FC2ブログ
ぜんそくの人は「感染少ない」 新型コロナ、意外な研究
こんばんは。

ヤフーニュース 2020/6/2(火)  に
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba24b5959d52c2949a889e5839fe79b16034e6d0

ぜんそくの人は「感染少ない」 新型コロナ、意外な研究  
という共同通信からの記事が載っていました。

「喘息の患者さんは、気管支粘膜にアレルギー性炎症があるわけなので、
当然、普通に考えると、新型コロナ感染の場合は重症化のリスクになりそう。」
と思っていたので意外でした。
喘息患者さんは、今まで一般の人より、新型コロナ感染リスクは高いはずと思っていた人が多いと思うので
少し朗報です。

国立成育医療研究センターが
「気管支ぜんそく疾患の人は、新型コロナに感染しにくいかもしれない」とする研究結果を、
6月2日、発表したとの事でした。

米国と中国、メキシコの感染者約1万7千人の論文データを分析して、
これらの国の8都市では、人口の約8%がぜんそくにかかっていますが、
新型コロナにかかった人に占めるぜんそく患者の割合は
5%強と低かったのです。

つまり、喘息患者さんのほうが、一般の人より新型コロナに感染しにくかったという
疫学的データが示されたわけです。
実は体内のアレルギー反応の影響でウイルス感染が起きにくくなっている可能性があります。

国立成育医療研究センターによれば、
「喘息のアレルギー反応で生じるタンパク質が増えると、
新型コロナウィルスの受容体が減少する」
ことが感染が少ない理由と思われるそうです。   
ただぜんそくの人がコロナで重症化する度合いは健康な人と変わらないようです。

江部康二
コメント
こんにちは、むぎと申します。
いつも先生のブログを拝見して勉強させて頂いています。
私は20代の看護師です。(BMI17.7、家族にDMはおりません)中学生の時より冷や汗や手足の痺れなどを覚えており、7年前の大学生の時、75ogttを受け反応性低血糖と診断されました。(MAX1時間値120 Mini5時間値55)その際はインスリンの量や出方を調べることはなく、その他の精密検査も特にせず、分食を勧められて通院を終えました。ここ一年ほどは、低血糖症状(50前後〜80程でも症状あり)により仕事中にIVにて糖補給をすることが度々あり、先生のブログを参考に糖質制限を行い症状が出る回数が減ってきたところです。体調自体は良くなってきたかなと思っているのですが、血糖自己測定を時々行うと食後1〜2時間で200を超えることが時々あり、低血糖症状自体もゼロではない為、心配になっています。もう、一度きちんとインスリン量なども併せて検査した方がいいのかと考えております。アドバイス頂けると幸いです。読みにくい長文になりすみません。
2020/06/03(Wed) 23:51 | URL | むぎ | 【編集
いつになったら、気付くのか日本医療界??!!
都内河北 鈴木です。

本日記事も、いつになったら
「日本医療界」は公然と気付き、患者を指導するのかな??!!

先ずは、「高糖・食生活」を、『糖質制限・食生活』に変更は、
当然至極だと考えます!!

私は、極力『糖質制限理論』を厳守して、
結果出した『生還、覚醒、再覚醒、』ですが、
『糖質』は、「糖尿病、ガン、認知症、」発症悪化の原因です!!

だけでなく新型コロナにも、影響ありと理解したのなら、
江部先生『糖質制限理論』は、実践可否は明らかかなと考えます!!

江部先生『糖質制限理論』は、
『私の様に、時代進化・皆無の無知、無策の医療組織「日本糖尿病学会」を
信じて、「悪化から薬大量投与され、殺されかけるのを待つまでもなく」、
健康に生存する為に、江部先生『糖質制限理論』を実践するのみだと、
何の迷いもありませんでした!!』

何しろ私の8年前から現在の食生活は、
江部先生『糖質制限理論』からの
『タンパク質、脂質、繊維質、』のみの食生活ですから、
だから証明可能な医療デ~タからも理解できる
『生還、覚醒、再覚醒、』しているのだなと考えます!!

顧問・夏井先生の『炭水化物が人類を滅ぼす』を読んでも理解できる、
『糖質』は人工物だという事だなという事を理解し既成概念・打破して、
実践するだけだなと考えます!!!

【江部先生が2005年に時代進化・解明した『糖質制限理論』
 だという事です!!】

江部先生には、『生還、覚醒、再覚醒、』でき、
更なる2度の『改善、』している8年目に体調快調に成りながら、
生活できることに、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2020/06/04(Thu) 07:18 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: タイトルなし
むぎ さん

「中学生の時より冷や汗や手足の痺れなどを覚えており7年前の大学生の時、75ogttを受け反応性低血糖と診断されました。(MAX1時間値120 Mini5時間値55」

これなら機能性低血糖の確定診断です。
これ以上の検査は必要ないと思います。

5時間後の血糖値が、55mg/dlなので、追加分泌インスリンは遷延してやや過剰に分泌されています。
食後1~2時間値が、160mg/dlを超えないていどの糖質摂取量にすればいいと思います。
それでインスリンが出過ぎることはなくなり、機能性低血糖も起こりません。
スーパー糖質制限食なら食後血糖値上昇は140mg/dl未満となり、機能性低血糖は皆無となります。

糖質を摂取して血糖値が上昇して、それに対して追加分泌インスリンが遷延して過剰に出て低血糖症状が生じるのが、
『機能性低血糖症』です。
スーパー糖質制限食なら食後血糖値の上昇は最小限ですみ、追加分泌インスリンも最小限ですむので
機能性低血糖は起こりません。
2020/06/04(Thu) 07:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
驚き!!!
初めまして、たかひろと申します!!
喘息の人って、コロナに滅法弱いイメージでしたが、本気で衝撃受けました!!意外ですね!!
2020/06/04(Thu) 20:27 | URL | 美ボディー案内人たかひろ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可