FC2ブログ
朝食抜きは糖尿病リスクを上げる?
こんにちは。
朝食を食べないと糖尿病になりやすいという定説がありますが、
本当でしょうか?

確かに、私自身も、34歳から朝食は抜きで、昼と夕の1日2食であり、
52歳の時に糖尿病とメタボリックシンドロームを発症してしまいました。
このときHbA1cが6.7%。
血圧が140~150/85~85・・・外来終了後は170~180/100~110
167cm。67kg。内臓脂肪CTは126cm2(100以上)。
ずっと体重は57kgくらいだったのですが、
40過ぎから徐々に太っていきました。

この頃は、病院では玄米、家では胚芽米で、
野菜や大豆製品や魚貝や鶏肉をしっかり食べ、
四つ足の肉はできるだけ控えて、油脂の摂取も控えていました。
いわゆる、ヘルシーな食生活で『玄米魚菜食』的イメージです。

しかし、結局、玄米も胚芽米もデンプンで糖質タップリです。
しかも玄米や胚芽米ならヘルシーだろうと積極的に多めに食べていました。

糖質セイゲニストの今の私から見たら、
穀物タップリの極めて不健康な食生活だったわけです。
さらに、糖質を摂取していて、1日2食で、朝食抜きだと、1日3食に比べると
昼と夕は血糖値が上昇しやすいことは、2015年7月28日に
米国糖尿病学会(ADA)が発行する医学誌「Diabetes Care」に発表された
イスラエル・テルアビブ大学の研究で報告されています。

つまり、朝食抜きで、普通に糖質を摂取していると
糖尿病発症リスクが上がるということは確かなようで、
私自身がそれを証明したと言えます。

しかし、すぐにスーパー糖質制限食を開始したので、
3週間後にはHbA1cは6.0%となり、2ヶ月後には5.7%となりました。
体重は順調に減って、半年で10kgの減量に成功しました。
血圧も正常化して、そのまま17年間維持しています。

このように、朝食抜きの1日2食でも、
『糖質たっぷり』『糖質制限』かで、全く結果が違うということです。
糖質制限食なら、朝食抜きでも、糖尿病になりやすいということはありません。
食後血糖値の上昇そのものが極めて少ないからです。


そもそも人類は、長い間、昼食と夕食の1日2食でした。
朝昼夕の1日3食になったのは、この200~300年くらいです。
糖尿病が激増したのは、1日3食になってからですね。

日本では、江戸時代初期までは1日2食で、
中期から3食が、一部で開始されたようです。
3食が定着していったことには、
明治維新後に軍隊ができたことが大きな役割を果たしました。
平安時代や鎌倉時代の1日2食は、朝食が午の刻(正午)で、
夕食が申の刻(午後4時)だったそうです。

イギリスやフランスなどヨーロッパの国々でも、
15~16世紀頃に2食から3食になったので3食の歴史は浅いようです。

なお、野生のライオンは、3日~数日間に1回の食事です。
成長したライオンは1回に18kgの肉を食べるそうです。
野生の虎は、7~10日間に1回の食事回数のようです。


江部康二
コメント
昔と今で違うのか分かりませんが、漁が行われるのは早朝で、帰って来てから魚介の朝食をとっていたとは考えられませんか?
体内時計の起源は人類数百万年どころか数億年らしいので、食事によるリセット効果があるというなら無視しない方が良い様な気がします。

最近出た本に「体を整えるすごい時間割」というのがあるのですが、そこにはカフェインに体内時計リセット効果があるということが書かれていましたので、朝食はコーヒーだけでも大丈夫なのかもしれませんが。
江部先生はコーヒーを飲んでいらっしゃるようですが何も食べずに飲んで胃が悪くなったりしませんか?
2019/07/01(Mon) 20:42 | URL | えび | 【編集
世界屈指の医学部を有し脳神経外科学を確立したあの米ジョンズ・ホプキンス大の研究者たちが糖質制限(高脂肪・低炭水化物食)には早期アルツハイマー型認知症の脳機能と記憶を改善する可能性があると報告しています。権威ある機関ですので、これは画期的なニュースと思います。https://www.hopkinsmedicine.org/news/newsroom/news-releases/low-carb-keto-diet-atkins-style-may-modestly-improve-cognition-in-older-adults
2019/07/01(Mon) 22:16 | URL | 駐在君 | 【編集
駐在君 のリンク先見ました
アルツハイマー型認知症寛解中10年再発無しの らこ です。
駐在君 のリンク先見ました。英語が読めないのですが、日付が先月6月27日!

スゴいタイミング!!

東京都目黒区のHPが正しければ、「中期アルツハイマー型認知症」が寛解中です、スーパー糖質制限食で。

◎「小銭が勘定できない」は計算できないから

でした。今日 http://test.ninchishouyobou-k.com/ のテストを受けたら、100点満点でしたwww

貴重な情報ありがとうございます。誰もが同じと思いますが

◎自分が発症した糖尿病合併症には強い興味あり

です。
2019/07/01(Mon) 23:49 | URL | らこ | 【編集
駐在君さんの指摘情報の私は証明者!!
都内河北 鈴木です。

駐在さんの指摘の情報は、
「糖質制限(高脂肪・低炭水化物食)には早期アルツハイマー型認知症の脳機能と記憶を改善する可能性があると報告しています。」

とは、私の「糖質制限理論」食生活8年目の
脳MRI検査で2度の「覚醒、再覚醒、」が証明している事が、
ズバリ、その通りだと考えます!!

「脚気」原因気付いた、高木兼寛医師の明治初頭頃より、
より時代進化解明した食理論、
江部先生「糖質制限理論」を理解把握して、
実践で成し得た私の脳MRI「覚醒、再覚醒、」医療デ~タが証明だと言えるかと考えます!!

江部先生ブログを読み、
病態改善「生還、覚醒、再覚醒、」して、日増しに健康健康改善して行くだけでなく、
「日本医療界」特に、「日本糖尿病学会」の無知の医療の21年間の被害者として、
「糖質制限理論」で糖尿病重症化したインスリン投与患者が、
3か月足らずでヘモグロビン正常化して回避できただけでなく、
改善する毎に怒りも収まり、「冷静」に成って行く現在の自身を感じます!!

江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具


2019/07/01(Mon) 23:54 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
糖尿病の寛解の診断基準について
糖尿病ネットワーク 2017年03月15日の下記URLの記事に
https://dm-net.co.jp/calendar/2017/026843.php

完全寛解(HbA1c値が6.0%未満と定義)
部分寛解(同6.5%未満)
と言う基準が示されています。

ほかの記事でもHbA1c6.0未満を2ヶ月以上継続で完全寛解と記されていた記憶があります(元記事は同じかもしれません)。

糖尿病の診断基準はHbA1cのみではないはずですが、HbA1cの改善をもって寛解とするのはなぜでしょうか。
そもそも、糖尿病の「寛解」とは、どういう状態を言うのでしょうか。
私の考えでは、「β細胞が正常な機能を取り戻し、インスリンが正常に分泌され、かつインスリン抵抗性が正常値になり、通常の食事(いわゆるバランスの良い食事)をしても(頻回でなければ)血糖値が異常値にならない」状態ですが、この考え方だと、糖尿病の「寛解」と言う説明はしっくりきません。糖質を取らなければ体の機能は改善していなくても数値は改善するのは当たり前と思います。

例えば、糖質が多めの食事(60g程度)では食後ピーク血糖値は180を超えるが、糖質制限のおかげでHbA1cは5.4と言う場合があると思ます。
要するにインスリン分泌、インスリン抵抗性は改善されていなくてもHbA1cは下がると思いますが、こういう状態は完全寛解と言う事になるのでしょうか。

では、この状態(β細胞は正常に働いていない、インスリン抵抗性もあるが、HbA1cは正常値)の病名は何になるのでしょうか。
2019/07/02(Tue) 10:32 | URL | 西村典彦 | 【編集
はじめまして、槙野です。
アメリカに住んでいるのですが、最近では肉のみを食べる食事法が流行っています。健康のため、ボディビルのためなど理由は様々ですが、多くの人が心身ともに多くのメリットを感じています。
1日1食で肉のみ(中には卵はOKの人も)の食事でもちろんカロリーはしっかりと摂ります。
質問なのですが、タンパク質は問題ないとして、脂質に偏りはないのでしょうか?青魚から摂れる脂質は、肉から摂れる脂質でつくりだすことができると聞きましたが、効率が悪いという意見も聞きました。
あとビタミンミネラルも肉から十分に摂れるから、野菜などを摂る必要もないとのことです。
必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミンミネラルが肉だけで満遍なくとれるのかと疑問に思う部分はあるのですが、やっている人を見たり、話を聞くと体調不良の人はいませんし、筋肥大もインスリンなしで問題なくできているのでこれが人間本来の食事なのかもしれないと感じました。
肉だけで人は生きていけて、むしろその方が健康的なのでしょうか?
人種によって違うのでしょうか?
先生の意見を聞きたいです。
2019/07/02(Tue) 10:51 | URL | 槙野 | 【編集
Re: タイトルなし
えび さん

地球上の生命体のほとんどが、太陽光により生体リズムを作っています。
少なくとも陸上の生命体はほぼ、太陽光です。

食事は、食べることができたり、食べることが出来なかったり、飢餓状態が続いたりという
動物の進化の過程を考慮すれば、生体リズムには、あまり関与していない可能性が高いです。


なお私は、胃はかなり丈夫ですので、コーヒー大丈夫です。
2019/07/02(Tue) 17:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
駐在君

画期的なニュースをコメント頂き、ありがとうございます。
とても参考になります。
2019/07/02(Tue) 17:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 駐在君 のリンク先見ました
らこ さん

アルツハイマー型認知症寛解中10年再発無し、

今日 http://test.ninchishouyobou-k.com/ のテストを受けたら、100点満点


素晴らしいです。
2019/07/02(Tue) 17:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖尿病の寛解の診断基準について
西村典彦 さん

私も、西村さんのお考えに賛成です。

「β細胞が正常な機能を取り戻し、インスリンが正常に分泌され、かつインスリン抵抗性が正常値になり、通常の食事(いわゆるバランスの良い食事)をしても(頻回でなければ)血糖値が異常値にならない」状態が寛解
定義としては私も、そのように思います。

糖尿病ネットワーク 2017年03月15日の下記URLの記事の「寛解」は定義が、いまいちですね。

現実には、かなりの肥満を伴う糖尿病の人で、
「インスリン抵抗性が主で、インスリン分泌不足はほどんどない」
タイプが、減量して、正常に近い体重になれば、
寛解がありえると思います。

日本人に多い「インスリン分泌不足」が主たる要因の糖尿病は、
β細胞がすでに一定程度壊れているので、決して治らないし、寛解もしないと思います。
2019/07/02(Tue) 18:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
槙野 さん

赤肉の飽和脂肪酸は多く摂取しても問題ないと思います。

しかし、魚にしかない、EPAとDHAは、不足していくと思います。
人体でαリノレン酸からEPAとDHAは作られますが
効率は悪いです。
またαリノレン酸は、エゴマ油や紫蘇油に多く含まれていて
赤肉にはないと思います。

それから、肉だけでは、
ビタミンCと食物繊維がが不足すると思います。
人類は体内で、ビタミンCなどのビタミンを合成できないので、食事から摂る必要があります。
肉の血の中にビタミンCが含まれていますが少量です。

また近年、腸内細菌と人体の共存が重要と考えられていますが、
一定量の食物繊維を摂取して腸内細菌の餌を確保することも必要と思います。

これらのことを考慮すると
短期的には兎も角として、赤肉だけで、半年、1年、2年といった長期に及べば、
何らかの弊害が出現してくる可能性があると思います。

2019/07/02(Tue) 18:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
槙野さんの肉だけの食生活ですが、、、。
都内河北 鈴木です。

槙野さんの「肉だけ食生活」は、だいぶ以前に
夏井先生ブログで「肉だけを食べて20年」のアメリカの家族の事が有りました、この様な生活をしても大丈夫かな?と1知識として記憶にあります。

私は江部先生「糖質制限理論」で「生還、覚醒、再覚醒、」したのは、
やはり日々の食生活の魚のEPAとDHAの効果かなと、
自身の改善効果を考えても、納得するしかないかと考えます!!

私は2012,10,1、より、魚を(200g前後)は先ずは食べて完食する事を考えて、
肉(100~200g)、卵(大3個)、野菜(週1~2)、小鉢、
味噌汁具沢山を食べてます!!
(薄揚げ、キノコ、モヤシ、ワカメ、ETC)

自炊ですが、1日1食で、時たま2食で、これで月4万円強です!!
身長176cm、体重80~84Kg、BMIは満足!!

魚缶はω3効果を願い、月の半数は、イワシ。サバ、鮭、を食べますが、
骨まで食べられる事は、無駄が無いかなと考えます!!

糖尿専門組織「日本糖尿病学会」に改善目的で通院して、
7年間医療世界情報「隠蔽」され、殺されかけた21年の1患者が、
「糖質制限理論」理解把握し、実践で、3か月足らずで「生還」でき、
以降「眼、脳梗塞、」が「覚醒、再覚醒、」できた現在8年目の現在ががあります!!

本日はブログ記事内容とコメント欄各人のコメントを読んでいて思うのは、
「糖質制限理論」の即効性ある、反論不可な時代進化解明「真理理論」を
体験し「生還、覚醒、再覚醒、」出来たのだなと、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2019/07/02(Tue) 22:34 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
質問よろしいでしょうか?
江部先生 こんばんは! 先生のご著書、糖質オフ!健康法や人類最強の糖質制限論に感銘を受け、スーパー糖質制限&朝断食&一日2食を6年実践しております。ブログも毎日チェックしております!いつもありがとうございます。糖質制限をしながら二人子供をもうけましたが、子供も私もすこぶる健康です。しかし、二人目出産後に糖質解禁を2カ月間して、また糖質制限を始めたところ体重、体脂肪が殆ど落ちず4ヶ月がたとうとしております。産後のケアで整体に通っており、そちらの先生がオーソモレキュラーの勉強をされているので、痩せないことを話したところ指摘されたのが、
1、半日断食後の食事はどんなに低糖質の物でも血糖値は急激に上がる
2、エリスリトールなどの糖質ゼロ糖類は、血糖値は上がらなくても脳は甘いものを感知し、インスリンを分泌する
でした。糖質制限中の6年、私なりに勉強してくましたが、これらは初耳でした。この1、2はそういうものなのでしょうか?
2019/07/02(Tue) 22:38 | URL | アリシア | 【編集
Re: 質問よろしいでしょうか?
アリシア さん


1、2共に
完璧に間違っています。

真実は、
1、糖質だけが血糖値を上昇させますので、糖質制限食なら血糖値の上昇が極めて少ないです。

2、エリスリトールはインスリンを分泌させません。
2019/07/02(Tue) 22:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます!
先生、ご返信本当にありがとうございます!そういう、新しいデータがあるのか?と思っていました。教えて頂き、安心しました。これからも変わらず、セイゲニストライフ楽しみます!
2019/07/03(Wed) 22:52 | URL | アリシア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可