FC2ブログ
インスリンの功罪③。農耕前、狩猟・採集時代の役割。
こんにちは。

今回はインスリンシリーズの3回目です。
農耕前、狩猟・採集時代のインスリンの役割について考察してみます。

細胞がブドウ糖を取り込むためには「糖輸送体」という特別なタンパク質が必要です。
英語の頭文字からGLUT(グルット)と呼ばれ、現時点でグルット1〜グルット14までが確認されています。
正式にはグルコーストランスポーター(glucose transporter)です。
 このうちグルット1は赤血球・脳・網膜などの糖輸送体で、脳細胞や赤血球の表面にあるため、
血流さえあればいつでも血液中からブドウ糖を取り込めます。

 これに対して筋肉細胞と脂肪細胞に特化した糖輸送体がグルット4で、
ふだんは細胞の内部に沈んでいるのでブドウ糖をほとんど取り込めません。
しかし血糖値が上昇してインスリンが追加分泌されると、
細胞内に沈んでいたグルット4が細胞表面に移動してきて、ブドウ糖を取り込めるようになるのです。
グルット14種の中でインスリンに依存しているのはグルット4だけです。

 インスリンとグルット4の役割を、農耕が始まる前の時代までさかのぼって考えてみました。
グルット4は、今でこそ獅子奮迅の大活躍なのですが、農耕前はほとんど活動することはなかったと考えられます。
すなわち農耕後、日常的に穀物を食べるようになってからは
「食後血糖値の上昇→インスリン追加分泌→グルット4が筋肉細胞・脂肪細胞の表面に移動→ブドウ糖を細胞内へ取り込む」
というシステムが、
毎日食事のたびに稼働するようになったのです。

 しかし、狩猟・採集時代には穀物はなかったので、
たまの糖質摂取でごく軽い血糖値上昇があり、
インスリン少量追加分泌のときだけグルット4の出番があったにすぎません。
これは、運よく果物やナッツ類が採集できた場合のみです。

この頃は、血糖値は慌てて下げなくてはいけないほど上昇しないので、
グルット4の役割は、筋肉細胞で血糖値を下げるというよりは、
脂肪細胞で中性脂肪をつくらせて冬に備えるほうが、はるかに大きな意味を持っていたと考えられます。
 すなわち、農耕前は「インスリン+グルット4」のコンビは、たまに糖質(野生の果物やナッツ類)を摂ったときだけ、
中性脂肪の生産システムとして活躍していたものと考えられます。

 すなわち、狩猟・採集時代の「インスリン+グルット4」のシステムは、
もっぱら『飢餓に対するセーフティーネット』として貢献していたと思われます。
また、摂取した糖質由来のブドウ糖は肝臓にも取り込まれ、インスリンがグリコーゲンとして、
蓄えますが、あまった血糖が中性脂肪に変えられて脂肪細胞に蓄えられます。

 このようにインスリンの中性脂肪蓄積システムは、長い間、
人類の生存におおいに貢献してきたのですが、
いまは日常的に1日に3~5回糖質を摂取する時代です。
このため「インスリン+グルット4」のコンビは今や「肥満システム」と化してしまい、
インスリンは肥満ホルモンと呼ばれるようになってしまいました。

江部康二
コメント
ブドウ糖+インスリン → 中性脂肪は無限大
この止まらない「無限大の脂肪細胞」を抑える免疫が無いのですね > 人

ブドウ糖が赤血球分不足すると、何種類もの糖新生するシステムがあるのに、、、
2019/07/21(Sun) 14:33 | URL | らこ | 【編集
ライオンやハゲワシの赤血球も
正常にブドウ糖取り込んでいますよね。
純肉食ですが。
糖新生で作ったブドウ糖を。
太ったライオンは見たことないです。
太ったネコは見かけますが。
2019/07/21(Sun) 15:00 | URL | らこ | 【編集
Re: ライオンやハゲワシの赤血球も
らこ さん

太った猫は、人間界で糖質を摂取していますね。
2019/07/21(Sun) 17:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
お久しぶりです
こんにちは。
ブログは毎日チェックさせていただいていますが、書き込みをするのはひさし振りです。
主人のA1cも、すっかり5.4〜5.8に落ち着き、体重も65から67kgの間で、増える気配もありません。身長は165cmですから、本当に普通で、昔のケンタッキーおじさんのような面影は全くありません。
昨年のA1c10.5は何だったのか、と思うほど、とても良好な数値と見た目(!)で過ごさせて頂いております。

毎日のお弁当も、一年経った今はサクッと作れるようになりました。
それもこれも、先生が、レシピ本にも力を入れてくださっているので、それを基本にアレコレ作れるようになったからです。
主人ほど糖質制限が厳密ではない私も、先週プールで体重を測ったら、最高に太っていた時とならなんと、9kgも減っていて、しかも、一番落ちにくいウエスト周りが綺麗に落ちていることにビックリしています。
どうも仕事の制服が緩くなったなあと思ってはいたのですが、いつもプールで会うメンバーの方に指摘され、鏡の前に行くと、確かに、長い旅に出ていたウエストラインというものが10数年ぶりに帰って来てくれていました。
それと、私の健康面でも驚く変化がありました。
梅雨時期に入ると必ずと言っていいほどめまい症状が発症し、メリスロンが欠かせなかったのに、今年はなかったのです。
また、咳喘息も持っており、台風や低気圧が続くと咳が出始めて、吸入剤も欠かせないと思っていたのに、昨年の秋も、今回の台風時も、あ、来てるな、と喉で感じてはいるのですが、発作は出ずに済んでしまいました。ドライアイも気がついたら無くなっていて、目薬をこの半年、点していません。
これは偶然ではないと思っています。
週2回のプールも順調で、いけない時はウォーキングに切り替えて、ずっと続けられています。
すごく疲れにくくなっていて、仕事で残業が多いのですが、全く苦にならず、不思議なほど元気に過ごしております。
50代前半、周囲の方たちは、多かれ少なかれ、更年期やその他の病気などが現れて、しんどいと仰ってるのに、私だけけろりとしています。
ひとつだけ困ったことは、主人がすっかり普通の体型になってしまい、プールでどこにいるのかわかりにくくなったことです。
なので、キャップを黒から赤に変えてもらいました。
先日のブログのインスリン、分かりやすくてとてもためになりました。
分かったつもりでも、時々ちゃんと見直さないといけませんね。すっかり忘れていたこともありました。
パン屋さん情報もありがたいです。
大阪に住んでいる息子に、帰省時にでも買って帰ってもらおうかと考え中です。
それではまた!
今年度の健康診断がすごく楽しみです!
2019/07/21(Sun) 20:35 | URL | ひのえうま | 【編集
先日TVで見た山口県の野犬では
◎「うどん」を野犬に与えているオバハン

がいました。結構、野犬が太ってました。

>太った猫は、人間界で糖質を摂取していますね。

近所の野良猫は「味噌汁ご飯」を与えるオバハンがいます。「糖尿病ネコ育成」しているんでしょうね。

◎育てているのか? 糖尿病合併症で早く殺そうとしているのか?

不明ですwww

2019/07/22(Mon) 01:30 | URL | らこ | 【編集
Re: お久しぶりです
ひのえうま さん

ご主人、A1cが10.5⇒5.4〜5.8%
とは、見事な改善です。
ひのえうまさん、good job です。

お二人とも、肥満脱却も良かったです。
スーパー糖質制限食で、水分代謝がよくなり、アレルギー体質も改善します。
それで、めまいと、咳喘息がよくなったのだと思います。
ドライアイも改善とは素晴らしいです。

体調良好で疲れにくくなったのも、糖質制限食で全身の血流・代謝が良くなったことの良い影響と思います。
これからも美味しく楽しく末長く、糖質制限食をお続け下さいね。
2019/07/22(Mon) 08:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
初めまして
江部先生、いつも先生のブログで勉強させて頂いております。私は、38歳、女性、カナダ在住、糖尿病歴27年(学校の検査で発覚)、糖質制限歴4年になります。健康人の主人が、健康目的で始めたケトン体ダイエットをきっかけに、私も糖質制限を始めました。始めて半年で、インスリン注射を止め、飲み薬のみに。糖質たっぷりの食事時のみ、Humalogを打つようにしています。3年ほど前に、医師から、こんなに病歴が長いのに、2型糖尿病であるのが不思議だと言われ、そして、私の家族の糖尿病歴(私の母、母の母も糖尿病)で、MODDYの検査を受けてみないかと言われ、受ける事になりました。カナダは、医療費がタダなので、こう言った検査を無料で受ける事ができました。結果は、100%MODDYとは出なかったのですが、染色体の異常が見つかり、ほぼ間違いないだろうと言う事でした。それ以来、飲み薬は、Metformin500mg X4/day , Gliclazide 60mg X2/day, Trajenta5mg X1/day を飲んでいます。
最初のうちは、自分で血糖を測りながら、Trajenta以外の薬の量を減らしたりと調節していました。その当時のA1cは、6%でした。
去年の9月に、旅行先で、糖質どか食いをし、それ以来、1日の血糖値が高いままで、あまり下がることはなく、特に、空腹時早朝の血糖値が、126から200で、朝が高いと、昼食前も高く、夕方になるとさらに上がって、144から160となります。
それ以前も、チートデイとして、たまに糖質たっぷりの食事をすることはあったのですが、1−2週間で、血糖値は落ち着きました。ですが、今回ばかりは、そうはいきませんでした。
医師にも相談したのですが、私のA1cが、他の患者さんと比べても良いので、心配しすぎだから、様子をみましょうと言わます。4ヶ月前の検査で、7%でした。
週5日は、軽い有酸素運動50分、最近は、ピラティスに週3回通い始めましたが、血糖値は、一向に改善することはありません。
食事は、朝と昼のみ。夜は、週末以外は食べません。

糖質制限をする前は、全く糖尿病と向き合ってきませんでした。きっと私の体は、ボロボロなんだと思います。
私の母は、去年、亡くなりました。11年前に乳がんを発症し、入退院を繰り返しながら生活していました。亡くなる4年前から、人工透析を始め、亡くなる1年ほど前から、両足の指が壊死し始め、最期まで病気で苦しみながら、亡くなりました。あんな母の姿を見てきたので、あんな風な死に方は嫌だと思っています。
このまま主治医の言うように、様子を見るで良いような気がしません。もう、自分でインスリンを出せないのではないかと思っています。ここは諦めて、インスリン注射の生活に戻した方が良いのでしょうか?勿論、この先も、糖質制限は続けていきます。
すみません、長々となってしまって。
先生、お忙しいとは思いますが、どうか、アドバイスをお願いします。
2019/07/23(Tue) 04:26 | URL | カナダの食いしん坊 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可