMetforumin3xの処方を主治医と相談してみたいと思います。ありがとうございました。
ちなみに過去に九州糖尿人という方もいらっしゃったようなので今後はNameは『カボス糖尿人』としたいと思いますのでよろしくお願いします。
2008/08/29(Fri) 09:29 | URL | カボス糖尿人 | 【編集
こころさん。

ご一報ありがとうございます。
また本のご購入もありがとうございました。
9月20日、きっと良い結果がでると思いますよ。 (^_^)
これからも美味しく楽しく糖質制限食をお続け下さいね。
2008/08/29(Fri) 17:33 | URL | 江部康二 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック