FC2ブログ
各糖質制限食のスタンスと役割。
こんにちは。

1999年に高雄病院で、糖尿病入院患者さんに
糖質制限給食の供給が開始されました。

第二次大戦以降では、日本で初めてのことです。

その経験をもとに、2005年、やはり日本で初めての糖質制限食の本、
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)を上梓しました。
2006年、荒木裕医師が、「断糖宣言!」(エディットハウス)、
2007年、釜池豊秋医師が、
「医者に頼らない! 糖尿病の新常識・糖質ゼロの食事術」(実業之日本社)
を刊行されましたが、ここまでが、糖質制限食草創期の本と言えると思います。

その後、糖質制限食が徐々に広がっていきましたが、
2010年代になると、様々な医師が「糖質制限食」関連の本を
数多く出版するようになりました。
糖質制限食の日本における発展という意味では、望ましいことと言えますが、
各医師の推奨する「糖質制限食」のスタンスが一定異なっていることもあり、
糖質制限食を実践している方々に少々とまどいが見受けられるようです。
今回は、そこらあたりを整理してみたいと思います。

まず、糖質制限食は、美味しく楽しく末長く続けることが大切です。
毎日、朝昼夕と糖質(主食)を食べている場合に比べれば、
1/週とか1/月とかの糖質摂取なら、おおいにましです。

糖尿人であれば、そういうとき、可能なら、グリニド系薬かα-GI薬、
或いはその両者を食直前30秒に内服して
食後高血糖をできるだけ抑えるようにすればいいですね。

私は多数の糖尿人を診察していますが、きっちりスーパー糖質制限食を実践されて、
血液検査データ全て正常で、薬なし、合併症なしの方も、おられます。

私自身も2002年以来、焼酎飲んで、肉類や魚貝類をいろいろ食べて、
卵にチーズに豆腐に野菜・海藻・茸を食べて、
糖質制限ピザ、糖質制限ケーキ、糖質制限チョコ・・・を食べて、
美味しく楽しく、そしてきっちり長くスーパー糖質制限食を続けています。
勿論、内服薬なしで合併症もなしです。

私は全くつらくないので、末長く糖質制限食を続けることができると思います。
しかしながら、人はなかなか弱いものです。
「わかっちゃいるけど、やめられない」人もまた結構おられます。

私の患者さんでも、どうしても糖質がやめられない人もおられます。
私は糖質制限食の先達の医師として、糖尿病患者さんに、
最良の糖尿病食事療法である糖質制限食を説明して、
糖尿病のコントロールの仕方を指導するのがお仕事です。

糖尿病合併症の話もして、
それを防ぐことができるのは糖質制限食だけであることも説明します。

それを患者さんが受け止めて理解してどう実践するかは、
患者さん自身の仕事であり、私の仕事ではありません。
ですから、私は決して押しつけることはありません。

高雄病院方式の糖質制限食には3パターンがあります。

もちろん
1)スーパー糖質制限食(3食主食なし)
2)スタンダード糖質制限食(2食主食なし)
3)プチ糖質制限食(1食主食なし)

のなかで、
1)が一番効果があることは明らかですのでそれを薦めます。
しかし患者さんによっては、1)ができない人もいます。
そのようなときは、2)でも3)でもいいです。
スーパー糖質制限食では、1回の食事の糖質量は20g以下が目安です。
間食は、1日に1~2回で、1回の糖質量は5g以下が目安です。


糖質制限食は、やらないよりやった方が、例えどのタイプであれ、
糖尿病学会推奨のカロリー制限食(高糖質食)よりは、はるかにましなのです。

私は、ぬるいかもしれませんが、そういうスタンスの医師です。
皆さんが、糖質セイゲニストで優秀な患者さんだったら
糖質制限な医師はとても楽なのですが、現実はそうはいきません。

また、話のしやすい対等感覚の医師もいれば、
残念ながら上から目線の相談しにくい医師もいるのが現実です。

私に関しては、対等感覚の医師を目指しているので、
このブログへのコメント・質問も糖質制限食に関することなら、
初歩的なことも含めて大丈夫、OKです。
反復して似たような質問があっても、
またそれがブログ読者の皆さんの復習になるし新たな勉強にもなります。
糖質制限食に関する知識をインターネットで世界中で共有できて・・・。
それが、私自身の貢献感にもなりますので・・・

さて、日本で実践されている糖質制限食には

A)高雄病院のスーパー糖質制限食(1回の食事の糖質量20g以下)
B)山田悟先生の緩い糖質制限食(1回の食事の糖質量30~40g)
 最近は(1回の食事の糖質量20~40gで3食食べ、それとは別に間食を1日あたり10g)
C)釜池豊秋先生の糖質ゼロ食(1日1食で、夕食、糖質は5g以下)

α)荒木裕先生の断糖食
β)渡辺信幸先生のMEC食


などがあり、1回の糖質摂取量設定に違いがあります。
それでは、各糖質制限食のスタンスはどう違うのでしょうか?
まず、A)B)C)について検討してみます。

1)継続し易さと普及に関する配慮
継続し易さ、普及という面からは、普通に考えてB)が一番楽です。
A)はそれに、次いで楽ですし、当初から「スーパー」「スタンダード」「プチ」といったラインナップが設定されていて、
最近は「緩やかな」という選択肢もあるので、
継続し易さと普及ということを重視しているわけです。

C)は、ベストと思う食事療法をストイックに実践するという求道者のスタンスであり、
継続し易さや普及ということは、優先順位としては全く考慮されていません。
つまりC)はやりたい人やれる人が実践すればよいのであって、
やりやすくするというスタンスは皆無です。

従って、A)B)の立場の糖質セイゲニストとC)の立場の求道者とは、
いくら話し合っても折り合いがつくことは不可能ですので、
私も無駄な努力をするつもりはありません。

2)食後高血糖改善効果

食後高血糖改善効果はC)が一番高いです。
A)がその次でB)はかなり劣ります。
C)なら、食後高血糖はほとんどありません。

A)は、臨床的に合併症予防ができるレベル、
  食後1時間血糖値180mg/dl未満、食後2時間血糖値140mg/dl未満達成を
  目指していて、ほとんどの場合それが可能です。

B)は食後1時間血糖値180mg/dl未満、
  食後2時間血糖値140mg/dl未満を達成することは、
  困難な糖尿人が多いと思いますが、従来の糖尿病食(高糖質食)よりはましです。

3)追加分泌インスリン

C)は耐糖能正常型の人でも、インスリン追加分泌はごくごく少量です。
A)は耐糖能正常型の人の場合でもインスリン追加分泌は2~3倍レベルですみます。
B)は耐糖能正常型なら、追加分泌インスリンは10倍~20倍レベルでます。

インスリンは人体に絶対必要であり、基礎分泌インスリンがなければヒトは死にます。
しかし、インスリンには発ガンリスクやアルツハイマー病のリスクがあるので、
少量ですむにこしたことはないのです。

従って、B)の場合は、野放しの高糖質食に比べればましですが、
インスリン過剰のリスクがあるていどあることになります。

A)の場合は、人類700万年間の狩猟・採集時代に、
野生の果物、ナッツ類、根茎類を食べたレベルと同程度の追加分泌インスリンなので
許容範囲と思います。

4)問題点

B)は、インスリン分泌が多いこと以外にも、
食後高血糖と平均血糖変動幅増大という酸化ストレスリスクに関しては、
効果が弱いので問題と言えます。
C)は、始めにくいこと、継続しにくいこと、普及しにくいことが問題点です。

5)考察

A)の場合、C)よりは治療効果は若干劣りますが、
殆どの糖尿人において、合併症予防という観点からは、問題ないと思われます。
体重減少効果も同様であり、「継続し易さ」「普及」「治療効果」において
バランスのとれた食事療法と言えます。

B)は、「継続し易さ」「普及」は優れていますが、肝腎の治療効果が劣ることと、
食後高血糖と平均血糖変動幅増大という問題点を抱えています。

C)は、始めにくいこと・継続しにくいこと・普及しにくいことという弱点がありますが、
治療効果は抜群ですので、ビタミンCの摂取(野菜から摂取)に留意して、
個人的にやれる人はやればいいと思います。

結論として、自画自賛になりますが、
高雄病院のスーパー糖質制限食が一番バランスがいいのかなと思います。(^^) 

一方、山田悟先生の緩い糖質制限食や釜池豊秋先生の糖質ゼロ食も、
役割分担という視点に立てば、対立するというよりも、
一人一人の嗜好やニーズに応じて、相補的なものと思います。


A)B)C)の3者ともに、
日本糖尿病学会推奨の従来の糖尿病食(高糖質食)に比べれば
治療効果ははるかに高いのですから。

6) α)とβ)について
α)の荒木式は、ほぼスーパー糖質制限食に近いと思います。
ただ、ビールに関して、麦芽とホップだけの本物のビールは
呑んでもよいとされていますが、糖質含有量は、
米・コーン・スターチが含まれている普通のビールと同じだけあるので、
勿論NG食品です。

β)のMEC食も、基本的にはスーパー糖質制限食に近いと思います。
一日に摂るべき食品はM(お肉)・E(卵)・C(チーズ)の三点で、
これらをしっかり食べて、
その上でさらに食べたいと思ったら他の食品(糖質を含む)も
適度にOKということです。
あとは、一口、30回は噛んで食べようということです。
ビタミンCと食物繊維の摂取に注意すれば、MEC食もOKと思います。
ただ糖質を多く摂取すれば当然食後高血糖となるので、注意が必要です。


江部康二
コメント
糖質量について
現在、江部先生、山田先生、夏井先生
の本を読み、プチとスタンダードの間で
今年から糖質制限を実践しています。

BMI:22
空腹時血糖値89
HbA1cは5.1%
※今まで糖尿病の診断はありません

先日は、外食しなければならず、
ガストの1日分の野菜の
ベジ塩タンメン(ほうれん草麺)を
お昼に食べ、2時間後の血糖値を
測定したところ、217でした。
※この日は、室内で座っている必要があり、
2時間後の血糖測定までは、
インターバル速歩など運動はしていません。

メニューには、糖質43.2gとありましたので
そこまでの上昇はないかと思いましたが、
200を超えていたことに驚きました。

糖質制限を擦る前までは、2時間後に
200を超えることは1回くらいだったので
耐糖能が低下したのでしょうか。

もちろん糖質制限中も体調などによって
血糖値の変動もありますが、
蕎麦やうどんなどのように食後の血糖値が
急上昇しやすい食材(メニュー)もあるので、
自分の中で麺類は25g以下、たんぱく質や脂質の
割合の多い定食だと食べる順番も考慮し40gと
メニューによって糖質の摂取する幅を考え、
食後180を超えないようにコントロールできるよう
選択していければと思います。
2019/10/31(Thu) 18:38 | URL | 金魚 | 【編集
お願い
いつも楽しく、先生の記事と読者の皆様のコメントを拝見しております。
特に読者の皆様のコメントと先生の返信コメントを楽しみにしています。ひとつお願いがございます。ブログ左にある、最新のコメント欄の掲載数が現在7項目ですが是非増やしていただけないでしょか。
理由は、最近特に同じ読者のコメントが多く(今日は7コメントのうち4コメントでした)、過去の記事に投稿さた方のコメントがすぐリンクできなくなってしまします。仕事(病院の管理栄養士)の関係でこちらのブログチェツクが毎日できません。最近では7項目にあったオスティナートさんの「糖質と利用可能炭水化物その4」をギリギリチェックでき参考になりました。プリントアウトして同僚とともに参考にさせていただいております。まさに目からうろこでした有難うございます。
非公開として投稿しようと思いましたが、できませんでした。
今回のコメントは、私の個人的なものですので、削除していただけたら嬉しく思います。
2019/10/31(Thu) 18:50 | URL | yuuko | 【編集
本日の呆れた、ネット・ニュ~ス!!
都内河北 鈴木です。

本日ネット・ニュ~スで、
現在著名な芸能人の名前を出して「銘柄米(コメ)CMブ~ムの理由」
10,31、(木)11:32配信 デイリー新潮

とありましたが、内容を読んでも、
「医学解明された説明は、国民の健康に成るような事は、
皆無」です!!!

<私は、米の販売は、人間以外の生物へ、提供してはと考えます!!>

イギリスは、動物園のチンパンジ~にさえ、
「2014年1月にはバナナを食事として与える事を禁止!!」
したのです!!

現在2019年10月31日現在に、数年前より
「世界1の糖尿病、ガン、認知症、の国」だと
日本でのニュ~スになっている事も、久しい現在ですが!!

そして「それらの、病態発症の原因は「糖質」だと
「世界で原因解明されているのにです!!」

ならばと江部先生「糖質制限理論」理解把握で、実践して、
私は21年間の糖尿病・重症化する、
3年半余りインスリン増量投与患者が、
3か月足らずで、インスリン自主離脱して、
「ヘモグロビン正常化!!」した、9年目初頭現在ですが、

後遺症「眼、脳梗塞、」も、
「覚醒、再覚醒、」している現実があります!!
<医療デ~タ存在してます>

医療者でも森鴎外は、知っていても、生きる事への世界的・原因解明医師
「脚気・高木兼寛医師」の詳細をを存じ上げていない
医師、医療者が、存在している事が問題ですが??!!

そして現在に、
『時代進化解明した江部康二医師「糖質制限理論」』を
無知な、無能医師が「既得権益亡者だと言われる医療者」が、
存在している現在です!!

私は自身の発言は21年間の体験からの発言です!!
「証明書類・多数所持しているから、発言しています!!」
事実だから!!

私は、面識無い、利害関係無い、
江部先生「糖質制限理論」で、「生還、覚醒、再覚醒、」している、
9年目初頭が有ります!!

江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2019/10/31(Thu) 18:57 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 糖質量について
金魚さん

2019年01月12日 (土)
糖質制限食と耐糖能。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4792.html


この記事をご参照頂けば幸いです。
2019/10/31(Thu) 19:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: お願い
yuuko  さん

可能かどうか検討してみます。
2019/10/31(Thu) 19:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
「釜池豊秋先生の糖質ゼロ食」無理でした(泣
私らこ は、糖尿病合併症で両眼性複視発症時、速攻で近所の大書店に駆け込んで、糖尿病の本を全部目次に目を通しました。2009年9月です。

◎江部先生著書3冊、釜池先生著書1冊 これが「全ての糖質制限食」本

でしたので、4冊全部購入して1晩掛けて通読しました。

◎釜池豊秋先生の糖質ゼロ食 は私らこ には実行不可能

でした。「5g以下の糖質摂取」は大半の糖尿病患者は無理、と感じました。

◎宇和島市の釜池先生の病院に入院しないと身につかない方法、にしか思わない

でした。その点

◎江部先生のスーパー糖質制限食は自宅で簡単に出来る、が特徴

でした。私らこ だけでなく夏井先生も宗田先生も深作先生も、「京都の江部先生に入院せず」にスーパー糖質制限食実行してます!!!
2019/10/31(Thu) 23:29 | URL | らこ | 【編集
Re:「釜池豊秋先生の糖質ゼロ食」無理でした、同感らこさんへ!!
都内河北 鈴木です。

らこさんの江部先生「糖質制限理論」は自身に合っているとの言葉通り、
感じている事は、時代進化解明した
「人類万人に合う、健康・食理論」だからだと考えます!!

<「血糖値上昇しない食材は、
BMIを目指して食生活をするだけですから!!」>

私の感じている江部先生の「糖質制限理論」の
医学界の「五輪書」たる所以です!!

私の糖尿病・重症化している患者から、血管障害者、アレルギ~患者、等の患者は、
治したいなら極力「糖質・摂取」を控えるだけですから!!

時代進化して、明治期初頭「脚気・高木兼寛医師」の頃から140年程前より
時代進化して
「医学の解明されている事を考えてください!!」

何故この様な事が言えるのかは、
私自身の21年間糖尿病・重症化するのが、
「薬不要」で3か月足らずで、
インスリン増量投与者が「ヘモグロビン正常化!!」して改善したのは、

江部先生「糖質制限理論」理解把握して、実践での
「生還、覚醒、再覚醒、」した事実が証明です!!!
<悪化から改善の医療デ~タ存在しています!!>

私は現在65歳、身長176cm、体重80位Kgですが、
現在の私の身体は20歳代の体操,空手をやっていた当時の体型、
筋肉質肉付きです。(俳優、ジェイソン・ステイサムと同体型です!!)

後遺症「眼、脳梗塞、」が改善している現在ですが、
日増しに体調快調の毎日です!!

江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具



2019/11/01(Fri) 15:50 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
「ロカボ」で糖質中毒は完治するのか?
>1)継続し易さと普及に関する配慮
>継続し易さ、普及という面からは、
>普通に考えてB)が一番楽です。

本当ですか?

1.スーパー糖質制限食実行なら、糖質中毒は完治する
2.ロカボ実行では、糖質中毒は完治するのか?

江部ブログ、夏井ブログを読む限り

◎スーパー糖質制限食実行だと糖尿病寛解+合併症完治
◎スタンダード糖質制限食で「合併症完治」は見たこと無い

です。江部先生おっしゃる通り、予備軍や健常人がスタンダード糖質制限食実行すれば、糖尿病進行を「遅らせる」または「止まる」は見掛けるのですが、私らこ のように「合併症発症」した人が完治した事例は記憶にありません。

◎スーパー糖質制限食実行の方が、「ロカボ実行」よりも楽に継続できるように感じてます > 糖尿病患者には

いかがでしょうか?
2019/11/02(Sat) 00:38 | URL | らこ | 【編集
Re: 「ロカボ」で糖質中毒は完治するのか?
らこ さん

仰る通りと思います。

①スーパー糖質制限食なら、血糖コントロールは薬なしで、ほとんどが良好となります。
②ロカボでは、食後高血糖は防げません。
③スタンダード糖質制限食は、1日1回の食後高血糖が生じます。

①②③は、事実として、
どんな糖質制限食でも、3食普通に糖質を摂取しているよりは、まだましだという意味で
存在意義はあると思います。

糖尿人であれば、スーパー糖質制限食が、優先順位の一番であり、
多くの糖尿人が、できるだけ実践して頂ければ、糖尿病合併症は激減すると思います。


2019/11/02(Sat) 15:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可