FC2ブログ
糖尿病と運動
おはようございます。京都は昨夜から雨です。雨ですが昼からはテニスに出かけます。私の所属するクラブは室内コートが2面あるので・・・\(⌒∇⌒)/

さて、マキさん、若松さん、コメントありがとうございます。

「運動については、普段から体を動かす仕事なので、あまり考えたことはなかったのですが、この連休中に子供たちと歩くことが多く感じたことですが、体を動かすのと歩くのとでは効果が違うように思いました。ウオーキング人口が多いのも納得です。まじめに糖質制限食はしていますが、どうしても付き合いで脱線した時など歩行は有効なのかしら?」
 
マキさんのお考え通り、脱線した時(糖質を摂取した時)は血糖値が上昇するので歩行がよいです。渡邊昌先生によれば「食後30分くらいに30分ほどウオーキング」が一番有効とされています。走ったりとか激しい運動より、歩行が血糖値を一番下げてくれるそうです。食前の運動は必ずしも食後の血糖値上昇をおさえないそうです。

糖尿病と運動に関しては、渡邊昌先生の「糖尿病は薬なしで治せる」(角川)が参考になります。渡邊先生のお考えは食事療法に関しては 糖質制限食とは異なりますが、運動療法に関しては同じ事なので私も参考にさせて頂いてます。

「現在も110前後HbA1c5.9です。先生の提案されている糖質制限食事,理論についても素晴らしいと思っています。現在、朝食と昼食は糖質制限をしていますが1ヵ月経過、夕食はご飯軽く一杯程度にしてますが、臨床データー上は夜を抜くほうが効果大でしょうか?」
 
若松さんもご質問通り、夜の食事の糖質をやめる方が有効です。人体で最もブドウ糖(血糖)を消費するのは脳です。夜に糖質を食べて血糖値が上昇した場合、睡眠に入ってしまうと、脳のブドウ糖消費量が減るので血糖値が下がりにくくなります。

従って、一日一回糖質を摂取するなら朝か昼のどちらかにして、夕食は糖質なしのほうが好ましいのです。

                          江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ありがとうございました。
江部先生、ありがとうございました!「食後30分くらいに30分ほどウオーキング」が一番有効とされています。」とのこと、これもやっぱりと実感しています。食前にウオーキングした時と食後にした時では、あきらかにお腹の感じが違うので、非科学的ですが、私なりになんとなく歩くなら食後がいいなと感じていました。
それと、若松さんへのご回答で「夕食に糖質を抜くと良い。」とのこと、”食後30分の30分歩行”と”糖質夕食抜き”をダブルでやってみます。また、結果方向させていただきます。
2007/05/06(Sun) 14:31 | URL | マキ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック