FC2ブログ
糖尿病網膜症発症率。日本糖尿病合併症研究(JDCS)から。
こんにちは。
今回は、糖尿病合併症発症率はどのくらいあるのかを検討してみました。

わが国において2型糖尿病患者を対象に行われた、
代表的な無作為割り付け試験の一つにあげられるのが、
厚生労働省班研究
Japan Diabetes Complications Study(JDCS) 日本糖尿病合併症研究

です。

文字通り、糖尿病合併症の本格的研究です。
その中で、今回は糖尿病網膜症の発症について検討してみました。
JDCSにおいて網膜症の発症・進展について検討したサブ解析の検討です。

・デザイン:コホート
・試験期間:追跡期間は8年。試験期間は1996年3月~2003年3月
・対象患者:1631例。


JDCSの参加者(40~70歳の日本人の2型糖尿病患者2033例)のうち、
ベースラインに糖尿病網膜症を認めない患者1221例と、
ベースラインに軽度非増殖性糖尿病網膜症を認める患者410例が対象です。

参加者全員が糖尿病専門医療機関(主に大学病院)59施設の糖尿病患者です。
つまり、日本最高の治療を受けていたと考えられる糖尿病患者さんです。

JDCSに参加した患者さんは、全員医療機関に登録されて、
全員きっちり、糖尿病専門医の治療を受けておられました。
そしてそれでも約8年間で、
網膜症が1221例中に約28%発症するというデータが明らかになりました。
生活習慣介入群と非介入群では、有意差はありませんでした。

また8年間で軽度非増殖性糖尿病網膜症を認める患者410例中、
約15.9%に網膜症の悪化が見られました。
こちらも生活習慣介入群と非介入群では、有意差はありませんでした。

ということは、現行の日本最高水準の糖尿病治療を受けていても、
経年的に糖尿病網膜症は確実に、
年間3~4%ずつ新たに発症し続けていくことが本研究により、
明らかになったわけです。

従来の糖尿病治療<カロリー制限高糖質食+薬物療法>では、
「食後高血糖」「平均血糖変動幅増大」という酸化ストレスリスクを防ぐことは、
理論的に不可能です。
だからこそ、経年的に糖尿病網膜症が確実に、
年間3~4%ずつ新たに発症し続けていって、
8年目で累計28%に達したわけです。

網膜症だけではなく、他の糖尿病合併症発症も同じことで、
従来の糖尿病治療<カロリー制限高糖質食+薬物療法>では、
経年的に確実に増え続けていくことは明らかです。

現実に、毎年新たに
糖尿病網膜症からの失明が3000人以上、
糖尿病足病変からの足切断が3000人以上、
糖尿病腎症からの透析が16000人以上、

発症しています。

経年的に増加し続け行く糖尿病合併症を予防できるのは、
「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を生じない『糖質制限食』だけです。

スーパー糖質制限食を実践している私の目標は、
糖尿病網膜症を含めて、糖尿病腎症、糖尿病神経障害、心血管合併症・・・など、
全ての合併症を予防し、発症させないことです。
スーパー糖質制限食を実践しておられる糖尿人は、それが可能と思います。
糖尿病合併症予防のためには、糖質制限食実践が早ければ早いほど、
良いと思います。

私は糖尿病歴18年で、現在70才ですが、上記目標を達成しています。
また、薬も一切服用していません。
ブログ読者の糖尿人の皆さん、是非糖質制限食を実践されて
上記目標を達成して頂ければ幸いです。


江部康二
コメント
私「糖質制限理論」食生活で、眼底検査が希少な改善!!
都内河北 鈴木です。

本日の「糖尿病網膜症発症」とありますが、
私は「糖質制限理論」実践2年目で、
改善医療デ~タ存在しています「眼底検査の改善」と「視力改善」しました!!

眼科院長は、80歳近いですが「慈恵会医科大学」出身で、
創立者「高木兼寛医師」に詳細詳しく、
大学検索しても水泳選手でもあり「人望ありの人物です!!」

院長にこの時尋ねたのは「よくあるのですか??」
院長には私が「糖質制限理論」で「生還」した事は、医療デ~タ渡してあります事から、
院長は「無くはない」とやや不思議そうな返答でした!!

要は私としては「糖尿病・重症化」していたのだから改善は
「糖質制限理論」しかないと、
確信しています!!

その後「脳梗塞プラ~ク減少」覚醒!!
「脳梗塞、別部位プラ~ク減少」再覚醒!!
(医療デ~タ存在しています!!)

等があります事から、
時代進化・解明した人類真の食生活理論
江部先生「糖質制限理論」だと、
私の医療デ~タからも明言できます!!

<<本日記事内容は、当然至極だと考えます!!>>

江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2020/01/21(Tue) 18:31 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
毎年4%が網膜症か、、、
25年経過で100%発症か、、、

私らこ は49才で他の合併症バンバンだったから

◎74才まで生き続けたら、100%確実に網膜症 → <カロリー制限高糖質食+薬物療法>では

アルツハイマー型認知症でも、視野が欠ければわかるから、生活不便極まりないよなあwww
2020/01/21(Tue) 23:07 | URL | らこ | 【編集
Re: 私「糖質制限理論」食生活で、眼底検査が希少な改善!!
都内河北 鈴木 さん

糖質制限食実践で
「眼底検査の改善」と「視力改善」
「脳梗塞プラ~ク減少「脳梗塞、別部位プラ~ク減少

とは、素晴らしいです。
良かったです。

2020/01/22(Wed) 07:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 毎年4%が網膜症か、、、
らこさん

毎年4%が網膜症か、、、
25年経過で100%発症か、、、


これは、冷静に考えて、とてもこわい数値ですね。
<カロリー制限高糖質食+薬物療法> → 遺憾ながら、「合併症製造療法」と言わざるを得ません。
2020/01/22(Wed) 07:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
ネズミで実験する事は必ずしも間違っていない
いつもお世話になっております。

今日はネズミでの実験が必ずしも間違いではないと言う論文を紹介させていただきたいと思います。

ネズミに高脂肪食を与えるとどうなるかと言う議論に下記のような水掛け論的なものがあります。
糖質制限否定派はネズミに高脂肪食を与えると早死にするので、糖質制限は良くないと言い、
糖質制限推進派は、高脂肪食は、ネズミの本来の餌ではないので早死にして当たり前と反論すると言うものです。

しかし、highbloodglucoseさんの下記ブログで紹介されている論文(A Ketogenic Diet Extends Longevity and Healthspan in Adult Mice)によると
https://ameblo.jp/highbloodglucosediary/entry-12567942746.html

寿命の中央値ではKD群は有意に増加と言う結果であり、この論文の注目点は高脂肪食を自由摂食させず、肥満にならない量を与えた点だとおっしゃっています。
※KD群(ケトン食:タンパク質10% 脂質89% 炭水化物<1%)
highbloodglucoseさんは、
「常々このブログで疑問を投げかけてきた。肥満にならない程度の高脂肪食でも健康に問題があるのか?と。」
とおっしゃっています。

要するにネズミであっても肥満にさえならなければ低炭水化物、高脂肪食で健康寿命が長くなると言えそうです。
2020/01/22(Wed) 09:46 | URL | 西村 典彦 | 【編集
食後血糖値
初めましてフミと申します。このコメント欄の投稿に適切でなければご容赦ください。
昨年の3月に2型糖尿と診断されました。4ヶ月間メトグルコ錠を処方され、HbA1cが6.8から6.2に下がってからは投薬なしで現在5.7です。スーパー糖質制限まではできていませんが朝、昼は主食、糖質はできるだけ量を減らし夕食は主食なしです。食後はウォーキングや筋トレを続けております。食後1時間~2時間後の自己血糖測定器では1時間後130~140mgから2時間後120mg以内には収まっています。ところが先日何気なしに朝食後3時間後の血糖値を計ったところ156mgあり今日も朝食1時間後で117でしたが2時間半後に135ありました。今まで2時間以降の測定はする事がなかったのでこのことに気づきませんでした。一度下がってまた上昇する原因は何でしょうか?もしくは食後血糖値のピークが2時間以降にあるということなのでしょうか?
HbA1cが5.7になり安心していましたが、少し不安になりました。今後気をつける事があればご教授宜しくお願い致します。
2020/01/22(Wed) 12:34 | URL | フミ | 【編集
合併症製造療法
>参加者全員が糖尿病専門医療機関(主に大学病院)59施設の糖尿病患者です。
>つまり、日本最高の治療を受けていたと考えられる糖尿病患者さんです

◎治療法が根本的に間違っている

と言うことですね。

◎「糖尿病患者という鴨」は逃さず薬漬け → 合併症は確実に起こす

これが「標準治療法」ですか?!
科学的真実には、かすりもしない悪行です(怒

2020/01/22(Wed) 12:51 | URL | らこ | 【編集
Re: ネズミで実験する事は必ずしも間違っていない

西村典彦さん

情報をありがとうございます。

マウス、ケトン食で「死亡率減少、記憶力向上、健康寿命延長」
2018年05月06日 (日)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4552.html


セル・メタボリズムという信頼度の高い科学雑誌に
マウスとケトン食の論文が2つ掲載されました。
ケトン食は、スーパー糖質制限食よりさらに糖質が少ない食事です。
この論文のようです。
2020/01/22(Wed) 13:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 食後血糖値
フミ さん

国際糖尿病連合によれば、食後1時間値、2時間値が160mg/dl未満が目標ですので
問題ないと思います。

食後血糖値のピークは、30分、60分、90分、120分、150分・・・
いろんなタイプがあります。

また、一度下がってまた上昇する人もおられますが、原因はよくわかりません。
2020/01/22(Wed) 13:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
フミさんへ(食後血糖値について)
食後血糖値は同じ個人でも食べたものによっても変わりますし、日によっても変わります。
ピークが2回とか3回になったりするのも普通にある事だと思います。
私の場合はうどん1杯食べると2時間でピークの事もあれば、一旦下がって5時間も上がり続ける事もあります。同じものを食べてもこれくらい違いがあります。私も原因は分かりませんが、SMBGの測定では見逃しているだけで、実はそう言うものではないかと思っています。
気になるようでしたらフリースタイルリブレで24時間連続で計って見るとよくわかると思います。
2020/01/22(Wed) 15:39 | URL | 西村典彦 | 【編集
合併症製造療法の怒りの・らこさんへ!!
都内河北 鈴木です。

◎治療法が根本的に間違っている!!
ということですね。

◎「糖尿病患者という鴨」は逃がさず薬漬け➡合併症は必ず起こす!!

これが「標準治療法」ですか?!
科学真実には、かすりもしない悪行です(怒

上記のらこさんの怒りは、改善への真理を得たからでしょう!!

私は江部先生「糖質制限理論」で「生還、」した時から「覚醒、再覚醒、」の
証明可能な「改善・医療デ~タ」、「2か所の医療者の紹介状に書いてある文言」を、
「いつか告発披露したい!!」と考えています!!

江部先生「糖質制限理論」の恩恵を受けた方は、同様の怒りがあるのですね!!

私達以上に江部先生「糖質制限理論」の
時代進化・解明した人類の真の食理論の御苦労を察して、
「日本医療界の程度、隠蔽事実」を、
私達の「改善事実」をもって告発してゆきましょう!!

私は江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具



2020/01/22(Wed) 21:29 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
網膜症などを綴ったブログ
落下星の部屋 http://rakkasei.syogyoumujou.com/

片目失明
左目も眼底出血

項目をクリックすると、赤裸々な本人体験談を読めます。

◎糖尿病『標準治療法』受診しながら合併症続出

です。医師の言い付けを遵守していたかはわかりませんが。
食べ物についての言及が多く最後に出てくるのが11月2日のエクレアとアップルパイです。
2020/01/23(Thu) 12:25 | URL | らこ | 【編集
西村様へ(食後血糖値についつて)
西村様、血糖値は人それぞれ食べた物でも変わり、ピークも決まったものではない、それも人それぞれですね。あまりにも血糖値に拘り過ぎてストレスになる、それが1番良くない事なのかも知れません。アドバイスありがとうございます。気持ちが楽になりました。
2020/01/23(Thu) 19:29 | URL | フミ | 【編集
日本眼科医会公式HP
糖尿病で失明しないために https://www.gankaikai.or.jp/health/35/02.html

網膜症
緑内障
白内障

が糖尿病の眼の3大合併症で失明に繋がる、とのこと。
私らこ は「白内障一歩手前」で両眼性複視発症して、江部本3冊+江部ブログ読んで、スーパー糖質制限食開始、10年半継続。
両眼性複視は1週間しないで完治、白内障は進行せず。
紹介した「落下星の部屋」読むと、網膜症は後が残る(出血の黒)から合併症の中でも悲惨なモノの1つ。
ならないようにしよう、っと。
2020/01/23(Thu) 19:39 | URL | らこ | 【編集
Re: 網膜症などを綴ったブログ
らこ さん

貴重な情報をコメント頂きありがとうございます。
このサイト、見てみます。

2020/01/24(Fri) 07:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 日本眼科医会公式HP
らこ さん

糖尿病専門医と眼科専門医に通院していても、
年間4%の眼科合併症が発症するわけです。
らこさんのご指摘通り、25年間経過したら100%が眼科合併症です。

糖質を摂取する限り、糖尿病合併症の予防は、困難ということの実証ですね。
2020/01/24(Fri) 08:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
落下星さん
2009年9月に、私らこ が両眼性複視発症直後に「落下星の部屋」見た時は、ご家族が2002年11月2日の数日後に落下星さんが死亡した旨を掲示板に書き込んでいらっしゃいました。曖昧な記憶によると2日後です。
「糖尿病起因の網膜症」を読んで、ピンと閃いたのが「落下星の部屋」でした。私らこ が読んだ糖尿病合併症の記載で最も印象深いHPだったからです。

江部本1冊目が2005年、と記憶しています。
2002年当時は、落下星さんが「糖尿病という病気は」に明記されているように

>糖尿病は現代医学ではなおせません。

これは、落下星さん主治医が落下星さんに伝えた言葉を、そのまま記載しています。つまり

◎日本糖尿病学会は「標準治療法では糖尿病は治らない」と重症患者に2002年当時伝えていた

事実を意味します。17年経過して、日本糖尿病学会は、重症患者にどのように説明しているのでしょうかねえ???
2020/01/24(Fri) 10:00 | URL | らこ | 【編集
Re: 落下星さん
らこ さん

コメントをありがとうございます。

『◎日本糖尿病学会は「標準治療法では糖尿病は治らない」と重症患者に2002年当時伝えていた
事実を意味します。』


なるほどです。
糖質制限食登場により、血糖コントロールは可能となりました。
「食後高血糖」「血糖変動幅増大」という酸化ストレスリスクが
糖質制限食で予防できるので、糖尿病合併症も予防可能となりました。

糖質制限食出現以前と以後で、糖尿病治療の景色が一変しましたね。
2020/01/24(Fri) 17:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
諸行無常
「落下星の部屋」は http://rakkasei.syogyoumujou.com/ がアドレスで、「諸行無常」となっています。おそらく、1997年11月前にアドレスを取得して死まで、書き込みをしていました。
酒たばこ多量摂取などを見ると自暴自棄に感じる人もいるでしょうが、

◎日本糖尿病学会は「標準治療法では糖尿病は治らない」と重症患者に1997年以前に伝えていた

のですから、「治らない」と言われれば「好きなコトする」になる、と感じます。
私らこ は、江部本+江部ブログで

・スーパー糖質制限食で合併症完治&糖尿病寛解

になったから、自暴自棄にならずに済んだのです。
「落下星の部屋」は、スーパー糖質制限食開始から合併症の両眼性複視が完治する間の3~4日に読んだ記憶があります。片目で読みましたw
落下星さんも片目でブログを綴っているので、「これは不自由」と感じつつ読みました。

赤裸々に綴られた合併症や日記(当時は古い日記も読めた)は、私らこ に

◎日本糖尿病学会は、「カロリー制限食 + 薬物療法で糖尿病は治らない宣言」しているので、スーパー糖質制限食以外に手は無い

を確認したHPでした。


・簡易血糖測定器と空腹時血糖

をクリックすると、空腹時血糖値は褒められた値とは言えませんが、それなりに低いのです。特に腎臓を悪くした後は、タンパク質を減らして「油と糖質摂取が主」となり、エクレアなどを食べるようになっているようです。食後高血糖は毎食「ミニスパイク」でなく「巨大スパイク」だったハズです。

◎スーパー糖質制限食実行で腎臓を悪化させずタンパク質を好きなだけ食べる

が肝心、と思ったのは「落下星の部屋」読んだ時でした。

◎尿酸値=7.0 になった時、即フェブリク10mg投与 は落下星さんのおかげ

と感じています。
落下星さんは52才で死んでいますが、45才で右足切断、その前に左眼失明です。しかも「糖尿病は治らない宣言」受けています。諸行無常に感じたのは、正しい、と思えます。南無阿弥陀仏。
2020/01/24(Fri) 23:39 | URL | らこ | 【編集
標準治療法にエビデンスは存在するの?
日本糖尿病学会の面々は、

◎スーパー糖質制限食実行には長い期間のエビデンスは存在しない

を延々と言いがかりを付けています。では

◎日本糖尿病学会標準治療法にはエビデンスは存在するのか?

片目失明+片足切断の落下星さんに「糖尿病は治らない」と説明しています。

◎カロリー制限食 + 投薬治療で糖尿病治るのですか?

エビデンスは存在するのですか?
18年スーパー糖質制限食実行中の江部先生が元気に階段を速足昇降して、合併症皆無。糖尿病は60才前後発症が多く、18年合併症皆無なら「25年で100%網膜症逝きの標準治療法」よりも相当に良い、と思えるのですが。
江部先生が7年以内に網膜症発症するかどうかは誰もが断定は出来ませんが、「多分発症しないだろうなあ」と感じます。どちらの治療法が良いのやらwww
2020/01/25(Sat) 00:17 | URL | らこ | 【編集
糖尿病は治らない??!!
都内河北 鈴木です。

落花生さんのらこさんへ。
らこさんの悩み、江部先生の返答を読んでいて、学習になります!!

私は21年間糖尿病・重症化(右目眼圧破裂失明、緑内障発症、脳梗塞発症)していたのですが、
3か月足らずででインスリン増量投与者が、
インスリン自主離脱して「ヘモグロビン正常化」しました!!

以降現在9年目迄に後遺症「眼、脳梗塞、」が、「覚醒、再覚醒、」しています!!

<<食生活の真理理論「糖質制限理論」の継続は、改善への1方法です!!>>

可能性ある事は継続と、私は自身の体験から、
その様に考えます!!

江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具



2020/01/25(Sat) 08:17 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 標準治療法にエビデンスは存在するの?
らこ さん

日本糖尿病学会推奨の「糖尿病食(カロリー制限高糖質食)」には、エビデンスはありません。

一方、糖質制限食に肯定的なエビデンスとなる信頼度の高い論文は、複数あります。
以下をご参照頂ければ幸いです。

糖質制限食に肯定的な信頼度の高いエビデンス。NHKあさイチへ反論。
2019年11月21日 (木
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-5072.html



2020/01/25(Sat) 17:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
都内河北 鈴木さんへ
都内河北 鈴木さんは、落下星さんほどには至っていないが、「日本糖尿病学会の標準治療法で重い合併症を発症」したが、江部先生のスーパー糖質制限食に出会い、3ヶ月足らずででインスリン増量投与者が、インスリン自主離脱して「ヘモグロビン正常化」したのですよね。

◎スーパー糖質制限食実行で「重症の合併症」が革命的に良好化

ですよね!
もし差し支えなければ、どのような経時変化で、悪化 → 良好化 したのか、詳細教えて頂けると幸いです。
お願いしておいて、私らこ が自己紹介しないのも何ですので、自己紹介します。

【私らこ の糖尿病経歴】
1959年生まれ 両親と姉(5才上)の家庭。父は7才で、糖尿病起因の中耳炎で右耳手術。
1961年 姉が糖尿病起因の扁桃腺肥大にて窒息死
1964年 私らこ が扁桃腺肥大で「扁桃腺除去手術」
1984年 私らこ が扁桃腺除去にも関わらず「扁桃腺肥大で病院逝き」、医者が看護師に「ダメかも知れない」と呟かれた → 生き延びた
2009年9月 私らこ が「両眼性複視」発症。但し、「アルツハイマー型認知症中期」や「足の感度下落」などは既に発症済。いつ発症したかは不明。49才
2009年9月 私らこ がスーパー糖質制限食実行。1週間しない内に、両眼性複視が完治。同時にアルツハイマー型認知症中期も完治。
2016年 健康診断で「尿酸値=7、腎臓に来るよ」と言われて、自分から「尿酸値下げる薬処方して下さい」と言い、フェブリク10mg投与 開始、「透析開始か、死ぬまで投薬」と言われて、今のところ増量も無いし、死んでないし、透析にも至っていない」状態。

鈴木さんも差し支え無ければ、詳細教えて頂ければ幸いです(ペコッ
2020/01/26(Sun) 00:32 | URL | らこ | 【編集
私の糖尿病歴!!
都内河北 鈴木です。

以前にも私の糖尿病・経歴はコメントしましたが、
ななしおばさんより1月26日(日)に、
らこさんのコメント頂いたので、26日(日)へ
糖尿病・経歴を医療下~タ有る証明事実を
1月26日(日)にコメントします。

江部先生「糖質制限理論」実践の改善
「生還、覚醒、再覚醒、」事実です!!

江部先生、失礼ですが、掲載願います。
敬具
2020/01/27(Mon) 15:51 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可