FC2ブログ
アニサキス症とアニサキスアレルギー②
こんばんは。
今回の記事は前回の続きで
アニサキス症とアニサキスアレルギー②です。
まずは、魚を食べて生じるアレルギーの全体像です。

<魚を食べて生じるアレルギー>
①魚自体のアレルギー  
②ヒスタミンによる“アレルギー様食中毒”または“ヒスタミン食中毒”  
③アニサキスアレルギー 

魚を食べて生じるアレルギーには、上記の3つのタイプがあります。
このうち一番多いのが③のアニサキスアレルギーです。
また、②のヒスタミン中毒の場合は、抗原抗体反応が関与していないので、
厳密にはアレルギーではありません。
①の魚アレルギーを起こしやすいのは、
魚の筋肉に含まれた『パルブアルブミン』という蛋白質です。

<アニサキスアレルギー>
魚を食べて蕁麻疹や口唇のピリピリ感などがでたことがある人は、かなりおられると思います。こんな時は、この魚はアレルギーがでるので自分には合わないと、普通は思います。まあ、上記①のパターンと思うわけですね。
しかし、実態として、一番多いのは、実はアニサキスアレルギーなのです。
蕁麻疹、発熱、頭痛、顔や体の紅潮、口唇のピリピリ感、ひどければ、
アナフィラキシーショックなどの様々なアレルギー症状が出現します。
これらは1型アレルギーで、IgE抗体が関与して、抗原抗体反応により、
ヒスタミンが遊離されてアレルギー症状がでます。

前日のブログで解説した「アニサキス症」に第一回目に罹患した時に、
「感作」されると、第二回目にアニサキスのタンパク成分を保有する魚を食べるとアニサキスアレルギーを発症します。
感作されていなければ、アニサキスアレルギーは生じません。
感作というのは、特定の抗原(アレルゲン)に対して過敏状態になることです。
アレルゲンは、基本的にタンパク質成分です。
アニサキスは死んでいても、タンパク成分が魚の筋肉に
残っていれば、アレルギー反応を生じるわけです。
現在アレルゲンとして、
アニサキスの16種類のタンパク成分がわかっています。
このアニサキスの抗原は、熱にも凍結にも強いものがあります。
これらのアレルゲンに対するアレルギー反応は、個人差が大きいです。
極端に言えば、1人1人皆、それぞれ反応は異なると考えられます。
アナフィラキシーショックまで起こす人は、まれとは思いますが、
アナフィラキシーショックは命に関わる病態なので、
魚を食べるときは、細心の注意が必要となります。

オキアミは、ほとんどの種類の魚の餌となっているので、
オキアミのもつアニサキスをほとんどの魚が保有していることとなります。

<症状の治療>
アニサキスアレルギーを発症したときは、
抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤を内服します。
症状が強ければ、ステロイド剤の内服や注射が必要となります。
アナフィラキシーショックで血圧低下のときは、
ボスミン0.3mlの筋注が一番有効です。

<予防・改善>
プーさんが、ご指摘のように
スーパー糖質制限食で、花粉症が治ったり改善したりした人は
大勢おられます。
アトピー性皮膚炎や気管支喘息などアレルギーも関与する疾患も
スーパー糖質制限食で改善します。
このように、スーパー糖質制限食でアレルギーが改善した例は多いです。
アニサキスアレルギーの「予防・改善」に対しても
スーパー糖質制限食が有効である可能性は期待できると思います。


以下は、
厚生労働省のサイトhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html
より引用です

消費者の皆さまへ
◆ 魚を購入する際は、新鮮な魚を選びましょう。また、丸ごと1匹で購入した際は、速やかに内臓を取り除いてください。
◆ 内臓を生で食べないでください。
◆ 目視で確認して、アニサキス幼虫を除去してください。

※ 一般的な料理で使う食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても、アニサキス幼虫は死滅しません。

事業者の皆さまへ
◆ 新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除いてください。
◆ 魚の内臓を生で提供しないでください。
◆ 目視で確認して、アニサキス幼虫を除去してください。
◆ 冷凍してください。 (-20℃で24時間以上冷凍)
◆ 加熱してください。(70℃以上、または60℃なら1分)


※ 一般的な料理で使う食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても、アニサキス幼虫は死滅しません。


江部康二
コメント
>アニサキス症の元となる魚は、
>サバ、イワシ、アジ、カツオ、キンメダイ、タラ、ホッケ、サケ、イカなどですが、
>一番多いのはサバです。

すごく多いのがホタルイカだそうです。聞いた話によると7割に寄生しているようです。
したがって、ホタルイカは生食しないよう注意喚起され、以前は生でも流通していましたが、最近は冷凍か、ボイルしたものがほとんどになっています。
要するに冷凍、加熱等で死滅させると安全だと言う事のように思えますが、煮汁でもアレルギーが出るなど、相反する情報もあり実際はどうなのでしょう。
初めて罹患するときは、生きたアニサキスによると言う事でしょうか。それ以降は感作により、敏感になっているため、死滅していてもアニサキスのタンパク質成分が残っていれば加熱してもダメという事になるのでしょうか。
要するに加熱により変性したタンパク質は、アレルギーが出にくいという事でしょうか。
しかし、冷凍処理では死滅はすれど、タンパク質はそれほど変性しないように思えるのですが、どこに違いがあるのでしょうか。

私は罹患した当時、感作と言う事まで知識が及ばず、胃腸科のクリニックでもそのような説明はなかったので、知らぬが仏で、さすがに直後は控えましたが、その後も鯖の刺身なども食べ続けています。その後も魚介類全般、アレルギー症状が出なかったことは不幸中の幸いでした。
2020/06/28(Sun) 07:04 | URL | 西村典彦 | 【編集
Re: タイトルなし

西村典彦 さん

なるほど、ホタルイカはアニサキスがすごく多いですね。


現在流通しているホタルイカは、冷凍処理しているか、ボイルしているので、生きたアニサキスは居ません。
従って、現在流通のホタルイカを食べて「アニサキス症」になることはありません。

しかし、「アニサキスアレルギー」のほうは、
死んだアニサキスのタンパク質成分が残っているホタルイカを食べるとアニサキスアレルギーを発症します。

アニサキスにおいて16種類のタンパク成分(抗原)がわかっています。
このアニサキスの抗原は、熱にも凍結にも強いものがあります。
そのため、感作されている人は、加熱や凍結で処理しても、アニサキスアレルギーを発症します。


西村さんは、かつて生きたアニサキスを有す魚介を食べて「アニサキス症」を発症されたのでしょう。
しかし、幸い「感作」されなかったので「アニサキスアレルギー」にはならなったと思われます。


2020/06/28(Sun) 08:35 | URL | ドクター江部 | 【編集
生ものは鮮度で、食べてOK??!!
都内河北 鈴木です。

「ホタルイカの生」に、アニサキス菌が存在してることは無知でしたが、
私は会席調理師をしていて「生のホタルイカ」を扱った事はありますが、
数度です!!

生以外は季節の食材ですので、ボイルされたものしか扱った事がありません!!

「生のホタルイカは、仕入れて1~2日位しか日持ちせず、身が溶けてしまいますので!!」

私の体験も数十年前で、現在の環境変動の激しい時代には、
江部先生の説明される『ボイル』されたものを食べるようにした方がよろしいかなと思います!!

ここ数日の江部先生『アレルギ~説明』は、最もだなと思います!!

調理場も、時代進化してます!!
その代表が、『まな板』ですが、30年程前位から、
『木材は使用禁止されています!!』
 
現在は、『プラスチック樹脂』に衛生上なっています!!
フグ刺し以外は、駄目だなと記憶してます。

私はアレルギ~は記憶あるのは、子供の頃「ハマグリの酒蒸し」を食べた時、
口中が痒くなった以外は、以降食べても有りません!!

【今回の「アレルギ~説明」は、時代進化を感じます!!】

江部先生には、『生還、覚醒、再覚醒、』でき、
更なる2度の『改善、覚醒、』している8年目に体調快調に生活できている事に感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具




2020/06/28(Sun) 11:21 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
西村様 江部先生
ホタルイカ と聞くと旋尾線虫タイプXと1対1対応で出てきてしまいます。

西村様がもしホタルイカで症状があったなら旋尾線虫だったかもしれません。 そうするとアニサキスアレルギーは起こりようがありません。
余計なコメントでしたら申し訳ありません。
2020/06/28(Sun) 14:35 | URL | ベッドサイド小児科医 | 【編集
非結核性抗酸菌についてご教示くださいますでしょうか。
江部先生
指導者のいない中で、先生のご著書と当ブログに導かれ糖質制限を始めて丸9年、お蔭様でHba1cは5.5を維持できております。そのような中で決して気を緩めているわけではありませんが、糖質制限と全く関係のない細菌についてご質問させていただきたく存じます。
小さい時からうがい手洗いを徹底していたにもかかわらず、今から34年前に死ぬかと思うほどのインフルエンザに罹患し、あれ程気をつけていたのにとショックを受けました。その時、うがいを繰り返すと生じる鼻のモヤモヤ感をすっきりさせる方がよいのではないかと感じ、帰宅後の手洗いうがいの後に、給湯器から出るぬるま湯でササっと鼻を洗う習慣がついていました。鼻から口に通すというスゴ技ではなく出口を洗う程度でもすっきりし、風邪の頻度も少なくなった感がありました。
そこで、この度の新型コロナ予防にきちんとした鼻うがいを試そうと検索したところ、アメリカで鼻うがいにより脳にアメーバが到達して死亡したとか、肺MAC症になるので水道水での鼻うがいは厳禁など恐ろしい記事が目に飛び込んできました。日本の水道水からアメーバが出てくるとは思えませんが、この、肺MAC症の原因菌である非結核性抗酸菌は、日常の空間に見られる細菌とあります。検索を続けますと、台所や浴室のシャワーヘッドや蛇口などのヌメリのある所にもいるとのことで、それは何となく理解できますが、流れ出る水道水の中にも存在するのでしょうか。地元の水道局の方も、厚生労働省の水質管理課の方にも問い合わせてみましたが、そのような細菌の名前すら初耳ということでデータはないそうです。水質検査対象の一般細菌の中に含まれるのかどうか分からないとのことでした。
そして、この細菌によるMAC症がここ7~8年増加し、これまでは肺に何らかの傷を持つ人が罹患しやすいとされていたものが、近頃は普段は健康な中高年の痩せ型の女性に急増しているとあり、どのサイトでもその原因は不明とあります。中高年の痩せ型の女性が揃って鼻うがいを始めたとも考えられず、痩せ型の中高年女性である私は恐ろしくて仕方ありません。元々土壌や水場で多く見られる非結核性抗酸菌なら農業をされていらっしゃる方や園芸家の方は日常的に曝露されているでしょうから急激な増加の原因はあの超音波式加湿器なのだろうかと勝手に推測していますが、本当のところ、どうして予防すればよいのか分からずじまいです。鼻うがいをする際、水道水を浄水器で濾過して、それを沸騰させれば非結核性抗酸菌は死滅しますでしょうか。最初から「ハナノア」とかいう鼻うがいグッズを購入すればよいのでしょうが、毎日のことですので費用がかさみます。精製水や生理食塩水を絶やさず購入しつづける労力よりも何とか浄水器を通して煮沸する方法で済ませたいのですが、危険でしょうか。そもそも、この細菌は高温で死滅するのでしょうか。
塩素やアルコールでは死滅しないと書かれていましたし、浴室のシャワーヘッドにもいるのであれば、シャワーを使用する度に浴室中に噴霧さし吸い込んでいるのかと考えますと、リラックスするはずのバスタイムが緊張の時となっております。
先生は呼吸器がご専門でいらっしゃったと伺います、この細菌への対処法についてご教示くださいますでしょうか。また、近頃なぜ急増しているのでしょう。
先生にも、当ブログで勉強されていらっしゃる読者の方々にも関係のない話題で誠に申し訳ございません。
2020/06/28(Sun) 15:56 | URL | neiri | 【編集
Re: タイトルなし
ベッドサイド小児科医 さん

コメントありがとうございます。
ホタルイカに寄生しているのは、アニサキスではなくて、旋尾線虫ですね。
2020/06/29(Mon) 11:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 非結核性抗酸菌についてご教示くださいますでしょうか。
neiri さん

肺MAC症が中高年女性に増えていますが、全く原因不明です。
MACは、結核のように、人から人に感染することもありません。
24時間風呂とかは、さすがに良くないですが、普通のシャワーとかは、心配ないと思います。
浄水器を通して5分間煮沸すれば、MACも普通の菌も死滅します。
また糖質制限食を実践している人は、免疫力が向上しているので、MACにも強いと思います。


以下のサイトにとても詳しい解説があります。
https://www.fukujuji.org/clinical-guide/disease/nontuberculous-mycobacterial-infection/
複十字病院

2020/06/29(Mon) 11:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 非結核性抗酸菌についてご教示くださいますでしょうか。
江部先生
糖質制限以外の件にもご回答くださり畏れ入ります。
浄水器を通して5分間の煮沸で、MAC菌も一般細菌も死滅するとのご回答で安心しました。
複十字病院の解説も読みましたが、何か不確定な回答ですね。命に別状のない
ことはあまり発展しないのでしょうか。
とにかく、糖質制限を第一に、清潔に、心配し過ぎない程度に意識して暮らします。
ありがとうございました。
2020/06/29(Mon) 16:33 | URL | neiri | 【編集
非結核性抗酸菌症
neiriさんへ

糖質制限を始めるほんの少し前頃、消化器科の検査で腹部のCTを撮影する機会があったのですが、その撮像範囲の右肺中葉に所見がみつかりました。呼吸器科の先生(複十字病院から診察にいらしているドクター)の診察を受けた所、肺MAC症の診断でした。
私は関節リウマチの治療で免疫を抑える生物学的製剤も使っているのですが、今は半年毎のレントゲンチェックでの経過観察のみです。レントゲンで分かるか分からない程度の状態だそうで、特に自覚症状も無いのでMAC症の投薬治療はこれまで一度も受けておりません。
CTでたまたま見つかった時は54歳で、正に発症者の多い中年女性、痩せ型です。
畑仕事などはする機会は無いのですが、シャワーやお風呂掃除などに関しても特別注意を払うようなことはしていません。極々普通の皆さんと同様な生活をしていると思います。
関節リウマチは免疫を抑える治療なので、副作用として感染症のリスクはありますが、その影響で発症したのか?、発覚したCT以前に腹部や胸部のCTは撮影する機会もなかったので、実際発症したのがいつなのかも不明です。
中には進行してしまわれる方もいらっしゃると思いますが、進行がとてもゆっくりな病気だとこのことですし、私の様に(発症から)5年経過しても全く進行せず経過観察のみの人も沢山いらっしゃるようです。
江部先生も仰るように、糖質制限が功を奏しているのかも…と私自身も思っております。
一度きりしか無い人生、neiriさんも過度に不安に怯えることなく楽しい日々過ごしていって下さい!
2020/06/29(Mon) 21:48 | URL | 葉月 | 【編集
R:非結核性抗酸菌症
葉月さま
肺MAC症についてのご自身のご経験をお教えくださりありがとうございます。
拝読しましたところ、江部先生もおっしゃるように本当に原因らしきものも、感染時期も不明なものなのですね。そんな中で、葉月さんが現在も無症状で投薬治療不要の状態でいらっしゃっるのが何よりです。私は、入浴中に、ハッ!口呼吸NG!と、あくびが途中で止まる時もありすが、糖質制限による免疫力を信じて気を楽に日々を送ります。ありがとうございました。葉月さんもお元気で、日々の暮らしを楽しみつつお過ごしください。
2020/06/30(Tue) 12:43 | URL | neiri | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可