FC2ブログ
糖尿病の食事療法
こんばんは。夕方から雨が降り始めました。

今夜は、同級生の飲み会が祇園であります。雨ニモマケズ、ユニクロの傘をさしてボチボチ出かけます。

さて今回は、こころさんから、糖尿病の食事療法についてコメント・質問をいただきました。

『先生初めまして 糖尿病患者になってまだ10日目の初心者です 特定検診で発見され その時にはすでに血糖値(空腹時)205 HbA1c9.2と言う結果で 病院の先生からもこんな数値今まで見たことがないと言われる始末で…だからといって栄養指導も受けましたが 今一要領が分かりません この数値はかなりの重症なのでしょうか 食事も何が良くて何が悪いのかさっぱり分からないです 食事のポイントは何ですか?何も分からないまま 今までの食事の分量を半分に減らして 運動もウォーキングもほぼ毎日30分しています
2008/08/16(土) 21:00:05 | URL | こころ』

こころさん。コメントありがとうございます。

「空腹時血糖値205mg  HbA1c9.2%」

というデータは日本糖尿病学会の指標と評価によれば、不可に属しますから、あまりよろしくないですね。(=_=;) 


血糖コントロール指標と評価(日本糖尿病学会)
         空腹時血糖値                HbA1c
優       80~110未満                5.8未満
良        110~130未満               5.8~6.5
可       130~160未満                6.5~8.0未満
不可      160以上                     8.0以上
 

こころさん、「糖尿病患者になってまだ10日目」ですので、薬などなしで、とりあえず、食事療法(カロリー制限で糖質あり)と運動療法を指導されたと思います。

しかしながら、カロリー制限食では食後高血糖をコントロールするのは不可能なので、1~2ヶ月後には内服薬を奨められることとなります。

今回、よいタイミングで本ブログに到達されたと思います。 (^_^)
まだ充分間に合います。糖質制限食がお奨めです。

今後、糖質制限食を実践されれば、通常はHbA1cが月に1%の割合で改善していきますので3ヶ月後には、コントロール良になります。そうなればお医者さんも薬を飲めとは仰らないでしょう。


糖尿病で内服薬やインスリン注射をしていない段階の方は、低血糖の心配もありませんので拙著

「主食を抜けば糖尿病は良くなる」
「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」
糖質制限食 春のレシピ」
糖質制限食 夏のレシピ」
「主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編」
糖質制限食 秋のレシピ」
いずれも東洋経済新報社 

などを参考にして、自力で 糖質制限食を実践して糖尿病改善を目指していただけば幸いです。
8.22のブログ「糖質制限食とは」もご参照下さいね。o(^-^o)(o^-^)o


江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
江部先生はじめまして。
主人が糖尿病なので、相談に来ました。(長文で失礼します)

昨年6月に膵臓に影が見つかり、色々調べた結果9月に膵体尾部切除術(脾臓を含む)をしました。
この時先生からは、術後は糖尿にはならないと思いますと言われてました。
ですが、その後今年の1月に体調を崩して2月に病院に行ったところ、
血糖値が407もありHbA1cは11もありケトン体は+2で即入院しました。

1ヶ月間入院し糖尿病食を食べても血糖値が下がらずインシュリン注になりました。
ですが、退院後すぐに低血糖になり(血糖値が58とかに)
2週間ですぐ病院に戻ったら、インシュリン注はなくなり、
飲み薬(ベイスン)になりました。
夏前からまた血糖が高くなりいまだHbA1cが7.4~8.6です。(5月・6月・7月・8月の検査)
6月からはアマリール3mlを朝晩飲んでますが、早朝空腹時が160ぐらいはあります。
こちらでSU剤は膵臓を無理に動かしているとの記載を見て、
主人のように膵臓が残り膵頭部の3分の1しかない人にこの薬はどうなんだろう?
との疑問が出てきました。このまま飲み続けていても本当に大丈夫なのでしょうか?
しかもこの2ヶ月間アマリールを飲んでも全然血糖値が下がりません。
主人はインシュリン注の方が楽だと言ってます。

ちなみに主人は運動嫌いです。少しでも散歩をしようと誘っても全然してくれません。
私も食事療法が今一要領がつかめていません。
(明日早速、先生の本を買いに行く予定です(笑)


8月の血液検査(空腹時)
C1u(NaF) 175
HbA1c 8.6
T-cho 264
TG 327
2008/08/24(Sun) 01:32 | URL | amica | 【編集
追加でお願いします。
度々すみません。
今日早速先生の本を買いに言ってきました。
まずはと思い「主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編」を購入して、
読み進めていますと、膵臓が悪い方(膵炎など)には向いていないとあり、
少しショックを受けました。

主人は去年膵臓の検査(ERCPの検査)をしたときに、膵炎と胆のう炎を併発し、
3週間ほどの絶飲食でいました。
検査の結果は悪性とも良性とも判断がつかなかったので切除となりましたが、
切除した部分を生体検査をしても判断がつきませんでした。

このような膵臓でも先生の推奨されている「糖質制限食」は可能でしょうか?
主人の場合はⅠ型でもⅡ型でもなく「膵性糖尿」と言われました。
2008/08/24(Sun) 16:46 | URL | amica | 【編集
amicaさん。

ご主人はERCPの合併症として、膵炎と胆のう炎を発症されたのですね。
現在活動的な膵炎がなければ、糖質制限食は可能と思います。糖質制限食をしたから膵炎になるということはありません。

一方既に膵炎が存在している場合は、高脂肪の食事は負担となるので糖質制限食の適応となりません。

最初の質問には後日回答させていただきます。
2008/08/24(Sun) 16:57 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます。
先生本当にありがとうございます。
こんなに早くお答えを頂けるなんて、感謝です。

(現在通っている先生はこんなに早く質問に回答をしてくれません(涙)

また、後日の回答を心待ちしにしております。
(でも、お忙しいと思いますので、時間のある時にm(_ _)m)
2008/08/24(Sun) 17:07 | URL | amica | 【編集
ももたさん。

いろんな会社の基準値がありますが、
SRLという最大手の検査会社によると
1日尿中Cペプチドの基準値は: 29.2~167(μg/day)
です。
2008/08/26(Tue) 08:01 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます
入院中、ほぼ常食を摂っての数値でしたが、なんとか基準内に入っているんですね。
どちらかというと発覚時の数値が悪い方でしたので、諦めなければいけない部分も多いだろうなと覚悟をしておりました・・。
膵β細胞に負担を掛けないよう今後も糖質制限食を続けていきたいと思います。
あとはかなりあると思われるインスリン抵抗性…後日記事の「肥満遺伝子」に該当する身(笑)のようですので、総カロリーにも気を付けたいと思います。
(入院中の病院食でも体重増加傾向がかなり強く困りました・・・)
新刊:秋のレシピもアマゾンにてポチっといたしました。
これからも色々と参考にさせていただきます。ありがとうございました。
2008/08/26(Tue) 09:11 | URL | ももた | 【編集
amicaさん。

ご主人ですが、膵臓が1/3しか残っておられないので、膵臓中に散在するランゲルハンス島も1/3しかないと考えられます。

従いまして、アマリール3mg×2回/日は、残存しているβ細胞にはかなりの負担となります。

糖質制限食を実践されれば、インスリンの必要量(追加分泌)はかなり少なくてすみますので膵臓が休養できます。またアマリールは即、1mg×2回/日以下に減らせると思います。

糖質制限食を実践し、低血糖を起こさないように注意しながら、主治医とよく相談されてアマリールは減量→中止の方向を目指しては如何でしょう。
2008/08/26(Tue) 19:18 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます。
ご回答ありがとうございます。
毎日、こちらのブログを拝見させて頂いていたのに、
コメントの返事がこちらと気付かずにお礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

主人のすい臓は膵頭部の3分の1しかなく、
しかもβ細胞は膵体尾部の方に多く集中していると聞いていたので、
残りのすい臓で大丈夫なのかと心配していた時に、糖尿病になり本当にショックでした。
ですが、こちらのブログに糖尿病になってから約半年でたどり着けて
本当に良かったと思っております。

糖質制限食をすぐに試してみて(晩ご飯と次の日の朝ごはんの糖質抜きで)
1日でお昼の空腹血糖が155→94にまで下がりました。本当にビックリです。

あと一つ質問したいのですが、よろしいでしょうか?
実は主人だけ白米や食パンが食べれないのはかわいそうなので私も一緒にスタンダード糖質制限食をしています。
私のデーターは
身長155cm 体重45kg 体脂肪21.8%
空腹時血糖74 食後2時間79です。(糖質制限食なし)
主人の検査キットを借りて計っているのですが、
以前こちらのブログで血液検査の血糖値と検査キットでは
10~30程差が出るとありましたが、
糖尿病でない人でもそうなのでしょうか?
もしそうなら、私の血糖は74→54 79→59 
となり、低血糖になるのでしょうか?
ここ4日ほどスタンダード糖質制限食(朝・晩抜き)をしていますが、
お昼前に買物に出かけた時に気分が悪くなり、軽い目眩を起こし座り込んでしまいました。

このコメントも夜中に書いてますが、実は夜8時に晩ご飯を食べて(糖質制限食)12時に一旦ベットに入ったのですが、かなりの空腹感があり、しかも眠気が全然ありません。
糖尿病や肥満体、メタボでない人が糖質制限食するとよくないのでしょうか?
ちなみに私の実父は境界糖尿でしたが現在の血糖は落ち着いています。
私自身は妊娠中にHbA1cが11.1あった時があり
常に尿糖がプラス2~3でしたので、将来糖尿になる恐れがあるといわれてました。
出産後はHbA1cを検査した事はありません。(8年間)

何度も質問ばかりしてしまい申し訳ありません。
主人の身体は家族みんなの身体ですので、
家族一丸となって糖尿病を主人の身体を良くしていきたいと思っております。

宜しくお願いします。

2008/08/28(Thu) 01:49 | URL | amica | 【編集
amica さん。

血糖自己測定器は100mg前後のと低い時は誤差は少ないです。
150mgを超えてくると誤差は大きくなります。

また糖質制限食で高血糖は改善しますが低血糖になることは通常はありません。

空腹感があり眠気がないとのことですが、低カロリーの可能性が高いです。
おかずはお腹いっぱい食べましょう。

ブログ
低血糖について③
2008年07月16日
をご参照頂けば幸いです。
2008/08/28(Thu) 17:44 | URL | 江部康二 | 【編集
何度も何度もありがとうございます。
江部先生
本当に何度も回答頂きありがとうございます。

今晩から安心して主人と一緒に糖質制限をして、
私のお腹周りの脂肪を減らして行きたいと思います(笑)

かなりがんばっておかずを食べたつもりでいたのですが・・・。
もっとがんばって食べてみます^^

おなかいっぱい食べて痩せられるなんて糖質制限最高!!
ですね。
主婦友にも広めていきますね。
2008/08/28(Thu) 19:34 | URL | amica | 【編集
先日、12回目の入院で膵性糖尿病の確定診断を受けました。HbA1Cが9.2です。 これって1回で確定診断なのですか 主治医も栄養士の先生も確定診断だと言っていますがインシュリン治療は必要はまだないと…投薬は膵臓にダメージを与えるから出来ず、外科的治療は出来ないし膵管癒合不全で膵炎を繰り返すと…このまま死を待つ不安でいっぱいです。
 また先日、夜中に交通事故を起こしました。3車線の左を走っていて車線をオーバーして後ろから来たトラックの、クラクションも聞こえず、接触事故です。本人はまっすぐ走っていたつもりですが、途中の数秒間、意識が飛んで覚えていません。一週間前に膵炎で退院して、入院中に60まで下がったり、過去の入院では50台になってブドウ糖注射をされたことがあります。今回は低血糖発作なのでしょうか?
それと、食事で注意する点を教えてください。先生からは、膵炎なので糖質中心で脂肪15グラム。炭水化物:タンパク質:脂質を7:2:1にして1600カロリー。ごはんは1回160グラムと言われました。よろしくお願いします。
2012/04/20(Fri) 13:56 | URL | とし | 【編集
アルコール性膵糖尿病の主人の事でご相談いたします。
血液検査の結果
3/18  血糖 164    HbA1c 7.0
5/21      242.         8.8
7/14      182         10.9
8/4       94          8.7
8/18      82
現在、オングリザとリパクレオンを服用しています。膵性糖尿病の場合はインスリンを打って膵臓を休ませるとありましたが、この薬でいいでしょうか?よろしくお願いいたします。
2015/08/23(Sun) 22:52 | URL | 佐藤留美子 | 【編集
Re: タイトルなし
佐藤留美子さん

オングリザはDPP-4阻害剤という種類の糖尿病の薬です。

リパクレオンは膵消化酵素補充薬のパンクレリパーゼです。

いずれも良い薬剤と思います。
インスリンが必要か否かは、主治医とよくご相談いただけば幸いです。
2015/08/24(Mon) 16:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック