新型コロナウィルス感染と致命率。糖質制限食の役目。

7 -
こんばんは。
新型コロナウィルスの致命率、とても気になるところですが、
日本プライマリ・ケア連合学会のサイトが、わかりやすいので
以下一部、抜粋して紹介します。
なお私も、日本プライマリ・ケア連合学会の会員です。


日本プライマリ・ケア連合学会
のホームページ

プライマリ・ケアのための
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)情報サイト
https://www.primary-care.or.jp/imp_news/pdf/20200311.pdf

新型コロナウイルス感染症
(COVID-19)
診療所・病院のプライマリ・ケア
初期診療の手引き


8ページ
3.高齢者と基礎疾患患者の致命率が高い

 高齢者及び免疫低下につながる基礎疾患がある患者が
 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合は、
 肺炎を合併しやすく、また重症化しやすい傾向があります。
 高齢及び基礎疾患がある場合の致命率は【表 2】のとおり、
 健康成人に比べて大きく異なります。

【表 2】致命率の比較
・高齢者(80 歳以上) 14.8%
・循環器疾患 10.5%
・糖尿病 7.3%
・慢性呼吸器疾患 6.3%
・⾼高血圧 6.0%
・悪性腫瘍 5.6%
・健康成人 0.9%


したがって、高齢者及び基礎疾患(糖尿病、心不全、腎障害、人工透析、生物学的製剤投与、化学療法及び免疫抑制剤投与等)を有する患者では、感冒様症状を呈した場合は
慎重に経過観察する必要があります。
その上で症状悪化時には速やかに高次医療につなげ、
死亡を回避することが重要と言えます。

一方で、小児では重症化は稀です。
小児における新型コロナウイルス感染症は、
ほとんどが普通感冒と同様の経過のみで
治癒すると考えられます。



基本的には、高齢者と持病がある方々が致命率が高いです。
実は、高齢者でも持病がない人は、致命率は低いようです。
しかし現実には『高齢者で持病がない人』そのものが、極めてまれですね。

なお、糖質制限食実践者は、同年代で糖質を食べている人に比べれば
免疫力は高いと思います。
糖尿病であっても持病がなくても、いずれにせよ糖質セイゲニストのほうが、
免疫力は高いと思います。
私、江部康二は診断基準を満たす糖尿病であり、70歳ですから、一般には、
<高齢+持病>で、新型コロナ肺炎のダブルハイリスクとされるでしょう。
しかしスーパー糖質制限食のおかげで、血糖コントロール極めて良好で、正常値ですし、
全身の血流・代謝も良好で免疫力も高いので、
リスクは、同年代の持病なしの人よりも低いと思います。

なお上記、日本プライマリ・ケア連合学会のサイトでは
小児では重症化は稀とされています。
しかし新型コロナウイルスが猛威を振るう欧州で、
10代の若者が感染して死亡する例が複数報告されています。
少ないとはいえ、
若者でも死亡例があることはしっかり注意喚起する必要があります。
2020/3/25、フランスで16歳の女性高校生が
新型コロナウイルスに感染して亡くなっています。


江部康二
ページトップ