FC2ブログ
糖質制限食中の低血糖症状
おはようございます。今朝もまあまあ涼しくて、ほっと一息の京都です。

さて今回は、糖質制限食中の低血糖症状に関してmasamasaさんからコメント・質問をいただきました。

糖質制限食実践中は、通常は高血糖は改善しますし、低血糖も生じにくくなりますが、masamasaさんのケースを検討してみましょう。


『8/08/14 masamasa
糖質制限食中の低血糖症状
江部先生、はじめまして、初めて投稿します。2年前より糖尿病が判明し、内服薬として始め、アマリール1T、その後0.5Tへ、1年前よりファスティック食前1Tとなり治療を行っていました。現在の検査データは下記の通りです。
H20.4     HbA1c   4.7%
    6     1.5AG   7.8μg/ml
    身長160cm、体重55kg
糖質制限食をすぐに取り入れていたため、治療開始時より空腹時血糖はすぐにほぼ正常値に改善したのですが、1.5AGが改善がまだで、食後高血糖が存在するため、 ファスティック食前1Tの治療を行っていたのですが、今年の7月より空腹を感じると低血糖症状が発現してきました。糖尿病の本では、すぐに、オレンジジュースなどの糖質を飲めば、症状はすぐに改善されると書いてますが、症状は確かに改善はされますが、その後の不快症状は4~5時間続き困っております。7月下旬に主治医に相談したところ、内服薬は中止し、以前よりその先生から自分の血糖値のコントロールのため自己血糖計測器械で調べる指示を受けていましたので、今後は、それのみで管理するようにと指導を受けました。しかしながら、内服薬なしでも、いつもと違う食事時間やプールなのでの運動中に突然の空腹を感じると同様にあの低血糖がでてくるのです。その時の血糖値は105だったので気のせいかと思っていると、どんどん悪くなり、食欲もないのですが、昼食にテンプラそばを食べ、一時はよくなるのですが、まただんだん悪くなってきたので、先生よりだしてもらっためまいの薬をのみ、それでもだめで、グレープフルーツジュースと吐き気止めの薬を飲み、改善をみました。ただ、夕食時をとるのがおくれるため、食前バナナを1/2個を食べておき、夕食時は食欲がなく、また、症状がでるのが怖かったので玄米と生卵をたべ、入浴後もまためまいを感じ、めまいの薬を飲み、すぐに、ベットにはいりました。翌朝はだいぶ調子がよいのですが、今後どのように対応してよいのか大変困っております。ご指導宜しくお願いいたします。』


masamasaさん。コメントありがとうございます。

糖質制限食をすぐに取り入れていたため、治療開始時より空腹時血糖はすぐにほぼ正常値に改善したのですが、1.5AGが改善がまだで、食後高血糖が存在するため、 ファスティック食前1Tの治療を行っていたのですが、今年の7月より空腹を感じると低血糖症状が発現してきました。」

H20.4     HbA1c     4.7%
    6     1.5AG   7.8μg/ml

1.5AGは、通常は確かに食後高血糖の指標なのですが、糖質制限食実践中は正常値が違ってきます。

糖質を摂取していると基本的には「尿糖が陽性であるから、血中1,5-AGが低下する」という公式が成り立ちます。☆ご参照ください。

しかし、糖質制限食実践中は、摂取される1.5AGが減少するので、血糖が正常で尿糖も正常でも、低値となります。1.5AGはでんぷんに多く含まれているので、糖質制限食をしていると生理的に正常でも、低くでてくるわけです。

ちなみに、私の血糖コントロールは良好で、尿糖も陰性です。
HbA1c:5.3%
1.5AG:5.8μg/ml(12~43)→糖質制限食実践中なら正常値
食後高血糖も勿論ありません。

従いまして masamasaさんは、HbA1c:4.7%と私より低いデータですので、食後高血糖は100%ありえません。

1.5AG:7.8μg/m も糖質制限食実践中なら正常と考えてよろしいです。ファスティックを内服して低血糖になったのは当然で、中止されて良かったです。


masamasaさんのデータからみると、糖尿病の内服薬は全く必要ありません。診断的には「軽症糖尿病+機能性低血糖症☆☆」と考えられます。

糖尿病は現在データ的に正常です。今お困りの症状は機能性低血糖によるものと思われます。

運動中などに低血糖症状がでやすいようですが、間食としてナッツ類を一日に2~3回
20~30粒くらい摂取すれば、食後高血糖も生じにくいし、運動時の低血糖もおきにくくなると思います。

また、糖質制限食中はおかずはしっかり食べて、低カロリーにならないようにご注意くださいね。
糖質制限食なら、糖尿病にも機能性低血糖症にも共に効果がありますよ。 (^_^)


江部康二

☆再掲
糖質制限食と1.5AG
2008年04月14日 (月)
こんばんは。

天気予報どおり、雨は朝にはあがってました。先週の月曜日、診療終了後、高雄病院京都駅前診療所で傘を借りて帰ったのですが、本日無事届けました。傘はたいていどこかに忘れてしまうのですが、借りた傘をなくしたらさすがに洒落になりませんものね。 (*_*)

さて今回は、いのうえさんから、コメント・質問です。

『1.5AG低値の意味
私は軽度の2型糖尿病で、先生のスーパー糖質制限食を実行したおかげでこの2年間、空腹時血糖値はほぼ90~110(高くても120以下)、Hba1cは4.7~5.2です。ところが先日1.5AGを検査して、10.8と低値でした。尿糖が出るような高血糖を起こしていると言われましたが、自己血糖測定器で空腹時、食前、食中、食後他含めて、この2~3日1時間おきに測定(睡眠時の6時間は計測不可)した結果、すべて120以下でした。これは高血糖の為でなく、スーパー糖質制限食の為、糖分が低く、一種の飢餓状態が原因ではないかと思いますが、先生のご教示をお願い致します。

2008/04/12(土) 13:11:05 | URL | いのうえ』

いのうえさん。スーパー 糖質制限食で
「この2年間、空腹時血糖値はほぼ90~110(高くても120以下)、Hba1cは4.7~5.2」とても上手に実践されているのですね。
ほぼ正常人のデータですね。おめでとうございます。(^_^)

1,5-AGは、ブドウ糖についで多い単糖で、広く生物界に存在します。食物から経口的に摂取され、腎臓でほとんど再吸収され、ごく一部が尿中に排泄されます。

栄養素としての働きはほとんどないようですが、ブドウ糖と同じように血液中にいつも一定量存在しています。また体内の各臓器に広く分布しプールされています。食事からの供給量に比べて体内蓄積量が大きいので、通常は食事の前後で血中濃度の差はありません。

血中1,5-AGはフルクトサミンやHbA1cより速やかに短期の血糖コントロール状況をしることができます。

高血糖があり尿中にブドウ糖が排泄されるようになると、1,5-AGも尿中に排泄されるようになり、結果として血中の1,5-AGが低下します。

これはブドウ糖と1,5-AGとは構造が似ているため、腎の尿細管での1,5-AG再吸収がブドウ糖により競合阻害されるためです。

即ち、基本的には「尿糖が陽性であるから、血中1,5-AGが低下する」という公式が成り立ちます。例えば高血糖がなくても尿糖が陽性になる腎性糖尿でも1,5-AGが低下します。

例外として、飢餓があります。高血糖もなく尿糖もなくても食事から摂取される1,5-AGが枯渇したために、血中の1,5-AGが低下するのでしょう。妊娠、慢性腎不全、重症肝硬変でも低下します。また、アカルボース(グルコバイ)内服中の人も低値を示します。


「食前、食中、食後他含めて、この2~3日1時間おきに測定(睡眠時の6時間は計測不可)した結果、すべて120以下でした。」すなわち、いのうえさんの場合、高血糖のための尿糖陽性はありえないですね。腎性糖尿でなければ、当然尿糖も陰性ですよね。
また薬も飲んでおられないと思います。

1,5-AGはいろんな食材に含まれているそうなのですが、どのような食材に多く含まれているのか調べてもはっきりわかりませんでした。

しかし、植物体のなかでデンプンから1,5-AGが生合成されるとの文献がありましたので、どうやらデンプンの多い食材に1,5-AGが多く含まれいるようです。

そうすると 糖質制限食をある程度長期間実践していたら1,5-AGを多く含む食材の摂取が減るので、血中1,5-AGが生理的に低下しても不思議ではありませんね。この場合生理的な低下なのでまったく問題はありません。

保険診療では1,5-AGはHbAlc、グリコアルブミンと同じ扱いを受け、いずれか1つの項目を月1回に限ってしか認められていません。

高雄病院ではHbAlcを調べているので、血中1,5-AGは調べませんのでデータがありません。興味がありますので一度私自身で調べてみます。

江部康二


☆☆機能性低血糖症
 1924年アメリカのSeale Harrisによって指摘された疾患で、血糖値の低下に伴ない、精神的・身体的症状を来たす疾患です。
 易疲労感、気力低下、眠気、集中力低下、物忘れ、不安、いらいら、頭痛、めまい、発汗、震え、心悸亢進、筋肉痛、甘いものに対する異常な欲求・・・ などの症状がみられます。診断は、75g経口ブドウ糖負荷試験で行います。通常糖尿病の診断のためには空腹時に開始して、ブドウ糖を服用後2時間までの血糖値を測定します。機能性低血糖症の場合は、ブドウ糖服用後5時間まで血糖値を検査します。

より詳しくは
2008年03月24日のブログ「炭水化物(糖質)摂取と眠気」をご参照下さい。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖質制限食中の低血糖症状(お礼)
江部先生へ
 お忙しいところ、貴重な納得のいくご教示頂き大変恐縮かつ感謝いたします。糖尿病が判明した時は、はじめ空腹時血糖が300近くあり、糖質制限食のおがげでここまで回復、改善したことは、まさに奇跡のようです。先生が啓蒙されているこの療法に出会え私自身本当に良かったと思っております。今後とも宜しくお願い致します。
                             masamasa
2008/08/21(Thu) 13:08 | URL | masamasa | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック