FC2ブログ
糖質制限食とは
糖質制限食とは

食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%、タンパク質は50%、脂質は10%弱が血糖に変わります。 また糖質は摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。一方タンパク質の血糖値上昇のピークは食後約3時間で、脂質は消化・吸収に丸一日かかることもあります。

これらは、カロリーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。 現在糖尿病において食後の急激な高血糖が大きな問題として注目されています。食後高血糖が心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。そして食後高血糖を起こすのは三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

1gの糖質が2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます。 従って6枚切りの食パン2枚(約310キロカロリー)食べると糖質 が約50g含まれているので、血糖値は150mgも上昇します。一 方ロースステーキを300g(約1200キロカロリー)食べても糖質含有量は1gもないので食後高血糖はほとんど生じないのです。 

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースに、できるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。簡単に言えば、「主食を抜いておかずばかり食べる」というイメージになります。抜く必要がある主食とは、米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものです。

3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。

一方、上述の食パンとステーキの例でも明らかなようにカロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは理論的に不可能です。

従って、現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、一日の摂取カロリーを1200キロカロリーと低く抑えたとしても食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということがおわかりいただけたと思います。なお、糖質制限食はカロリー無制限ということではありません。一般的な標準摂取カロリーの範囲、すなわち男性なら1600~2000キロカロリー、女性なら1200~1600キロカロリーくらいが目安です。


☆☆☆
糖質制限食十箇条』 -糖尿病や肥満が気になる人に-

一、魚貝・肉・豆腐・納豆・チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べてよい。
二、糖質特に白パン・白米・麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控える。
三、主食を摂るときは未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
四、飲料は牛乳・果汁は飲まず、成分未調整豆乳はOK。水、番茶、麦茶、ほうじ茶もOK。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類は適量OK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)はOK、醸造酒(ビール、日本酒、など)は控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルーツは不可。
十、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。

糖質制限食』の3パターン
一、スーパー糖質制限食は三食とも主食なし。効果は抜群で早く、一番のお薦め。
二、スタンダード糖質制限食は朝と夕は主食抜き。
三、プチ糖質制限食は夕だけ主食抜き。嗜好的にどうしてもデンプンが大好きな人に。
*抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などの炭水化物。
*炭水化物=糖質+食物繊維


☆☆☆
糖質制限食を実践する時のご注意

本にも書きましたが、 糖質制限食によりリアルタイムに血糖値が改善します。このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人は、低血糖の心配はないので、「主食を抜けば糖尿病は良くなる」「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」「 糖質制限食 春のレシピ」「 糖質制限食 夏のレシピ」「主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編」を参考にして、自力で 糖質制限食を実践して糖尿病改善を目指していただけば幸いです。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
おはようございます。
適切なアドバイスを頂き、ありがとうございます。
先生のご説明により、糖質制限についての実態が良く理解できました。
考えてみれば今までの私は、いつもだらだらと間食をしていました。
甘いジュースを飲んだり、ケーキを食べたり…。

いきなり「スーパー糖質制限食」にするのは辛いかもしれませんが、白米を玄米に代用したりして頑張っていきたいと思っています。

先日先生の著書「主食を抜けば・・・」を注文しました。
届きましたら勉強し、うまく糖尿病と付き合って行くつもりでございます。

ありがとうございました。
2008/08/22(Fri) 11:39 | URL | ユウミン | 【編集
インスリンの質
江部先生
ご回答ありがとうございました。再度NMです。さらに質問させていただきたいのですが・・・

先日のご質問時にお示ししたとうり、私のIRIはOGTTどの時点においても低めであると思います、しかし、最終的に血糖値が下がっていることより考えると、インスリンの質が悪くはないという解釈をして宜しいのでしょうか?(ちなみにHOMA指数は正常であり、インスリン抵抗性はないものと考えております。)




血糖(負荷前:122, 30分:177, 60分:220, 90分:164, 120分:146)
IRI(負荷前:2.9, 30分:7.7, 60分:13.6, 90分:16.3, 120分:144)
2008/08/22(Fri) 12:57 | URL | NM | 【編集
1gの糖質が2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させる
書籍「主食を抜けば糖尿病は良くなる」をきっかけにブログを拝読し、また糖質制限食講演会in大阪 に参加させていただきました。
糖質ポリスと名乗りブログを開始する以前、ラカントの糖質や淡路島一周翌朝の血糖値への質問コメントでもお世話になりありがとうございました。
今や、ドクターのおかげですっかり糖質制限人の美味しい(笑)生活を楽しんでおります。

さて、下記のブログで血糖値の上昇実験を記事にしたのですが、食後1時間より2時間値の方が高かったのは、タンパク質の影響という推測であっていますでしょうか。
http://1042police.blog116.fc2.com/blog-entry-32.html

それにしても1時間値がさほどあがらなかったのが不思議です。
増粘安定剤が血糖値の上昇を遅らせたのでしょうか。
もし血糖値をあげない、または上昇を遅らせる「食べあわせ」や「(自然由来の)食品」があるのであれば、有効な対策だと考えています。
よろしければ、お時間のある時にコメントいただければ幸いです。
2008/08/22(Fri) 22:51 | URL | 糖質ポリス | 【編集
これからさらに勉強させていただきます!
はじめまして。
糖尿病関係の調べものをしていて先生のサイトにたどり着きました。

現在私は糖尿病と診断されまして、2型と境界を行ったりきたりの状況のようです。
先週検診がありましてその時点では

HbA1c 5.5
食後2時間血糖値 112

でした。実は7月にHbA1cが5.9に上昇しておりまして、いつもは検診が3か月に1回なのですが、今月は臨時ということになってしまいました(話がそれました)
ちなみに投薬もインスリンも今のところ何もしておらず、基本的に食事制限と運動療法のみでコントロールしております。

私が糖尿病と発覚しましたのは、4年前の秋です。
調子が悪いので採血して検査しましょうということで、そこでたまたま高血糖がわかりました。
その時体重107kg(女性です)
その時まだ30歳すぎで、年齢も若いだけに、かなりの衝撃と目の前真っ暗という経験をいたしました。
それからダイエットをしまして、現在は57kgです。
ちなみに2年前に出産もいたしました。

妊娠する時はHbA1c 5.3付近で落ち着いている時で、妊娠中もインスリンなしで過ごすことができましたが・・・

ダイエット、妊娠と通しまして、私が実践しておりましたのが、江部先生が提唱されている糖質制限食だったのです。
ダイエット時はカロリー中心になってたのですが、妊娠中に食後血糖のコントロールが非常に難しく、どうしたものかと頭を悩ませておりました。
毎食後記録しないといけないのですが・・・
主食を食べるとどうも血糖値の下がりが遅く・・・
3時間ぐらい後であれば通常なのですが、2時間となるとかなり高い数値が出てしまいます。
産婦人科の主治医が厳しく、非常にナーバスであったので、血糖の管理は私のかなりのストレスになっていました。

あれこれ食べて考えているうちに、原因はやっぱり主食ではないかと私は自分なりの結論に至りまして・・・
主食を食べない or 制限するを 実践しておりました。
このおかげで、無事妊娠・出産を乗り切れたわけですが。。。
これはあくまで自分が勝手にやっていたことなので、もちろん主治医の先生には言っていたわけではありませんし、病院の栄養指導も受けてはいましたが、参考程度でした(笑)
しかしながら・・・
私が実践していたことが、江部先生によりはっきりと研究されていることを知り、とてもうれしくなって、コメントを書いております。

私は京都在住で(南部)、診察もしていただきたい!と思っております。
これから本も購入させていただきまして、さらに勉強させていただき、私の足らない部分も補いたいと思います。

糖尿病というのは、生涯ずーっと一緒に過ごさないといけないものですから、それといかにうまく付き合うかというのが、私の最大のテーマです。
なったことを悔やむより・・・
なってしまったのだから、その後をどう過ごすか。。。
それが大切ですよね。

これから、どんどん勉強させていただきますので、よろしくお願いします。
乱文失礼します。
2008/08/23(Sat) 03:44 | URL | ショコラ | 【編集
NMさん。

インスリンの質といいますと、昔のインスリン注射製剤で質の悪いものがあったようですね。
しかし内因性のヒトインスリンに関しては質の問題はないか存じます。
また現在、インスリン注射製剤も、抗インスリン抗体ができたりしない限り、問題はないようです。

NMさんの場合、内因性インスリンの分泌はやや少ない印象がありますが
負荷後2時間血糖値は146mgとIGT1のレベルまで下がっていますので、インスリン作用はそこそこ確保されています。

インスリン分泌能とインスリン抵抗性の二つでインスリン作用不足のていどが決まります。NMさんはインスリン抵抗性は全くないといえ、インスリン分泌能が少し低下気味ですがトータルのインスリン作用は仰有るとおり、そんなに問題ないと思います。


IGTも広島市の検診の疫学的データにより検討してみると2時間値140mg~169mg/dlの群(IGT1)と170mg~199mg/dlの群(IGT2)でははっきり違いがあることが、判明しました。
即ち後者では、前者の3倍の糖尿病移行率です。IGT2では、虚血性心疾患死亡率も網膜の合併症も明らかに高いです。
2008/08/25(Mon) 22:12 | URL | 江部康二 | 【編集
すいません、先日リンクを貼らせてもらったかずぅです。
家のブログも糖質制限食を素人ながら語ってますので、このブログの記事を載せても良いでしょうか。
低血糖症で悩んでる人も知り合いにいるので是非教えたいと思ってます。
2008/08/25(Mon) 23:24 | URL | かずぅ | 【編集
かずぅさん。

了解です。
2008/08/26(Tue) 07:47 | URL | 江部康二 | 【編集
糖質ポリスさん。

ブログ「糖質ポリスのメタボ&糖尿病をぶっ飛ばせ!」
拝見しました。

「1gの糖質が体重60kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させる」
というのは、原則ですが個人差がかなりあります。

食後1時間血糖値より2時間値の方が高かったのは、ご指摘のように
タンパク質の影響がまず考えられます。
もう一つは2型糖尿人で、インスリン追加分泌が出遅れて遷延することがあるので
その影響もあるかもしれませんね。

食べ物の組み合わせですが、糖質と脂質を一緒に食べると、血糖値の上昇がゆっくりになると言われていますが、いろんな食材を含めてまだまだこれから調べていく必要があると思います
2008/08/26(Tue) 18:44 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます。
早速貼り付けました。
ついでに本の宣伝もしておきましたww

これからも色々質問に参りますのでよろしくお願いします。
2008/08/26(Tue) 20:26 | URL | かずぅ | 【編集
お忙しい中、ブログをご確認いただきましてありがとうございます。

タンパク質の影響は濃厚なものの、個人差、体調とのかかわり、食べあわせなど、簡単に語れるものではないということですね。

食べ物の組み合わせと血糖値の関係をじっくり研究してくれる医療系・農業系の大学などが現れるといいのですが、経済的な利益との結びつきが薄そうなので難しいといったところでしょうか。
やはり、民間ブログの出番かな。(笑)
2008/08/27(Wed) 16:42 | URL | 糖質ポリス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック