FC2ブログ
脂質摂取比率上昇、糖質摂取比率減少、糖尿病予備軍減少。
こんにちは。
日本では、一般に、脂質摂取比率が増えて、糖質摂取比率が減少して
糖尿病が増加したというのが、定説です。

この定説が真実なのか否かを検証するために、
日本全体の三大栄養素の摂取比率の推移と
糖尿病有病数や予備軍有病率の推移を
検討してみました。

すると実際には、
脂質摂取比率が増えて、炭水化物摂取比率が減少して、
糖尿病増加数が急減し、糖尿病予備軍数は減少していました。


厚生労働省は、毎年国民健康・栄養調査を実施しています。
その中で、4~5年に1回、糖尿病有病数を集計しています。
今回2016年の糖尿病有病数は、2012年に比し、約50万人増加で、
前回と同じぐらいです。(2017年9月21日に厚生労働省発表)

slide3.jpg

1990年:560万人
1997年:690万人(130万人増加)
2002年:740万人(50万人増加)
2007年:890万人(5年間で150万人増加) 予備軍:1320万人

2012年:950万人(5年間で60万人増加) 予備軍:1100万人(220万人減少)
2016年:1000万人(4年間で50万人増加) 予備軍:1000万人(100万人減少)

これで見ると、2002年→2007年の増加数が、
150万人と半端じゃないですね。

2007年→2012年の増加は、60万人で
1997年→2002年の増加、50万人と似たようなもので、
2002年→2007年の増加、150万人に比しかなり少ないです。

2012年→2016年の増加、4年間で50万人は前回と同じくらいです。

糖尿病予備軍は、2012年に約1100万人で、2007年から約220万人減少で、
国民健康・栄養調査が始まって以来の初めての減少でした。
さらに2016年は糖尿病予備群は約1000万人で、
2012年から約100万人減少で、前回と同様の傾向です。

冷静に考えて、糖尿病増加の勢いが弱まって、
糖尿病予備軍はとうとう減少に転じたことになります。

実はずっと増え続けていた炭水化物摂取比率が、
2008年から2010年にかけて、60.4%から59.4%に減っています。
2010年から2012年にかけては、59.4%から59.2%に減っています。
2012年から2015年にかけて、さらに59.2%から58.4%に減っています。

そして、ずっと減少傾向だった脂質摂取比率が、
2008年から2010年にかけて、24.9%から25.9%に増えているのです。
さらに2010年→2012年→2015年と、25.9→26.2→26.9%と増えています

slide2.jpg

そして、これを受けて、20007年から2012年にかけて糖尿病の増加が急減して、
糖尿病予備群は220万人も減少しているのです。
2012年から2016年も糖尿病は増加していますが、歯止めがかかっていて
予備群も前回の調査に続いて減少です。

保健所や一般の医師・栄養士の食事指導は、
旧態依然たる日本糖尿病学会推奨で唯一無二のカロリー制限食で、
数十年来不変ですので、今更この影響はないと思います。

なお、2000年~2015年まで日本の人口は
1億2700万~1億2800万くらいで大きな変化はありません。
そして、この間、高齢化はどんどん進んでいるので、普通に考えると
高齢者に多い病気である糖尿病は、より増加し易い状況だったと言えます。
それが歯止めがかかったというわけです。


<日本の総人口の変遷>
平成12(2000) 126926人
平成17(2005) 127768
平成18(2006) 127901
平成19(2007) 128033
平成20(2008) 128084
平成21(2009) 128032
平成22(2010) 128057
平成23(2011) 127799
平成24(2012) 127515
平成25(2013) 127298
平成26(2014) 127038
平成27(2015) 127095人


こうなると、炭水化物摂取が減って脂質摂取が増えて、
糖尿病の激増に歯止めがかかったという事実は、
糖質制限食の影響の可能性
がありえますね。(^^) 


☆☆☆
国民健康・栄養調査|厚生労働省
       エネルギー    脂肪エネルギー比率  炭水化物エネルギー比率
2010年   1849kcal          25.9%           59.4%
2011     1840            26.2            59.2
2012     1874            26.2            59.2
2013     1873            26.2            58.9
2014    1863             26.3           59.0
2015    1889             26.9            58.4


江部康二
コメント
糖尿病予備軍減少は糖質制限食のおかげ
私らこ がスーパー糖質制限食実行開始が2009年9月です。
まだ、江部先生の「糖質制限食本」が3冊しか無かった頃です。
近所の大きな本屋で店頭の糖尿病本全部に目を通して、江部先生本3冊と釜池先生本1冊だけ購入して熟読しました。
それ以来、白米も玄米もパンも麺も芋も一切食べていません。
2012年の予備軍減少と時期が合致してます。
江部ブログ開始が2007年。
この年が「糖質制限食元年」と言えると、私らこ は感じております(ペコッ
2019/09/02(Mon) 23:54 | URL | らこ | 【編集
糖尿病患者数の推移について反論
いつも、有益な情報ありがとうございます。

今日は、大変恐縮ですが、反論を書いてみたいと思います。

お示し頂いております糖尿病患者数の推移のデータは、集計した年数がバラバラですから各期間の1年間の増加数に直してみました。
さらに、脂質の摂取比率と重ねてみました。

各期間の1年間の増加数
1990-1997 18.6万人
1997-2002 10.0万人
(2002-2007 30.0万人)
2007-2012 12.0万人 脂質(24.9%<25.9%<26.2%)
2012-2016 12.5万人 脂質(26.2%<26.9%)

1997-2002の期間は、前期間に比べて、一旦、減っています(18.6万→10.0万)。
しかし、2007-2012、2012-2016には増加傾向に転じているように見えます。

2002-2007は他に比べてあまりにも突出しているので、データの信憑性が疑われます。
したがって、このデータを除くとやはり1997年以降、増加傾向は継続(10.0万<12.0万<12.5万)しており、歯止めがかかったようには見えません。
そして、その間、脂質摂取比率は増え続けています。
以上の様に私には、江部先生のご指摘とは全く逆に見えます。

統計値は見方によっていろんな見え方をしますから、以上はあくまでも私が見た考察です。
ただ、糖尿病予備軍は絶対数が減少していると言う事ですから、今後は、糖尿病患者の増加も減少していくと思われます。

間違った見方をしているようでしたら、ご指摘ください。
2019/09/03(Tue) 12:31 | URL | 西村 典彦 | 【編集
糖質制限元年!!同感です!!
都内河北 鈴木です。

「糖質制限理論」実体感した人は、らこさんと同様の
「江部先生・糖質制限理論」ネット開始を、
2007年を「糖質制限理論元年」だと、私は日増しに体感します!!

私「都内河北 鈴木」は、命救われたのですから!!

そして時代進化解明した「糖質害毒」を、摂取しないだけで
「生還」だけでなく、糖尿病で悪化した
「眼、脳梗塞」が「覚醒、再覚醒、」しているのです!!

*医療デ~タは、全て存在しています!!

本日は、脳のMRI検査でしたが、
結果は「最小部の血管が明確に画像に写されていました!!」

半年ごとのMRI検査ですが、薬使わず改善している事に感激です!!

私は江部先生の偉大さを、日増しに8年目後半の現在に感じています!!!

私は江部先生には、「生還。覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2019/09/03(Tue) 16:06 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 糖尿病患者数の推移について反論
西村 典彦 さん

「2002-2007は他に比べてあまりにも突出しているので、
データの信憑性が疑われます。」


毎年、同じ方法で調査しているので
さすがにそれはないと思います。

各期間の1年間の増加数
1990-1997 18.6万人
1997-2002 10.0万人
(2002-2007 30.0万人)
2007-2012 12.0万人 脂質(24.9%<25.9%<26.2%)
2012-2016 12.5万人 脂質(26.2%<26.9%)


18.6万⇒10万⇒30万⇒12万⇒12.5万

糖尿病患者数は、年間30万人をピークに、その後はかなり減少傾向です。
そしてご指摘通り、糖尿病予備群の絶対数が減少しているので、
今後は糖尿病患者数も減少する可能性が高いと思います。
2019/09/03(Tue) 18:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限元年!!同感です!!
都内河北 鈴木 さん

本日は、脳のMRI検査でしたが、
結果は「最小部の血管が明確に画像に写されていました!!」


それは素晴らしいです。
良かったです。
2019/09/03(Tue) 18:17 | URL | ドクター江部 | 【編集
2009年当時は「糖質中毒」記載の記憶が無い
2009年当時の江部先生本には「糖質中毒」の記載が無かったような記憶がぼんやりあります。
当時食っていた「発芽玄米」「はちみつ」「ゴボウ」「麺」などを全部止めて、「豚バラスライス」を焼いて、にんにく+醤油でガンガンに食いました。
1週間足らずで、糖尿病合併症が次々に消えました。

1.両眼性複視
2.小銭を勘定できるように復帰=アルツハイマー型認知症寛解
3.口呼吸を45年以上ぶりに止め、鼻呼吸に復帰

「糖質中毒」から離脱した時に「糖質中毒から抜けたな」との実感は全くありませんでした。記載が無かったように感じていたからです。

江部ブログを読んでいると

◎スーパー糖質制限食実行が最も楽、かつ 効果大。「糖質中毒」が即切れるから

と感じます。「プチ糖質制限食」では「糖質中毒」は解消しないように見えます。
3.
2019/09/05(Thu) 00:28 | URL | らこ | 【編集
Re: 2009年当時は「糖質中毒」記載の記憶が無い
らこ さん

仰る通りと思います。
スーパー糖質制限食が一番効果があるし、一番のお薦めです。

一方、プチでも、3食糖質を食べている人に比べればましです。


2019/09/05(Thu) 17:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可