FC2ブログ
決定版! 作りおき&レンチンで簡単! 糖質オフのやせる! ラクうま弁当350   ナツメ社
こんばんは。

決定版! 作りおき&レンチンで簡単! 糖質オフのやせる! ラクうま弁当350 大型本 - ナツメ社 2020/1/16
江部 康二 (著), 新谷 友里江 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4816367705/


book2020-1.jpg


2020年1月16日、刊行です。
おかげさまで、早くも重版が決定しました。(^^)       
アマゾンの動きはいまいちなので、心配だったのですが
レシピ本は、直接手に取って、本屋さんの店頭で内容を確認してから
購入される人が多いのかなと思いました。

本書が前もって送付されてきたので、
スタッフにも見せました。
すると、わかりやすく使いやすいと、とても評判が良いのです。
購入したいという人も多くて、嬉しい限りでした。

本書では、作りおきとレンチンでラクラク続く、
お弁当の定番おかずをたっぷり350種掲載してあります。

ゆる糖質オフも、きちんと糖質オフ(スーパー糖質制限食)も自由に選べます。
毎日お弁当の人もいれば、時々お弁当の人もいると思いますが、
この一冊で、美味しい糖質オフ弁当が簡単に作れるのでとても便利です。


☆☆☆
以下の緑文字の記載は、本書の「はじめに」です。

自分に合った糖質オフ弁当でおいしく食べてやせる!

   本書は糖質オフのお弁当の本です。カロリー制限食の場合、減量は極めて困難で、
そもそもひもじくて長く続けることは不可能と言えるでしょう。
その点、糖質制限食なら、厚生労働省のいう「推定エネルギー必要量」を、
しっかり摂取してよいので、満足感や満腹感があり、
しかも減量効果が速やかにでることでモチベーションも高まるため、
長く続けることが可能になります。
糖質を食べて血糖値が上昇すると、分泌されたインスリンが血液中のブドウ糖を
筋肉に取り込ませることで血糖値を下げますが、余ったブドウ糖は全て中性脂肪に
変えられ、脂肪細胞に蓄えられます。
これがインスリンが肥満ホルモンと言われる理由です。
一方、たんぱく質と脂質は直接血糖値を上げることはないので、食べても太りません。
いざ減量のために糖質制限食を始めたけれど、お昼は社員食堂に行くしかないなど、
昼ごはんで挫折する人が多いようです。
外食やコンビニを利用する手もありますが、
糖質制限中でもOKなメニューの選択肢は限られます。
そこで、家庭で作る糖質オフ弁当の出番です。
容量が決まっており、糖質量の管理がとても簡単です。
おかずを作りおきしておけば、当日詰め合わせるだけなので悩む必要もなく
ラクに続けることができ、毎日美味しく楽しく食べられます。
電子レンジ調理のレシピもあり、手早く一品追加できるのも魅力的です。
きちんと糖質オフのほうが、減量効果が速く出るのは必然なのですが、
ゆる糖質オフでも一定の効果は期待できます。
是非実践していただければ幸いです。

                                            2020年1月吉日 江部康二


***
以下の青文字の記載は出版社の内容紹介です。

内容紹介
ダイエット効果てきめんの「糖質オフ」。
ですが、使える食材や調味料が限られているため、レシピが思いつかない、
マンネリになってしまう、という方も多いのではないでしょうか。

本書では、作りおきとレンチンでラクラク続く、
お弁当の定番おかずをたっぷり350種掲載しました!

朝、作りおきおかずを詰めるだけだけ&パパッとレンジで作れるから、とにかくラクチン。
この一冊で、美味しい糖質オフ弁当が簡単に作れます。

全レシピ、1回分の糖質量、たんぱく質量、エネルギー量、
冷蔵・冷凍保存の期間を記載しています。

【本書のポイント】

●ゆる糖質オフも、きちんと糖質オフも自由に選べる!
本書では、糖質オフおかずや主食の組み合わせで、
糖質量を簡単に調整することができます。
主食なしできちんと糖質を減らし一気にやせたい方も、
主食を楽しみつつ少し長めのスパンでやせたい方も、
自分にあった方法を選ぶことができます!

●ボリューム満点! だから、糖質オフでもお弁当が楽しみに
糖質オフでがんばっていても、量が少なかったり、
味つけがマンネリだったりして味気ないお弁当では、挫折していまします。
本書で掲載しているおかずは、それぞれが低糖質なので、たくさん詰めても大丈夫。
味つけの種類も豊富で、マンネリになることもありません。

●こんなに食べられる! 主食レシピも満載
糖質オフといえば、主食は食べないのが基本ですが、やっぱり物足りなさが残るもの。
ゆる糖質オフだけでなく、きちんと糖質オフでも楽しめる主食レシピをたくさん掲載しました。
低糖質なカリフラワーごはんやおからごはん、糖質オフの麺、ブランパン、
ほぼ糖質ゼロの油揚げや厚揚げを活用したレシピなどを掲載しています。

●途中で飽きない! アレンジレシピを紹介
作りおきのおかずに、途中で飽きてしまった経験がある方も多いのでは?
本書では、アレンジレシピも掲載しているので、最後までおいしくいただけます。

【目次】(章タイトルのみ)
Part1 肉の作りおき&レンチンおかず
Part2 魚介の作りおき&レンチンおかず
Part3 卵&大豆製品・豆の作りおき&レンチンおかず
Part4 作りおき&レンチンでできる 色別サブおかず
コメント
コンビニでの買い方
すみません。お弁当の話からずれてしまうのですが、今日感じたことを。

糖質制限を始めてから、自分で作ることが多いのですが、今日は訳あって、昼を買いにコンビニへ。
美味しそうなパスタを眺めて、裏側の炭水化物を確認していると、
「何を確認してるんですか?」と同僚に声をかけられました。
彼女は、公にはされてないが1型の糖尿病です。
炭水化物を確認してることを伝え、糖質62gなので諦めると、彼女はちょっと考えて、そのパスタを手にしてレジへ。

心の中で、それでいいのかー!!と叫びました。
これがカロリー制限と糖質制限の差なのでしょうか。今の私には、絶対に買うことが出来ない。数値化するって大切なんだと感じます。

私は、サラダ、おでんの糸こんにゃく二つ、おでんのつみれ、豆腐の昼ごはんで、血糖値80横ばいで過ごしました。時にはこれに、サラダチキンも。血糖値はスパイクなく、80〜90台で経過。

オヤツは、マスカルポーネ。国産ですが、糖質3.3gで、付属のエスプレッソシロップを少しだけかけて食べると、ティラミス系のケーキを食べた気分になります。血糖値もほとんど変動せず、ほっとしました。




2020/03/07(Sat) 00:55 | URL | 太郎 | 【編集
Re: コンビニでの買い方
太郎 さん

糖質制限食で、血糖コントロール極めて良好、素晴らしいです。

1型糖尿人の彼女、糖質62gも摂取すれば、インスリンの単位の決定が、結構難しいです。
多すぎれば低血糖ですし、足らなければ高血糖で、乱高下しやすいのです。

1型でも糖質制限食なら、必要インスリンの単位は最低限となり、低血糖も生じにくいし、血糖コントロールも、し易いです。
2020/03/07(Sat) 15:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
本人の選択とはいえ
江部先生
私も昨年の年末までは、糖質制限の意味が理解できていなかったので、パスタを手にしていたと思います。

彼女は、20代前半なので、本当に糖質制限を勧めたいと一瞬思い、本人の選択や私と同じように主治医との関係や、そんなことを考えてやはり伝えられませんでした。

私が結果を出し、職場で大きな話題になったら、糖質制限へ彼女の関心が向くかもしれません。地道に結果を出していきたいと思います。
2020/03/07(Sat) 22:54 | URL | 太郎 | 【編集
Re: 本人の選択とはいえ
太郎  さん

そうですね。
私も、まずは、太郎さんが、しっかり結果を出すことが良いと思います。
2020/03/08(Sun) 09:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
『糖質制限の意味が理解できなかったので」??!!
都内河北 鈴木です。

江部先生、私は「糖質制限理論」食生活で、
9年目現在「生還、覚醒、再覚醒、」して、
日増しに健康改善して、生きていいます!!!

<医療デ~タからも、明らかな事実です!!>

太郎さんの冒頭の一文、
「私も昨年年末までは、糖質制限理論の意味が理解でき成ったので、」
とありますが、この言葉で、「日本医療界」の無知の指導の現実が
理解できる事かと考えます!!!

<治療と称して改善する方法を「糖質害毒」を無知なのです!!!>

太郎さんの年代はどうあれネット活用可能な方だから、本ブログへ問い合わせする事が、
「日本医療界の疑問でなりません!!」

2005年発表、江部先生「糖質制限理論」を、
何故否定しているかが見えてくるかなと考えます!!

<明かな「既得権益医療」だと、被害者自身として明言できます!!>

<スェ~デン、イギリス、アメリカ、の医療界より、
 遥かに「日本・医療界が遅れている」しか言えない、現実です!!!>

私は、江部先生「糖質制限理論」を理解、把握して、実践で、
「生還、覚醒、再覚醒、」でき、心より感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2020/03/08(Sun) 14:42 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
糖質制限理論を語る先生はまだ少ない
都内河北の鈴木さん

その通りですね。
外来に定期的に通院している私が、糖質制限理論を知らないのは、そういう指導はされてこなかったという事です。それどころが、糖質制限理を始めると言ったら、眉を上げて、手をPCの前にドン!として、沢山否定的なことをまくしたて、そんなことしたら腎臓が悪くなる!と締め括った主治医です。私の主治医は、この地方では、結構発言力のある人のようなので、認める気持ちにならなかったとのだと思います。
しかし、人間ドックでは、結果を見てるから大絶賛で、続けるようにと言ってました。同じ病院なのに。

病気が多く、整形外科、呼吸器科、耳鼻科、内分泌科、眼科、皮膚科など、主にアレルギー関係でたくさんの先生方に診ていただき、それぞれの病気が悪化すると、ステロイドの内服や点滴や、入院してステロイドを投与して、内分泌の主治医が往診するといった形なので、どの先生も糖尿病の先生に一目置いており、糖について考えてはもらえず、自分から病院食のご飯を少なくしてと要望しなければなりません。この環境で、糖質制限をすると伝えることが出来たのは、なかなか勇気のいる事だったと今でも思います。この病院から別なところに変えないと、また入院したら主治医が呼ばれるので、内分泌だけを切るというのは難しいのです。早く痩せて、紹介状無しにして通院をやめられないかなと、日々頑張っています。

患者も患者なりに気を使います。
ステロイドは、、人生で3回、今夜がヤマですと医師がペットのところで家族に説明していた時、私の手には必ずステロイドの点滴がぶら下がっていました。今までは仲良く出来たけど、ステロイドのせいで糖尿病になってからは、本当に距離を置きたい存在で、安易に使用されるとこういうことになるんだと、本当に心から思います。
なので、いつも注意していたのに、、昨日はステロイド注射されてしまって、本当にショックでした。本当に、慎重に話をよく聞いて質問して診察を受けないと怖いですね。
2020/03/10(Tue) 08:49 | URL | 太郎 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可