FC2ブログ
糖質制限の大百科(洋泉社) 【監修】江部康二 刊行。
こんにちは。

新刊本の『糖質制限の大百科』(洋泉社) 
【監修】江部康二


daihyakka.jpg

のご案内です。

ご購入はこちらから

2019/6/19(水)発売開始です。
おかげさまでよく売れています。

『食品別糖質量ハンドブック』などと合わせて、シリーズ累計で37万部突破なので、なかなかの売れ行きで、嬉しい限りです。

この1冊で知りたいことがぜんぶわかる!
正しいやり方で、無理なくやせる、健康になる!

ひと目でわかる!OK・NG食品別糖質量。
5分でわかる!糖質制限の基礎知識。
コンビニ&外食フル活用!糖質制限のコツ。
疑問も不安も解消!糖質制限Q&A。
時短&作りおき!かんたん糖質制限レシピ92。
知って納得!糖質制限のメカニズムと効果。
食品別糖質含有量一覧付き。


ということで、痒いところに手が届く感じの
サービス精神たっぷりの構成・内容となっています。

本書がブログ読者の皆さんを始め、
糖尿病、メタボ、生活習慣病などを患っている皆さんのお役に立てれば幸いです。

江部康二

☆☆☆
以下の青字は、本文最初の2ページから引用です。

糖尿病の治療食として
スタートした糖質制限


日本で糖質制限をはじめたのは、私が理事長を務めている京都の高雄病院で、
当時の院長であった私の兄である江部洋一郎です。1999年のことでした。
私自身は、2001年、担当する患者さんに糖尿病治療の一環として、
糖質制限の指導を行ったところ、劇的な効果が見られました。
それ以降、当院では糖尿病の治療食として糖質制限食を実践し続けています。
従来、糖尿病に対する日本での治療方針は、カロリー制限一辺倒でした。
しかし、糖質を制限することのないカロリー制限食では、
糖尿病の大きなポイントである食後高血糖のコントロールができません。
糖質を制限せずにカロリーコントロールを行ったところで、
結局、病状は悪化し、薬に頼ることになってしまいます。
これに対して、糖質制限はまったく異なる考えかたで治療を行います。
カロリーや脂肪を制限するのではなく、「糖質を制限した食事を摂る」ことが基本となります。
糖質さえ控えれば、たんぱく質や脂質はしっかり食べてOKです。カロリー計算も必要ありません。


糖質を控えると
さまざまなメリットがある


糖質制限では、血糖値を直接上げる唯一の栄養素である糖質を控えます。
そのため、食事をしても血糖値の急激な上昇を招くことはありません。
これこそが、糖尿病だけにとどまらず、あらゆる不調や疾患の予防・改善につながるのです。
 さらに、血糖値の急上昇が起きるとインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは、別名“肥満ホルモン”とも呼ばれます。
過剰に分泌されることで体脂肪が蓄積され、肥満を引き起こすからです。
これらを引き起こさない糖質制限は、血糖値の乱高下をなくし代謝を安定させることで、精神的にも落ちつきます。
全身の血流も改善するため、美肌や美髪など、美容にも役立つのです。

コメント
ご参考です
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20190628-00000324-oriconbiz-ent
内臓脂肪がストンと落ちる食事術』、BOOKランキング100位圏外から3位に

私も今読んでいる途中です。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190627-59450223-business-life
カロリー制限食VS糖質制限食、結局どっちがやせるのか
2019/06/28(Fri) 10:18 | URL | yanosono | 【編集
HbA1c数値について
江別先生こんにちは

11月から糖質制限初心者です。

血糖値とHbA1cについて質問です。

昨年11月の健康診断で肥満・血圧異常・血糖異常がありました。
空腹血糖値126、HbA1c6.0、血圧164-84、体重67キロ。
糖尿病になってしまったと落ち込んでいて、家族が先生の本「糖質制限の教科書」を買ってきてくれてすぐにスーパー糖質制限を開始し続けています。

2/24のNHK青山教室の講座受講しました。楽しかったです(質問したかったけれど多数で時間切れでした)

糖質制限を始めて、HbA1c数値が5%台に下がり、体重も順調に減って喜んでいたところ、5月・6月のHbA1cの数値が6%になりました。

1月末
血糖値105 HbA1c5.6 64kg

3月末
血糖値98 HbA1c5.4 62kg

5月末
血糖値115 HbA1c6.1 59kg

6月末
血糖値112 HbA1c6.0 57kg
糖尿専門医に通っています。
糖尿・血圧の薬は飲んでいません。

4月からの食事が原因でしょうか。
思い当たること
・毎週末外食した焼肉のタレとキムチ?
・お昼に度々食べていた唐揚げ?
・よく食べていた間食のバターピーナッツ?
6月はこの3つをやめています。

それと、3月くらいから、夜中にトイレで目が覚めて口が乾きます。

更年期症状と思いますが、カッと暑くなり汗が出るホットフラッシュと寝汗が度々あります。

先生お忙しい所恐縮ですが、アドバイス頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。
2019/06/28(Fri) 12:58 | URL | 初心者 花 | 【編集
Re:ご参考です、記事へ!!
都内河北 鈴木です。

「カロリー制限食VS糖質制限食、結局どちらがやせるのか?」

を読んでも、何故この程度の知識で医療を語るのか、理解できません!!

私は、江部先生「糖質制限理論」理解把握して、実践で、
「生還、覚醒、再覚醒、」した事実は、
現在通院の医療デ~タが証明してます!!

現在通院の眼科、脳神経外科院長方々が、「驚いている事」が
江部先生「糖質制限理論」の証明だと考えます!!

「近藤慎太郎」は、
私の「生還、覚醒、再覚醒、」医療デ~タを見ても、
対面しても公然と言えるのか訊いてみたい!!

私は東京都杉並区に居住している、
「糖尿病学会」公認・病院・担当医に、2005年5月に転院して7年間
「医療世界情報」を「隠蔽」されて、殺されかけた患者が、
面識無い、利害関係無い、
江部先生「糖質制限理論」を理解把握して、2012年10月1日より実践で、3か月足らずでインスリン自主離脱して「生還、」!!

以降「眼、脳梗塞、」が「覚醒、再覚醒、」した8年目の現在の私がいる事実無知で、
「生死関わる事、是非の能書きを、安易に発言するな!!」
と言いたいですね!!

私の「隠蔽K病院・経営者の知能書付」、「M日赤病院・S内科部長」
の書付は、治療目指す医療者が、書きつける文言ではない事は、
私の医療デ~タを受け取った方々は、眼にしているかと考えます!!

何故なら、2000年以降欧米先進国医学界が「カロリ~でない」事に気付いた、
世界に存在していない「カロリ~制限理論」なのだから!!

私は早急に、時代進化した改善有る医療を行える、医療組織を願いたいです!!

江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」出来、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2019/06/28(Fri) 18:01 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: ご参考です
yanosono さん

情報をありがとうございます。

<カロリー制限食VS糖質制限食、結局どっちがやせるのか。>


ランセットの
『RCTメタ解析・システマティックレビュー』
という最もエビデンスレベルの高い論文で、
糖質制限食の圧勝であり、とっくに勝負はついています。

Lancet Diabetes Endocrinol 2015 Dec 01;3(12)968-979
2019/06/28(Fri) 18:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: HbA1c数値について
初心者 花 さん

昨年11月の健康診断で肥満・血圧異常・血糖異常がありました。
空腹血糖値126、HbA1c6.0、血圧164-84、体重67キロ。


当初のHbA1cは、食後高血糖と空腹時血糖低下の、乱高下があり、血糖変動幅増大のある<質の悪いHbA1c>です。

現在のHbA1cは、食後高血糖と空腹時血糖低下の、乱高下がなく、血糖変動幅増大のない<質の良いHbA1c>です。

ただ、一旦下がっていたHbA1cが少し上昇なので
仰る通り、
調味料や衣など少し注意してみましょう。

更年期症状は仕方ありませんが、
体重が順調に減少していますので、糖質制限食はあるていど実践できていると思います。

2019/06/28(Fri) 19:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
甲状腺機能低下症と血糖値について
江部先生、

糖質制限実践中のももです。
いつも有益な情報をありがとうございます。
金曜日のスマイルも拝見しました。とても分かりやすくて、糖質制限食実践の参考にもなり、心新たに頑張ろうと思うことができました。

最近の検査の結果が出て、骨粗しょう症については、骨量はそれほど心配することはなく、カルシュウムとビタミンD3を多くとることを続けることになりました。2年後にDEXA検査をして様子を見ることになりました。


ただ、血液検査で、以前からわかってはいたのですが、潜在性甲状腺機能低下症があり、特に治療はしていなかったのですが、今回TSHが15以上ありました。
FT4とFT3はノーマルでした。

潜在性甲状腺機能低下症ということでしたが、1年ほど前に別の機関で測定したとき TPOAbが1433.6あったので橋本病の可能性がある、と言われました。
疲れやすい、寒がり、声がかすれる、LDLコレステロールが高い、さらにはTSHが10以上あるということで、レボサイロキシン25mcgを6週間服薬して様子を見ることになりました。

ここで質問なのですが、ごく少ない容量ではありますが、このお薬は血糖値を上げる可能性があるのでしょうか。
特に主治医からは何とも言われませんでしたが(少ない容量だからでしょうか)、自分で調べてみると、血糖値の変化をもたらすので血糖降下剤を服用している人は降下剤の量を変える必要がある場合がある、とだけあり、レボサイロキシンは血糖値を上げる可能性があるのか、下げる可能性があるのか、はっきりしません。

ちなみに、血糖値については、糖質制限で様子を見ることになって、服薬はしていません。
相変わらず空腹時血糖値は120台から130台で、昼間は糖質制限食なので、たまに上がっても150くらいです。
昨日などは、食前122、食後1時間126,食後2時間124、30分散歩後の食後3時間が122という摩訶不思議な値でした。。。

ここのところ、体調は明らかに良くなっていることを実感できています。
甲状腺の治療は、今まで特にしてこなかったので、今回もどうしようか悩みましたが、やはりTSHの値と、橋本病の可能性もあると聞いて、始めることにしました。

お薬と血糖値の関係は、まだ飲み始めて2日なので自分では測定してもよくわからず、江部先生に質問した次第です。

いつも長文になり、申し訳ありません。
よろしくお願いします。


2019/06/30(Sun) 06:25 | URL | もも | 【編集
Re: 甲状腺機能低下症と血糖値について
もも  さん

甲状腺機能低下症では、耐糖能が低下することがあります。
つまり、甲状腺機能低下症で血糖値が上がることがあります。

甲状腺機能低下症のせいで、血糖値が上昇している場合は、
レボサイロキシン25mcgの内服で、血糖値が下がり正常値に改善すると思います。

「空腹時血糖値は120台から130台」
⇒レボサイロキシン25mcgの内服で正常に改善する可能性があります。
2019/06/30(Sun) 18:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
甲状腺機能低下症と血糖値についてのお返事ありがとうございました。
江部先生、

お返事どうもありがとうございました。
安心して甲状腺機能低下症の治療を進めることができます。

甲状腺機能低下症の治療で、血糖値の改善が期待できるとは思っていませんでした。血糖値が上がってしまうのでは、と勝手に自分で心配していました。
うれしい情報をいただけました。

江部先生には本当に感謝しております。
ありがとうございました。
2019/07/01(Mon) 04:54 | URL | もも | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可