FC2ブログ
グルコバイ、ベイスン、セイブルと糖質制限食
こんにちは。

昨日のテニスはそこそこ好調だったのですが、本日もまだ首回りがすっきりしません。車の運転が少々しにくいです。 (*_*)

さて今回は、mieさんから、ベイスンに関してコメントと質問をいただきました。

ベイスンを飲み始めました。
糖尿病と診断されて3年と8ヶ月になります。
昨日マル秘投稿しましたが、公開でもOKですので、もう一度投稿させていただきました。
当時はA1c10.2食後血糖値330もありました。約8ヶ月アマリール投薬その後なし。糖質制限食とウォーキングで2ヶ月くらいでA1cは5.9になりました。その次の検査では5.2でした。体重も10キロおとしました。その後バイアスピリンは続けています。A1cがおちついてからは、朝・昼は食パン半枚くらいと卵料理やサラダ、夜は主食は食べず、魚のソティなど、お刺身類・湯葉・豆腐など、よく食べます。最近体重も増え気味、A1cも5.5くらいが続いていたのが6.0とあがり、ベイスン
朝・昼の食前飲むようになりました。今日3ヶ月たち検診に行きましたら、5.6に下がっていました。
ベイスンを飲み始めてから、どれくらい効くのか知りたいともおもいましたので、週に一度くらいですが、スバゲッテイや、中華麺も外食するようになりました。ごはんも茶碗半分くらい食べることも週に2日くらいあります。このときはベイスンを夕食前に飲みます。以前に比べたら、糖質の摂取は多くなっていますが、A1cはさがっています。ベイスンの効果なのだとは思いますが、どうかんがえればいいのでしょうか。徹底的な糖質制限をしてベイスンは飲まないのがいいのか、今くらいの食事ならほとんどストレスを感じず、生活できます。わたしにすれば、ベイスンは救いの神のように思われます。訪問先で出されたフィナンシェくらいなら、このごろは断らずに食べています。それでも5.6だったので、とてもうれしかったのですが・・・・。
ベイスンは、やはり、薬なので飲まない方がいいのでしょうか?私の妹の主人はもう10年以上もベイスンをのんでいて、すこし糖質を制限した食事で、正常値ぎりぎりにおさまっているようです。糖質制限のとてもストイックな食生活からこんなに私にとっては糖質の許される生活はとても精神的にも楽なのです。アドバイスをお願いします。砂糖の一杯入ったケーキ・菓子類は家ではいっさい食べません。調味料も砂糖は使わず他の甘味料を使っています。

2008/07/25(金) 20:23:47 | URL | mie 』


mieさん。コメントありがとうございます。

「当時はA1c10.2食後血糖値330もありました。約8ヶ月アマリール投薬その後なし。糖質制限食とウォーキングで2ヶ月くらいでA1cは5.9になりました。
素晴らしい改善ですね。おめでとうございます。(^-^)v(^-^)v


グルコバイ、ベイスン、セイブルは、いずれもα-グルコシダーゼ阻害剤という範疇に属すお薬です。

デンプンのような多糖類は、α-アミラーゼという消化酵素の作用を得て、二糖類(麦芽糖や蔗糖)、やオリゴ糖に分解されます。

この二糖類やオリゴ糖は、マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素により単糖(ブドウ糖、果糖、ガラクトースなど)に分解されて小腸から体内に吸収されます。マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼなどの酵素を総称して、α-グルコシダーゼと呼びます。

この、α-グルコシダーゼの働きを阻害することにより、腸管からの糖質の分解・吸収を遅延させて、食後高血糖を抑制するお薬が、『α-グルコシダーゼ阻害剤』(グルコバイ、ベイスン、セイブルなど)です。

グルコバイ(アカルボース)はα-グルコシダーゼだけではなく、α-アミラーゼに対する阻害作用も、もっています。ベイスン(ボグリボース)やセイブル(ミグリトール)は、α-グルコシダーゼの活性を阻害しますが、α-アミラーゼには影響を与えません。従って、グルコバイのほうが少し効果が強いですが、副作用もややでやすいです。

作用機序から考えて、膵臓のβ細胞には全く影響を与えないので、SU剤のように疲れた膵臓を鞭打つといった欠点はありません。 (o^。^o)

しかし、食後高血糖を抑制する効果はそれほど強力ではありません。(*- -)(*_ _)

また、頻度の多い副作用として、分解が遅れて腸管にのこった糖類が醗酵してガスがでたり、お腹が張ったり、下痢をすることがあります。

スーパー 糖質制限食の場合は、ほとんど薬はなしですが、お昼だけ主食ありの『スタンダード 糖質制限食』の時は、グルコバイを内服してもらうことがあります。

従いまして、「糖尿病には糖質制限食」の高雄病院でも比較的使用頻度の高いのが『α-グルコシダーゼ阻害剤』です。

高雄病院入院中にグルコバイ100mgを内服して、昼食に例えば玄米150g、110g、90gとかで実験して、食後2時間血糖値値が180mgを超えない量をリサーチすることも多いです。

「ベイスンを朝・昼の食前飲むようになりました。今日3ヶ月たち検診に行きましたら、5.6に下がっていました。」

mieさん。これならベイスンがよく効いていると思いますよ。HbA1c5.6%ならコントロール優ですね。
ベイスンを内服して、朝夕少量の主食(糖質)を摂取するプチ糖質制限食ですが、血糖コントロール良好ならOKと思います。「清く正しく我慢するよりは美味しく楽しく糖質制限食」が私のモットーですから、mieさんの今のやり方に賛成です。 (^_^)

可能ならば血糖自己測定器を購入して

空腹時血糖値126mg/dl未満、理想的には110mg/dl未満
食後2時間血糖値180mg/dl未満、理想的には140mg/dl未満
HbA1c6.5%未満、理想的には5.8%以下

を目指してくださいね。

これらの目標が達成されていれば、糖尿病合併症の進行がないとされていますので。


江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
有り難うございます。
江部先生、糖質制限につかれて少々不良患者になりかかった私に丁寧にお答えを頂き感謝・感謝でございます。高雄病院でもどれだけの糖質がグルコバイで摂取可能になるか入院中にテストされることもあるということですね。私は3ヶ月かかってどのような結果になるか尿試験紙とにらめっこしながらやったことになるのかも知れません。3年間昼夜は主食無しでやってきましたから、もう習慣になってきているのですね。余程のことがないとごはんを食べようとは思わなくなっています。ベイスンをのんで、主食無しでは低血糖になるのではないかと思い食べたこともありますが、そんなことはないのでしょうね、やはり測定器が必要ですね。
昼食は外出先でとる人たちにはこの薬をつかわれるのですね。とても生活に即した人間にやさしい指導をなさっていることを知り、うれしくなりました。私は遠くて江部先生に直接診察はしていただけませんが、こうして、答えていただき、また頑張って続けていけます。本当にありがとうございました。
2008/08/07(Thu) 01:10 | URL | mie | 【編集
ベイスン!
 私もベイスンを利用しております。たまに飲み忘れてしまい、あ~血糖値が上がってるだろうなぁ、とビクビクしてしまいますが・・。
 飲み忘れなどが頻発しつつあるものの、数日前の検査では、空腹時(夕方5時:食後5時間)で血糖値 107、HbA1cは4.7という数字が出てきました。
 もしかして、薬をやめられるのかな、と淡い期待を抱いてしまいました・・・。 実際、どの辺で判断すればいいんでしょうか??
 こちらをのぞいていると、同じような症状の方ががんばっておられるのがよくわかり、励みになります。
 皆さん、がんばっていきましょうね。
2008/08/08(Fri) 12:52 | URL | すかんぴん | 【編集
すかんぴんさん。

「空腹時(夕方5時:食後5時間)で血糖値 107、
HbA1cは4.7」

このデータで、糖質制限食実践なら
ベイスン中止しても全く問題ないと思いますよ。
2008/08/08(Fri) 15:37 | URL | 江部康二 | 【編集
禁煙
禁煙ならhttp://www.sayonara-tabako.comが参考になりそうです うつは心の風邪ですから、ちゃんと治した方がいいです。さあ、うつ病に一緒に立ち向かいましょう。http://www.sayonara-utsu.comあなたの訪問を待つ!☆(⌒▽⌒)
2009/08/04(Tue) 14:50 | URL | 禁煙 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック